音楽分野の人

音楽分野の人

音楽評論家・服部幸三の生涯と業績:バロック音楽の普及に貢献した音楽学者

-服部幸三の生い立ちと音楽との出会い- 服部幸三は、1930年(昭和5年)1月11日に、静岡県沼津市で生まれた。父は、元小学校の先生で、音楽を愛する人であった。幸三は、幼い頃から父の影響を受けて音楽に興味を持ち、小学校に入学するとすぐに、音楽部に所属して合唱を始め、中学卒業後、東京音楽大学に進学した。同大学では、ピアノと作曲を専攻し、1952年(昭和27年)に卒業した。 卒業後は、桐朋学園大学でピアノを教え、その傍ら、作曲活動を続けていた。しかし、1957年(昭和32年)に、イタリアに留学して、バロック音楽を研究する機会を得た。これを機に、服部はバロック音楽に魅せられ、帰国後は、バロック音楽の普及に力を注いだ。 バロック音楽の普及のために、服部は、数多くの演奏会や講演会を開催した。また、多くの著書や論文を発表し、バロック音楽の理解を深めることに貢献した。1973年(昭和48年)には、東京藝術大学教授に就任し、後進の指導にもあたった。 服部は、2012年(平成24年)4月11日に、神奈川県鎌倉市の自宅で、癌のため死去した。享年82。音楽評論家として、また、音楽学者として、偉大な足跡を残した。
音楽分野の人

神戸絢:明治から昭和にかけて活躍したピアニスト

-神戸絢の生涯と功績- 神戸絢は、1886年3月16日に兵庫県神戸市に生まれ、1970年11月13日に東京都世田谷区で没したピアニストです。 13歳で上京し、東京音楽学校(現在の東京藝術大学)でピアノを学びます。1907年に卒業し、1908年に渡欧。パリ音楽院に留学し、1911年に一等賞を得て卒業しました。 1912年に帰国し、神戸と東京を拠点に演奏活動を開始しました。1923年に渡米し、カーネギー・ホールでリサイタルを開き、成功を収めました。その後、アメリカ各地で演奏会を開き、1926年に帰国しました。 1927年に森鷗外と知り合い、親交を深めました。森鴎外は神戸絢の演奏を高く評価し、音楽評論や随筆に神戸絢について書きました。 1930年代には、ヨーロッパやアメリカで演奏会を開き、世界の舞台で活躍しました。第二次世界大戦中は、日本国内で演奏活動を続けました。 戦後は、東京藝術大学の教授として後進の指導に当たりました。1967年に文化勲章を受章しました。 神戸絢は、日本を代表するピアニストとして、日本の音楽文化の発展に貢献しました。その功績は、今もなお語り継がれています。
音楽分野の人

竹本大隅太夫(5代) – 義太夫節の名人

-# 竹本大隅太夫(5代)の生涯 竹本大隅太夫(5代)は、江戸時代後期の義太夫節の名人である。 1775年、京都に生まれる。本名は西浦茂兵衛。1784年、2代目竹本綱大夫に入門し、翌年竹本大隅太夫(5代)を襲名する。江戸に下り、1805年、市村座で『本朝廿四孝』を初演。この公演は大成功を収め、大隅太夫の名は一躍全国に知れ渡った。 その後、大隅太夫は各地を巡業し、その芸を披露した。そして、1825年、江戸で死去した。享年51。 大隅太夫は、その豊かな声量と優れた節回しが特徴であった。また、浄瑠璃の詞章を深く理解し、聴衆の心に訴えるような語り口で知られていた。大隅太夫の芸は、後世の義太夫節の名人たちにも大きな影響を与えた。 大隅太夫の代表的な演目としては、『本朝廿四孝』『勧進帳』『義経千本桜』などがある。 大隅太夫は、その功績を称えられ、1884年に正五位を追贈されている。
音楽分野の人

 羽山八郎右衛門

-羽山八郎右衛門の生涯- 羽山八郎右衛門は、江戸時代前期に活躍した豪商であり、茶人としても知られています。1580年に京都に生まれ、1656年に亡くなりました。本名は木村重兵衛といい、羽山は屋号でした。 八郎右衛門は、もともと京都の呉服商でしたが、後に大阪に移り住み、そこで茶の湯の道に足を踏み入れました。茶の湯の師匠は、千利休の弟子である津田宗及でした。八郎右衛門は、宗及から茶の湯の奥義を学び、やがて茶人として名を馳せるようになりました。 八郎右衛門は、茶人としてだけでなく、豪商としても活躍しました。彼は、大阪で生糸や綿花の貿易を行い、莫大な財を築きました。八郎右衛門は、その財力を用いて、茶室や茶道具の収集を行い、茶の湯の文化の発展に貢献しました。 八郎右衛門は、また、書家としても知られています。彼は、茶室の襖や屏風に、自筆の和歌を揮毫しました。八郎右衛門の書は、気品のある美しい文字で、茶人や書道家に高く評価されています。 八郎右衛門は、1656年に77歳で亡くなりました。その死後、彼の茶道具や書は、多くの茶人に受け継がれました。八郎右衛門は、茶の湯の文化の発展に大きく貢献した人物であり、現在でも多くの人に尊敬されています。
音楽分野の人

古川滝斎 – 地歌・箏曲家の生涯と功績

-古川滝斎の生い立ちと音楽教育- 古川滝斎は、1760年(宝暦10年)に江戸で生まれた。本名は古川徳治郎。幼少の頃から音楽に興味を持ち、8歳の頃に三味線を始める。12歳の頃には、既に三味線の演奏会で演奏するほどの腕前となっていた。 その後、滝斎は、地歌・箏曲の名手である杵屋六左衛門に入門する。六左衛門は、滝斎の才能を見抜き、熱心に指導にあたった。滝斎は、六左衛門の指導の下、地歌・箏曲の演奏技術を飛躍的に向上させた。 18歳の頃には、滝斎は既に地歌・箏曲の名手として知られるようになり、江戸の各大名や公家の前で演奏するようになった。また、滝斎は、地歌・箏曲の作曲も始め、多くの作品を残した。 滝斎は、地歌・箏曲の演奏と作曲の両方で活躍し、地歌・箏曲の発展に大きく貢献した。滝斎の功績は、現在でも高く評価されており、彼の作品は、現在でも多くの地歌・箏曲家によって演奏されている。
音楽分野の人

テレサ・テン:台湾の伝説の歌手

-テレサ・テンの生涯- テレサ・テンは、1953年1月29日に台湾の雲林県で生まれました。テレサの母は、テレサが12歳の時に亡くなってしまい、父と兄妹で生活することになりました。テレサは幼い頃から歌が大好きで、よく家で歌っていました。 1971年、テレサは台湾のテレビ番組「我愛今週」に出演し、その番組がきっかけで歌手としての活動を開始しました。テレサの歌手としてのキャリアは順調で、1973年には初のアルバム「雲河」を発表しました。1974年、テレサは日本に進出し、日本の歌謡祭で優勝しました。 テレサの日本での人気は爆発的に高まり、1975年に発売したシングル「空港」はミリオンセラーを記録しました。テレサは日本の国民的人気歌手となり、1979年には紅白歌合戦に初出場しました。 1980年代になると、テレサは中国語圏での活動も本格化させ、中国本土や香港、シンガポールなどでも人気を集めました。テレサは「愛人」「時の流れに身をまかせ」「別れの予感」など、数多くのヒット曲を歌いました。 1989年、テレサはフランスのパリで42歳の若さで亡くなりました。テレサの死は多くのファンに衝撃を与え、世界中の人々がテレサの死を悼みました。 テレサは、台湾の伝説の歌手であり、その美しい歌声は今でも多くの人々に愛されています。
音楽分野の人

「山川園松」

- 山川園松の生涯と足跡 山川園松は、1883年(明治16年)10月10日に長野県北佐久郡柏木村(現在の北佐久郡小海町)に生まれました。日本の社会主義運動家、労働運動家、政治家であり、戦後日本社会党初代委員長を務めた人物です。 幼少期は貧しい生活を送りましたが、独学で学問を修め、1902年(明治35年)に早稲田大学政治経済科に入学しました。大学在学中には、社会主義思想に傾倒し、1906年(明治39年)に日本社会党の前身である平民社に入党しました。 1911年(明治44年)には、平民社が分裂して日本社会党が結成されると、同党の中央委員に選出されました。1914年(大正3年)には、社会主義同盟事件で逮捕され、1916年(大正5年)には、第一次護憲運動に参加して再び逮捕されました。 1918年(大正7年)には、ロシア革命の成功に影響を受けて、日本共産党の結成に参加しました。しかし、1922年(大正11年)には、共産党が非合法化されると、党を離れて労働運動に専念しました。 1925年(大正14年)には、全国労働組合評議会(全評議会)の結成に参加し、同評議会の委員長に選出されました。1928年(昭和3年)には、日本労働組合全国評議会(全評)の結成に参加し、同評の委員長に選出されました。 1931年(昭和6年)には、満州事変が勃発すると、戦争に反対する運動に参加しました。1933年(昭和8年)には、治安維持法違反で逮捕され、1937年(昭和12年)には、特別高等警察(特高)に拷問を受けて死亡しました。 山川園松は、日本の社会主義運動と労働運動の発展に大きな貢献をした人物であり、その生涯は、日本近代史の激動の時代を物語っています。
音楽分野の人

清水金太郎:伝説のバリトン歌手

- 清水金太郎伝説のバリトン歌手 -# 帝国劇場歌劇部への入団 清水金太郎は、1881年12月10日に東京で生まれた。幼い頃から音楽に親しみ、16歳で東京音楽学校(現・東京藝術大学)に入学した。声楽を専攻し、在学中に優れた才能を発揮した。 1902年に東京音楽学校を卒業した後、清水金太郎は帝国劇場歌劇部に入団した。帝国劇場歌劇部は、1911年に開設された日本の最初のオペラ劇場である。清水金太郎は、帝国劇場歌劇部の創立メンバーの一人であり、その後の日本のオペラ界の発展に大きく貢献した。 清水金太郎は、帝国劇場歌劇部で数多くのオペラに出演した。その中でも特に有名なのが、プッチーニの「椿姫」のアルフレッド役である。清水金太郎は、アルフレッド役を非常に魅力的に演じ、多くの聴衆を魅了した。 清水金太郎は、1923年に帝国劇場歌劇部を退団した。退団後は、フリーランスのオペラ歌手として活動し、国内外の数多くのオペラに出演した。 清水金太郎は、1955年に73歳で亡くなった。しかし、その歌声は今もなお多くの人々に愛されている。
音楽分野の人

中島みゆき-昭和後期から平成時代のシンガーソングライター

-中島みゆきのプロフィール- 中島みゆきは、1952年2月23日に北海道札幌市中央区に生まれたシンガーソングライターです。父親は弁護士、母親は声楽家で、3人兄弟の長女として育ちました。 中島みゆきは、幼い頃よりピアノと声楽を学び、15歳の時に作詞作曲を始めました。17歳の時に地元のラジオ局のオーディションを受け、合格して歌手デビューを果たしました。 1975年に上京し、翌1976年に「アザミ嬢のララバイ」でメジャーデビューを果たしました。この曲は、中島みゆきが19歳の時に書いた曲で、中島みゆきの代表曲の一つとなっています。 中島みゆきは、1977年に「時代」が大ヒットし、一躍トップシンガーの仲間入りを果たしました。「時代」は、中島みゆきの作詞作曲による楽曲で、昭和の世相を歌った曲です。この曲は、多くの人の共感を呼び、中島みゆきの代表曲の一つとなっています。 中島みゆきは、1978年に「ファイト!」、1979年に「御機嫌如何いかが?」など、ヒット曲を連発し、人気を不動のものにしました。中島みゆきの曲は、その詩的な歌詞とメロディーで、多くの人々に支持されています。 中島みゆきは、1980年代以降も、精力的に活動し、多くのヒット曲を世に送り出しました。1984年に「悪女」「誘惑」、1989年に「銀の龍の背に乗って」「地上の星」など、中島みゆきの代表曲が次々と生まれました。 中島みゆきは、1990年代以降も、ライブ活動やレコーディング活動を精力的に行い、現在も第一線で活躍しています。中島みゆきは、その音楽性と人間性で多くの人々に愛され続けているシンガーソングライターです。
音楽分野の人

豊原時元の生涯と業績

豊原時元とは 豊原時元(とよはらときもと)は鎌倉時代の武士であり、政治家で、書道家である。豊原氏は鎌倉幕府の御家人であり、時元はその一族の出身である。時元は1260年に鎌倉に生まれ、1286年に父・貞時を亡くして家督を継いだ。 時元は鎌倉幕府の政務に参画し、1294年には執権となった。執権は鎌倉幕府の最高権力者であり、時元は幕府の政治を10年以上、主導した。時元は文武両道に優れ、書道の名手としても知られている。当時の日本において、書道は政治家や文化人の教養として重視されていた。 時元は京都で没し、その墓は京都市左京区の大原にある。時元は鎌倉幕府の執権として活躍し、幕府の政治を安定させ、また、書道の名手としても知られている。
音楽分野の人

雅楽家 安倍季資とは

# 安倍季資の生涯と背景 安倍季資は、平安時代末期から鎌倉時代初期に活躍した能管の名手であり、雅楽の宗家である安倍氏の第25代当主です。雅楽の名手としても知られ、当時最も優れた雅楽家の一人として知られていました。 季資は、1156年に安倍の氏族として生まれました。父は安倍泰音、母は平時忠の娘でした。幼い頃から能管を学び、15歳の時に初舞台を踏み、その後、急速に頭角を現していきました。18歳で雅楽の宗家である安倍氏の当主を継承し、20歳の時には、後白河天皇の御前で演奏するまでになりました。 その演奏は、清らかで幽玄な響きで、人々を魅了したと言われています。また、季資は、雅楽の理論にも精通しており、多くの著書を残しています。これらの著書は、雅楽の歴史や演奏法について、詳しく述べられており、現在でも雅楽を学ぶ人にとって貴重な資料となっています。 季資は、1228年に73歳で亡くなりました。雅楽の発展に大きく貢献した人物として、その功績は現在も高く評価されています。 安倍季資の生涯を振り返ると、平安時代末期から鎌倉時代初期という、日本の歴史上大きな変化があった時代に生きたことがわかります。この時代、雅楽は、宮廷や貴族の行事の中で重要な役割を果たしていました。季資は、その中で、雅楽の名手として活躍し、雅楽の発展に大きく貢献した人物でした。 季資の背景にある平安時代末期から鎌倉時代初期の時代背景を理解することで、季資の生涯と雅楽への貢献をより深く理解することができます。
音楽分野の人

宝山左衛門(4代)

-4代宝山左衛門の生涯と功績- 4代宝山左衛門は、江戸時代前期の豪商であり、肥後国(現在の熊本県)の御用商人として活躍しました。諱は豊房、通称は左衛門、号は益軒です。 1628年に肥後国熊本城下で、肥後藩の御用商人を務める宝山家の三男として誕生しました。幼少期より聡明で、学問を好みました。1645年に、家督を相続して4代宝山左衛門を襲名しました。 4代宝山左衛門は、肥後藩の御用商人として、藩の財政を支えました。また、肥後国の特産品である米や綿花の販売にも力を入れ、肥後国を富裕な国にしました。 4代宝山左衛門は、豪商であると同時に、優れた文化人でもありました。和歌や俳諧に秀でており、茶道や華道にも通じていました。また、肥後国の歴史や文化を研究し、多くの著作を残しました。 4代宝山左衛門は、1701年に73歳で亡くなりました。死後、肥後藩主細川綱利から「益軒」の諡号を贈られました。 4代宝山左衛門は、肥後国の発展に貢献した偉大な豪商であり、文化人です。その功績は、現在も肥後国の人々に語り継がれています。
音楽分野の人

近藤等則(1948-)- 日本が生んだジャズの才能

昭和後期から平成時代にかけて活躍したトランペット奏者 近藤等則は、日本を代表するトランペット奏者のひとりである。1948年にブラジルのサントスで生まれ、1952年に家族とともに日本に帰国した。幼い頃から音楽に興味を持ち、学生時代には吹奏楽部でトランペットを演奏していた。 近藤等則がプロのトランペット奏者として活動を開始したのは、1970年代初頭のことである。1972年には、ジャズ・ピアニストである山下洋輔率いる「トリオ・ロコモーション」に参加し、1976年には、ジャズ・ギタリストである鈴木勲率いる「アコースティック・ギタリスト・オーケストラ・オブ・ジャパン」に参加した。 近藤等則は、1980年代にソロ・アーティストとしてデビューし、1982年には、デビュー・アルバム「ファースト・フライト」をリリースした。このアルバムは、ジャズ界で高く評価され、近藤等則は一躍、注目を集めるトランペット奏者となった。 近藤等則は、1990年代に、ニューヨークに拠点を移し、活動の場を海外に移した。1992年には、アメリカン・ジャズ・オーケストラに参加し、1994年には、マイルス・デイヴィスのバンドで演奏した。 近藤等則は、2000年代に、日本に帰国し、再び日本のジャズ・シーンで活躍するようになった。2008年には、アルバム「ジャパニーズ・ジャズ・レジェンド」をリリースし、2012年には、アルバム「マイ・フェイバリット・シングス」をリリースした。 近藤等則は、2018年に死去したが、その音楽は今もなお、多くのジャズ・ファンの心に生き続けている。
音楽分野の人

野沢吉兵衛(5代) – 明治時代の浄瑠璃三味線方

野沢吉兵衛(5代) - 明治時代の浄瑠璃三味線方 義太夫節の名手 野沢吉兵衛(5代)は、明治時代の浄瑠璃三味線方である。本名は大野晋郎。大阪府大阪市生まれ。4代野沢吉兵衛の長男。7歳で三味線を始め、12歳で初舞台を踏む。18歳で東京に出て、3代豊沢富助に師事。 吉兵衛は、豊沢富助に師事したことで、義太夫節の浄瑠璃の三味線方の技術を磨いた。そして、明治10年代には、江戸で活躍する浄瑠璃三味線方の第一人者となった。吉兵衛は、義太夫節の浄瑠璃の三味線方として、その卓越した技術で知られ、多くの名演奏を残した。 また、吉兵衛は、浄瑠璃三味線方の後進の指導にも尽力した。そして、多くの弟子を育て、浄瑠璃三味線方の発展に貢献した。吉兵衛の弟子の中には、6代野沢吉兵衛や、2代豊沢富助などがいる。 吉兵衛は、明治36年に死去した。58歳没。吉兵衛は、義太夫節の浄瑠璃三味線方の名手として知られ、浄瑠璃三味線方の発展に貢献した。
音楽分野の人

作曲家・間宮芳生:日本民族派の代表の生涯と作品

-間宮芳生の生涯と音楽活動- 間宮芳生は、1901年(明治34年)に青森県弘前市に生まれた。幼少期から音楽に興味を持ち、14歳で上京して音楽学校に通った。その後、東京音楽学校(現在の東京芸術大学)に進学し、作曲を専攻した。 東京音楽学校を卒業後、間宮芳生は音楽教師として働きながら作曲活動を続けた。1926年(大正15年)に「日本狂詩曲」を発表し、その名が知られるようになった。この曲は、日本の民謡やわらべ歌を素材にして作曲されたもので、日本民族音楽の復興を目指した間宮芳生の音楽観を象徴する作品である。 1930年(昭和5年)、間宮芳生は「日本交響楽団」を設立し、その指揮者を務めた。日本交響楽団は、日本の音楽界の発展に大きな役割を果たしたが、1945年(昭和20年)に解散した。 戦後、間宮芳生は再び作曲活動を再開し、数多くの作品を発表した。1951年(昭和26年)には「日本交響楽団」を再建し、その指揮者を務めた。1955年(昭和30年)には、文化勲章を受章した。 間宮芳生は、1974年(昭和49年)に東京都内で死去した。享年73歳。間宮芳生は、日本民族音楽の復興を目指し、数多くの作品を発表した作曲家である。その音楽は、日本の音楽界に大きな影響を与えた。
音楽分野の人

松任谷由実 – キャリアと音楽

-代表曲- 松任谷由実は、日本におけるシンガーソングライターの第一人者であり、そのキャリアは50年以上にもわたります。彼女は、数多くの名曲を発表しており、その代表曲は以下のようなものです。 * -ルージュの伝言 (1975年)- 松任谷由実のデビューシングルであり、オリコンチャートで1位を獲得しました。この曲は、失恋した女性の心情を歌ったもので、その切ないメロディーと歌詞が多くの人の共感を呼びました。 * -中央フリーウェイ (1977年)- 2枚目のアルバム「MISSLIM」に収録された楽曲で、オリコンチャートで1位を獲得しました。この曲は、東京の街を走行する中央フリーウェイを舞台にしたもので、その疾走感溢れるメロディーと歌詞が人気を博しました。 * -守ってあげたい (1978年)- 3枚目のアルバム「流線形'80」に収録された楽曲で、オリコンチャートで1位を獲得しました。この曲は、恋人への愛を歌ったもので、その優しいメロディーと歌詞が多くの人の心を癒やしました。 * -春よ、来い (1979年)- 4枚目のアルバム「時のないホテル」に収録された楽曲で、オリコンチャートで1位を獲得しました。この曲は、春の訪れを喜ぶ気持ちを歌ったもので、その軽快なメロディーと歌詞が人気を博しました。 * -恋人がサンタクロース (1980年)- 5枚目のアルバム「OLIVE」に収録された楽曲で、オリコンチャートで1位を獲得しました。この曲は、クリスマスソングの定番曲であり、その温かみのあるメロディーと歌詞が多くの人のクリスマスを彩ってきました。 これらの曲は、松任谷由実の代表曲のほんの一部であり、他にも数多くの名曲があります。彼女の曲は、その普遍的なテーマと美しいメロディーで、多くの人々に愛され続けています。
音楽分野の人

「ジミー原田」

「ジミー原田」生涯 ジミー原田は、1944年3月25日に広島県に生まれました。本名は原田成吉です。広島県立広高等学校を卒業後、明治大学政治経済学部に入学しました。大学在学中には空手部に所属し、空手四段を取得しました。 1967年に大学を卒業後、フジテレビに入社しました。報道記者として活躍し、数々のスクープを報じました。1972年には映画『仁義なき戦い』に出演し、俳優デビューを果たしました。 1975年にフリーランスのジャーナリストとなり、各地を飛び回りました。1979年にはカンボジアで取材中に負傷しました。1982年にはイラン・イラク戦争を取材中に拘束されました。 1987年に帰国後は、テレビや講演会などで活躍しました。1991年には映画『ブラック・レイン』に出演しました。2004年に胃がんのため、60歳で亡くなりました。 ジミー原田は、ジャーナリストとして社会の闇を暴き、俳優として人々に感動を与えました。その生き様は多くの人々に影響を与えています。 ジミー原田の生涯は、ジャーナリストとしての情熱と俳優としての才能に満ちたものでした。彼は、社会の真実を人々に伝えることに命を懸けたジャーナリストであり、人々に感動を与えることに命を懸けた俳優でした。彼の生き様は、多くの人々に影響を与え、現在も語り継がれています。
音楽分野の人

「杵屋三郎助(3代)」(⇒杵屋喜三郎(きねや-きさぶろう)(9代))について

杵屋三郎助(3代)の生涯 杵屋三郎助(3代)は、文政12年(1829年)に東京都で生まれました。幼い頃から音楽に興味を持ち、8歳のときに長唄の稽古を始めました。14歳のときに初舞台を踏み、18歳のときには江戸の代表的な長唄演奏家として活躍するようになります。 三郎助は、長唄の伝統を重んじながらも、新しい曲や技法を取り入れて発展させることに力を注ぎました。また、後進の指導にも熱心で、多くの弟子を育てました。その中には、後の長唄の名手として知られる杵屋正次郎(2代)や、杵屋六左衛門(10代)などがいます。 三郎助は、明治22年(1889年)に59歳で亡くなりました。しかし、その死後もその功績は称えられ、長唄界における偉大な存在として記憶されています。 三郎助は、長唄の演奏だけでなく、作曲の分野でも活躍しました。代表作としては、「越後獅子」「勧進帳」「攝州浜」などがあります。これらの曲は、現在でも長唄の定番曲として親しまれています。 三郎助は、長唄の伝統を重んじながらも、新しい曲や技法を取り入れて発展させることに力を注ぎました。また、後進の指導にも熱心で、多くの弟子を育てました。その中には、後の長唄の名手として知られる杵屋正次郎(2代)や、杵屋六左衛門(10代)などがいます。 三郎助は、江戸時代から明治時代にかけて活躍した長唄の名手です。その功績は称えられ、長唄界における偉大な存在として記憶されています。
音楽分野の人

竹本雛太夫(5代) – 大阪出身の人間国宝

- 竹本雛太夫(5代) - 大阪出身の人間国宝 -# 浄瑠璃界に輝く才能と努力の軌跡 竹本雛太夫(5代)は、大阪出身の人間国宝であり、浄瑠璃界の第一人者として知られています。1941年に大阪市に生まれ、幼少の頃から浄瑠璃に興味を持ち始めました。1954年に竹本越路太夫に入門し、1956年に初舞台を踏みました。その後、研鑽を重ね、1975年に竹本雛太夫を襲名しました。 雛太夫は、浄瑠璃界において数々の賞を受賞しています。1980年には文化庁芸術祭賞を受賞し、1984年には人間国宝に認定されました。また、1993年には日本芸術院会員に選出され、2007年には大阪文化賞を受賞しています。 雛太夫の浄瑠璃は、その卓越した演奏技術と豊かな表現力で知られています。特に、義太夫節の演奏に秀でており、その語り口は「雛太夫節」と呼ばれる独自のスタイルを確立しています。雛太夫の浄瑠璃は、その美しさで多くの人を魅了しており、国内外で公演を行っています。 雛太夫は、浄瑠璃界の後進の育成にも力を注いでいます。1979年に竹本雛太夫会を結成し、後進の指導にあたっています。また、浄瑠璃の普及活動にも積極的に取り組んでおり、公演や講演会などを行っています。 雛太夫は、浄瑠璃界に大きな功績を残した人物であり、その才能と努力は多くの人から尊敬されています。今後も、その活躍に期待がかかっています。
音楽分野の人

湖出市十郎(2代)

-湖出市十郎(2代)の経歴- 湖出市十郎(2代)は、1930年(昭和5年)に青森県青森市で生まれた。青森市立青森高校を卒業後、1953年(昭和28年)に東京大学法学部を卒業した。卒業後は、民間企業に就職したが、1963年(昭和38年)に青森県庁に入庁した。 青森県庁では、総務部、財務部、企画部などの各部局を歴任し、1979年(昭和54年)に青森県副知事に就任した。1983年(昭和58年)に青森県知事に就任し、2期8年間務めた。 青森県知事時代には、青森県総合計画を策定し、青森県の経済発展に尽力した。また、青森県の国際化を推進し、青森県と中国、韓国、ロシアなどの諸外国との交流を深めた。 1991年(平成3年)に青森県知事を退任した後、1992年(平成4年)に参議院議員に当選した。参議院議員としては、文教科学委員会、財政金融委員会などの各委員会に所属し、日本の教育や経済政策について積極的に発言した。 2001年(平成13年)に参議院議員を退任した。退任後は、青森県産業振興財団の理事長や青森県観光連盟の会長などを歴任し、青森県の産業振興や観光振興に尽力した。 2010年(平成22年)に80歳で死去した。
音楽分野の人

斎藤信夫:戦後の童謡界を支えた作詞家

-童謡界に残した功績- 斎藤信夫は、戦後の日本の童謡界を支えた作家です。その功績は高く評価されており、1982年に文化功労者に選ばれました。 斎藤信夫が童謡界に残した功績の一つに、新しいスタイルの童謡を世に送り出したことが挙げられます。当時、日本の童謡は明治・大正時代から受け継がれたものが多く、新しい風が吹き込まれていませんでした。斎藤信夫は、それまでの童謡とは異なる軽快なリズムと、子どもたちの日常を題材にした歌詞で、新しいスタイルの童謡を創作しました。 斎藤信夫の童謡は、子どもたちの心に響きました。それは、斎藤信夫が子どもの目線で歌詞を書くことを心がけていたからです。斎藤信夫は、子どもの世界を理解するために、子どもたちと実際に触れ合っていました。子どもたちの遊びを観察したり、子どもたちと話をしたりすることで、斎藤信夫は子どもたちの心の内を理解し、それを歌詞に反映させていました。 斎藤信夫は、童謡の作詞だけでなく、童謡の作曲も手がけました。斎藤信夫の作曲した童謡は、どれも軽快なリズムと親しみやすいメロディーが特徴です。子どもたちが口ずさみやすい、歌いやすい童謡ばかりです。 斎藤信夫は、童謡界に多大な貢献をした作詞家・作曲家です。斎藤信夫の作品は、今でも多くの日本人に親しまれています。斎藤信夫は、日本人の心に童謡を深く根付かせた偉大な童謡作家です。
音楽分野の人

– 豊英秋

平安時代からの家系と雅楽奏者としての歩み 豊英秋は、平安時代から続く雅楽奏者の家系に生まれた。豊英家は、雅楽の三大流派の一つである「豊英流」を創始した豊英秋儀を祖とする。秋儀は、平安時代後期に活躍した雅楽師で、笛の名手として知られていた。秋儀の息子である豊英兼秋も笛の名手で、父の後を継いで豊英流を継承した。以降、豊英家は代々雅楽奏者を輩出し、雅楽の伝統を伝承してきた。 豊英秋は、豊英家の長男として生まれた。幼い頃から雅楽を学び、笛の名手として知られるようになった。18歳で東京音楽学校(現東京藝術大学)に入学し、雅楽を専攻した。卒業後は、宮内庁楽部に就職し、雅楽奏者として活躍した。1984年には、雅楽の無形文化財保持者に認定された。 豊英秋は、雅楽の伝統を継承するとともに、新しい雅楽の創造にも取り組んだ。1985年には、雅楽とジャズを融合させた「雅ジャズ」を結成し、新しい音楽を世に送り出した。また、雅楽の普及にも努め、海外公演や講演会など、さまざまな活動を行った。 豊英秋は、2016年に亡くなったが、雅楽奏者としての功績は今もなお語り継がれている。豊英秋が創始した「雅ジャズ」は、現在でも演奏され続けており、雅楽の新たな可能性を示している。
音楽分野の人

鈴木万里(初代)→ 江戸長唄と豊後節を上方へ伝えた長唄唄方

-初代鈴木万里の生涯- 初代鈴木万里は、江戸長唄と豊後節を上方へ伝えた長唄唄方。生年は1820年(文政3年)で、京都生まれ。本名は木村万二郎。 万二郎は幼い頃から音楽の才能を発揮し、12歳の時、江戸へ出て長唄を学び始める。16歳の時には、江戸の長唄唄方・野澤松之丞の門下となり、20歳で「鈴木万里」の名を授かった。 万里は、江戸で長唄を学びながら、豊後節も習得。25歳の時には、豊後節の師匠・豊後万吉を伴って大阪へ赴き、豊後節を広めた。 万里は、江戸長唄と豊後節を上方へ伝えたことで知られ、江戸と上方の音楽文化の交流に大きな功績を残した。また、万里は、長唄の新たな曲調を生み出したことでも知られ、その曲は現在も多くの長唄唄方に受け継がれている。 万里は、1892年(明治25年)に京都で死去。享年73。 万里は、江戸長唄と豊後節を上方へ伝えたことで、江戸と上方の音楽文化の交流に大きな功績を残した。また、万里は、長唄の新たな曲調を生み出したことでも知られ、その曲は現在も多くの長唄唄方に受け継がれている。
音楽分野の人

織井茂子(1926-1996) → 昭和歌謡界を彩った童謡歌手

- 童謡歌手としての活動 織井茂子は、1931年に童謡歌手としてデビューしました。デビュー曲は「赤い靴」。可愛らしい歌声と愛らしい容姿で人気を集め、瞬く間に国民的人気歌手となりました。 ​織井茂子は、1930年代から1940年代にかけて数々の童謡を歌いました。代表曲には、「青い目の人形」、「叱られて」、「鳩ぽっぽ」、「メエメエ子山羊」、「シャボン玉」などがあります。これらの曲は、今もなお歌い継がれる日本の童謡の定番曲となっています。 ​織井茂子は、童謡歌手として活躍しただけでなく、映画にも出演しました。1937年に公開された映画「愛染かつら」では、ヒロインの娘役を演じました。また、1941年に公開された映画「水滸伝」では、侍女役を演じました。 ​織井茂子は、1950年代に引退しましたが、その後も童謡歌手としての活動を続けました。1960年代には、NHKの子供向け番組「おかあさんといっしょ」に出演しました。また、1970年代には、童謡のコンサートを開催しました。 ​織井茂子は、1996年に70歳で亡くなりましたが、その童謡は今もなお歌い継がれています。織井茂子は、日本の童謡界に大きな功績を残した歌手です。