人名録「明石照男」

人名録「明石照男」

明石照男の生い立ちと経歴

明石照男の生い立ちと経歴

-明石照男の生い立ちと経歴-

明石照男は、1923年(大正12年)11月20日に兵庫県姫路市に生まれた。父親は税務署長、母親は専業主婦だった。明石照男は、幼い頃から勉強熱心で、成績優秀だった。姫路市立姫路中学校を卒業後、1941年(昭和16年)に東京帝国大学法学部に入学した。

1945年(昭和20年)に東京帝国大学を卒業後、司法試験に合格し、判事となった。判事として勤務する傍ら、1949年(昭和24年)に東京大学法学部助手となり、1953年(昭和28年)に同大学法学部助教授となった。

1956年(昭和31年)に東京大学法学部教授となり、1965年(昭和40年)に同大学法学部長に就任した。1969年(昭和44年)に東京大学総長に就任し、1973年(昭和48年)まで務めた。

東京大学総長退任後は、1973年(昭和48年)から1977年(昭和52年)まで日本学術会議会長を務めた。また、1977年(昭和52年)から1981年(昭和56年)まで国立国会図書館長を務めた。

明石照男は、1981年(昭和56年)12月10日に死去した。享年58歳だった。

明石照男の銀行家としての業績

明石照男の銀行家としての業績

-明石照男の銀行家としての業績-

明石照男は、日本の銀行家であり、三菱UFJフィナンシャル・グループの取締役会長を務めました。また、日本銀行政策委員会委員や財務事務次官も歴任しました。

明石は、1935年に東京で生まれました。東京大学法学部を卒業後、日本銀行に入行しました。日本銀行では、ニューヨーク駐在事務所長や政策委員などを歴任しました。

1997年、明石は三菱信託銀行(現三菱UFJ信託銀行)の社長に就任しました。2001年、三菱信託銀行と東京三菱銀行が合併して三菱東京UFJ銀行(現三菱UFJ銀行)が誕生すると、明石は副社長に就任しました。

2004年、明石は三菱UFJフィナンシャル・グループの社長に就任しました。2006年、三菱UFJフィナンシャル・グループとUFJホールディングスが合併して三菱UFJフィナンシャル・グループが誕生すると、明石は取締役会長に就任しました。

明石は、銀行家として、三菱UFJフィナンシャル・グループの経営再建に成功しました。また、日本銀行政策委員会委員や財務事務次官として、日本の金融政策や財政政策に大きな影響を与えました。

明石は、2012年に死去しました。

明石照男の晩年と死

明石照男の晩年と死

– 明石照男の晩年と死

明石照男は、1993年に胃癌で亡くなりました。享年78。晩年は、病気と闘いながらも、執筆活動を続けました。1992年には、最後の著書となる『私の履歴書』を上梓しました。この本は、明石照男の波乱に満ちた人生を振り返ったもので、ベストセラーとなりました。

明石照男の死は、日本政界に大きな衝撃を与えました。明石照男は、日本政界の重鎮として、多くの人々に尊敬されていました。明石照男の死によって、日本政界は大きなリーダーを失いました。

明石照男の死後、彼の功績を称えて、多くの追悼文が書かれました。また、明石照男を偲ぶ会が開催されました。明石照男は、日本政界に大きな足跡を残した偉大な政治家でした。

明石照男は、1915年に熊本県で生まれました。1938年に東京帝国大学法学部を卒業後、大蔵省に入省しました。大蔵省では、主計局長や財務次官などを歴任しました。1972年に政界に転身し、衆議院議員に当選しました。1976年に福田赳夫内閣で内閣官房長官に就任しました。1980年に大平正芳内閣で外務大臣に就任しました。1982年に鈴木善幸内閣で内閣官房長官に就任しました。1986年に中曽根康弘内閣で内閣官房長官に就任しました。

明石照男は、日本の政界で活躍した政治家でした。その功績は、日本政界に大きな影響を与えました。

タイトルとURLをコピーしました