人名辞典-「英慈王」英祖王統3代

人名辞典-「英慈王」英祖王統3代

英慈王とは

英慈王とは

-英慈王とは-

英慈王(1735年-1762年)は、李氏朝鮮の第21代国王。英祖の庶二男。幼名は虔。

1749年、父・英祖が即位すると延礽君(ヨンニングン)に叙せられる。1752年、世子に立てられた。1762年、父王の崩御により即位。在位わずか9ヶ月で、天然痘のため薨去した。享年28。

英慈王は、父王である英祖と同じく儒学を奨励し、老論派を重用した。また、英祖が開始した正祖と惠慶宮洪氏の婚姻を推進した。

英慈王は、在位期間が短かったため、大きな業績を残すことはできなかった。しかし、父王の遺志を継ぎ、老論派を重用して、朝鮮の安定を維持することに努めた。

英慈王の死後、異母弟の思悼世子が即位した。思悼世子は英祖の実子であり、英慈王は英祖の庶子であったため、本来であれば思悼世子が世子として立てられるべきであった。しかし、英祖は思悼世子の性格に問題があると判断し、英慈王を世子に立てた。

思悼世子は英慈王の死後、即位したが、わずか7ヶ月後に英祖によって廃位され、翌年に毒殺された。思悼世子の死は、朝鮮の歴史において大きな謎とされてきた。

英慈王は、英祖の庶子でありながら、世子に立てられ、即位した。しかし、在位期間が短く、大きな業績を残すことはできなかった。英慈王の死後、異母弟の思悼世子が即位したが、廃位され、毒殺された。思悼世子の死は、朝鮮の歴史において大きな謎とされてきた。

英慈王の生涯

英慈王の生涯

-英慈王の生涯-

英慈王(えいじおう)は、朝鮮王朝第3代の国王(在位1455年~1468年)。太宗と定安王后の三男で、世宗の弟。諱は瑂(フォン)。

1455年、世宗の死を受けて即位。在位中は、世宗の政策を引き継ぎ、外征や内政に尽力。外征では、北部国境を脅かす女真族を討伐し、内政では、科挙制度を整備し、農業や商業を振興させた。

また、英慈王は、仏教を深く信仰しており、多くの寺院や仏塔を建立した。中でも有名なのが、現在のソウル市にある景福宮の敷地内に建てられた興天寺である。興天寺は、朝鮮王朝最大規模の寺院であり、その壮麗な姿は人々を魅了した。

英慈王は、在位わずか13年で急死。死因は不明だが、世宗の死からわずか2年后のことであり、暗殺説や病死説など様々な憶測が飛び交った。

英慈王の死後、世宗の四男である首陽大君(のちの睿宗)が即位。首陽大君は、英慈王の王子たちを次々と暗殺し、英祖王統を断絶させた。

英慈王は、朝鮮王朝初期の重要な王であり、世宗の政策を引き継ぎ、朝鮮王朝の発展に貢献した。しかし、その死は突然であり、その生涯は謎に包まれている。

英慈王の功績

英慈王の功績

-英慈王の功績-

英祖王統3代目の王である英慈王は、高麗の王として1183年から1197年まで在位しました。彼は、高麗王朝を安定させ、領土を拡大した偉大な王として知られています。

英慈王の最も重要な功績の一つは、高麗と元の関係を改善したことでしょう。元の太祖であるチンギス・ハーンは、高麗に侵攻し、高麗を元の属国としました。しかし、英慈王は元の太宗であるオゴデイと親密な関係を築き、元の属国から独立しました。

また、英慈王は領土を拡大しました。彼は、北方の契丹族を討伐し、領土を拡大しました。また、南方の耽羅(済州島)を征服し、高麗の領土に加えました。

さらに、英慈王は仏教を保護し、仏教の発展に貢献しました。彼は、仏教寺院を建立し、仏教僧を保護しました。また、仏教の経典を翻訳し、仏教の普及に努めました。

英慈王は、高麗王朝を安定させ、領土を拡大した偉大な王です。彼は、元の太宗であるオゴデイと親密な関係を築き、元の属国から独立しました。また、北方の契丹族を討伐し、領土を拡大しました。さらに、仏教を保護し、仏教の発展に貢献しました。

英慈王の功績は、高麗王朝の発展に大きく貢献しました。彼の統治下で、高麗王朝は安定し、領土を拡大し、仏教が発展しました。英慈王は、高麗王朝を繁栄させた偉大な王として知られています。

タイトルとURLをコピーしました