青柳石城

青柳石城

青柳石城の書道教育

青柳石城の書道教育

青柳石城の書道教育

青柳石城は、江戸時代の書家・篆刻家です。1779年(安永8年)に江戸に生まれ、幼い頃から書を学び始めました。19歳のとき、江戸幕府の御用掛である松平定信に見出され、彼の秘書として仕えました。松平定信は、青柳石城の書才を高く評価し、彼に書道の指導を受けました。青柳石城は、松平定信から書道の真髄を学び、その書風は一変しました。

青柳石城は、書道教育にも力を入れました。彼は、1818年(文政元年)に書道塾「翠碧塾」を開塾し、多くの弟子を育てました。翠碧塾では、青柳石城の書風のほか、中国の書道理論も教えられました。青柳石城の書道教育は、日本の書道界に大きな影響を与え、多くの書家が彼の教えを受けました。

青柳石城の書道教育の特徴のひとつは、実用性を重視したことです。彼は、書道は単なる芸術ではなく、実用的なものであるべきだと考えました。そのため、翠碧塾では、書道の実用的な面についても指導が行われました。例えば、手紙の書き方や、帳簿の書き方なども教えられました。

青柳石城の書道教育の特徴のもうひとつは、創造性を重視したことです。彼は、書道は単に字を書くことではなく、創造的な表現であるべきだと考えました。そのため、翠碧塾では、弟子たちの創造性を伸ばすための指導が行われました。例えば、弟子たちに自由に書かせて、その作品を批評するなどしました。

青柳石城の書道教育は、日本の書道界に大きな影響を与えました。彼の教えを受けた書家たちは、日本の書道界をリードし、多くの名作を残しました。青柳石城の書道教育は、日本の書道界の発展に大きく貢献したと言えます。

北辰書道会の設立と機関誌「臨池」の刊行

北辰書道会の設立と機関誌「臨池」の刊行

-北辰書道会の設立と機関誌「臨池」の刊行-

青柳石城は、書道界に大きな影響を与えた人物です。彼は、北辰書道会を設立し、機関誌「臨池」を刊行しました。

-北辰書道会の設立-

北辰書道会は、1933年(昭和8年)に青柳石城が設立した書道団体です。この書道団体は、書道芸術の普及と発展を目的としています。

北辰書道会は、設立当初から多くの書道家に支持されました。そして、現在では、日本を代表する書道団体の一つとなっています。

-機関誌「臨池」の刊行-

機関誌「臨池」は、北辰書道会が1934年(昭和9年)に創刊した書道雑誌です。この書道雑誌は、書道芸術に関する情報を発信しています。

機関誌「臨池」は、書道家にとって、重要な情報源となっています。そして、書道芸術の普及と発展に貢献しています。

-北辰書道会と機関誌「臨池」の功績-

北辰書道会と機関誌「臨池」は、書道芸術の普及と発展に大きな貢献をしました。

北辰書道会は、多くの書道家を輩出し、書道芸術のレベルを向上させました。また、機関誌「臨池」は、書道芸術に関する情報を発信し、書道家にとって、重要な情報源となりました。

北辰書道会と機関誌「臨池」の功績は、現在も高く評価されています。そして、書道芸術の普及と発展に貢献し続けています。

北陸書道院の創立

北陸書道院の創立

– 青柳石城

明治23年1月31日に福井県坂井郡坂井町に生を受ける。幼少期より書道に熱を上げ、学問は苦手ながらも常に書道を追求し続けた。

32歳の頃、大津市の書家、香雪庵岸本東雲氏を頼り、京都市上京区向日町にある岸本氏宅にて同居をすることで岸本東雲氏に師事。書道への道を本格的に歩む。

39歳には大阪市に移り、門人を抱えながら書道教育をスタートさせる。この頃の青柳は、大阪の書道界では気骨がよく、才能溢れる若手書家として注目を浴び、数々の書道大会に出品し数々の賞を獲得するなどその実力を世に知らしめた。

書道教育、創作活動に打ち込み、日本書道教育学会、日本書道芸術院、日本書道院など、多数の書道芸術団体の役員の任に就くなど多忙な書道家生活を送る。

そして戦後、53歳の時に青柳が住む大阪に初めて訪れた、初代北陸書道院院長の鈴木省三に懇望され、北陸書道院の創立発起人の一人として迎えられ、同時期に書道教育団体、北陸書道院の創立に尽力する。この時の青柳の年齢、53歳。

– 北陸書道院の創立

北陸書道院は、昭和23年1月に、福井県において初代院長、鈴木省三によって創立された。創立当時の会員数は約60人で、活動内容は書道教育、書道展覧会、書道大会の開催などが中心であった。

昭和24年に青柳が福井県を訪れた際に、当時の会員が大歓迎で出迎えてくれ、当時60人ほどいた会員が、青柳の熱意に感銘を受け、瞬く間に会員数が増え、その翌月には270人になった。

創立当初から北陸書道院は会員数の増加とともに、活動内容も書道教育、書道展覧会、書道大会の開催に加え、書道講座の開催、書道雑誌の発行、書道研究会の開催など、多岐にわたるようになった。

青柳は昭和24年4月に福井県へ移り住み、5月に北陸書道院理事長に就任。北陸書道院は青柳を中心として発展を遂げ、昭和29年には会員数が1,000人を超え、書道界において大きな影響力を持つようになった。

北陸書道院は昭和30年に内閣総理大臣より財団法人として認可され、昭和31年には青柳が初代会長に就任した。青柳は会長として北陸書道院の発展に尽力し、昭和39年に会長を辞任するまで10年間務めた。

北陸書道院は青柳の指導の下、書道教育、書道展覧会、書道大会の開催など、さまざまな活動を通じて書道の普及と発展に貢献し、日本の書道界に大きな足跡を残した。

タイトルとURLをコピーしました