政治分野の人

政治分野の人

蝋山芳郎-「アジア・アフリカ問題」と「ガンジー」を研究した外交評論家

外交評論家としての蝋山芳郎 蝋山芳郎 (ろうやま よしお、1912年12月15日 - 1985年6月28日) は、日本の外交評論家。慶應義塾大学、早稲田大学講師。国際協力専門誌「国際問題」元編集長。 蝋山は、1912年12月15日、富山県婦負郡八尾町(現富山市)に生まれた。慶應義塾大学経済学部を卒業後、米国ジョンズ・ホプキンス大学大学院に留学し、国際関係論を専攻した。帰国後は、慶應義塾大学、早稲田大学で講師を務めた。 1957年、国際協力専門誌「国際問題」の編集長に就任した。蝋山は、「国際問題」誌上で、アジア・アフリカ問題やガンジーを積極的に取り上げた。アジア・アフリカ問題とは、アジア・アフリカ諸国が植民地主義や帝国主義に反対して、独立と民族自決を求める運動のことである。ガンジーは、インドの独立運動の指導者であり、非暴力主義を唱えた。 蝋山は、アジア・アフリカ問題やガンジーを研究する過程で、日本の外交政策を批判した。蝋山は、日本はアジア・アフリカ諸国との友好関係を重視すべきであり、ガンジーの非暴力主義を外交政策に取り入れるべきだと主張した。 蝋山の外交評論は、日本の外交政策に大きな影響を与えた。1960年、日本はアジア・アフリカ諸国と国交を樹立した。1965年、日本はガンジーの生誕100周年を祝賀した。 蝋山は、1985年6月28日、72歳で死去した。蝋山の死は、日本の外交界に大きな損失を与えた。
政治分野の人

谷口善太郎とは?-社会運動家,政治家,小説家として活躍した人物。

-谷口善太郎の経歴と功績- 谷口善太郎は、1875年(明治8年)に、福岡県嘉穂郡山田村(現・嘉麻市)に生まれました。貧しい農家の長男として生まれ、幼い頃から苦労をしながら育ちました。1893年(明治26年)に、東京専門学校(現・早稲田大学)に入学し、政治経済を学びました。在学中は、社会主義運動に参加し、労働者や農民の権利のために戦いました。 1898年(明治31年)に、谷口は大学を卒業し、社会運動家として活動を始めました。1901年(明治34年)に、日本社会党を結成し、党の委員長に就任しました。また、1903年(明治36年)には、平民社を創設し、雑誌「平民新聞」を発行しました。平民新聞は、社会主義思想を啓蒙し、労働者や農民の権利を主張する記事を掲載し、大きな影響を与えました。 1910年(明治43年)に、谷口は衆議院議員に当選し、政界に進出しました。1917年(大正6年)には、ロシア革命に影響を受けて、日本共産党を結成し、党の委員長に就任しました。日本共産党は、日本の資本主義社会を打倒し、社会主義社会を建設することを目指していました。 1923年(大正12年)、谷口は治安維持法違反の容疑で逮捕され、投獄されました。1926年(昭和元年)に釈放されましたが、その後も警察の監視下に置かれ、社会運動を続けることは困難になりました。 1933年(昭和8年)に、谷口は小説家として活動を始めました。谷口の作品は、社会主義思想を反映したものが多く、労働者や農民の苦しみを描いたものが中心でした。谷口の小説は、多くの読者に支持され、社会主義思想の普及に貢献しました。 1940年(昭和15年)に、谷口は肝臓癌のため、亡くなりました。享年65歳でした。谷口善太郎は、社会運動家、政治家、小説家として活躍し、日本の社会主義運動の発展に大きな貢献をしました。
政治分野の人

坪井九八郎 – 実業家・政治家

坪井九八郎の生涯 坪井九八郎は、1863年(文久3年)に、肥後国熊本藩(現在の熊本県熊本市)に生まれた。 坪井家は、代々医者を務める家柄で、九八郎も、熊本医学専門学校(現在の熊本大学医学部)を卒業して、医者となった。 しかし、九八郎は、医業にはあまり興味がなく、政治に興味を持っていた。 26歳の時、九八郎は、衆議院議員選挙に立候補して、当選した。 以後、九八郎は、40年以上にわたって、衆議院議員を務め、政界で活躍した。 九八郎は、立憲政友会に所属し、原敬内閣や高橋是清内閣で閣僚を歴任した。 また、九八郎は、熊本県知事も務めた。 九八郎は、1945年(昭和20年)に、82歳で亡くなった。 九八郎は、熊本県発展に尽力した偉大な人物として、今でも熊本県民から尊敬されている。
政治分野の人

松本鼎 – 尊攘運動家と官僚の生涯

-尊攘運動家として活動- 松本鼎は、尊攘運動家として活動したことで知られています。尊攘運動とは、江戸時代末期に起こった、幕府を倒し、天皇を中心とする新しい国家を建設することを目指した運動です。松本鼎は、1857年に尊攘運動に参加し、尊攘派の志士たちと交流を深めました。 1858年に、松本鼎は、開国を求めるアメリカ合衆国のペリー提督が率いる艦隊が浦賀に来航したことを知りました。松本鼎は、ペリー提督の来航を、尊攘運動の好機と捉え、尊攘派の志士たちと協力して、幕府に開国を阻止するよう働きかけました。しかし、幕府は、ペリー提督の来航を阻止することができず、1859年に、幕府とアメリカ合衆国との間に日米修好通商条約が締結されました。 日米修好通商条約の締結により、日本は開国することになりました。松本鼎は、日本の開国を、日本の独立を脅かすものと捉え、尊攘派の志士たちと協力して、幕府を倒し、天皇を中心とする新しい国家を建設することを目指した尊攘運動をさらに激化させました。1860年には、松本鼎は、尊攘派の志士たちと協力して、桜田門外の変を起こし、幕府の大老井伊直弼を暗殺しました。 桜田門外の変の成功により、尊攘運動はさらに激化しました。松本鼎は、尊攘派の志士たちと協力して、幕府を倒すための活動を行いました。1861年には、松本鼎は、薩摩藩と長州藩の連合軍が幕府軍を破った薩長戦争に参加しました。薩長戦争の勝利により、幕府は倒れ、天皇を中心とする新しい国家が建設されました。
政治分野の人

勝田主計 – 明治-昭和時代前期の官僚、政治家

-官僚としてのキャリアと功績- 勝田主計は、1860年に旧水戸藩領の茨城県で生まれました。1885年に東京帝国大学を卒業後、内務省に入省し、地方官として各地を歴任しました。1898年に内務省警保局長に就任し、治安維持に尽力しました。1900年に内務次官に就任し、地方行政の改革に努めました。1906年に内務大臣に就任し、日露戦争後の混乱を収拾し、国内の秩序を回復しました。1911年に内閣書記官長に就任し、第一次世界大戦後の日本の外交政策を主導しました。1918年に首相に就任し、シベリア出兵を決定し、日本の国際的地位を高めました。1922年に首相を辞任し、その後は元老として政治に影響力を持ち続けました。1946年に死去しました。 勝田主計は、明治-昭和時代前期の日本を代表する官僚、政治家でした。内務省で地方行政の改革に努め、日露戦争後の混乱を収拾しました。また、第一次世界大戦後の日本の外交政策を主導し、日本の国際的地位を高めました。
政治分野の人

「成田知巳」

-成田知巳の生涯- 成田知巳は、1915年、福岡県久留米市に生まれました。旧制の福岡県立久留米中学校(現在の福岡県立明善高等学校)を卒業後、東京帝国大学に入学し、英文科を専攻しました。 東京帝国大学卒業後は、三菱商事に入社し、中国や東南アジアで勤務しました。しかし、第二次世界大戦の勃発により、陸軍に召集され、中国戦線に従軍しました。 戦後、成田知巳は、三菱商事に復職し、名古屋支店長や東京支店長を歴任しました。1962年には、三菱商事の副社長に就任し、1965年には、社長に就任しました。 三菱商事の社長在任中は、積極的に海外事業を展開し、三菱商事を世界有数の総合商社に育て上げました。また、日本経済の高度成長を支えるため、政府の経済政策にも積極的に協力しました。 1977年、成田知巳は、三菱商事の社長を退任し、会長に就任しました。会長在任中は、三菱商事の経営の安定化と事業の多角化を推進しました。 1992年、成田知巳は、会長を退任し、相談役に就任しました。相談役在任中の1993年に、肺炎のため亡くなりました。 成田知巳は、日本の経済界を代表する人物であり、日本の経済の発展に大きく貢献した人物でした。
政治分野の人

松本龍 – 昭和から平成を駆け抜けた政治家

-松本龍の経歴と政治活動- 松本龍は、1921年(大正10年)に東京都で生まれた。早稲田大学政治経済学部を卒業後、外務省に入省した。1955年(昭和30年)に退職後、政界入りを目指し、1960年(昭和35年)に衆議院議員に当選した。 松本龍は、当選後、自由民主党に入党し、経済産業省政務次官、文部省政務次官、衆議院予算委員長などの要職を歴任した。1986年(昭和61年)には、第2次中曽根内閣で通商産業大臣に任命された。 松本龍は、通商産業大臣在任中、日米貿易摩擦の解決に尽力し、日米自動車協定の締結に成功した。また、情報化社会の進展を先見し、郵政省に情報通信省の新設を提案した。 松本龍は、1989年(平成元年)に、第1次海部内閣で内閣官房長官に任命された。内閣官房長官在任中は、ソ連の崩壊や湾岸戦争など、多くの国際情勢の危機に直面したが、冷静な対応で事態を収拾した。 松本龍は、1993年(平成5年)まで、衆議院議員を10期務め、その後、政界を引退した。松本龍は、昭和から平成という激動の時代を生きた政治家で、日本の経済や政治の発展に大きく貢献した。
政治分野の人

羽田孜 – 昭和後期から平成時代の政治家

羽田孜の経歴 羽田孜は、1936年に群馬県利根郡月夜野町(現・みなかみ町)に生まれた。群馬県立利根商業高等学校を卒業後、1955年に東京農業大学に入学。在学中は、学生自治会執行部として、大学入学資格を巡る一連の紛争に深く関わり、1959年の大学選挙制度改革の実現に貢献した。 1960年に東京農業大学を卒業後、農林省に入省。農地局配分課長、畜産局競馬監督課長などを歴任。1976年に退官し、政界入りを果たす。同年、第34回衆議院議員総選挙に群馬県第1区から自由民主党公認で出馬し、初当選を果たした。 1980年には、大平内閣で農林政務次官に任命される。1983年には、中曽根内閣で農林水産大臣に就任。1985年には、梶山静六内閣で農林水産大臣に再任される。1986年には、中曽根内閣で内閣官房長官に就任。1987年には、竹下内閣で内閣官房長官に再任される。 1989年には、第39回衆議院議員総選挙で、自由民主党総裁に選出される。同年、第76代内閣総理大臣に就任。1991年には、衆議院解散総選挙を実施し、自民党が勝利を収める。しかし、自民党と社会党の連立政権が樹立され、羽田孜は内閣総理大臣を辞任した。 1993年には、第40回衆議院議員総選挙で、自民党が勝利を収める。しかし、自民党と社会党の連立政権が樹立され、羽田孜は内閣総理大臣に返り咲くことはなかった。1996年には、自民党を離党し、新進党に参加。1997年には、新進党を離党し、民主党に参加。2000年には、第42回衆議院議員総選挙で落選し、政界を引退した。
政治分野の人

始関伊平:激動の時代を生き抜いた官僚・政治家

始関伊平の生涯と功績 始関伊平は、1858年(安政5年)に薩摩藩(現在の鹿児島県)に生まれました。幼い頃から聡明で、1871年(明治4年)に新政府に出仕しました。その後、大蔵省や内務省で要職を歴任し、1898年(明治31年)には第1次伊藤博文内閣の文部大臣に就任しました。 始関伊平は、文部大臣として、小学校の義務教育化や高等教育機関の拡充など、日本の教育制度の整備に尽力しました。また、1900年(明治33年)には、東京帝国大学(現在の東京大学)の初代総長に就任し、日本の大学の基礎を築きました。 始関伊平は、1901年(明治34年)に病気のため辞職しましたが、その後も政界や教育界で活躍を続けました。1908年(明治41年)には、第2次桂太郎内閣の文部大臣に再任され、1912年(大正元年)には、貴族院議員に勅選されました。 始関伊平は、1914年(大正3年)に死去しましたが、日本の教育制度の整備に尽力した功績は、今日でも高く評価されています。 始関伊平の功績 始関伊平は、日本の教育制度の整備に尽力した功績で知られています。具体的には、以下のような功績があります。 ・小学校の義務教育化 ・高等教育機関の拡充 ・東京帝国大学の初代総長として、日本の大学の基礎を築いた ・女子教育の振興 ・教科書の編纂 ・図書館や博物館の設立 始関伊平は、日本の近代化に貢献した偉大な官僚・政治家です。その功績は、今日でも高く評価されています。
政治分野の人

「町田忠治」

- 町田忠治の生い立ちと経歴 -# 生まれと育ち 町田忠治は、1858年10月24日、近江国高島郡朽木村(現在の滋賀県高島市朽木村)に生まれた。父は町田半十郎、母はよし。忠治は、5人兄弟の末っ子だった。 忠治の父・半十郎は、朽木村の庄屋を務める裕福な農家だった。忠治は、幼い頃から剣術や馬術を学び、文武両道に秀でた少年だった。 -# 侠客になるまで 16歳の時、忠治は、父を亡くし、家督を継いだ。しかし、忠治は、家業である農業には興味がなく、侠客になることを志した。 1878年、忠治は、近江国大津市に移住し、侠客・梅吉の門下生となった。忠治は、梅吉から喧嘩の仕方や博打の打ち方を学び、次第に侠客としての名声を高めていった。 -# 侠客として活躍 1880年、忠治は、大津市で博打を行い、大金を手にする。この事件をきっかけに、忠治は、侠客として一躍有名になった。 忠治は、侠客として活躍する傍ら、困っている人を助けるなど、義侠心のある人物としても知られた。忠治は、大津市で貧しい人々を助けるために、施しを行うなど、社会貢献活動にも熱心だった。 -# 獄死 1885年、忠治は、大津市で警察官と衝突し、逮捕された。忠治は、殺人罪で死刑判決を受け、1886年10月27日に大津刑務所で獄死した。 忠治の死後、忠治をモデルにした小説や映画が数多く作られた。忠治は、侠客としてだけでなく、義侠心のある人物としても知られ、現在でも多くの人々に親しまれている。
政治分野の人

重政誠之とは?昭和時代の官僚、政治家の生涯を振り返る

- 重政誠之の生い立ちと経歴 重政誠之は、1904年(明治37年)11月29日に、東京府(現・東京都)に、11人きょうだいである重政家と母・シゲの子として生まれた。重政家は、福島県出身の農家で、村長を務めたこともある人物だった。 誠之は、東京府立第一中学校(現・東京都立日比谷高等学校)に進学し、その後、東京帝国大学法学部(現・東京大学法学部)に進学した。大学卒業後は、内務省に入省し、地方官僚としてのキャリアをスタートさせた。 1936年(昭和11年)に、誠之は、内務省警保局警務課長に就任した。この頃、日本では、治安維持法に基づく弾圧が強化されており、誠之は、この弾圧に深く関わった。 1937年(昭和12年)に日中戦争が勃発すると、誠之は、内務省警保局警務課長として、治安維持法に基づく弾圧をさらに強化し、多くの日本国民を逮捕・投獄した。 1945年(昭和20年)に、日本が太平洋戦争に敗れると、誠之は、内務省を退官し、公職追放処分を受けた。しかし、1952年(昭和27年)に、公職追放が解除されると、誠之は、政界に復帰した。 誠之は、1953年(昭和28年)に衆議院議員に当選し、その後、国務大臣(社会保障庁長官)や、自民党幹事長などを歴任した。 1976年(昭和51年)に、誠之は、衆議院議員を引退し、政界を引退した。そして、1989年(平成元年)に、老衰のため、死去した。
政治分野の人

谷重喜と明治時代の政治

-谷重喜の生い立ちと政治的背景- 谷重喜は、1837年(天保8年)に、現在の熊本県である肥後国益城郡(やきのぐん)御船町(みふねまち)に生まれました。父は谷重英(じゅうえい)、母は高杉たまです。谷重喜は、幼い頃から神童と呼ばれ、1844年(弘化元年)には、16歳の若さで熊本藩の藩校である時習館に入学しました。 時習館で谷重喜は、儒教や歴史を学び、将来政治家になることを志望していました。1858年(安政5年)には、藩主細川斉護(なりもり)の命により、江戸に出向し、幕府の開国派である勝海舟(かつかいしゅう)や横山安五郎(よこやまやすごろう)らと交流しました。谷重喜は、開国によって日本が近代化し、欧米列強に伍していく必要があると主張していました。 1868年(慶応4年)、戊辰戦争が勃発すると、谷重喜は、熊本藩の軍に参加し、薩摩藩や長州藩と戦いました。戊辰戦争後、谷重喜は、明治政府に出仕し、様々な役職を歴任しました。1871年(明治4年)には、初代文部卿に就任し、日本の近代教育制度の確立に尽力しました。 谷重喜は、明治政府の中心人物として近代日本の発展に貢献しましたが、1880年(明治13年)に、病のため43歳の若さで亡くなりました。谷重喜の死は、明治政府にとって大きな痛手となり、日本の近代化に多大な影響を与えました。
政治分野の人

高田露-幕末から大正にかけて活躍した政治家

-肥後熊本藩士だった高田露- 高田露は、幕末から大正にかけて活躍した政治家です。肥後熊本藩の藩士として生まれ、戊辰戦争では熊本隊の一員として参加しました。その後、東京府の官吏となり、内務省や警視庁で勤務しました。1886年には、衆議院議員に当選し、以後、5期連続で当選しました。 高田露は、足尾銅山鉱毒事件や日露戦争など、数々の重大事件を処理しました。また、内務省大臣や警視総監などを歴任し、日本の近代化に貢献しました。 高田露は、1913年に死去しました。彼の死は、日本政界に大きな衝撃を与え、多くの人々が彼の死を悼みました。 -高田露の功績- 高田露は、日本の近代化に多大な貢献をした政治家です。彼の功績は以下の通りです。 * 足尾銅山鉱毒事件の処理 * 日露戦争の処理 * 内務省大臣や警視総監などの要職を歴任 * 日本の近代化への貢献 高田露は、日本の近代化に貢献した偉大な政治家です。彼の功績は、今もなお語り継がれています。
政治分野の人

田村正敏 – 学生運動家と社会運動家の生涯

-学生運動家としての田村正敏- 田村正敏は1960年に早稲田大学に入学し、1967年に学生運動に参加しました。当時の学生運動は、ベトナム戦争や安保条約改定などに反対する運動が盛んに行われていました。田村正敏は、全学連の書記長を務め、学生運動の中心人物として活躍しました。 田村正敏は、学生運動の中で、大学当局や警察と対立することが多くなりました。1968年には、大学当局による処分を受け、退学処分となりました。しかし、田村正敏は退学処分を不服として、裁判を起こしました。そして、1971年に裁判所で勝訴し、大学への復学を果たしました。 復学後は、学生運動のリーダーとして、反戦運動や環境保護運動に取り組んでいました。1972年には、全学連の書記長に再選されました。しかし、1973年、大学当局から再び処分を受け、退学処分となりました。田村正敏は、この処分も不服として、裁判を起こしましたが、勝訴することができませんでした。 田村正敏は、学生運動家として、大学当局や警察と対立することが多く、退学処分を受けることもありました。しかし、田村正敏は、決して諦めることなく、学生運動を続けていきました。田村正敏の学生運動家としての活動は、日本の学生運動の歴史に大きな影響を与えました。
政治分野の人

生駒長一 – 部落解放運動のパイオニア

小見出し水平社執行委員として 生駒長一は、1922年に水平社が創立されると、その執行委員に選出されました。水平社は、部落差別を撤廃し、部落民の社会的地位を向上させることを目的とした部落解放運動団体です。生駒は、水平社の執行委員として、部落差別の実態を調査し、差別撤廃のための運動を展開しました。 生駒は、部落差別の実態を調査するために、全国各地の部落を巡り、部落民から差別の実態を聞き取りました。その結果、生駒は、部落差別がいかに深刻なものであるかを認識し、差別撤廃のための運動にさらに力を入れるようになりました。 生駒は、差別撤廃のための運動として、水平社機関紙『水平』の発行、水平社大会の開催、水平社による全国遊説などを実施しました。『水平』は、部落差別の実態を世間に知らせることを目的とした新聞で、生駒は、その編集長を務めていました。水平社大会は、水平社の活動方針を決定するための大会で、生駒は、その大会で重要な役割を果たしました。水平社による全国遊説は、部落差別の実態を世間に知らせることを目的とした遊説で、生駒は、その遊説に参加しました。 生駒の活動は、部落差別の実態を世間に知らせることに貢献し、部落差別撤廃のための運動を盛り上げました。生駒は、部落解放運動のパイオニアとして、部落差別撤廃に大きな貢献をした人物です。
政治分野の人

遠藤忠夫:昭和時代の社会運動家と書店主

国鉄仙台鉄道局に入局し、共産党に入党 遠藤忠夫は、1929年(昭和4年)に宮城県仙台市で生まれました。1944年(昭和19年)に旧制東北工業高等学校(現・東北工業大学)を卒業後、国鉄仙台鉄道局に入局しました。しかし、終戦直後の1945年(昭和20年)に共産党に入党し、国鉄を退職しました。 遠藤忠夫が入党した共産党は、戦後、合法化されて急速に勢力を拡大していました。遠藤忠夫もまた、積極的に党活動を行い、1946年(昭和21年)に仙台市議会議員に当選しました。その後、1950年(昭和25年)には、宮城県議会議員に当選し、県政でも活躍しました。 しかし、1950年(昭和25年)に勃発した朝鮮戦争を機に、共産党は再び弾圧され始めました。遠藤忠夫もまた、1952年(昭和27年)に逮捕され、懲役2年の実刑判決を受けました。 遠藤忠夫は、1954年(昭和29年)に出所した後、書店を開業しました。書店は、遠藤忠夫の党活動の拠点となり、多くの党員や支持者が集まるようになりました。遠藤忠夫は、書店を経営しながら、党活動にも積極的に取り組みました。 1960年代に入ると、共産党は再び合法化されて勢力を拡大しました。遠藤忠夫もまた、1963年(昭和38年)に仙台市議会議員に再選され、政界に復帰しました。その後、1975年(昭和50年)まで、仙台市議会議員を5期務めました。 遠藤忠夫は、1989年(平成元年)に死去するまで、共産党員として活動しました。遠藤忠夫は、昭和時代の社会運動家として、また、書店主として、多くの人々に影響を与えました。
政治分野の人

「安川壮」

-# 外交官としての経歴 安川壮は、外交官として活躍した人物である。1928年、外務省に入省し、ドイツ、オーストリア、ポーランド、ハンガリー、チェコ、スロバキア、エストニア、ラトビア、リトアニアの各国に大使として赴任した。 安川は、外交官として、各国との関係改善に尽力し、多くの成果を上げた。例えば、ドイツとの間では、戦後賠償問題の解決に貢献し、両国関係の正常化に大きく寄与した。また、オーストリアとの間では、国交樹立に尽力し、両国の友好関係を築いた。 さらに、安川は、ポーランド、ハンガリー、チェコ、スロバキア、エストニア、ラトビア、リトアニアの各国とも国交樹立に尽力し、これらの国々と日本との関係を強化した。 安川は、外交官として、世界各国との関係改善に貢献し、日本外交の強化に尽力した人物である。 -- 安川の外交手腕 安川は、外交官として、優れた手腕を発揮し、多くの成果を上げた。その外交手腕は、以下のような特徴がある。 * -粘り強い交渉力- 安川は、交渉において粘り強く対応し、相手の譲歩を引き出すことができた。例えば、ドイツとの戦後賠償問題の交渉では、安川は粘り強く交渉し、ドイツ側に有利な条件を引き出した。 * -幅広い視野- 安川は、世界情勢を幅広く見渡し、日本の利益を最大限に確保する外交を展開した。例えば、冷戦期には、東西両陣営に接近し、日本の立場を強化した。 * -卓越したコミュニケーション能力- 安川は、各国の大使として、各国政府や要人と良好な関係を築くことができた。その卓越したコミュニケーション能力は、外交交渉において大きな武器となった。 安川の外交手腕は、日本外交の強化に大きく貢献し、日本を国際社会における重要な国に押し上げた。
政治分野の人

島中雄三 – 大正-昭和前期の社会運動家

-島中雄三の生い立ちと教育- 島中雄三は、1897年(明治30年)1月1日、兵庫県姫路市で、父・島中寅吉と母・タツの長男として生まれた。寅吉は、姫路藩士の次男で、維新後は裁判官を務めた。タツは、姫路の有力な商人である柳原家の一族である。 雄三は、幼少期から天真爛漫で、勉強も得意だった。1909年(明治42年)に姫路中学(現・兵庫県立姫路高校)に入学し、1915年(大正4年)に卒業した。中学時代には、生徒自治会の会長を務めるなど、リーダーシップを発揮した。 1915年(大正4年)に東京帝国大学(現・東京大学)法学部に入学し、1919年(大正8年)に卒業した。大学時代には、社会問題に関心を持ち、社会主義運動に参加した。1917年(大正6年)に、社会主義者の渡邊政之輔が主宰する雑誌『社会主義』の同人となった。 1919年(大正8年)に大学を卒業後、雄三は、同人社に入社し、社会主義運動の宣伝活動を続けた。1920年(大正9年)に、日本社会主義同盟が結成され、雄三は、執行委員に選出された。1921年(大正10年)には、日本共産党が結成され、雄三は、党員となった。 党員となった雄三は、社会運動に積極的に参加し、1922年(大正11年)には、日本農民組合の書記長に就任した。1923年(大正12年)には、関東大震災が発生し、雄三は、震災救援活動に従事した。また、同年に、日本社会労働党が結成され、雄三は、党員となった。 1925年(大正14年)には、治安維持法が施行され、日本共産党は弾圧された。雄三は、治安維持法違反の容疑で逮捕され、懲役2年の実刑判決を受けた。刑期満了後、雄三は、社会運動に復帰し、1927年(昭和2年)には、日本労働組合総同盟(総同盟)の書記長に就任した。 1931年(昭和6年)には、満州事変が発生し、日本は中国と戦争状態に突入した。雄三は、反戦運動を展開し、1932年(昭和7年)には、日本反戦同盟を結成した。また、同年に、社会大衆党が結成され、雄三は、党員となった。 1937年(昭和12年)には、日中戦争が勃発し、日本は中国と全面戦争に突入した。雄三は、反戦運動を続けたが、1940年(昭和15年)には、治安維持法違反の容疑で逮捕され、懲役10年の実刑判決を受けた。 その後、雄三は、1945年(昭和20年)に敗戦を迎えて釈放された。戦後は、社会運動に復帰し、1947年(昭和22年)には、日本社会党(左派)の書記長に就任した。1950年(昭和25年)には、日本社会党(右派)と日本社会党(左派)が統一して日本社会党が結成され、雄三は、党員となった。 1955年(昭和30年)に、雄三は、日本社会党の委員長に就任した。雄三は、委員長として、社会主義運動を指導し、1960年(昭和35年)に、安保条約改定反対闘争を指導した。 1961年(昭和36年)に、雄三は、日本社会党の委員長を辞任し、1963年(昭和38年)に、政界を引退した。引退後は、評論活動や講演活動を行い、1984年(昭和59年)に97歳で逝去した。
政治分野の人

何香凝 – 辛亥革命から中華人民共和国成立まで活躍した女性革命家

-# 日本留学と中国同盟会への参加 何香凝は、1904年に日本に留学しました。 彼女は、東京女子高等師範学校に入学し、女子教育学を学びました。 留学中に、彼女は中国同盟会に加入しました。 中国同盟会は、1905年に孫文が結成した革命組織であり、清朝打倒と共和国の樹立を掲げていました。 何香凝は、中国同盟会の中で、女子部を組織して、女性の革命運動への参加を呼びかけました。 また、彼女は、新聞「民報」の記者として、革命思想の普及に努めました。 1911年、辛亥革命が勃発すると、何香凝は、革命軍に参加して、清朝軍と戦いました。 辛亥革命後は、彼女は臨時大総統府の秘書長に任命されました。 しかし、袁世凱が独裁政治を開始すると、何香凝は、袁世凱に反対して、革命運動を続けました。 1913年には、二次革命に参加しましたが、敗北して日本に亡命しました。 その後、彼女は、中国に帰国して、国民党に加入しました。 国民党では、彼女は、女子部部長や中央委員を務め、女性の権利向上に努めました。 1949年、中華人民共和国が成立すると、何香凝は、中央人民政府委員に任命されました。 また、彼女は、中国紅十字会会長や全国婦女連合会会長も務めました。 何香凝は、1972年に北京で死去しました。 彼女は、中国革命の功労者として、中国国民から敬愛されています。
政治分野の人

遠山正和とは -明治時代の政治家・讃岐出身の民権家-

小見出し 遠山正和の人物像 遠山正和は、明治時代の政治家であり、讃岐出身の民権家として知られています。彼は、自由民権運動を指導し、立憲政体の確立に尽力しました。また、地方自治制度の確立にも貢献し、地方分権の実現に努めました。 遠山正和は、1843年、讃岐国香川郡高松城下(現在の香川県高松市)に生まれました。幼い頃から学問に励み、1864年には、京都の私塾である「桂園舎」に入門しました。桂園舎では、吉田松陰や高杉晋作らと交流し、勤王の思想を学びました。 1868年に明治維新が起きると、遠山正和は、官吏として仕官しました。しかし、明治政府の方針に不満を抱き、1873年に官職を辞しました。その後、彼は、民権運動の指導者として、立憲政体の確立を目指しました。 1875年、遠山正和は、民権派の結社である「愛国社」を結成しました。愛国社は、立憲政体の確立や地方自治制度の確立などを目指して活動しました。遠山正和は、愛国社の代表として、政府と交渉を重ね、立憲政体の確立に尽力しました。 1881年、遠山正和は、第1回国会に衆議院議員として当選しました。国会では、民権派の議員として、政府の政策に反対し、立憲政体の確立を目指しました。また、地方自治制度の確立にも尽力し、地方分権の実現に努めました。 遠山正和は、1897年に死去しました。享年54歳でした。彼は、自由民権運動を指導し、立憲政体の確立に尽力した政治家として、現在でもその功績が称えられています。
政治分野の人

徳仁皇太子(現在 皇太子徳仁親王)

徳仁皇太子の経歴 徳仁皇太子は、1960年2月23日に皇居御所にて、明仁上皇と皇后美智子の子として第一子として生まれた。幼名は浩宮徳仁。学習院幼稚園、学習院初等科、学習院中等科、学習院高等科を経て、1983年に学習院大学法学部政治学科に入学。1988年に卒業した。 1989年に皇太子に冊立され、翌1990年には英国オックスフォード大学に留学。1992年に帰国し、公務を本格的に開始した。 1993年、皇后雅子と結婚。2001年に長女の愛子内親王が誕生した。 2019年5月1日、明仁上皇が退位し、徳仁親王が即位し、第126代天皇となった。 徳仁天皇は、天皇として国内外を訪問し、皇室外交を積極的に推進している。また、国内の被災地を慰問し、国民と触れ合っている。 徳仁天皇は、穏やかな人柄で親しみやすい性格である。国民からの人望も厚く、皇室の近代化に貢献している。
政治分野の人

鳩山威一郎 – 昭和後期・平成時代の官僚、政治家

-鳩山威一郎の生涯- 鳩山威一郎は、昭和後期・平成時代の官僚、政治家である。内閣総理大臣を2度務めた鳩山一郎の三男として生まれ、早くから政界入りを志した。 1924年、東京帝国大学法学部に入学。在学中は学生運動に参加し、東大新聞の編集長を務めた。1928年、大学卒業後、大蔵省に入省。主税局に配属され、財政政策の策定に携わる。 1932年、大蔵省を退官し、立憲政友会に入党。1937年、衆議院議員に初当選し、国政の場に進出する。政務次官、運輸大臣などを歴任し、1948年に首相に就任した兄・一郎の政権で外務大臣に就任した。 1954年、鳩山一郎が首相を辞任すると、後継総裁に選出され、政権を継いだ。しかし、同年12月、造船疑獄事件に連座したとして逮捕され、総理大臣を辞任した。 1957年、裁判で無罪となり、政界に復帰。1960年、首相に返り咲くが、1962年に再び造船疑獄事件で逮捕され、総理大臣を辞任した。 1965年、裁判で再び無罪となり、政界に復帰。1972年に引退するまで、衆議院議員として活動した。 鳩山威一郎は、政界において波乱万丈な人生を送ったが、そのカリスマ性と政策手腕で、国民から大きな支持を集めた。昭和の政界において重要な役割を果たした政治家の一人である。 -鳩山威一郎の主な業績- * 1948年、外務大臣として、サンフランシスコ講和条約に調印。 * 1954年、総理大臣として、日ソ共同宣言に調印。 * 1960年、総理大臣として、日米安保条約を改定。
政治分野の人

黒川武

-黒川武- 昭和後期〜平成時代の労働運動家。京都府生まれ。 -経歴- 1935年京都府綾部市生まれ。1954年日本電信電話公社に入社。1957年京都電通労組執行委員長。1969年全電通委員長。1981年日本労働組合総連合会(連合)会長。1994年参議院議員(比例代表)。1999年労働大臣。2001年連合会長再任。2006年全労連会長。2013年死去。 -活動- 黒川氏は、労働運動の第一線で活躍した人物です。全電通委員長時代には、公務員労働基本権確立闘争を指導し、1979年に公務員労働基本権が認められました。連合会長時代には、連合を労働界の最大組織に成長させ、日本の労働運動の発展に貢献しました。 黒川氏は、労働者の権利と福利厚生の向上に努めただけでなく、平和と社会正義の実現にも尽力しました。1995年の阪神・淡路大震災では、被災者の救援活動に尽力しました。また、沖縄の米軍基地問題や、外国人労働者の権利保護などにも積極的に取り組みました。 黒川氏は、労働運動界のみならず、広く国民から尊敬を集めた人物です。その功績は、これからも長く語り継がれるでしょう。 -主な著書- * 『労働運動の課題と展望』(1985年) * 『連合の課題と展望』(1991年) * 『労働運動の新しい地平』(1997年) * 『黒川武回顧録』(2008年)
政治分野の人

板垣武四:札幌の発展に貢献した政治家

札幌市長としての実績 板垣武四は、札幌市長として、札幌の発展に大きく貢献しました。その主な実績は以下の通りです。 1. 札幌の近代化 板垣武四は、札幌の近代化に尽力しました。彼は、上下水道、電気、ガスなどのインフラ整備を進め、札幌を近代的な都市へと変貌させました。また、札幌農学校(現北海道大学)の誘致にも尽力し、札幌を教育・研究都市としての地位を確立しました。 2. 札幌の経済発展 板垣武四は、札幌の経済発展にも尽力しました。彼は、札幌商工会議所や札幌工業奨励会などの経済団体を設立し、札幌の経済を活性化させました。また、北海道拓殖銀行(現北海道銀行)の設立にも尽力し、札幌を北海道の金融の中心地として発展させました。 3. 札幌の文化発展 板垣武四は、札幌の文化発展にも尽力しました。彼は、札幌図書館(現札幌市中央図書館)や札幌博物館(現北海道博物館)などの文化施設を建設し、札幌を文化都市としての地位を確立しました。また、札幌交響楽団の前身となる 札幌フィルハーmonic 会を設立し、札幌の音楽文化の発展にも貢献しました。 板垣武四は、札幌市長として、札幌の発展に多大な貢献をした政治家でした。彼の功績は、今日でも札幌の街並みや文化の中に受け継がれています。