芸能分野の人

芸能分野の人

– 忠信利平

- 白浪五人男のひとり 忠信利平は、日本の中世に実在した盗賊であり、白浪五人男の1人でした。 忠信利平は、1565年に信濃国(現在の長野県)で生まれ、本名は原田左衛門尉利平と言いました。 彼は若い頃から盗賊として活動し、仲間とともに各地で強盗を働いていました。 忠信利平は、1596年に徳川家康の軍勢に逮捕され、江戸で斬首されました。 忠信利平は、白浪五人男の1人として知られていますが、他の4人の名前は不明です。 白浪五人男は、江戸時代初期に活躍した盗賊集団で、忠信利平以外にも、赤星大助、南郷力弥、日本駄右衛門、猿弥太郎などがいました。 白浪五人男は、各地で強盗や辻斬りを働き、人々を恐怖に陥れていました。 1603年に徳川家康が江戸幕府を開き、江戸に幕府が置かれると、白浪五人男は江戸で相次いで逮捕され、斬首されました。 白浪五人男は、江戸時代初期を代表する盗賊集団として知られており、民衆の間で人気がありました。 彼らは、強盗や辻斬りをしながらも、貧しい人々には情けをかけていたと言われています。 白浪五人男は、江戸時代初期の社会情勢を反映した盗賊集団であり、江戸時代の歴史を物語る上で重要な存在です。
芸能分野の人

「竹中吉三郎」-江戸時代前期の歌舞伎役者

-竹中吉三郎の生い立ちと歌舞伎役者としてのキャリア- 竹中吉三郎は、江戸時代前期の歌舞伎役者です。本名は「新納文太夫」といい、現在の東京都中央区日本橋に生まれました。 吉三郎は、幼い頃から歌舞伎に親しみ、10歳の時に「中村吉蔵」の門下に入門しました。その後、「市村座」や「中村座」などに出演するようになり、「敵討忠臣蔵」や「仮名手本忠臣蔵」などの人気演目に出演しました。 また吉三郎は、歌舞伎だけでなく、浄瑠璃や人形浄瑠璃にも出演しました。特に「義太夫節」の太夫として活躍し、「竹中吉三郎掾」の名で知られるようになりました。 吉三郎は、歌舞伎と浄瑠璃の両方で活躍した稀有な役者でした。1660年に亡くなりましたが、その死後は「竹中吉三郎掾」の名が襲名され、歌舞伎と浄瑠璃の発展に貢献しました。 竹中吉三郎は、江戸時代前期の歌舞伎役者として活躍した人物です。歌舞伎だけでなく、浄瑠璃にも出演し、歌舞伎と浄瑠璃の両方で活躍した稀有な役者でした。1660年に亡くなりましたが、その死後は「竹中吉三郎掾」の名が襲名され、歌舞伎と浄瑠璃の発展に貢献しました。
芸能分野の人

井上春之輔:明治・大正時代の舞台俳優

井上春之輔の生い立ちと初期の経歴 井上春之輔は、1854年(嘉永7年)10月13日、江戸本郷弓町の小間物商・井上伝蔵の次男として生まれた。幼名は熊吉。7歳のとき、父が死去し、母は芸者に出て家計を支えた。春之輔は、小学校卒業後、鍛冶屋や牛乳屋などの下働きを経て、14歳のとき、浅草猿若町の芝居茶屋「田中屋」に丁稚奉公に出た。 田中屋では、芝居茶屋としての仕事に加え、舞台の雑用や小道具の管理なども担当した。春之輔は、芝居小屋に通い詰めて芝居を観劇するうちに、役者を目指すようになったという。 1871年(明治4年)、17歳のとき、田中屋の主人である田中佐吉の勧めで、芝居の師匠である尾上菊五郎 (5代目)の門下生となり、菊五郎の名を授かった。菊五郎は、春之輔の才能を認め、わずか1年で初舞台を踏ませた。 春之輔は、菊五郎の教えのもと、歌舞伎の基礎を学び、次第に頭角を現していった。1875年(明治8年)、21歳のとき、菊五郎の推薦で、大阪の芝居小屋「弁天座」に出演した。弁天座では、大当たりをとり、春之輔の名は全国に知られるようになった。 1877年(明治10年)、23歳のとき、東京の歌舞伎座に出演した。歌舞伎座でも、春之輔は大当たりをとり、人気役者の一人となった。春之輔は、その後も、東京、大阪、名古屋など各地の芝居小屋に出演し、大活躍した。
芸能分野の人

「阿部寛」

-阿部寛の生い立ちと経歴- 阿部寛は、1964年6月22日生まれの神奈川県横浜市出身の俳優です。横浜市立野庭高等学校卒業後、日本大学芸術学部演劇学科に進学。在学中の1985年、映画『花いちもんめ』でデビューを果たしました。 1987年に大学卒業後、劇団「青年座」に入団。主に舞台を中心に活動し、『ハムレット』『マクベス』などの作品に出演しました。1992年に劇団を退団し、本格的に映像の世界に進出。翌1993年には、ドラマ『泣きたい夜もある』で連続ドラマ初主演を務めました。 1995年のドラマ『星の金貨』で大ブレイクし、その後は『踊る大捜査線』『トリック』『救命病棟24時』などのヒット作に次々と出演。映画界でも、『踊る大捜査線』『テルマエ・ロマエ』『アイアムアヒーロー』などの話題作に出演し、幅広い層から支持を集めています。 2017年には、映画『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。2019年には、映画『翔んで埼玉』で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞しました。 阿部寛は、その渋いルックスと多彩な演技力で、多くのファンから愛されている俳優です。今後も、彼の活躍に期待が高まります。
芸能分野の人

大笹吉雄:演劇評論家として活躍した昭和後期から平成時代の知識人

歌舞伎、新劇、小劇場演劇など幅広い分野で活躍 大笹吉雄は、歌舞伎、新劇、小劇場演劇など幅広い分野で活躍した演劇評論家である。1929年、東京生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。1954年、演劇評論家としてデビュー。以後、演劇雑誌や新聞に評論を執筆。1960年代から1970年代にかけて、小劇場演劇の台頭とともに、小劇場演劇の評論にも力を注ぐ。1980年代以降は、歌舞伎や新劇の評論にも積極的に取り組んだ。 大笹の評論は、演劇作品の分析と演劇史の考察を交えたもので、その博識さと鋭い洞察力は高く評価されている。また、演劇評論の重要性を主張し、演劇評論の普及に努めたことでも知られている。1998年に死去。 大笹の著作には、『現代演劇の状況』(1965年)、『小劇場演劇の現在』(1976年)、『歌舞伎の現在』(1983年)、『新劇の現在』(1988年)などがある。
芸能分野の人

映画カメラマン三浦光雄の紹介

三浦光雄の生涯と功績 三浦光雄は、1926年(大正15年)に東京で生まれた。父は映画監督の三浦直モード、母は女優の清水宏子であった。光雄は幼い頃から映画に親しみ、1944年(昭和19年)に京都大学に進学した。しかし、すぐに徴兵され、戦地に送られた。終戦後、三浦は京都大学に戻り、映画研究会に入部した。1950年(昭和25年)に大学を卒業し、東宝に入社した。 三浦は、入社後すぐに映画監督の黒澤明に師事した。黒澤監督のもとで、光雄は映画の撮影技術を学び、黒澤監督の多くの作品でカメラマンを務めた。『羅生門』(1950年)、『七人の侍』(1954年)、『椿三十郎』(1962年)、『赤ひげ』(1965年)などは、三浦がカメラマンを務めた代表作である。 三浦の撮影技術は、世界的に評価され、1975年(昭和50年)にはアカデミー賞の撮影賞を受賞した。三浦は、日本の映画界を代表するカメラマンとして、多くの作品に貢献した。 三浦は、1997年(平成9年)に亡くなった。70歳であった。
芸能分野の人

女優・河内桃子 – 熱筆と情熱で生きた人生

-河内桃子の生い立ちとデビュー- 女優・河内桃子は、1908年7月2日に青森県弘前市で生まれた。本名は河内桃子。父は弘前藩士の河内勇三、母はたけ。祖父は弘前藩の家老を務めた河内宗五郎である。桃子は、幼い頃から聡明で、5歳で読書を始める。10歳の時には、詩集『桃の香』を出版し、その才能を世に知らしめた。 1922年、桃子は東京府立第一高等女学校(現・東京都立白鷗高等学校)に入学。在学中は、文芸部で活躍し、同人誌に詩や短編小説を寄稿した。また、演劇部に所属し、舞台に立つこともあった。 1926年、桃子は第一高等女学校を卒業し、新劇団「築地小劇場」に入団。1927年に築地小劇場が解散すると、独立して劇団「河内桃子一座」を旗揚げした。河内桃子一座は、全国各地を巡業し、桃子はその演技力で人気を集めた。 1930年、桃子は映画界入りし、溝口健二監督の『月形半平太』に出演。この映画で、桃子は主人公のるいの妹・おりんを演じ、その可憐な美貌と演技力で一躍スターとなった。その後、桃子は『無法松の一生』(1932年)、『恋文忠臣蔵』(1934年)、『御誂治五人男』(1935年)などに出演し、国民的な女優として活躍した。 桃子は、女優として活躍する一方、作家としても活動した。1936年、小説『朱鷺の墓』を出版し、その文才を高く評価された。その後も、『夜の河』(1939年)、『恋の旅』(1940年)など、数多くの小説を発表した。 1945年、太平洋戦争が終結。桃子は、戦後の復興に尽力した。1950年、桃子は「河内桃子基金」を設立し、貧困家庭の子供たちを支援した。また、1952年には、自伝的小説『私の半生』を出版し、その波乱万丈の人生を世に知らしめた。 桃子は、1990年11月1日に東京都三鷹市で死去した。享年82歳。桃子は、女優として、作家として、そして社会活動家として、日本の文化に多大な貢献をした。
芸能分野の人

八木保太郎 – 日本映画界に貢献した脚本家

-# 日本映画界への貢献 八木保太郎は、日本映画界に多大な貢献をした脚本家です。彼の作品は、1920 年代から 1960 年代にかけて日本映画の名作として数多く残されています。八木保太郎の脚本は、社会派の作品が多く、庶民の生活や社会問題をリアルに描き出しました。彼の作品は、日本映画の黄金期を支え、日本映画界の発展に大きな役割を果たしました。 八木保太郎の作品の中でも特に有名なのは、1927 年に公開された「忠次旅日記」です。この作品は、任侠映画の傑作として知られ、日本映画の古典的名作とされています。八木保太郎は、この作品で、主人公の忠次を魅力的なキャラクターとして描き、庶民の生活や社会問題をリアルに表現しました。この作品は、日本映画界に大きな影響を与え、任侠映画のジャンルを確立するきっかけとなりました。 八木保太郎は、その後も数多くの名作を世に送り出しました。1935 年に公開された「人生劇場」は、貧しい少年がヤクザの社会で成功していく姿を描いた作品で、日本映画の代表作のひとつとして知られています。1943 年に公開された「無法松の一生」は、やくざの大親分が、貧しい少女を助けるために人生を捧げるという物語で、日本映画の名作として広く知られています。 八木保太郎は、日本映画界に多大なる貢献をした脚本家であり、彼の作品は、日本映画の黄金期を支え、日本映画界の発展に大きな役割を果たしました。八木保太郎の作品は、今もなお多くの人々に愛され、日本映画史にその名を刻んでいます。
芸能分野の人

松本謙三 – 功績を残した能楽師ワキ方

松本謙三の功績と魅力 松本謙三は、1896年に東京で生まれ、能楽師の父のもとで幼い頃から能楽を学びました。1915年に初舞台を踏み、1926年に映画「能楽師」に出演したことで一躍有名になりました。その後も数多くの映画やテレビに出演し、能楽の普及に貢献しました。 また、松本謙三は能楽の普及のために様々な活動を行いました。1931年には、能楽の普及を目的とした「能楽研究会」を設立しました。また、1952年には、能楽の保存と振興を目的とした「能楽協会」の設立にも尽力しました。 松本謙三の功績は、能楽の普及と保存に貢献したことですが、彼の魅力はそれだけではありません。松本謙三は、能楽の舞台だけでなく、映画やテレビでも活躍しました。また、能楽に関する著書も多く残しており、能楽の普及に貢献しました。 松本謙三は、1980年に84歳で亡くなりましたが、彼の功績と魅力は今もなお語り継がれています。彼の功績は、能楽の普及と保存に貢献したことですが、彼の魅力はそれだけではありません。松本謙三は、能楽の舞台だけでなく、映画やテレビでも活躍しました。また、能楽に関する著書も多く残しており、能楽の普及に貢献しました。
芸能分野の人

「中川芳江」

-「中川芳江」- -明治から昭和前期に活躍した女優- 中川芳江は、明治から昭和前期に活躍した女優です。本名は中川芳子。1875年、東京生まれ。 1893年、川上音二郎一座に入団し、舞台女優としてデビュー。その後、新派の第一人者として活躍し、数多くの作品に出演しました。 代表作には、「不如帰」「虞美人草」「勧進帳」などがあります。1933年、帝国劇場の初演に出演。その演技は、多くの観客を魅了しました。 芳江は、1950年に死去するまで、女優として活躍を続けました。その功績は、今日でも高く評価されています。 芳江は、日本の近代演劇の発展に大きな貢献をした女優です。その演技は、自然でリアルであり、観客の共感を呼びました。 芳江は、また、女性としても先駆者的存在でした。彼女は、女性が社会で活躍できることを証明し、多くの女性たちに勇気を与えました。 芳江は、日本の演劇界の宝であり、その功績はいつまでも語り継がれるでしょう。
芸能分野の人

– 大和屋甚兵衛(3代)

大和屋甚兵衛(3代)の生涯 大和屋甚兵衛(3代)は、江戸時代中期の豪商。大和屋甚兵衛家(日本橋の呉服商)の三代目当主。本名は藤田甚兵衛。大和屋甚兵衛家は大和屋甚兵衛(初代)が1673年に大阪から江戸日本橋に移り住み、呉服商を始めたのが始まり。大和屋甚兵衛(2代)がその跡を継ぎ、大和屋甚兵衛(3代)が三代目当主となった。 大和屋甚兵衛(3代)は、享保14年(1729年)に生まれ、寛政3年(1791年)に没した。享年63。大和屋甚兵衛(3代)は、幼い頃から商才を発揮し、18歳の時に父である大和屋甚兵衛(2代)が亡くなった後、家督を継いだ。大和屋甚兵衛(3代)は、家督を継いだ後も商才を発揮し、大和屋甚兵衛家を江戸屈指の呉服商に育て上げた。 大和屋甚兵衛(3代)は、商売だけでなく、社会貢献にも熱心だった。大和屋甚兵衛(3代)は、寛政2年(1790年)に、江戸本所松坂町に私塾を開設し、貧しい子供たちに教育を施した。また、大和屋甚兵衛(3代)は、寛政3年(1791年)に、江戸日本橋に火消し組を組織し、火災から江戸の町を守る活動を行った。 大和屋甚兵衛(3代)は、江戸時代中期の江戸を代表する豪商であり、社会貢献にも熱心だった人物である。大和屋甚兵衛(3代)は、その功績から、江戸幕府から「大和屋甚兵衛」の屋号を賜り、江戸屈指の呉服商として活躍した。また、大和屋甚兵衛(3代)は、私塾を開設し、貧しい子供たちに教育を施したり、火消し組を組織して火災から江戸の町を守る活動を行ったりと、社会貢献にも熱心だった。大和屋甚兵衛(3代)は、江戸時代中期の江戸を代表する豪商であり、社会貢献にも熱心だった人物である。
芸能分野の人

「為永太郎兵衛」

- -為永太郎兵衛の生涯- 為永太郎兵衛は、江戸時代初期の剣客で、剣豪として名高い。 1599年、筑後国(現在の福岡県)に生まれる。 幼い頃から武芸に励み、16歳の時に江戸に出て、柳生宗矩の門下生となった。 柳生宗矩のもとで、剣術の修行に励み、23歳の時に、柳生宗矩の推薦で、徳川将軍家の剣術指南役となった。 徳川将軍家の剣術指南役として、将軍や大名に剣術を指導し、その手腕を高く評価された。 また、剣術の試合でも、数多くの勝利を収め、剣豪として名を馳せた。 1666年、68歳の時に死亡した。 その死は、剣術界に大きな衝撃を与え、多くの剣客が彼の死を悼んだ。 為永太郎兵衛は、剣豪としてだけでなく、剣術の理論家としても著名であり、剣術に関する著作を多数残している。 これらの著作は、後世の剣客に大きな影響を与え、日本の剣術の発展に貢献した。
芸能分野の人

橘つや – 大正から昭和の寄席三味線方

寄席の三味線方として活躍した女性 橘つやは、大正から昭和にかけて活躍した寄席の三味線方です。本名は田中つやといい、1897年(明治30年)に東京に生まれました。15歳のときに三味線を始め、17歳のときに寄席でデビューしました。 橘つやは、力強く軽快な三味線演奏で人気を博しました。また、端唄や小唄などの弾き語りも得意で、寄席だけでなく劇場やレコードにも出演しました。1930年(昭和5年)には、東京の寄席で初めて女性三味線方がトリを務めるという快挙を達成しました。 橘つやは、1978年(昭和53年)に81歳で亡くなりました。彼女は、寄席の三味線方として活躍した女性の先駆者であり、その功績は今日でも語り継がれています。 橘つやの三味線演奏は、力強く軽快なものでした。彼女は、三味線を弾くときには、全身を使って演奏していました。また、橘つやは端唄や小唄などの弾き語りも得意で、寄席だけでなく劇場やレコードにも出演しました。 橘つやは、1930年(昭和5年)に東京の寄席で初めて女性三味線方がトリを務めるという快挙を達成しました。これは、それまでの寄席界では、男性が三味線方を務めるのが当たり前とされていたため、画期的な出来事でした。 橘つやは、寄席の三味線方として活躍した女性の先駆者であり、その功績は今日でも語り継がれています。彼女は、女性でも三味線方を務めることができることを証明し、多くの女性三味線方が活躍するきっかけを作りました。
芸能分野の人

梨元勝:芸能レポーターのパイオニア

昭和の芸能界を駆け抜けた敏腕レポーター 1924年に東京で生まれた梨元勝は、日本の芸能レポーターのパイオニアとして知られています。1950年代に芸能記者としてデビューし、その後、テレビの芸能番組でレポーターとして活躍しました。梨元勝は、芸能人のプライベート情報をスクープし、芸能界の裏側を暴露するような報道で一躍有名になりました。 梨元勝は、芸能界に多くのスクープを送り込みました。その中には、美空ひばりの結婚、山口百恵の引退、森光子の離婚など、芸能界を揺るがすようなビッグニュースもありました。梨元勝は、芸能界の裏側を暴露するような報道でも知られていました。その中には、芸能人の薬物使用、暴力団との関係、セクハラなど、芸能界の闇の部分を暴くような報道もありました。 梨元勝の報道は、芸能界に大きな影響を与えました。芸能人は、梨元勝にスクープされることを恐れて、プライベート情報を隠蔽するようになりました。また、芸能界の裏側を暴露するような報道は、芸能界の浄化につながりました。梨元勝は、芸能界を浄化し、芸能界の透明性を高めることに貢献した功績で、芸能界のレジェンドとして語り継がれています。 梨元勝は、2014年に死去しましたが、その功績は今もなお語り継がれています。梨元勝は、芸能レポーターのパイオニアとして、芸能界の歴史にその名を残しました。
芸能分野の人

道阿弥-「道阿弥(1)」(?-1413)について

応永20年(1413)5月9日に死去した道阿弥の生涯 道阿弥は、14世紀後半から15世紀初頭にかけて活躍した日本の茶人である。千利休の師匠とも知られ、日本の茶道の歴史において重要な人物である。 道阿弥の生年は不詳であるが、応永12年(1405)に京都で生まれたとされる。父は、足利義満の側近であった渋川満頼である。母は、結城満弘の娘である。道阿弥には、兄の渋川満直と妹の渋川満子がいる。 道阿弥は、幼少期から茶道に興味を持ち、14歳で茶道家としてデビューした。その後、足利義満の茶堂に出仕し、茶道における地位を確立した。応永18年(1411)には、足利義満が亡くなった際に、その葬儀の際の茶事を担当した。 応永20年(1413)5月9日、道阿弥は京都で死去した。享年43歳であった。道阿弥の死後、その遺志を継いだ千利休が、茶道の発展に尽力した。 道阿弥は、日本の茶道の歴史において重要な人物である。道阿弥は、茶道の作法や礼儀作法を確立し、茶道の普及に貢献した。また、道阿弥は、茶道具の収集にも熱心であり、そのコレクションは「道阿弥道具」として知られている。 道阿弥の死後、その遺志を継いだ千利休が、茶道の発展に尽力した。千利休は、道阿弥の茶道の作法や礼儀作法をさらに発展させ、茶道を日本文化の重要な一部とした。千利休は、また、茶道具の収集にも熱心であり、そのコレクションは「千利休道具」として知られている。 道阿弥と千利休は、日本の茶道の歴史において重要な人物である。道阿弥と千利休は、茶道の作法や礼儀作法を確立し、茶道の普及に貢献した。また、道阿弥と千利休は、茶道具の収集にも熱心であり、そのコレクションは「道阿弥道具」と「千利休道具」として知られている。
芸能分野の人

「早川貞水」

-早川貞水とは?- 早川貞水は、1889年(明治22年)12月17日に長野県下伊那郡飯田町(現・飯田市)に生まれた日本の洋画家です。 1912年(大正元年)に東京美術学校(現・東京藝術大学)西洋画科に入学し、1916年(大正5年)に卒業しました。卒業後は、イタリア、フランス、イギリスなどヨーロッパ各地を遊学し、1924年(大正13年)に帰国しました。 帰国後は、東京美術学校で教鞭をとりながら、洋画の創作活動を行いました。1930年(昭和5年)には、第1回春陽会展に出品し、1932年(昭和7年)には、第2回春陽会展で特選を受賞しました。 1936年(昭和11年)には、第1回新文展に出品し、1937年(昭和12年)には、第2回新文展で特選を受賞しました。 1947年(昭和22年)には、第1回日展に出品し、1948年(昭和23年)には、第2回日展で特選を受賞しました。 1952年(昭和27年)には、第6回日展で文部大臣賞を受賞しました。 1955年(昭和30年)には、第9回日展で委員賞を受賞しました。 1958年(昭和33年)には、第12回日展で審査員賞を受賞しました。 1961年(昭和36年)には、第15回日展で特選を受賞しました。 1964年(昭和39年)には、第18回日展で審査員賞を受賞しました。 1967年(昭和42年)には、第21回日展で委員賞を受賞しました。 1970年(昭和45年)には、第24回日展で特選を受賞しました。 1973年(昭和48年)には、第27回日展で審査員賞を受賞しました。 1976年(昭和51年)には、第30回日展で特選を受賞しました。 1979年(昭和54年)には、第33回日展で特選を受賞しました。 1982年(昭和57年)には、第36回日展で特選を受賞しました。 1985年(昭和60年)には、第39回日展で特選を受賞しました。 1988年(昭和63年)には、第42回日展で特選を受賞しました。 1991年(平成3年)には、第45回日展で特選を受賞しました。 1994年(平成6年)には、第48回日展で特選を受賞しました。 1997年(平成9年)には、第51回日展で特選を受賞しました。 2000年(平成12年)には、第54回日展で特選を受賞しました。 2003年(平成15年)には、第57回日展で特選を受賞しました。 2006年(平成18年)には、第60回日展で特選を受賞しました。 2009年(平成21年)には、第63回日展で特選を受賞しました。 2012年(平成24年)には、第66回日展で特選を受賞しました。 2015年(平成27年)には、第69回日展で特選を受賞しました。 2018年(平成30年)には、第72回日展で特選を受賞しました。 2021年(令和3年)には、第75回日展で特選を受賞しました。 早川貞水は、2023年(令和5年)現在、103歳で現役の洋画家として活動しています。
芸能分野の人

宇治嘉太夫(2代)について

-宇治嘉太夫(2代)とは?- 宇治嘉太夫 (2代)は、日本の歌舞伎役者。上方歌舞伎で活躍した。本名は田中喜太郎。屋号は豊島屋。俳名は大水。 1786年(天明6年)、大坂に生まれる。初代宇治嘉太夫の門下となり、1811年(文化8年)に二代目宇治嘉太夫を襲名する。 嘉太夫は、茶屋女房役を得意とし、そのおっとりとした風情と芸風で人気を集める。また、座頭役も演じ、その芸の幅の広さを示した。 1849年(嘉永2年)、大阪で死去。享年64歳。 嘉太夫は、上方歌舞伎を代表する名優の一人であり、その芸風は今日にも受け継がれている。
芸能分野の人

笑福亭松鶴(6代) – 上方落語の復興と発展に貢献した落語家

-笑福亭松鶴(6代)の生涯- 笑福亭松鶴(6代)は、1896年5月23日に大阪市北区西天満で、本名・山中与之助として生まれた。父は落語家の4代目笑福亭松鶴、母は松鶴の2番目の妻である。 松鶴は幼少期から父に落語を仕込まれ、1908年10月に12歳で初舞台を踏んだ。最初は「松の助」という芸名だったが、1911年に「松鶴」に改名した。 松鶴は早くからその才能を発揮し、1918年に「戎橋円熟」で第1回上方漫才大賞を受賞。その後も、1923年に「替り目」で第2回上方漫才大賞を受賞するなど、活躍を続けた。 しかし、1931年に松鶴の父が死去すると、松鶴は家督を継いで6代目笑福亭松鶴を襲名。これにより、松鶴は落語家の道を本格的に歩み始め、1934年に「寝床」で第1回上方落語大賞を受賞するなど、数々の賞を受賞した。 松鶴はまた、落語の復興と発展にも力を尽くした。1945年に終戦を迎えると、松鶴は上方落語の普及のために「上方落語協会」を設立。また、1953年には「上方落語の会」を発足させ、上方落語の継承者育成に努めた。 松鶴の功績は大きく、1966年には「上方落語大賞」を受賞。さらに、1972年には重要無形文化財保持者に認定された。松鶴は、その生涯において上方落語の復興と発展に大きく貢献し、今日の上方落語の発展の礎を築いた。 松鶴は、1982年10月29日にすい臓がんのため大阪市内の病院で死去した。享年86歳であった。
芸能分野の人

→ 市川中車(7代) – 明治・昭和時代前期の歌舞伎役者

市川中車(7代)の生涯 市川中車(7代)は、明治・昭和時代前期の歌舞伎役者である。本名は小林徳三郎。1883年(明治16年)1月11日、東京市本所区(現・東京都墨田区)に生まれる。父は初代市川中車、母は初代市川九女八。父は歌舞伎役者、母は新橋芸者であった。 中車は幼少期から歌舞伎役者を目指し、1894年(明治27年)に父の歌舞伎座初舞台に際して、四代目市川九女八を名乗り子役として初お目見えを果たす。その後、七代目市川中車の門下となり、1900年(明治33年)には歌舞伎座で初舞台を踏み、七代目市川中車を襲名した。 中車は、若手歌舞伎役者として注目を集め、1906年(明治39年)には大阪松竹座で一座を率いて公演を行う。その後も各地を巡業し、1912年(大正元年)には帝国劇場で初公演を行った。 中車は、主に若衆役や女形を演じた。若衆役としては、端正な容貌と華やかさが人気を博し、女形としては、楚々とした美しさで好評を博した。また、世話物や時代物、舞踊劇など、幅広い演目に対応できる器用さでも知られていた。 中車は、1937年(昭和12年)に歌舞伎座で引退公演を行い、その後は隠居生活を送った。1942年(昭和17年)1月17日、東京市本所区(現・東京都墨田区)で死去した。享年59。 中車は、明治・昭和時代前期を代表する歌舞伎役者として活躍し、その芸は多くの観客を魅了した。また、市川中車という芸名を後世に引き継ぎ、歌舞伎界の発展に貢献した。
芸能分野の人

– 嵐三十郎(初代)

-嵐三十郎(初代)の生涯- 嵐三十郎(初代)は、江戸時代前期の歌舞伎役者。京都四条河原で生まれた。本名は高市十太夫。 1660年、京都で「嵐十太夫」の名で初舞台を踏む。その後、「嵐三十郎」に改名。 1673年、江戸に下向。市村座に出演し、大当たりをとる。 1677年、京伝長五郎一座の座頭に就任。 1683年、中村座に出座。 1691年、江戸城内での興行で、将軍徳川綱吉の前で「道行旅路花婿」を演じる。 1692年、嵐三十郎一座を結成。 1694年、道頓堀角座で「仮名手本忠臣蔵」を初演。 1700年、京都で死去。享年42。 嵐三十郎は、荒事と和事の両方をこなすことができる万能役者だった。また、新作歌舞伎を数多く上演し、歌舞伎の発展に貢献した。 嵐三十郎の代表作には、「仮名手本忠臣蔵」の「大星由良之助」役、「花菖蒲女五十三疋」の「女房おさん」役、「義経千本桜」の「いがみの権太」役などがある。 嵐三十郎は、歌舞伎の黄金時代を築いた名役者として、現在でも多くの人々に愛されている。
芸能分野の人

「立川三光」

-立川三光- -立川三光のプロフィール- 立川三光は、日本の落語家である。本名は大村光一。出囃子は「八木節」。 1974年2月12日、東京都八王子市に生まれる。落語家になる前は、スーパーの店員をしていた。 1997年、入船亭扇橋に入門、4ヶ月で二ツ目昇進。2008年には真打昇進と同時に立川志らく門下に移籍する。 立川三光は、古典落語を得意とする。また、創作落語にも力を入れていて、自作の落語も多く披露している。 2019年には、NHKの新人お笑い大賞で優勝した。 立川三光は、若手落語家のホープとして期待されている。 -立川三光の芸風- 立川三光の芸風は、古典落語を得意としている。 立川三光は、寄席はもちろんのこと、テレビやラジオでも活躍している。 立川三光の落語は、テンポが良く、間の取り方が絶妙である。また、キャラクターを演じ分けるのが上手く、その芸の幅広さには定評がある。 -立川三光の今後の活躍- 立川三光は、若手落語家のホープとして期待されている。 立川三光は、今後も古典落語を得意としつつ、創作落語にも力を入れていく予定である。 また、テレビやラジオでの活躍にも意欲的である。 立川三光の今後の活躍に期待したい。
芸能分野の人

– 多部未華子

-主な出演作- -映画- * 2002年 害虫 * 2004年 世界の中心で、愛をさけぶ * 2005年 約束の地 * 2006年 トロと旅する時間 * 2007年 たとえ明日世界が終るとしても * 2008年 天国への郵便配達人 * 2009年 余命1ヶ月の花嫁 * 2010年 告白 * 2011年 モテキ * 2012年 コクリコ坂から * 2013年 恋する歯医者 * 2014年 小さいおうち * 2015年 海街diary * 2016年 植物図鑑 運命の恋、ひろいました * 2017年 ナラタージュ * 2018年 空飛ぶタイヤ * 2019年 鹿王 ユナと約束の旅 * 2020年 きみの鳥はうたえる * 2021年 護られなかった者たちへ -テレビドラマ- * 2002年 ごくせん * 2003年 恋するトップレディ * 2004年 怪談新耳袋 * 2005年 タイガー&ドラゴン * 2006年 のだめカンタービレ * 2007年 花より男子2(リターンズ) * 2008年 ロスタイムライフ * 2009年 JIN‐仁‐ * 2010年 怪盗ロワイヤル * 2011年 名前をなくした女神 * 2012年 GTO * 2013年 半沢直樹 * 2014年 ルーズヴェルト・ゲーム * 2015年 いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう * 2016年 カルテット * 2017年 監獄のお姫さま * 2018年 大恋愛~僕を忘れないで~ * 2019年 この世界の片隅に * 2020年 病室で念仏を唱えないでください * 2021年 女王の法廷 -舞台- * 2003年 嵐が丘 * 2005年 青い種子は太陽のなかにある * 2007年 光る時間 * 2009年 グッドバイ * 2011年 青い鳥 * 2013年 蜘蛛女のキス * 2015年 透明人間の蒸気 * 2017年 水のないプール * 2019年 藪原検校 * 2021年 罪と罰
芸能分野の人

梁英姫監督の作品と来し方

-在日コリアン2世として- 梁英姫監督は、大阪で在日コリアン2世として生まれました。父親は朝鮮半島から日本に移住した建具職人、母親は家政婦でした。梁監督は、両親から朝鮮文化や歴史について学び、在日コリアンとしてのアイデンティティを強く意識するようになりました。 梁監督は、大学卒業後、映画監督を目指して上京しました。しかし、当初は差別や偏見に遭い、なかなか仕事を得ることができませんでした。それでも梁監督は、あきらめずに映画を作り続け、やがて「パッチギ!」や「フラガール」などのヒット作を生み出しました。 梁監督の作品は、在日コリアンとしてのアイデンティティや、差別に苦しむ人々の姿などをテーマにしたものが多いです。梁監督は、自分の作品を通して、社会に在日コリアン問題や差別問題について考えさせるきっかけを与えたいと考えています。 梁監督は、在日コリアンとしてのアイデンティティを強く意識していますが、同時に日本人としての意識も持っています。梁監督は、在日コリアンと日本人の架け橋になりたいと考えており、そのために映画を作り続けています。 梁監督の代表作である「パッチギ!」は、1960年代の大阪府を舞台に、在日コリアンと日本人の高校生たちの交流を描いた作品です。この作品は、在日コリアン問題や差別問題を扱った映画として大きな話題となり、数々の賞を受賞しました。 「フラガール」は、福島県いわき市にあるスパリゾートハワイアンズのフラダンスチームを描いた作品です。この作品は、人々の笑顔や感動が詰まった作品として多くの人々に愛されています。
芸能分野の人

花形歌舞伎役者 片岡仁左衛門(12代)

-女方の美貌と品位ある演技- 片岡仁左衛門(12代)は、その美貌と品位ある演技で知られている。その端麗な顔立ちと、しとやかな所作は、多くの観客を魅了してきた。また、その演技は、丁寧かつ繊細で、役柄に命を吹き込む。 仁左衛門は、1942年、片岡仁左衛門(11代)の長男として東京に生まれる。5歳で初舞台を踏み、1959年に二代目片岡秀太郎を襲名。1973年に父・仁左衛門(11代)が亡くなると、その跡を継いで十二代目片岡仁左衛門を襲名した。 仁左衛門は、女形として高い評価を受けている。その美貌と、品位ある演技は、多くの観客を魅了してきた。また、その演技は、丁寧かつ繊細で、役柄に命を吹き込む。 仁左衛門の代表作には、『義経千本櫻』の静御前、『仮名手本忠臣蔵』のお軽、『楼門五三桐』の傾城若紫などがある。また、海外公演にも積極的に参加しており、その美貌と演技は、世界中の人々を魅了している。 仁左衛門は、歌舞伎界の重鎮として、その美貌と演技で人々を魅了している。その舞台姿は、まさに芸術品であり、多くの人々に感動を与えている。