– 「大新河命」

– 「大新河命」

大新河命とは

大新河命とは

大新河命とは

大新河命(おおしみかわのみこと)は、日本神話に登場する神で、新河(にいかわ)の別称でもあります。大河のほとりに生まれた神であることから、その名がつけられたと言われています。

大新河命は、神武東征の際に、神武天皇の軍勢に加わって活躍しました。また、大新河命は、水神としても知られ、干ばつの際に雨を降らせたり、洪水の際に水害を防いだりしたと言われています。

大新河命は、全国各地に祀られており、多くの神社で祭神として祀られています。中でも、奈良県にある大和神社は、大新河命を主祭神として祀る神社として有名です。

大新河命は、水神としてだけでなく、農耕神や安産の神としても信仰されています。そのため、農家や漁師、妊婦など、幅広い人々に信仰されています。

大新河命の系譜

大新河命の系譜

大新河命の系譜

大新河命は、古事記や日本書紀に登場する神であり、饒速日命の父とされています。饒速日命は、古事記や日本書紀に登場する神であり、天孫降臨の際に八咫烏とともに天孫邇邇芸命を先導したとされています。大新河命は、天孫降臨に際して天孫邇邇芸命を先導した饒速日命の父であり、饒速日命とともに天孫邇邇芸命をサポートした神と考えられています。

大新河命の父は、天照大神の弟である建御名方命であり、母は、高御産巣日神の娘である栲幡千千姫命とされています。大新河命の兄弟には、建御雷之男命、天津彦根命、天津日子根命、天津久米命、天津日子命などがいます。

大新河命の系譜は、古事記や日本書紀に記載されており、神話の時代から続く由緒ある系譜とされています。大新河命は、饒速日命の父であり、饒速日命とともに天孫邇邇芸命をサポートした神であり、神話の時代から続く由緒ある系譜を持っています。

大新河命の系譜は、古事記や日本書紀に記載されており、神話の時代から続く由緒ある系譜とされています。大新河命は、饒速日命の父であり、饒速日命とともに天孫邇邇芸命をサポートした神であり、神話の時代から続く由緒ある系譜を持っています。

大新河命の功績

大新河命の功績

大新河命の功績

大新河命は、物部氏と将軍家の始祖であり、新羅征伐の功績で知られています。大新河命は、神武天皇の弟であり、父は鵜茅葺不合命、母は玉依媛命です。大新河命は、神武天皇に従って日向国から熊襲国に遠征し、その後、神武天皇の命を受けて新羅に遠征しました。

大新河命は、新羅に遠征して、新羅の王である須佐之男命を降伏させました。須佐之男命は、大新河命に降伏した後、神武天皇に朝貢することを約束しました。大新河命は、新羅征伐に成功して、神武天皇から褒美を賜りました。

大新河命は、新羅征伐の功績に加えて、物部氏と将軍家の始祖としても知られています。大新河命は、物部氏の祖先である物部日向を産み、将軍家の祖先である大江広元を産みました。物部氏は、軍事貴族として朝廷に仕え、将軍家は、朝廷の軍事力を統括する役職を務めました。

大新河命は、神武天皇の弟であり、新羅征伐の功績を立てた人物です。大新河命は、物部氏と将軍家の始祖としても知られており、日本の歴史に大きな足跡を残しました。

タイトルとURLをコピーしました