経済分野の人

経済分野の人

星一:明治・昭和時代の傑出した実業家兼政治家の生涯と偉業

-明治・昭和の激動の時代を駆け抜けた実業家、政治家- 星一は、明治・昭和時代の傑出した実業家兼政治家です。彼は、日本政財界に大きな足跡を残し、その功績は今なお高く評価されています。 星一は、1865年(慶応元年)に熊本県に生まれました。旧姓は森でしたが、後に星を名乗りました。星一は早くから実業家としての才能を発揮し、1888年(明治21年)には、株式会社星製薬を設立しました。星製薬は、その後、日本を代表する製薬会社に成長し、星一は日本の製薬業界のパイオニアとなりました。 星一は、実業家としての成功に加えて、政治家としても活躍しました。1890年(明治23年)に衆議院議員に当選し、その後、農商務大臣や逓信大臣などを歴任しました。星一は、政治家としても辣腕を振るい、日本の経済発展に貢献しました。 星一は、1940年(昭和15年)に死去しましたが、その功績は今なお高く評価されています。星一は、日本の実業家・政治家として、後世に語り継がれるべき偉大な人物です。 星一が成功を収めた要因の一つは、彼の先見の明でした。星一は、日本の経済発展を先読みし、常に新しい事業に挑戦しました。星一の創立した星製薬は、日本初の製薬会社であり、その後の日本の製薬業界の発展に大きな影響を与えました。 星一はまた、政治家として、日本の経済発展に貢献しました。星一は、農商務大臣や逓信大臣などを歴任し、日本の産業振興に尽力しました。星一は、日本の経済発展を支えた偉大な政治家でした。 星一は、実業家・政治家として、日本に大きな功績を残しました。星一は、日本の実業家・政治家として、後世に語り継がれるべき偉大な人物です。
経済分野の人

後川文蔵 – 明治・昭和前期の実業家

-逓信省勤務から京華社の創立へ- 後川文蔵は、1886年(明治19年)に逓信省に入省し、電信局長や監督局長などの要職を歴任しました。逓信省在職中には、電話の普及に尽力し、また、郵便為替制度の改革にも携わりました。 1917年(大正6年)に、後川は逓信省を退官し、京華社を創立しました。京華社は、電話機や電話交換機などの通信機器を製造・販売する会社で、後川は社長に就任しました。 京華社は、後川の指導の下、通信機器の製造・販売で急速に業績を伸ばし、やがて国内有数の通信機器メーカーとなりました。また、京華社は、海外にも積極的に進出し、アメリカやヨーロッパで通信機器の販売を行いました。 1937年(昭和12年)に、後川は京華社の社長を退任しましたが、その後も京華社の相談役として、会社の経営に携わり続けました。後川は、1953年(昭和28年)に死去しました。 後川は、日本の通信事業の発展に貢献した実業家であり、また、京華社の創業者として知られています。
経済分野の人

「中山善郎」-経営者としてコスモ石油を誕生させた人物

-経営者としてのコスモ石油誕生- 中山善郎は、1950年にコスモ石油の前身である興亜石油株式会社を設立しました。興亜石油は、当初は石油精製事業を行っていましたが、その後、石油開発事業にも参入しました。中山善郎は、興亜石油の経営者として、積極的な事業展開を行い、同社を日本の石油業界のリーディングカンパニーに育て上げました。 1966年、興亜石油は、コスモ石油株式会社に社名を変更しました。社名変更の背景には、同社が石油化学事業などに参入し、事業領域を拡大したことなどが挙げられます。また、コスモ石油という社名は、宇宙を意味する「コスモ」と、石油を意味する「石油」を組み合わせたもので、同社の事業領域を象徴しています。 中山善郎は、コスモ石油の経営者として、常に新しいことに挑戦する姿勢を貫きました。同社は、1970年代には、北海油田の開発事業に参入し、1980年代には、中国での石油開発事業を開始しました。また、同社は、1990年代には、海外の石油会社を買収し、事業を拡大しました。 中山善郎は、1995年にコスモ石油の会長に就任し、2002年まで同社の経営に携わりました。中山善郎の経営の下、コスモ石油は、日本の石油業界のリーディングカンパニーとしての地位を確立しました。 中山善郎は、2002年に死去しましたが、同氏がコスモ石油の経営者として残した功績は、今日でも高く評価されています。中山善郎は、日本の石油業界の発展に貢献した偉大な経営者の一人です。
経済分野の人

佐治敬三-トリスバー文化を出現させた経営者

-サントリーの経営者として成功を収めた佐治敬三- 佐治敬三(1910-1993)は、日本の実業家であり、サントリーの創業者です。彼は、トリスバー文化の出現に大きく貢献し、日本のウイスキー市場を席巻しました。 佐治敬三は、1910年に大阪市で生まれました。彼は、幼い頃から経営センスを発揮し、学生時代には自ら商売を始めていました。1933年にサントリーの前身である寿屋商店を設立し、ウイスキーの製造販売を開始しました。 佐治敬三は、ウイスキーの製造にこだわりを持ち、独自の製法を開発しました。また、彼は広告に力を入れて、トリスバー文化を出現させました。トリスバーは、サントリーのウイスキーを主力商品とするバーで、日本の各地に広まりました。 佐治敬三は、1961年にサントリーの社長に就任し、1973年に会長に就任しました。彼は、サントリーを日本のウイスキーメーカーのトップに押し上げ、日本のウイスキー市場を席巻しました。 佐治敬三は、1993年に83歳で亡くなりました。彼は、日本のウイスキー業界に多大な貢献をした人物として知られています。 -佐治敬三の経営哲学- 佐治敬三は、経営者として成功を収めるために、以下のような経営哲学を持っていました。 * 顧客第一主義常に顧客のニーズを最優先に考え、顧客満足度を向上させることに努める。 * 品質へのこだわり製品の品質にこだわりを持ち、常に高品質の製品を製造販売する。 * 広告への積極的な投資広告に積極的に投資し、自社の製品をアピールする。 * 人材育成への注力人材育成に注力し、社員の能力を向上させる。 * 長期的な視点短期的な利益にこだわらず、長期的な視点を持って経営を行う。 佐治敬三の経営哲学は、サントリーを日本のウイスキーメーカーのトップに押し上げ、日本のウイスキー市場を席巻することに成功しました。
経済分野の人

高橋信三→ 新聞記者、放送事業家

高橋信三は、1884年に長野県に生まれました。東京帝国大学法学部を卒業後、1907年に毎日新聞社に入社しました。記者として活躍し、1918年にはロンドン特派員に任命されました。1922年に帰国後は、毎日新聞社の編集局長に就任しました。 1925年、高橋信三は日本放送協会(NHK)の初代会長に就任しました。NHKは、1925年3月22日に開局した日本で最初のラジオ放送局です。高橋信三は、NHKの会長として、ラジオ放送の普及に努めました。また、1931年には、日本で最初のテレビ放送を開始しました。 高橋信三は、1935年にNHK会長を退任しました。その後は、日本新聞協会会長や日本放送出版協会会長などを歴任しました。1957年には、文化功労者に選ばれました。1961年に死去しました。 高橋信三は、日本における新聞と放送事業の発展に大きく貢献した人物です。新聞記者として活躍した後、NHKの初代会長に就任し、ラジオ放送とテレビ放送の普及に努めました。また、日本新聞協会会長や日本放送出版協会会長などを歴任し、新聞と放送事業の発展に尽力しました。
経済分野の人

– 豊川良平

# -豊川良平の生涯- 豊川良平は、1880年7月20日に北海道函館市に生まれました。 彼は、1905年に東京帝国大学を卒業し、その後、三菱造船所に入社しました。 豊川は、三菱造船所で勤務しながら、船舶の設計や建造に携わり、やがて、三菱造船所の技術部長にまで昇進しました。 1924年、豊川は、三菱造船所を退職し、独立して豊川造船所を設立しました。 豊川造船所は、主に、漁船や貨物船の建造を手がけ、やがて、日本最大の造船所の一つに成長しました。 豊川良平は、1950年に、豊川造船所の社長を退任し、その後、1956年に死去しました。 豊川良平は、日本の造船業の発展に大きく貢献した人物として知られています。 彼は、三菱造船所で勤務していた時代から、船舶の設計や建造に携わり、多くの実績を残しました。 また、豊川造船所を設立してからは、日本の造船業の発展に貢献しました。 豊川良平は、日本の造船業の発展に大きく貢献した人物として、今日でも尊敬されています。
経済分野の人

「安田昌」

-「大正-昭和時代前期の経営者」- 安田商事株式会社の最高顧問を務めた安田昌は、1874年に大阪に生まれました。1894年に東京高等商業学校(現一橋大学)を卒業後、安田銀行に入行しました。 安田銀行では、頭取を務める叔父の安田善次郎のもとで経営を学び、1916年に常務取締役、1919年に専務取締役、1924年に副頭取に就任しました。 1926年に安田善次郎が死去すると、安田昌が安田家と安田財閥の総帥となり、安田銀行の頭取に就任しました。安田昌は、銀行経営に加えて、電気事業、鉄道事業、鉱山事業などにも積極的に投資し、安田財閥の事業を拡大しました。 しかし、1929年の世界恐慌の影響を受けて、安田財閥は経営危機に陥り、1931年に安田銀行は政府の管理下に置かれました。安田昌は、安田銀行の頭取を辞任し、安田財閥は解体されました。 安田昌は、その後、財界から引退して、社会活動に専念しました。1938年には、安田育英財団を設立し、青少年の教育支援や海外留学促進に尽力しました。 安田昌は、1946年に東京で死去しました。享年72歳でした。安田昌は、日本の経済界の発展に大きく貢献した人物として知られています。 -安田昌の経営哲学- 安田昌は、経営者として、誠実さと勤勉さを最も大切にしていました。 安田昌は、常に顧客の利益を第一に考え、顧客の信用を得ることに努めていました。安田昌は、また、従業員を大切にし、従業員の生活の安定を図ることに努めていました。 安田昌は、経営者として、常に時代の変化に目を向け、新しいことに挑戦することを厭いませんでした。安田昌は、新しい事業に積極的に投資し、安田財閥の事業を拡大しました。 安田昌の経営哲学は、今日の経営者にも通じるものがあります。安田昌の経営哲学は、誠実さと勤勉さを大切にし、顧客の利益を第一に考え、従業員を大切にし、常に時代の変化に目を向け、新しいことに挑戦することです。 -安田昌の功績- 安田昌は、日本の経済界の発展に大きく貢献した人物です。安田昌は、安田銀行の頭取として、日本の金融界の発展に貢献しました。また、安田昌は、安田財閥の総帥として、日本の産業の発展に貢献しました。 安田昌は、安田育英財団を設立し、青少年の教育支援や海外留学促進に尽力しました。安田昌の功績は、今日でも高く評価されています。
経済分野の人

呉屋秀信 – 昭和後期-平成時代の経営者

金秀グループの創業者 呉屋秀信は、金秀グループの創業者として知られる日本の実業家です。1933年に沖縄県で生まれ、琉球大学を卒業後、日本石油に入社しました。その後、沖縄に戻り、1960年に金秀石油を設立。石油販売業を営み、会社の規模を拡大していきました。 1972年、沖縄がアメリカから日本に返還されたことを機に、呉屋秀信は金秀観光を設立。ホテルやゴルフ場などの観光事業を開始します。また、1973年には金秀スーパーを設立し、スーパーマーケット事業にも参入しました。 金秀グループは、呉屋秀信の経営手腕の下で急速に成長し、沖縄県内最大の企業グループとなりました。グループの事業は沖縄にとどまらず、日本本土や海外にも進出しました。呉屋秀信は、沖縄経済の発展に大きく貢献した人物として高く評価されています。 なお、1991年、妻の呉屋鶴子は、「株式会社天地人」を設立して代表取締役に就任し、現在も、同社の代表取締役を務めています。 呉屋秀信は、1993年に死去しました。享年60歳でした。しかし、呉屋秀信が築き上げた金秀グループは、現在も沖縄経済を牽引する存在であり続けています。
経済分野の人

飯塚春太郎 – 日本の政治家と実業家

- 絹織物業と桐生織物の輸出への貢献 飯塚春太郎は、日本の政治家であり、実業家でもあった。1860年に群馬県で生まれ、1883年に桐生市で絹織物業を創業した。飯塚は桐生織物の輸出に貢献し、1893年には桐生織物はシカゴ万国博覧会で金賞を受賞した。1896年には桐生織物組合の組合長に就任し、1900年には衆議院議員に当選した。飯塚は、政治家として桐生織物業の発展に尽力し、1907年には桐生織物専門学校を創立した。 -# 桐生織物の歴史 桐生織物は、群馬県桐生市で生産される絹織物である。桐生織物の歴史は古く、室町時代にはすでに生産されていたとされている。江戸時代には、桐生織物は江戸の町人たちに人気を博し、18世紀には桐生織物の生産が盛んになった。19世紀には、桐生織物はヨーロッパにも輸出されるようになり、1893年にはシカゴ万国博覧会で金賞を受賞した。 -# 飯塚春太郎の貢献 飯塚春太郎は、桐生織物業の発展に大きく貢献した。飯塚は、1883年に桐生市で絹織物業を創業し、1896年には桐生織物組合の組合長に就任した。飯塚は、桐生織物の輸出を促進し、1900年には桐生織物はヨーロッパにも輸出されるようになった。飯塚は、また、政治家として桐生織物業の発展に尽力し、1907年には桐生織物専門学校を創立した。 飯塚春太郎の貢献により、桐生織物は日本の主要な絹織物の一つとなった。桐生織物は、その美しい文様と高い品質で知られており、現在でも世界中の人々に愛されている。
経済分野の人

広岡久右衛門(9代) – 明治時代の偉大な実業家

広岡久右衛門(9代)の功績 広岡久右衛門(9代)は、明治時代の偉大な実業家で、日本の近代化に大きく貢献しました。 彼は、1835年に現在の長崎県大村市で生まれました。15歳のときに家業である醤油醸造業を継ぎ、18歳で江戸に出て、商売を学びました。その後、故郷に戻り、醤油醸造業を拡大しました。 また、彼は、大村藩の御用商人として、藩の財政を支えました。そして、明治維新後には、第一国立銀行長崎支店の頭取を務め、長崎の経済発展に貢献しました。 さらに、彼は、長崎商工会議所の初代会頭を務め、長崎の商工業の発展に尽力しました。また、彼は、長崎県会議員を務め、県の発展に貢献しました。 このように、広岡久右衛門(9代)は、日本の近代化に大きく貢献した偉大な実業家でした。 広岡久右衛門(9代)は、その功績が認められ、1898年に男爵を叙爵されました。そして、1904年に、70歳で死去しました。 広岡久右衛門(9代)は、長崎県大村市の偉人として、現在でも人々に敬愛されています。彼の功績は、いつまでも語り継がれるでしょう。
経済分野の人

宮島伝兵衛(7代) – 明治-大正時代の偉大な実業家

宮島伝兵衛(7代)の生涯 宮島伝兵衛(7代)は、明治-大正時代の偉大な実業家です。彼は、兵庫県姫路市に生まれ、幼少期から家業である酒造業を手伝っていました。その後、彼は上京し、東京帝国大学で経済学を学び、卒業後は三菱財閥に就職しました。 三菱財閥では、彼は急速に頭角を現し、やがて三菱商事の社長に就任しました。社長就任後は、彼は三菱商事を世界屈指の総合商社に成長させ、日本の経済界に大きな影響を与えました。 また、彼は社会貢献にも熱心で、様々な慈善事業を行っていました。中でも、彼が私財を投じて設立した「宮島伝兵衛奨学金」は、多くの貧しい学生を支援し、日本の教育界に大きな貢献をしました。 宮島伝兵衛(7代)は、1928年に亡くなりましたが、彼の功績は今もなお語り継がれています。彼は、日本の経済界の発展に貢献した偉大な実業家であり、その生涯は多くの人々に感動を与えています。
経済分野の人

戸崎誠喜-総合商社の拡大に尽力した経営者

-伊藤忠商事の経営を牽引した戸崎誠喜- 戸崎誠喜は、日本の実業家であり、総合商社である伊藤忠商事の第3代社長を務めました。 1921年、大阪府大阪市に生まれ、1943年に京都帝国大学経済学部を卒業後、伊藤忠商事に入社しました。 1971年に社長に就任し、1985年に会長に退任するまでの14年間、伊藤忠商事の経営を牽引しました。 戸崎社長の在任期間中、伊藤忠商事は急速に成長し、総合商社としての地位を確立しました。 特に、石油、繊維、鉄鋼、機械などの分野において、積極的な事業展開を行い、海外での事業拡大にも注力しました。 戸崎社長は、自由貿易の推進者としても知られ、世界貿易機関(WTO)の設立に尽力しました。 また、日本と中国との経済交流にも貢献し、1972年の日中貿易協定の締結に大きな役割を果たしました。 戸崎社長は、1996年に勲一等旭日大綬章を受章し、2005年に逝去しました。 戸崎社長は、日本の総合商社の発展に貢献した経営者として高く評価されており、その功績は今も語り継がれています。
経済分野の人

大谷松次郎:世界に羽ばたいた山口県の実業家

大見出し 「大谷松次郎 世界に羽ばたいた山口県の実業家」 小見出し 「波乱万丈な人生ハワイでの挑戦と成功」 大谷松次郎は、1873 年に山口県で生まれた実業家です。彼の波乱万丈な人生は、1893 年にハワイへの移住から始まりました。ハワイでは、まずサトウキビ畑の労働者として働き、その後、独立してサトウキビの栽培と販売を始めました。 大谷松次郎は、ハワイでの事業で成功を収め、やがて、ハワイの砂糖産業を牛耳るようになりました。彼は、ハワイのサトウキビ産業の近代化に貢献し、ハワイ経済の発展に大きな役割を果たしたのです。 しかし、大谷松次郎の人生には、波乱万丈な時期もありました。1920 年代、ハワイの砂糖産業は不況に陥り、大谷松次郎は多額の借金を背負いました。彼は、借金を返済するために、自宅や土地を売却し、事業を整理縮小せざるを得ませんでした。 1930 年代、大谷松次郎は、ハワイで政界入りし、ハワイ準州議会議員を務めました。彼は、ハワイの人々のために働き、ハワイの発展に貢献しました。 大谷松次郎は、1943 年にハワイで亡くなりました。彼は、ハワイで最も成功した実業家の一人であり、ハワイ経済の発展に大きな役割を果たした人物です。 大谷松次郎の人生は、波乱万丈なものでしたが、彼は常に前向きな姿勢で人生に立ち向かいました。彼は、ハワイでの成功だけでなく、政界での活躍など、多くの業績を残しました。大谷松次郎は、山口県出身の偉大な実業家として、現在でも人々から尊敬されています。
経済分野の人

「右近権左衛門(11代)」とは?大正-昭和時代の著名な実業家の生涯

-実業家「右近権左衛門(11代)」の生涯- 右近権左衛門(11代)は、大正-昭和時代の著名な実業家である。1882年(明治15年)に京都府に生まれ、1960年(昭和35年)に死去した。 右近権左衛門家は、京都の豪商として知られる家柄であり、11代目はその当主として活躍した。彼は、京都商工会議所の初代会頭を務め、京都商工会議所ビルや京都タワーの建設に尽力した。また、京都市美術館や京都国立博物館の設立에도 기여했다。 彼は、実業家としてだけでなく、茶道や華道にも精通しており、茶道裏千家家元の千宗室や華道家元池坊専永と親交があった。また、彼は、京都の文化や伝統を大切にする人物としても知られており、京都の観光振興に努めた。 彼は、京都の経済界や文化界に大きな貢献をした人物であり、その功績は今日でも高く評価されている。 右近権左衛門(11代)の生涯を時系列でまとめると以下のようになる。 * 1882年(明治15年) 京都府に生まれる。 * 1905年(明治38年) 京都高等商業学校を卒業する。 * 1907年(明治40年) 家業の右近商店を継ぐ。 * 1912年(大正元年) 京都商工会議所の初代会頭を務める。 * 1927年(昭和2年) 京都商工会議所ビルを建設する。 * 1950年(昭和25年) 京都市美術館を設立する。 * 1955年(昭和30年) 京都国立博物館を設立する。 * 1960年(昭和35年) 死去する。
経済分野の人

羽佐間重彰

- 羽佐間重彰 -# 昭和後期-平成時代の放送・新聞経営者 羽佐間重彰(はざま じゅうしょう、1922年11月26日 - 2013年10月6日)は、日本の放送・新聞経営者。日本テレビ放送網取締役社長(第4代)、読売新聞社代表取締役社長(第5代)、読売新聞グループ本社代表取締役会長(初代)、日本新聞協会会長(第63代)などを歴任した。 -- 生い立ちと日本テレビ時代 羽佐間重彰は、1922年に東京府東京市芝区(現・東京都港区)に生まれる。父は日本銀行の理事、東京経済大学の学長などを務めた羽佐間鎌三である。 羽佐間は、東京府立第一中学校、東京高等学校を経て、1944年に東京帝国大学法学部を卒業。1945年に日本テレビ放送網の前身である日本短波放送に入社、同社が日本テレビ放送網に改組された後も同社に在籍し、1961年に取締役に就任。1968年に副社長に、1974年に社長に就任した。 羽佐間は社長就任後、日本テレビの経営を立て直し、同社を日本有数の大手放送局に育て上げた。1975年には日本民間放送連盟(民放連)の会長に就任。1985年には日本放送協会(NHK)の経営危機を救うため、NHKの会長に就任した。 -- 読売新聞時代 羽佐間は、1987年に読売新聞社に移籍し、同社の代表取締役社長に就任。1992年には読売新聞グループ本社の代表取締役会長に就任した。 羽佐間は、読売新聞の経営を立て直し、同社を日本最大の新聞社に育て上げた。また、日本新聞協会の会長にも就任し、新聞業界の発展に貢献した。 羽佐間は、2013年10月6日に東京都内の病院で死去した。90歳没。
経済分野の人

可児孝次郎-明治-大正時代の偉大な実業家

-可児孝次郎の生涯- 可児孝次郎は、明治12年(1879年)に岐阜県可児郡可児町で生まれました。家は代々続く庄屋で、孝次郎は長男として生まれました。孝次郎は幼少期から頭が良く、成績優秀でした。明治31年(1898年)に東京帝国大学工科大学機械工学科に入学しました。大学卒業後は、三菱造船所に入社し、造船技師として働きました。 三菱造船所では、孝次郎はすぐに頭角を現し、造船部長にまで昇進しました。孝次郎は、造船技術に優れており、多くの新技術を開発しました。また、孝次郎は経営者としても有能で、三菱造船所を日本有数の造船会社に育て上げました。 孝次郎は、明治42年(1909年)に三菱造船所を退社し、日本鋼管株式会社を設立しました。日本鋼管は、鉄鋼製品の製造販売を手がける会社で、孝次郎は社長に就任しました。孝次郎は、日本鋼管を日本の鉄鋼業界のトップ企業に育て上げました。 孝次郎は、大正14年(1925年)に日本鋼管の社長を退任しました。その後は、実業界の重鎮として活躍しました。孝次郎は、昭和13年(1938年)に死去しました。 孝次郎は、明治-大正時代の偉大な実業家の一人です。孝次郎は、造船技術と経営手腕に優れており、三菱造船所と日本鋼管を日本のトップ企業に育て上げました。また、孝次郎は、実業界の重鎮として活躍し、日本の経済発展に貢献しました。
経済分野の人

山科直治:仮面ライダー人形と超合金シリーズで玩具業界をリードした男

- 山科直治の生い立ちと経歴 山科直治は、1929年(昭和4年)3月15日に、京都府京都市に生まれました。父親は、金属加工会社を経営しており、山科氏は幼い頃から、金属製品に興味を持っていました。 その後、山科氏は京都市立工業高等学校に進学。金属加工を学びました。卒業後、山科氏は、父親の会社に入社しました。そこで、金属加工の技術を学びながら、金属加工製品の販売にも携わりました。 1954年(昭和29年)、山科直治は、金属加工製品の卸売会社である「山科金属工業」を設立しました。そして、金属加工製品の販売をはじめました。 1961年(昭和36年)、山科直治は、金属加工製品のメーカーである「山科製作所」を設立しました。そして、金属加工製品の製造・販売を本格的に開始しました。 1970年(昭和45年)、山科氏は、金属加工製品の輸入・販売を行う「山科インターナショナル」を設立しました。そして、金属加工製品の輸入・販売を手がけるようになりました。 1974年(昭和49年)、山科氏は、金属加工製品の製造・販売を行う「山科トイズ」を設立しました。そして、金属加工製品のおもちゃの製造・販売を手がけるようになりました。 1979年(昭和54年)、山科氏は、仮面ライダー人形の製造・販売を始めました。この仮面ライダー人形は大ヒット商品となり、山科氏は、一躍、玩具業界のトップに躍り出ました。 1980年(昭和55年)、山科氏は、超合金シリーズの製造・販売を始めました。この超合金シリーズも大ヒット商品となり、山科氏は、玩具業界のトップの座を不動のものにしました。 山科直治は、その後も、数多くのヒット商品を生み出しました。そして、玩具業界のトップとして君臨し続けました。 2008年(平成20年)1月15日、山科直治は、肺炎のため死去しました。享年78歳でした。
経済分野の人

山本留次 – 明治-昭和時代の出版事業家

-山本留次の生涯と業績- 山本留次は、明治・昭和時代の出版事業家です。1872年(明治5年)に滋賀県に生まれ、1945年(昭和20年)に亡くなりました。山本は、日本の出版業界の発展に大きく貢献し、日本の近代化に大きな役割を果たしました。 山本は、幼い頃から読書を好み、文学に強い興味を持っていました。1894年(明治27年)に上京し、博文館に入社しました。博文館は、当時、日本の最大手出版社であり、山本は、ここで編集者として活躍しました。山本は、博文館で、多くの雑誌や書籍を出版し、日本の出版文化の発展に貢献しました。 1905年(明治38年)には、山本は博文館を退社し、独立して出版社を設立しました。山本の出版社は、後に「山本書店」と改称され、日本の大手出版社の一つとなりました。山本は、山本書店で、多くの雑誌や書籍を出版し、日本の出版文化の発展に貢献しました。 また、山本は、出版事業以外にも、社会貢献活動に積極的に参加しました。山本は、1918年(大正7年)には、日本出版協会の設立に尽力し、初代会長に就任しました。日本出版協会は、日本の出版業界の発展に大きく貢献しました。 山本留次は、日本の出版業界の発展に大きく貢献した出版事業家であり、日本の近代化に大きな役割を果たしました。
経済分野の人

岩田孝八

- 岩田孝八の生涯 岩田孝八は、1894年(明治27年)11月15日、愛媛県松山市で生まれた。父は岩田孝蔵、母は岩田トヨである。孝八は、5人兄弟の末っ子であった。 孝八は、松山市立南中学校を卒業後、東京帝国大学法学部に入学した。大学在学中は、早稲田大学野球部のマネージャーを務めた。その後、大学を卒業して大蔵省に入省した。 孝八は、大蔵省では、主計局や主税局で勤務した。1945年(昭和20年)には、戦時特別税の改正を担当した。また、1946年(昭和21年)には、公債の発行を担当した。 孝八は、1947年(昭和22年)に大蔵省を退職し、日本銀行に入行した。日本銀行では、調査局や営業局で勤務した。1955年(昭和30年)には、日本銀行の理事となり、1959年(昭和34年)には、日本銀行の副総裁となった。 孝八は、1964年(昭和39年)に日本銀行の総裁に就任した。総裁在任中は、高度経済成長期の金融政策を担った。1969年(昭和44年)に総裁を退任し、日本開発銀行の総裁に就任した。 孝八は、1972年(昭和47年)に日本開発銀行の総裁を退任した。その後、日本アイ・ビー・エムの会長や、日本原子力発電の社長を務めた。 孝八は、1988年(昭和63年)7月13日に死去した。享年93。
経済分野の人

山室宗文(1880-1950) – 大正時代から昭和時代にかけて活躍した銀行家

-三菱合資を経て三菱銀行の常務に- 山室宗文は、三菱合資に入社後、本店総務部、外務部などで勤務し、1919年に三菱銀行の設立に伴い常務取締役に就任しました。常務時代には、銀行の基盤を強化するために、預金業務や貸出業務の拡大に努め、また、大阪支店や神戸支店の開設など、支店網の拡充にも貢献しました。 1923年の関東大震災では、被災地への融資や復興支援に尽力し、1927年には、三菱銀行の社長に就任しました。社長時代には、銀行の経営を安定させるために、合理化やコスト削減を推進し、また、海外事業の拡大にも注力しました。1937年に支那事変が勃発すると、政府の要請に応じ、三菱銀行の資金を戦費に充当しました。しかし、戦局の悪化に伴い、三菱銀行の経営は徐々に悪化していき、1945年の終戦時には、債務超過に陥ってしまいました。 戦後、山室宗文は公職追放処分を受けましたが、1950年に解除され、三菱銀行の社長に復帰しました。復帰後は、銀行の再建に尽力し、1951年には、三菱銀行を日本興業銀行と合併させて、三菱銀行を解散しました。
経済分野の人

中村清蔵 – 明治-大正時代の日本の実業家

中村清蔵の生涯 中村清蔵は、1854年(安政元年)に越前国敦賀郡松原村(現在の福井県敦賀市松原町)に生まれました。父は中村清兵衛、母はよねです。清蔵は幼い頃から家業の農を手伝いながら、寺子屋に通って読み書きを学びました。 1873年(明治6年)、清蔵は19歳のときに敦賀を離れ、大阪に出て商業を学びました。大阪では、雑貨商で丁稚奉公をして、商売の基礎を身につけました。 1875年(明治8年)、清蔵は大阪を離れ、東京に移住しました。東京では、呉服商の店員として働きながら、商売の勉強を続けました。 1880年(明治13年)、清蔵は26歳のときに独立して呉服商を開業しました。清蔵は商売に熱心に取り組み、呉服商として成功を収めました。 1890年(明治23年)、清蔵は36歳のときに敦賀に戻りました。敦賀では、実業家として活躍し、敦賀の発展に貢献しました。 清蔵は1922年(大正11年)に68歳で亡くなりました。清蔵は、敦賀の発展に貢献した実業家として、現在でも敬愛されています。
経済分野の人

経済評論家・田中直毅の経歴と功績 ー軍拡と経済の不均衡ー

国民経済研究協会への入所以降の経歴 田中直毅氏は、大学卒業後、国民経済研究協会に入所しました。国民経済研究協会は、1920年に設立された日本の経済シンクタンクです。田中氏は、国民経済研究協会で、経済分析や政策提言に従事しました。 田中氏は、国民経済研究協会在籍中に、軍拡と経済の不均衡に関する研究を行いました。田中氏は、軍拡は経済成長を促進するが、同時に、経済の不均衡を招く可能性があることを指摘しました。田中氏は、軍拡による経済成長を維持するためには、経済の不均衡を是正するための政策を講じる必要があると主張しました。 田中氏は、国民経済研究協会を退所後、大学教授や経済評論家として活躍しました。田中氏は、軍拡と経済の不均衡に関する研究を続け、多くの著作を発表しました。田中氏は、軍拡による経済成長を維持するためには、経済の不均衡を是正するための政策を講じる必要があると主張し続けました。 田中氏は、軍拡と経済の不均衡に関する研究で、多くの功績を残しました。田中氏の研究は、軍拡と経済の不均衡の関係を明らかにし、経済政策の立案に役立ちました。田中氏の研究は、軍拡と経済の不均衡に関する研究の基礎を築き、後の研究者に大きな影響を与えました。 田中氏は、2023年に亡くなりましたが、その功績は今もなお語り継がれています。田中氏は、日本の経済学の発展に貢献した偉大な経済学者でした。
経済分野の人

平井六右衛門-岩手県の政治家

-平井六右衛門の経歴- 平井六右衛門は、1836年(天保7年)に岩手県盛岡市に生れました。幼名は万三郎といい、家は代々医者を務めていました。六右衛門は、1853年(嘉永6年)に盛岡藩校の稽古館に入学し、漢学や兵学を学びました。1868年(慶応4年)には、戊辰戦争で盛岡藩の軍に加わり、奥羽越列藩同盟に参加しました。しかし、1869年(明治2年)に盛岡藩が降伏すると、六右衛門はいったん帰郷しました。 1871年(明治4年)に六右衛門は、盛岡藩の貢進生として上京し、東京大学の前身である開成学校に入学しました。1874年(明治7年)に卒業すると、内務省に入省し、地方官として各地を歴任しました。1880年(明治13年)には、岩手県知事に任命されました。 六右衛門は、岩手県知事として、殖産興業政策を推進し、県の経済発展に貢献しました。また、自由民権運動にも積極的で、1881年(明治14年)には、岩手県初の民選県会議員となりました。1884年(明治17年)には、衆議院議員に当選し、国政に進出しました。 六右衛門は、衆議院議員として、自由民権運動の中心人物として活動しました。1890年(明治23年)には、第1回帝国議会の開設に尽力し、衆議院議長に選出されました。1892年(明治25年)には、第2次伊藤内閣の文部大臣に任命され、教育制度の改革に取り組みました。 六右衛門は、1894年(明治27年)に死去しました。享年59歳。自由民権運動に貢献し、日本の近代化に尽力した偉人として、現在も岩手県民に敬愛されています。
経済分野の人

豊田章一郎氏について

豊田章一郎氏の経歴 豊田章一郎氏は、1925年12月29日に名古屋市で生まれた。父はトヨタ自動車創業者である豊田喜一郎氏、母は佐知子氏である。章一郎氏は、1944年に名古屋工業専門学校(現・名古屋工業大学)を卒業後、トヨタ自動車工業株式会社に入社した。 入社後は、生産技術部に配属され、生産工程の改善に取り組んだ。1950年に取締役課長、1955年に常務取締役、1967年に副社長に就任した。1971年、父の死去に伴い、社長に就任した。 社長就任後は、日本初の乗用車「コロナ」や世界初のハイブリッド車「プリウス」を発売するなど、トヨタ自動車を世界トップクラスの自動車メーカーに育て上げた。1992年に会長に退いたが、2009年に名誉会長に就任した。 章一郎氏は、日本の自動車産業の発展に貢献したとして、数々の受賞歴がある。1982年に勲一等瑞宝章、1990年にフランス政府からレジオンドヌール勲章、1993年にドイツ政府から大功労十字章を受章した。 2013年1月14日に死去。享年87歳。