人名辞典|永楽了全(⇒西村善五郎(にしむら-ぜんごろう))

人名辞典|永楽了全(⇒西村善五郎(にしむら-ぜんごろう))

永楽了全について

永楽了全について

-永楽了全について-

永楽了全は、江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)浄瑠璃者、歌舞伎役者、狂言作者。通称は善五郎、名は長三郎、別称として一龍斎、和泉屋伝右衛門、後に姓を西村と改める。大阪道頓堀の和泉屋伝右衛門の子として生まれる。元禄13年(1700)に初代竹本義太夫の門人となり義太夫節を学び、長三郎と名乗る。その後、享保2年(1717)に江戸に下って、英賀(えいか)の四郎五郎(しろうごろう)とともに、後に西川扇右衛門(にしかわ-せんえもん)と改名する西川扇次郎(にしかわ-せんじろう)や初世豊竹近江太夫(しょせい-とよたけ-おうみだゆう)らとともに、江戸での浄瑠璃興行を開始する。

永楽了全は、浄瑠璃の太夫として活躍する一方、歌舞伎役者としても活動。享保11年(1726)に、中村座(なかむら-ざ)で『菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)』の梅王丸役で、歌舞伎として初舞台を踏む。その後、享保14年(1729)に、市村座(いちむら-ざ)の座頭となり、市村竹之丞(いちむら-たけのじょう)を襲名。浄瑠璃のみならず歌舞伎でも活躍するようになる。

永楽了全は、また、狂言作者としても活動。享保15年(1730)に『敵討誉芝浜(かたきうち-ほまれの-しばはま)』を上演し、狂言作者としてデビュー。その後、『傾城唐人枠(けいせい-とうじん-わく)』や『近江源氏先陣館(おうみ-げんじ-せんじんやかた)』など、数多くの作品を手がける。永楽了全の作品は、いずれも義理人情を重んじた作品が多く、庶民の人気を集めた。

永楽了全は、明和4年(1767)に江戸で死去。享年68。永楽了全の死後、浄瑠璃や歌舞伎、狂言の分野でその影響は長く残り、後世の演劇人に大きな影響を与えた。

永楽了全と西村善五郎の関係

永楽了全と西村善五郎の関係

永楽了全と西村善五郎の関係

永楽了全と西村善五郎は、江戸時代中期に活躍した浄瑠璃作者であり、浄瑠璃界を代表する人物の二人である。永楽了全は、1693年に京都で生まれ、1753年に亡くなりました。西村善五郎は、1687年に京都で生まれ、1754年に亡くなりました。

永楽了全は、1693年に京都で生まれ、幼い頃から浄瑠璃を好み、浄瑠璃作者として活躍しました。1718年に、京都で浄瑠璃座を開設し、浄瑠璃の普及に努めました。永楽了全の浄瑠璃は、その優美な文体と巧みな演出で、江戸時代中期に大いに人気を博しました。

西村善五郎は、1687年に京都で生まれ、1754年に亡くなりました。西村善五郎は、1700年に京都で浄瑠璃座を開設しており、永楽了全と並ん称される浄瑠璃作者として知られています。西村善五郎の浄瑠璃は、その力強い文体と斬新な演出で、江戸時代中期に大いに人気を博しました。

永楽了全と西村善五郎は、浄瑠璃界を代表する人物として、互いに尊敬し合い、交流を深めていました。また、二人の浄瑠璃は、その優美さと力強さから、江戸時代中期の人々に大いに愛されていました。

永楽了全と西村善五郎は、浄瑠璃界に大きな功績を残した人物であり、その作品は現在もなお、浄瑠璃のファンに親しまれています。

永楽了全と西村善五郎の業績

永楽了全と西村善五郎の業績

-永楽了全と西村善五郎の業績-

永楽了全(1629-1702)は、江戸時代前期の浄瑠璃作者、浄瑠璃太夫。元禄浄瑠璃の四大太夫の一人。西村善五郎(1644-1715)は、江戸時代前期の歌舞伎役者。同じく元禄歌舞伎の四大名優の一人。

永楽了全は、元禄4年(1691)に、西村善五郎と出会い、意気投合。以降、両者は数々の名作浄瑠璃を世に送り出した。中でも、元禄11年(1698)に上演された『仮名手本忠臣蔵』は、歌舞伎の十八番の一つに数えられる傑作である。この作品は、播磨赤穂藩の浅野内匠頭が、吉良上野介に刃傷沙汰に及んだ事件を題材としている。永楽了全は、この事件を浄瑠璃に仕立て上げ、西村善五郎が、浅野内匠頭役を熱演した。この作品は、大当たりとなり、江戸の町中を熱狂の渦に巻き込んだ。

永楽了全と西村善五郎のコンビは、元禄14年(1701)に上演された『曽根崎心中』まで続き、数々の名作浄瑠璃を世に送り出した。しかし、元禄15年(1702)に、永楽了全が死去。西村善五郎は、その後も、歌舞伎役者として活躍したが、元禄18年(1705)に、引退した。

永楽了全と西村善五郎は、元禄浄瑠璃を代表する二人の名優である。両者のコンビは、数々の名作浄瑠璃を世に送り出し、江戸の町中に浄瑠璃ブームを巻き起こした。彼らの功績は、今日でも語り継がれている。

タイトルとURLをコピーしました