– 大村小兵衛

– 大村小兵衛

大村小兵衛の生涯

大村小兵衛の生涯

大村小兵衛の生涯

大村小兵衛は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将です。諱は常重(つねしげ)といい、通称は与三右衛門(よさえもん)とも称しました。

元亀2年(1571年)、尾張国中島郡葉栗村(現在の愛知県一宮市葉栗町)に生まれました。父は大村常頼(つねより)、母は鬼頭(きとう)氏。幼少期についてはあまり知られていませんが、15歳の頃に織田信長の家臣・丹羽長秀(にわながひで)に仕えました。

天正2年(1574年)、長篠の戦いで初陣を飾りました。この戦いで小兵衛は、武田軍の猛将・山県昌景(やまがたまさかげ)を討ち取るという大功を挙げました。

天正10年(1582年)、本能寺の変で信長が横死すると、小兵衛は秀吉に仕えました。秀吉の九州平定に従軍し、天正15年(1587年)の九州征伐では、島津軍との戦いにも参加しました。

天正18年(1590年)、小兵衛は小田原征伐に従軍しました。この戦いで、小兵衛は北条軍の武将・松田憲秀(まつだのりひで)を討ち取り、再び大功を挙げました。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは、小兵衛は東軍に属して参戦しました。この戦いで、小兵衛は西軍の武将・小西行長(こにしゆきなが)と戦って討死しました。

小兵衛は、勇猛な武将として知られています。また、知謀にも優れており、数々の戦いで采配を振るいました。小兵衛の死は、秀吉にとって大きな痛手となりました。

大村小兵衛の功績

大村小兵衛の功績

-大村小兵衛の功績-

大村小兵衛は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将です。小早川隆景の重臣として活躍し、毛利氏の九州平定に貢献しました。

小兵衛は、永禄12年(1569年)に備後生海城で生まれました。父は小早川隆景の重臣である小早川長門守です。小兵衛は幼い頃から武芸に秀で、15歳で初陣を飾りました。

小兵衛は、天正13年(1585年)に毛利氏が九州を平定する際に、先鋒を務めました。小兵衛は、豊臣秀吉の九州征伐軍と戦い、島津氏を破りました。この功績により、小兵衛は毛利氏から肥後国の国主として封じられました。

小兵衛は、肥後国の国主として、領内の統治に尽力しました。小兵衛は、農業や商業を奨励し、領内の経済を復興させました。また、小兵衛は、寺社を保護し、文化の振興にも努めました。

小兵衛は、慶長5年(1600年)に関ヶ原の戦いで、東軍に属して戦いました。小兵衛は、岐阜城の戦い、大坂夏の陣などで奮戦しましたが、大坂冬の陣で戦死しました。

小兵衛は、毛利氏の九州平定に貢献し、肥後国の国主として領内の統治に尽力した名将です。小兵衛の功績は、今もなお語り継がれています。

大村小兵衛の逸話

大村小兵衛の逸話

-大村小兵衛の逸話-

大村小兵衛は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。
通称は、大村小兵衛尉。
豊臣秀吉に仕えた武将として知られています。

大村小兵衛は、筑前国上座郡大村(現在の福岡県久留米市)の出身。
幼少期は、父である大村小兵衛尉長政のもとで、武術や兵法を学びました。

16歳の時に、父が病死。
その後、家督を継ぎ、大村氏の当主となります。

1584年、賤ヶ岳の戦いで、豊臣秀吉に味方して戦功を挙げます。
この戦いで、大村小兵衛は、羽柴秀勝の軍勢に属して、敵将である柴田勝家の本陣に突撃。
柴田勝家の軍勢を破り、大いに名をあげました。

賤ヶ岳の戦いの後、大村小兵衛は、豊臣秀吉から、肥後国隈本城(現在の熊本県熊本市)を与えられました。
大村小兵衛は、隈本城を拠点として、九州の平定に貢献しました。

1592年、文禄・慶長の役では、秀吉から朝鮮に出兵するよう命じられました。
大村小兵衛は、加藤清正、福島正則らとともに、朝鮮に出兵。
数々の戦功を挙げました。

しかし、1597年に、朝鮮で病死。
享年38歳でした。

大村小兵衛は、武勇に優れており、数々の戦功を挙げた武将でした。
また、大村小兵衛は、主君である豊臣秀吉に忠義を尽くした武将としても知られています。

大村小兵衛の逸話として、よく知られているのが、以下のエピソードです。

ある日、大村小兵衛が、秀吉の行列の警護をしていると、一人の子供が、行列を横切ろうとしました。
すると、行列の警護をしていた武士が、その子供を斬り捨てようとしたのです。

しかし、大村小兵衛は、その武士を止め、子供を助けました。
秀吉は、大村小兵衛の行動を賞賛し、彼を重用するようになったと言われています。

大村小兵衛は、武勇に優れ、主君に忠実であり、また、慈悲深い武将でした。
彼の逸話は、後世の人々に語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました