文学分野の人

文学分野の人

甲賀三郎の生涯と業績

記事本文 甲賀三郎とは何か? 甲賀三郎とは、室町時代に甲賀で活躍した忍者で、多くの伝説が残っている人物である。甲賀三郎の生い立ちや経歴については、様々な説があり、謎に包まれている。しかし、彼の忍術の腕前は非常に高く、室町幕府の重臣からも重用されていたという。 甲賀三郎の生い立ちと背景 甲賀三郎の生い立ちについては、様々な説がある。一つは、甲賀三郎は甲賀の農民の家に生まれたという説である。もう一つは、甲賀三郎は甲賀の豪族の家に生まれたという説である。どちらの説も、甲賀三郎の生涯に影響を与えた可能性がある。 甲賀三郎が生まれたのは、室町時代初期のことである。室町時代は、応仁の乱をきっかけに、戦乱の絶えない時代であった。各地で起こる戦乱の影響で、甲賀の農民は、重い年貢を課せられるなど、苦しい生活を送っていた。甲賀三郎は、このような苦しい環境の中で育ったと考えられている。 甲賀三郎が農民の家に生まれたとすれば、彼は幼い頃から農作業を手伝いながら、忍術の修行をしていたと考えられる。また、甲賀三郎が豪族の家に生まれたとすれば、彼は幼い頃から忍術の修行を受け、武芸を身につけたと考えられる。いずれにしても、甲賀三郎は、忍術の腕前は非常に高く、室町幕府の重臣からも重用されていたという。 甲賀三郎の活躍 甲賀三郎は、室町幕府の重臣の命を受け、各地で忍術を使って戦ったという。甲賀三郎の忍術の腕前は非常に高く、敵を倒すことが多かったという。甲賀三郎の忍術は、敵を倒すためだけではなく、情報を集めるためにも使われた。甲賀三郎は、敵の陣地に忍び込んで情報を集め、それを室町幕府の重臣に報告していたという。 甲賀三郎は、室町幕府の重臣から非常に信頼されていたという。甲賀三郎の忍術の腕前は非常に高く、室町幕府の重臣が甲賀三郎に依頼した任務は、すべて成功したという。甲賀三郎は、室町幕府の重臣から信頼され、重用されていた忍者であった。 甲賀三郎の死 甲賀三郎の死については、様々な説がある。一つは、甲賀三郎は戦乱の中で死亡したという説である。もう一つは、甲賀三郎は老衰で死亡したという説である。どちらの説も、甲賀三郎の生涯を締めくくるのにふさわしい最期である。 甲賀三郎は、室町時代初期に活躍した忍者で、多くの伝説を残している人物である。甲賀三郎の生い立ちや経歴については、様々な説があり、謎に包まれている。しかし、彼の忍術の腕前は非常に高く、室町幕府の重臣からも重用されていたという。甲賀三郎は、室町幕府の重臣から非常に信頼されていた忍者であった。
文学分野の人

柚木麻子の人生と作品-平成の時代を代表する女性作家

柚木麻子氏の生い立ちと経歴 柚木麻子氏は、1965年10月20日に東京都に生まれました。父親はサラリーマン、母親は専業主婦という家庭に育ち、幼い頃から読書好きでした。特に、太宰治や谷崎潤一郎などの日本の古典文学を好んで読んでいました。 高校卒業後は、慶應義塾大学文学部に入学し、日本文学を専攻しました。大学在学中は、文芸サークルに所属し、執筆活動に励んでいました。1988年に大学を卒業後、出版社に就職しました。 出版社に就職後は、編集者として数々の小説やエッセイを手がけました。また、自身も小説を執筆し、1993年に『彼女のこんだて帖』で小説家としてデビューしました。 『彼女のこんだて帖』は、OLの主人公が、仕事と恋愛に奮闘する姿を描いた小説です。この小説は、多くの女性読者の共感を集め、ベストセラーとなりました。 その後も、柚木麻子氏は数多くの小説を発表し、多くの読者から支持されています。代表作には、『つばさ』『ランチのアッコちゃん』『かの子撩乱』などがあります。 柚木麻子氏の作品は、恋愛や結婚、出産など、女性の一生に関わるテーマを扱ったものが多いです。また、その作品は、繊細な心理描写と、ユーモラスな語り口が特徴です。 柚木麻子氏は、平成の時代を代表する女性作家の一人です。その作品は、多くの女性読者の共感を集め、高く評価されています。
文学分野の人

花岡大学の生涯と作品

花岡大学は、1908年(明治41年)11月18日に、富山県富山市に生まれました。本名は、花岡一雄です。 花岡大学は、幼少期から絵を描くことが大好きで、小学校卒業後は、東京府立工芸学校(現在の東京都立工芸高等学校)に進学しました。 東京府立工芸学校卒業後は、イタリアに留学し、ローマ王立美術学校で絵画を学びました。 1933年(昭和8年)に帰国後は、東京で画家として活動を始めました。 1938年(昭和13年)には、第8回帝展で「黄昏」が入選し、その後も、帝展や新文展で数多くの作品が入選しました。 1946年(昭和21年)には、日本美術院の会員に推挙されました。 1958年(昭和33年)には、日本芸術院会員に選ばれました。 1968年(昭和43年)には、文化功労者に選ばれました。 花岡大学は、1987年(昭和62年)11月18日に、79歳で亡くなりました。 花岡大学は、日本の洋画界を代表する画家の一人であり、その作品は、国内外の美術館に所蔵されています。
文学分野の人

偉大な出版社経営者、早川清の功績

* -早川清の生涯- 1924年に東京で生まれ、1949年に東京大学法学部を卒業しました。 1951年に早川書房に入社し、1954年に代表取締役に就任します。 数々の文学賞を創設し、日本のSF界の発展に貢献しました。 1995年に逝去しました。 * -早川清の功績- 日本にSF文化を根付かせたパイオニアです。 また、日本SF作家の育成と輩出にも尽力しました。 特に、小松左京、星新一、筒井康隆などの作家を世に送り出し、日本のSF界を牽引する役割を果たしました。 さらに、数々の文学賞を創設し、日本のSFの発展に貢献しました。 その功績を称えて、早川清賞が創設されています。
文学分野の人

梅里亭嗜香 – 江戸時代後期の俳人

梅里亭嗜香 - 江戸時代後期の俳人 背景 梅里亭嗜香は、江戸時代後期の俳人であり、狂歌師でもありました。名は野島源太郎、のちに野島永春と改め、号を嗜香・酔郷・漫郎・春山・白雲などとも称しました。 嗜香は、1764年に江戸の深川に生まれました。父親は、呉服商であり、嗜香も家業を継ぎました。しかし、嗜香は俳諧に熱中し、家業を顧みませんでした。そのため、父親から勘当され、家を出て、俳諧の道に専念することになりました。 嗜香は、当初は、与謝蕪村に師事しましたが、のちに、小林一茶に師事しました。嗜香は、一茶の俳風を受け継ぎ、写生を重んじた写生俳諧を追求しました。嗜香の俳諧は、庶民の生活や自然の美しさを詠んだものが多く、人々に親しまれました。 嗜香は、1815年に52歳で亡くなりました。しかし、嗜香の俳諧は、人々に愛され続け、現代でも多くの俳人が嗜香の俳句を参考にして作品を創作しています。
文学分野の人

「加賀美桜塢」について

-加賀美桜塢の経歴- 加賀美桜塢(かがみ おうう)は、大正時代に活躍した日本の作家・詩人・劇作家・文芸評論家です。1899年(明治32年)に愛知県名古屋市に生まれ、1928年(昭和3年)に29歳の若さで亡くなりました。 加賀美桜塢は、1918年(大正7年)に早稲田大学英文科に入学し、在学中に同人誌「白樺」に参加します。1921年(大正10年)に大学を卒業後は、出版社に勤務しながら執筆活動を続け、1924年(大正13年)に処女小説「櫻塢随筆」を発表しました。この作品は、当時の文壇に大きな反響を呼び、加賀美桜塢は一躍、注目を集める作家となりました。 その後、加賀美桜塢は「廃園」「家」「かげろう」などの小説を次々と発表し、詩人・劇作家・文芸評論家としても活躍しました。彼の作品は、繊細な心理描写と美しい文体が特徴であり、大正時代の文壇を代表する作家の一人として高く評価されています。 1928年(昭和3年)、加賀美桜塢は29歳の若さで病のため亡くなりました。しかし、彼の作品は現在でも読み継がれており、大正時代の文学を代表する作家の一人として広く知られています。
文学分野の人

重松清

-重松清の経歴とプロフィール- 重松清は、1963年12月4日生まれ、石川県金沢市出身の小説家、ノンフィクション作家です。金沢大学教育学部卒業後、出版社勤務を経て、1988年に『ビフォア・ラン』で小説家デビューしました。 1991年に『エイジ』で直木賞候補となり、1992年に『とんび』で直木賞を受賞しました。 その後、『ナイフ』『青い鳥』『流星ワゴン』『きみの友だち』『アキレスと亀』『ゼロの町』『十字架』『とんび』など、数々のヒット作を世に送り出し、いまや国民的作家として親しまれています。 重松清の作品は、家族や友人をテーマにしたものが多く、登場人物の日常を細やかに描写することで、読者に共感を与えています。また、病気や死、格差など、社会問題を題材にした作品も多く、社会派作家としても知られています。 重松清は、2000年に第1回新潮エンターテインメント大賞を受賞し、2004年には紫綬褒章を受章しました。また、2012年には『アキレスと亀』で本屋大賞を受賞しました。 重松清は、現在も精力的に執筆活動を続けており、活躍の場を広げています。
文学分野の人

詩人と翻訳家:山崎佳代子の生涯

-山崎佳代子のプロフィールと経歴- 山崎佳代子(やまざき かよこ、1942年 - )は、日本の詩人、翻訳家。大阪府大阪市出身、京都府京都市在住。 1942年、大阪市に生まれる。京都大学文学部フランス文学科卒業。卒業後は、フランス語の教師をしながら、詩作を始める。 1972年、第一詩集『野火は雨』を出版。この詩集は、第1回中原中也賞を受賞し、高い評価を得る。 1975年、第二詩集『春を担げば』を出版。この詩集は、第2回現代詩人賞を受賞する。 1980年、第三詩集『記憶の森』を出版。この詩集は、第3回小野十三郎賞を受賞する。 1985年、第四詩集『火の十字架』を出版。この詩集は、第4回日本詩人クラブ賞を受賞する。 1990年、第五詩集『水岸の影』を出版。この詩集は、第5回現代詩花椿賞を受賞する。 1995年、第六詩集『風の記憶』を出版。この詩集は、第6回詩歌文学館賞を受賞する。 2000年、第七詩集『光の森』を出版。この詩集は、第7回現代詩人賞を受賞する。 2005年、第八詩集『天の川』を出版。この詩集は、第8回小野十三郎賞を受賞する。 2010年、第九詩集『風のリラ』を出版。この詩集は、第9回現代詩花椿賞を受賞する。 2015年、第十詩集『光の海』を出版。この詩集は、第10回詩歌文学館賞を受賞する。 2020年、第十一詩集『記憶の旅』を出版。 山崎佳代子は、詩人として、その抒情的な詩風で高く評価されている。また、翻訳家として、フランスの詩や小説を数多く翻訳しており、その功績も大きい。
文学分野の人

河野慎吾-大正から昭和にかけて活躍した歌人

-河野慎吾の生涯と経歴- 河野慎吾は、1897年(明治30年)に愛媛県松山市で生まれました。旧制松山高校を経て、早稲田大学英文科卒業。大学在学中に、坪内逍遥の主宰する「早稲田文学」に短編小説や戯曲を発表し、文壇に登場しました。 1920年(大正9年)に、第一歌集『青猫』を発表。この歌集は、清新な作風で注目され、河野慎吾を歌壇に押し出しました。その後も、第二歌集『黄昏』(1922年)、第三歌集『白鳩』(1924年)を立て続けに発表し、大正時代の歌壇を代表する歌人として活躍しました。 1926年(大正15年)には、第四歌集『紅梅』を発表。この歌集は、河野慎吾の代表作として高く評価され、それまでの作品を整理してまとめたものです。河野慎吾の歌は、情景描写が優れており、日常の生活の中に潜む美しさを詠んだものが多く見られます。また、口語的な表現を取り入れた、自由な作風も特徴です。 1937年(昭和12年)には、第五歌集『花影』を発表。この歌集は、河野慎吾の晩年の作を集めたもので、戦争の悲惨さを詠んだ作品が多く見られます。河野慎吾は、1947年(昭和22年)に、50歳で亡くなりました。 河野慎吾は、大正から昭和にかけて活躍した歌人であり、自由な作風と情景描写に優れた歌で、多くの読者を魅了しました。
文学分野の人

橋本稲彦について

-橋本稲彦の生涯- 橋本稲彦は、1862年(文久2年)10月15日、現在の香川県仲多度郡多度津町で、父・橋本綱次郎、母・なか夫妻の間に生まれた。幼名は弥介。 1874年(明治7年)、12歳のとき、上京し、東京・築地の海軍兵学校に入学。1878年(明治11年)に16歳で卒業し、海軍少尉に任命された。 1881年(明治14年)には、海軍大学校に入学し、1884年(明治17年)に卒業。1886年(明治19年)には、海軍中佐に昇進した。 1894年(明治27年)、日清戦争が勃発。橋本は、第一遊撃隊の司令官として出陣し、黄海海戦で活躍した。1895年(明治28年)には、海軍大佐に昇進した。 1898年(明治31年)、橋本は、海軍少将に昇進し、海軍省軍務局長に就任した。1900年(明治33年)には、海軍中将に昇進し、第二艦隊司令長官に就任した。 1904年(明治37年)、日露戦争が勃発。橋本は、連合艦隊司令長官に任命され、旅順港閉塞作戦や日本海海戦で勝利を収めた。1905年(明治38年)には、海軍大将に昇進した。 1906年(明治39年)、橋本は、海軍大臣に就任した。1908年(明治41年)には、元帥海軍大将に昇進し、1914年(大正3年)には、貴族院議員に勅任された。 1924年(大正13年)10月15日、橋本は、東京帝国大学医学部附属病院で死去した。享年62。 橋本稲彦は、日本海軍の軍人として、日清戦争と日露戦争で活躍し、海軍大将、元帥海軍大将まで昇進した。また、海軍大臣として、海軍の近代化に貢献した。
文学分野の人

呉山堂玉成 – 明治時代の俳人

呉山堂玉成の生涯 呉山堂玉成は、1826年(文政9年)に越前国大野郡羽生村(現在の福井県大野市)に農家の次男として生まれました。幼名は寿太郎、後に友成と改名しました。18歳で江戸に出て、本郷の昌平黌に入学し、儒学を学びました。昌平黌卒業後は、一時帰郷しましたが、1851年(嘉永4年)に再び江戸に出て、神田お玉が池の玉林寺に寓居しました。玉林寺は俳人として知られる高田蝶衣が住持をしていた寺で、玉成も俳諧を学びました。 1854年(嘉永7年)、玉成は神田鍋町に呉山堂という俳諧塾を開きました。呉山堂は、安政の三大俳諧師の一人とされる大瀬蕪村の俳風を学んだ俳人で、玉成は蕪村を師と仰いでいました。呉山堂は江戸俳壇で評判を呼び、多くの門人が集まりました。 1868年(慶応4年)、明治維新が起こり、徳川幕府が倒れました。維新後の混乱期に、玉成は一時帰郷しましたが、1872年(明治5年)に再び江戸に戻りました。江戸に戻った玉成は、呉山堂を再開し、俳諧の指導を続けました。 1888年(明治21年)、玉成は俳諧雑誌「玉藻」を創刊しました。玉藻は、俳諧の普及に貢献し、多くの俳人を育てました。玉成は、1903年(明治36年)に78歳で亡くなりました。 玉成は、江戸俳壇を代表する俳人の一人であり、その功績は大きく評価されています。玉成の俳句は、蕪村の俳風を学びながら、独自の境地を開拓したもので、清新で洒脱な作風を持ち味としています。玉成の俳句は、現在でも多くの人に親しまれています。
文学分野の人

小河原雨塘 – 江戸時代中期・後期の俳人

小河原雨塘の生涯 小河原雨塘は、江戸時代中期・後期の俳人です。1707年(宝永4年)に、京都で生まれました。本名は、小河原勝重(おがわらかつかげ)といいます。 雨塘は、16歳のときに、俳諧師の井原西鶴の門人である北村季吟に入門します。そして、季吟から俳諧を学びました。 1731年(享保16年)に、雨塘は、俳諧結社「乙州庵」を結成します。そして、乙州庵の主宰として、俳諧の発展に努めました。 1740年(元文5年)に、雨塘は、江戸に下ります。そして、江戸で俳諧師として活動しました。 1751年(享保26年)に、雨塘は、俳諧集「乙州庵句集」を出版します。乙州庵句集は、雨塘の代表作のひとつです。 1776年(安永5年)に、雨塘は、江戸で亡くなりました。享年70歳でした。 雨塘の句風は、洒脱で軽妙な作風が特徴です。また、雨塘は、俳諧を庶民に広めるために、さまざまな工夫をしました。 雨塘は、江戸時代中期・後期の俳諧の発展に大きく貢献した俳人です。
文学分野の人

→ 進藤純孝

-進藤純孝の生涯と経歴- 進藤純孝は、1849年(嘉永2年)3月15日に、肥後国益城郡隈庄村(現・熊本県宇城市)に生まれました。幼名は千代松で、後に純孝と改名しました。1868年(慶応4年)に戊辰戦争が勃発すると、熊本藩の徴兵に応じて出陣し、各地を転戦しました。戊辰戦争後、進藤は熊本藩の兵部省に出仕し、熊本鎮台の参謀を務めました。1876年(明治9年)の西南戦争では、政府軍の一員として、鹿児島県に侵攻しました。 西南戦争後、進藤は警視庁の警察官となり、1883年(明治16年)には警視総監に就任しました。警視総監在任中には、警視庁の近代化を推進し、警察制度の確立に努めました。また、1892年(明治25年)には、警視総監を辞任して、衆議院議員に当選しました。衆議院議員在任中には、憲法改正や日清戦争、日露戦争など、日本の重大な局面に関わりました。1926年(大正15年)に死去しました。 進藤純孝は、明治維新後の日本の警察制度の確立や、衆議院議員として日本の政治に関わった人物です。彼の功績は、今日でも高く評価されています。
文学分野の人

堀部魯九→ 江戸時代中期の俳人

-孤耕庵の隠棲生活- 堀部魯九は、江戸時代中期の俳人で、尾張名古屋藩の御徒目付を務めた人物です。しかし、明和6年(1769年)に50歳で隠居し、名古屋市熱田区にある孤耕庵に移り住みました。 魯九は、孤耕庵で隠棲生活を送る中で、俳句の創作に励みました。また、多くの俳人と交流を深め、俳句の普及に努めました。魯九の俳句は、自然を題材としたものが多く、その素朴で温かみのある作風が特徴です。 魯九は、孤耕庵で隠棲生活を送りながら、俳句の創作に励み、多くの俳人と交流を深めました。魯九の俳句は、自然を題材としたものが多く、その素朴で温かみのある作風が特徴です。魯九は、安永8年(1779年)に60歳で亡くなりましたが、その俳句は現在でも多くの人に愛され続けています。 魯九の孤耕庵での隠棲生活は、俳句の創作に最適な環境でした。孤耕庵は、名古屋市熱田区にある静かな場所にあり、魯九はそこで自然と触れ合いながら、俳句を創作することができました。また、魯九は多くの俳人と交流を深め、俳句の創作について意見を交換したり、お互いに刺激を受けたりすることができました。 魯九の孤耕庵での隠棲生活は、俳句の創作に最適な環境でした。魯九はそこで自然と触れ合いながら、俳句を創作することができました。また、魯九は多くの俳人と交流を深め、俳句の創作について意見を交換したり、お互いに刺激を受けたりすることができました。魯九の俳句は、現在でも多くの人に愛され続けています。
文学分野の人

池永豹

池永豹の人柄と生涯 池永豹は、1911年に東京で生まれ、1992年に亡くなった日本の実業家です。彼は、日本最大の化粧品メーカーである資生堂の創業者である福原有信の娘婿であり、1960年から1986年まで資生堂の社長を務めました。 池永豹は、1933年に東京帝国大学経済学部を卒業後、資生堂に入社しました。彼は、営業職からスタートし、その後、取締役、常務、専務を歴任しました。1960年に、岳父の福原有信が亡くなると、社長に就任しました。 池永豹は、社長就任後、資生堂を一大化粧品メーカーに育て上げました。彼は、海外市場の開拓に力を入れており、1967年には、資生堂初の海外工場をアメリカに設立しました。また、1971年には、資生堂初の海外ブランドである「SENSAI」を発売しました。 池永豹は、1986年に資生堂の社長を退任し、会長に就任しました。彼は、会長就任後も、資生堂の経営に携わり続け、1992年に亡くなりました。 池永豹は、実業家としての手腕だけでなく、その人柄でも知られていました。彼は、温厚で誠実な人柄で、社員から慕われていました。また、彼は、芸術にも造詣が深く、絵画や彫刻を収集していました。 池永豹は、日本の化粧品業界の発展に大きく貢献した人物であり、その功績は今もなお語り継がれています。
文学分野の人

「天章澄彧」

-生涯と業績- 「天章澄彧」は、中国の唐代の詩人、書家である李白の代表作の一つです。この詩は、李白が天台山を訪れた際に、その美しい景色に感嘆して詠んだものです。 李白は、701年に中亜のトルコ系民族の末裔の家庭に生まれました。幼い頃から詩を好み、15歳の時にはすでに詩人として名を馳せていました。24歳の時には科挙に合格し、官僚となりましたが、官職に就いてからはすぐに辞任し、各地を放浪するようになりました。 李白は放浪の旅の中で、多くの美しい景色に出会い、それらに触発されて数多くの詩を詠みました。「天章澄彧」もその一つです。この詩は、李白が天台山を訪れた際に、その美しい景色に感嘆して詠んだものです。 李白は、「天章澄彧」の中で、天台山の美しい景色を「天の章、澄みてさやかに、彧をなす」と表現しています。また、天台山の麓に流れる水の流れを「清流、石を繚繞し、寂寞たり」と表現しています。李白は、天台山の美しい景色を、天の章を垂らしたような、清らかな水が流れる、寂寥とした場所と表現しています。 李白は、「天章澄彧」の中で、天台山の美しい景色に感嘆するとともに、その景色に込められた意味についても思いを馳せています。李白は、天台山の美しい景色の中に、人間の魂の清浄さを求める願いが込められていると感じています。 李白は、「天章澄彧」の中で、天台山の美しい景色に感嘆し、その景色に込められた意味についても思いを馳せています。李白は、天台山の美しい景色の中に、人間の魂の清浄さを求める願いが込められていると感じています。 李白は、「天章澄彧」の中で、天台山の美しい景色を、天の章を垂らしたような、清らかな水が流れる、寂寥とした場所と表現しています。李白は、天台山の美しい景色に感嘆し、その景色に込められた意味についても思いを馳せています。李白は、天台山の美しい景色の中に、人間の魂の清浄さを求める願いが込められていると感じています。
文学分野の人

「山口羅人」-江戸時代中期の俳人

江戸時代中期の俳人である山口羅人は、1697年(元禄10年)に生まれたと考えられています。彼の生誕地については、越後国高田藩領(現在の新潟県上越市)説と、上野国箕輪藩領(現在の群馬県高崎市)説の2説があります。 羅人は、幼い頃から和歌を学び、18歳の時に松尾芭蕉の弟子である村尾重挙に入門しました。重挙は羅人の才能を見出し、俳諧の指導をしました。羅人は重挙の指導を受けながら、俳諧の道を究めました。 1717年(享保2年)、羅人は江戸に出て、俳諧師として活動を始めました。彼は江戸の俳壇で活躍し、多くの俳人を指導しました。1725年(享保10年)には、重挙の後を継いで『猿蓑』の三世宗匠に就任しました。 羅人は、芭蕉の俳諧を継承しながらも、独自の俳風を確立しました。彼の俳句は、自然の美しさを素朴な言葉で表現したものが多く、江戸の人々に愛されました。羅人は、江戸時代中期の俳壇を代表する俳人のひとりとして、現在も高く評価されています。 1751年(宝暦元年)、羅人は江戸で亡くなりました。享年54歳でした。羅人の死後、彼の弟子たちは羅人の俳風を受け継ぎ、江戸の俳壇で活躍しました。
文学分野の人

~文鐘軒~

-江戸時代の浄瑠璃作者文鐘軒- ~文鐘軒~ 文鐘軒は、江戸時代の浄瑠璃作者です。生没年や本名は不明であるが、活躍時期は1748年(寛延元年)頃から1777年(安永6年)頃までと推測されています。近松門左衛門に師事し、浄瑠璃の脚本を多く執筆しました。 文鐘軒の浄瑠璃は、近松門左衛門の作風を継承したもので、義理人情を重んじる内容が多いです。また、巧みな話術で観客を魅了しました。代表作には、「菅原伝授手習鑑」「仮名手本忠臣蔵」「義経千本桜」などがあります。 文鐘軒の浄瑠璃は、江戸時代の人々に大変人気がありました。芝居小屋は常に満員で、文鐘軒の名は全国に広まりました。文鐘軒は、江戸浄瑠璃の隆盛に貢献した浄瑠璃作者として、現在でも高い評価を受けています。 -文鐘軒の生涯- 文鐘軒の生涯については、あまり詳しい記録が残されていません。生没年や本名は不明ですが、活躍時期は1748年(寛延元年)頃から1777年(安永6年)頃までと推測されています。 文鐘軒は、近松門左衛門に師事して浄瑠璃の脚本を学びました。近松門左衛門は、江戸浄瑠璃の祖といわれる浄瑠璃作者で、その作風は後の浄瑠璃作者に大きな影響を与えました。文鐘軒も近松門左衛門の作風を継承し、義理人情を重んじる内容の浄瑠璃を多く執筆しました。 文鐘軒の浄瑠璃は、江戸時代の人々に大変人気がありました。芝居小屋は常に満員で、文鐘軒の名は全国に広まりました。文鐘軒は、江戸浄瑠璃の隆盛に貢献した浄瑠璃作者として、現在でも高い評価を受けています。 -文鐘軒の代表作- 文鐘軒の代表作には、以下の浄瑠璃があります。 * 「菅原伝授手習鑑」 * 「仮名手本忠臣蔵」 * 「義経千本桜」 * 「曽根崎心中」 * 「道行旅路花婿」 これらの浄瑠璃は、いずれも江戸時代の人々に大いに人気を博しました。現在でも歌舞伎や文楽などで上演されており、多くの人々に愛されています。
文学分野の人

ー藤原鉄乗

-藤原鉄乗の生涯- 藤原鉄乗は、飛鳥時代の僧侶、貴族です。姓は塩屋氏。天智天皇の皇子大海人皇子(後の天武天皇)の皇子舎人親王の皇子に当たると伝わります。 持統天皇4年(690年)に出家し、瑜伽宗を開いたインドの僧菩提僊那に師事。 大宝2年(702年)には正三位を授けられ、近江国に甲賀寺を建立しました。甲賀寺は、近江国甲賀郡に設置された寺院で、天武天皇の詔によって創建されたと伝わります。藤原鉄乗は、甲賀寺の初代住職を務めました。 和銅6年(713年)には、大僧正に任じられました。大僧正は、奈良時代の僧侶の最高位です。藤原鉄乗は、日本仏教史上最初の大僧正となりました。 藤原鉄乗は、日本の仏教の発展に大きく貢献しました。藤原鉄乗は、瑜伽宗の教えを広め、日本の仏教の基礎を築きました。また、藤原鉄乗は、甲賀寺を建立し、近江国の仏教の中心地としました。藤原鉄乗は、天平11年(739年)に亡くなりました。
文学分野の人

村上浪六

村上浪六の生涯 村上浪六は、1865年(慶応元年)8月25日に、愛媛県宇和島市吉田町に生まれました。本名は、村上信之助といいます。1880年(明治13年)に上京し、東京専門学校(現・早稲田大学)文学科に入学しました。在学中に文学への興味を持ち、同人誌『早稲田文学』に小説や戯曲を発表しました。 1886年(明治19年)に東京専門学校を卒業後、大阪朝日新聞記者となりました。1894年(明治27年)に、大阪朝日新聞が政治犯を投獄する刑務所の実態を報じた記事を掲載したことから、内務省から新聞の発行停止処分を受けました。浪六は、この処分に抗議し、新聞記者を辞職しました。 1895年(明治28年)に、小説『金色夜叉』を大阪朝日新聞に連載を開始しました。この小説は、大ヒットし、浪六の名を一躍有名にしました。翌年に『金色夜叉』は単行本として出版され、ベストセラーとなりました。 1903年(明治36年)に、浪六は小説『破戒』を大阪毎日新聞に連載を開始しました。この小説は、差別される賤民の娘と、その娘を愛する僧侶の悲恋を描いた物語です。この小説も大ヒットし、浪六の名をさらに高めました。翌年に『破戒』は単行本として出版され、ベストセラーとなりました。 1938年(昭和13年)に、浪六は文化勲章を受勲しました。1944年(昭和19年)に、東京都世田谷区成城で死去しました。享年79歳でした。 浪六は、日本の近代文学史において、重要な作家の一人です。彼の小説は、社会問題や人間の心理を鋭く描いたもので、多くの読者に愛されました。彼の作品は、現在でも読み継がれています。
文学分野の人

野村其梅 – 江戸時代中期の俳人

- 野村其梅の生涯とその時代 野村其梅(1690~1747)は、江戸時代中期の俳人です。通称は「甚助」。俗称は「五左衛門」。「野村三代」の一人として知られています。江戸日本橋生まれ。号は煙霞庵・風来散人・翁亀・松萍堂など。 其梅の生家は、江戸の日本橋にあった材木商で、かなりの裕福な家庭でした。その為、其梅は、幼少期から俳諧をたしなみ、17歳の時に芭蕉に入門し、俳諧を学び始めました。 1716年に芭蕉が亡くなった後も、其梅は俳諧を続け、1727年に「野村三代」の一人として認められます。1739年には、江戸に「其和庵」を建て、俳諧の普及に努めました。 其梅は、芭蕉の俳諧を継承し、独自の俳風を確立しました。其梅の俳風は、芭蕉の写生主義を基本としつつも、より写実的な表現を心がけました。また、其梅は、俳諧に和歌の要素を取り入れ、新しい俳諧の表現を追求しました。 其梅は、俳諧の第一人者として、多くの弟子を育てました。其梅の弟子には、蕪村、一茶、小林一茶、など著名な俳人が多くいます。 其梅は、1747年に江戸で亡くなりました。享年59歳でした。其梅の墓は、東京都中央区の浄土宗浄土院にあります。 其梅の生涯は、俳諧の隆盛期であった江戸時代中期と重なります。この時代、俳諧は、庶民の間で広く親しまれ、多くの俳人が活躍しました。其梅も、この時代を代表する俳人の一人であり、その功績は大きく評価されています。
文学分野の人

水村美苗:昭和後期から平成時代の小説家

水村美苗の生い立ちと経歴 水村美苗は、1952年11月25日、東京都に生まれました。父親は漫画家、母親は主婦でした。水村は幼い頃から本を読むことが好きで、特にSF小説やミステリー小説を好んで読んでいました。 水村は、東京大学文学部を卒業後、出版社に就職しました。しかし、出版社での仕事に馴染めず、1979年に退職しました。その後、水村はフリーライターとして活動を始めました。 水村の最初の小説は、1980年に発表された「回転木馬」です。この小説は、東京のデパートを舞台にしたミステリー小説で、高い評価を得ました。水村はその後も、「シンデレラのように眠りたい」「天使の卵」「アリスのままでいたい」など、多くの小説を発表しました。 水村の小説は、その軽快な文体と、日常生活の細部を鋭く観察する視点が特徴です。また、水村の小説には、女性ならではの視点が色濃く反映されており、多くの女性読者から支持を集めています。 水村は、1992年に直木賞を受賞しました。また、2001年には、紫綬褒章を受章しました。水村は、現在も小説家として活躍しており、多くの作品を発表し続けています。
文学分野の人

「後藤松陰」

「生い立ちと師事の時代」 後藤松陰(1844-1921)は、明治維新後、警察官僚として活躍し、東京警視総監や警視庁長官を歴任した人物です。熊本県出身で、1844年に生まれました。幼名は楠太郎。父は熊本藩士の後藤四郎右衛門。母は、後藤四郎右衛門の妻、えん。 幼少期から学問に秀でており、12歳のときに藩校である熊本洋学校に入学。1862年に藩校を卒業した後、京都に遊学し、洋学の研究を行うようになりました。1863年には、尊皇攘夷運動に参加し、薩摩藩の西郷隆盛らと親交を深めました。 1868年に明治維新が起こると、後藤松陰は熊本藩の徴募に応じて官吏として勤務。1871年に警察官僚として東京府に採用され、警部補に任命されました。その後、警視庁の警視正、警視監を歴任し、1881年には東京警視総監に就任しました。 東京警視総監として、後藤松陰は治安維持に努め、近代的な警察制度を整備しました。また、1889年に発布された大日本帝国憲法の制定にも尽力し、憲法起草委員の一人となりました。 1891年に警視庁長官を退官した後も、貴族院議員や枢密顧問官として活躍。1921年に死去しました。 後藤松陰は、明治維新後、近代日本の警察制度の整備に貢献した人物です。その功績は、今日の日本の警察制度の基礎を築いたものとして高く評価されています。
文学分野の人

桂井在高に関する知られざる史実

-桂井在高の生涯- 桂井在高は、1872年に福岡県に生まれました。幼少の頃から剣術と槍術を学び、1891年に陸軍士官学校に入校しました。卒業後は、日清戦争と日露戦争に従軍し、功績を上げました。1914年に少将に昇進し、1918年に中将に昇進しました。 1923年の関東大震災では、戒厳司令官として治安維持に努めました。1925年に陸軍大臣に就任し、1927年に大将に昇進しました。1931年の満州事変では、関東軍司令官として出征し、満州を占領しました。 1932年に総理大臣に就任し、1934年に退任しました。1935年に東京市長に就任し、1938年に退任しました。1940年に死去しました。 桂井在高は、日清戦争と日露戦争に従軍し、功績を上げました。1925年に陸軍大臣に就任し、1927年に大将に昇進しました。1931年の満州事変では、関東軍司令官として出征し、満州を占領しました。1932年に総理大臣に就任し、1934年に退任しました。1935年に東京市長に就任し、1938年に退任しました。1940年に死去しました。