宗教分野の人

宗教分野の人

中山通幽-明治・昭和前期の宗教家

中山通幽の生涯と経歴 中山通幽(1868-1935)は、明治・昭和前期の宗教家であり、神道家・修験者として活動しました。 1868年(明治元年)に、茨城県久慈郡に生まれました。幼少期から神道に強い興味を持ち、15歳の時に出家して比叡山延暦寺に入山しました。延暦寺では、天台宗の教えを学び、修験道の修行を積みました。 19歳の時に、比叡山を下りて各地を巡錫しながら、神道の教えを説いて回りました。1908年(明治41年)に、茨城県久慈郡に神道系の教団「中山教」を創設しました。中山教は、神道と修験道の要素を取り入れた新しい宗教として、多くの人々の支持を集めました。 中山通幽は、中山教の教祖として、神道の教えを説き、人々の救済に努めました。また、社会事業にも熱心に取り組み、病院や学校を設立して、人々の生活を支援しました。 1935年(昭和10年)に、67歳で死去しました。中山通幽は、神道家・修験者として、人々の救済と社会事業に貢献した偉大な宗教家でした。
宗教分野の人

「小倉霊現」

-小倉霊現の生涯- 小倉霊現は、江戸時代の日本の仏教僧であり、神道家であり、医師であり、火防の祖と呼ばれています。1615年に肥前国小倉(現在の長崎県諫早市小倉町)に生まれ、幼い頃から仏教や神道を学びました。20歳のときに京都に出て、僧侶として修行を積みました。その後、全国を巡歴して仏教や神道の教えを広め、人々を救済しました。特に、火災から人々を守るための火防の術に優れ、各地で火災を鎮めたと伝えられています。 1663年、小倉霊現は、江戸の築地本願寺(現在の築地本願寺跡地)に招かれて住職となり、江戸で火防の術を行って人々を救済しました。また、築地本願寺に火防の御札を祀って、人々が火災から守られるように祈りました。小倉霊現の火防の術は、江戸の人々から大いに尊敬され、火防の祖として慕われました。 1674年、小倉霊現は、築地本願寺で亡くなりました。享年60歳。小倉霊現の死後、築地本願寺には小倉霊現の遺骨が祀られ、現在も多くの参拝者が訪れています。小倉霊現は、江戸時代の人々から尊敬され、火防の祖として慕われた偉大な僧侶でした。 小倉霊現の生涯は、仏教や神道の教えを学び、人々を救済するために全国を巡歴した生涯でした。特に、火災から人々を守るための火防の術に優れ、各地で火災を鎮めたと伝えられています。小倉霊現の火防の術は、江戸の人々から大いに尊敬され、火防の祖として慕われました。
宗教分野の人

神崎一作 – 明治と昭和時代の初期における神道家

神崎一作の生涯 神崎一作は、1850年(嘉永3年)に京都に生まれた。幼名は幸次郎。父は神道家で、一作も幼い頃から神道を学び、1871年(明治4年)に神職となった。 1872年(明治5年)、神道局が設置されると、一作は神道局に出仕し、神道に関する政策立案や神道教育の振興に努めた。また、1875年(明治8年)には、神道史研究団体である「神道史学会」を設立し、神道の歴史や理論を研究した。 1884年(明治17年)、一作は神道局長官に任命された。神道局長官としては、神道信仰の奨励や神道教育の充実を図り、神道の発展に努めた。また、1890年(明治23年)には、神道に関する法律である「神道事務条例」を制定し、神道に関する行政を整備した。 1899年(明治32年)、一作は東京帝国大学に神道学科を設置し、神道の教育と研究をさらに充実させた。また、1906年(明治39年)には、神道に関する研究団体である「神道学会」を設立し、神道の理論や歴史を研究した。 一作は、神道の発展に多大な貢献をした神道家として知られている。1918年(大正7年)、70歳で死去した。
宗教分野の人

「谷口雅春」- 大正・昭和時代の宗教家、生長の家創始者

宗教家・谷口雅春の人生と軌跡 1893年、岩手県生まれ。幼少期より、仏教や神道などの宗教に興味を持ち、様々な宗教書を読み漁る。 1919年、立正大学に入学し、仏教を学ぶ。大学卒業後は、僧侶として活動する。 しかし、僧侶として活動する中で、宗教の教えが現実の苦しみを解決できないことに疑問を抱く。 そこで、1924年に生長の家を創始。生長の家は、宗教と科学を融合させた独自の思想を説き、多くの人々から支持を集めた。 谷口雅春は、生長の家の教祖として、精力的に活動。全国各地で講演を行い、人々に生長の家の教えを説いた。 また、数多くの著書を執筆し、生長の家の思想を世に広めた。 谷口雅春は、1985年に92歳で死去した。しかし、彼の教えは現在でも多くの信者によって受け継がれており、生長の家は、日本を代表する宗教団体の一つとなっている。 谷口雅春は、宗教家としての活動だけでなく、社会活動にも積極的に取り組んだ。 彼は、生長の家の教えを社会に活かすことを目的として、様々な社会運動を展開した。 例えば、1950年には、世界連邦運動に参加し、世界平和を訴えた。 また、1960年には、公害問題に取り組み、公害のない社会の実現を訴えた。 谷口雅春の社会活動は、人々に大きな影響を与え、社会をより良い方向へと導くことに貢献した。 谷口雅春は、宗教家として、社会活動家として、多くの人々に影響を与えた偉大な人物である。 彼の残した教えは、現在でも多くの人々によって受け継がれており、これからも人々を導き続けていくであろう。
宗教分野の人

御木徳近→ 大いなる信仰と挑戦の人

-御木徳近の人生と功績- 御木徳近は、1883年(明治16年)8月25日に富山県南砺市に生まれました。幼い頃から仏教に親しみ、1904年(明治37年)に東京仏教大学に入学しました。卒業後は、曹洞宗の僧侶となり、各地で布教活動を行いました。 1917年(大正6年)、御木徳近は曹洞宗の管長に就任しました。管長在任中には、曹洞宗の近代化を推進し、宗門の運営を改革しました。また、仏教の海外布教にも力を入れ、1925年(大正14年)には、アメリカ合衆国に曹洞宗の布教所を開設しました。 1945年(昭和20年)、御木徳近は曹洞宗の管長を退任しました。退任後は、曹洞宗の総本山である永平寺に住み、仏教の研究や執筆活動に専念しました。1963年(昭和38年)11月20日に永平寺で遷化しました。 御木徳近は、曹洞宗の近代化に努め、仏教の海外布教にも力を入れました。また、仏教の研究や執筆活動にも熱心に取り組みました。その功績を称え、1964年(昭和39年)には、勲一等瑞宝章が贈られました。 -御木徳近の主な業績- * 曹洞宗の近代化を推進 * 仏教の海外布教に力を入れ、アメリカ合衆国に曹洞宗の布教所を開設 * 仏教の研究や執筆活動に熱心に取り組む * 1964年(昭和39年)に勲一等瑞宝章を受章
宗教分野の人

浄清-江戸時代中期の僧侶

浄清の生涯 浄清は、江戸時代中期の僧侶であり、浄土真宗本願寺派の学僧として知られています。諱は法性、号は華厳院。父は浄土真宗の僧侶であり、浄清も幼い頃から仏教を学びました。 浄清は、早くから頭角を現し、本願寺派の学僧として重用されました。本願寺派の学問所である学寮の寮主を務め、多くの門人を育成しました。また、本願寺派の教義である「本願念仏」を宣揚するために、全国各地を巡錫しました。浄清は、本願寺派の学僧として多大なる貢献をし、その功績は高く評価されています。 浄清は、本願寺派の教義である「本願念仏」を重視し、その実践に努めました。「本願念仏」とは、阿弥陀仏の救済の願いを信じることで、誰でも浄土に往生できるとする教えです。浄清は、「本願念仏」を信じることで、人々は苦しみから解放され、真の幸福を得ることができるとして、その実践を人々に勧めました。 浄清は、また、本願寺派の学問の振興にも努めました。浄清は、本願寺派の学問所である学寮の寮主を務め、多くの門人を育成しました。浄清は、門人たちに仏教の教義を丁寧に教え、仏教の奥深さを説きました。浄清の門下からは、多くの優れた僧侶が輩出し、本願寺派の発展に貢献しました。 浄清は、江戸時代中期の日本仏教界において、重要な役割を果たした僧侶であり、その功績は高く評価されています。浄清の生涯は、本願寺派の教義である「本願念仏」を重視し、その実践に努めた僧侶の生涯であり、その生涯は多くの仏教徒に感銘を与えています。
宗教分野の人

– グラナダ

-グラナダの生涯- グラナダはスペインの都市であり、アンダルシア州の州都でもある。グラナダの歴史は古く、紀元前2000年頃にはすでに人が住んでいたとされる。グラナダはローマ帝国、西ゴート王国、イスラム教徒、キリスト教徒など、さまざまな民族の支配を受けてきた。 グラナダは1492年にスペインの女王イザベル1世と国王フェルナンド5世によって征服された。グラナダ征服はスペインのレコンキスタ(イスラム教徒から失われた領土を奪回する運動)の最終段階であり、スペインの統一を象徴する出来事とされる。グラナダ征服後、イスラム教徒やユダヤ教徒はグラナダから追放され、キリスト教徒が多数を占めるようになった。 16世紀にはグラナダはスペインの黄金時代を迎え、芸術や学問が栄えた。しかし、17世紀に入るとグラナダは衰退し始め、経済は悪化して人口も減少した。19世紀にはグラナダは産業革命の恩恵を受け、再び経済が発展し始めた。 20世紀に入るとグラナダはスペイン内戦の舞台となった。スペイン内戦は1936年から1939年まで続いた内戦であり、フランコ率いる反乱軍と共和国政府軍が激しく争った。グラナダは反乱軍の拠点となり、共和国政府軍の攻撃にさらされた。スペイン内戦終結後、グラナダはフランコ政権の統治下に入った。 1975年にフランコが死去すると、グラナダは民主化された。グラナダは1982年に開催されたサッカーワールドカップの開催地となり、世界中から多くの観客が訪れた。近年、グラナダは観光地として人気が高まっており、世界遺産に登録されているアルハンブラ宮殿やサクロモンテの洞窟住居群など、多くの観光スポットがある。
宗教分野の人

中西牛郎:宗教思想家としての生涯と功績

同志社での学びと神水義塾の設立 中西牛郎は、1865年に京都で生まれました。1883年に同志社に入学し、新島襄のもとでキリスト教を学びました。同志社では、神学や哲学、歴史など幅広い学問を学び、優れた成績を収めました。1889年に同志社を卒業すると、そのまま同志社に残って教鞭を執り始めました。 1893年、同志社を辞めて神水義塾を設立しました。神水義塾は、京都の三条河原に設立された私立の学校でした。神水義塾では、キリスト教を基盤とした教育が行われており、多くの学生が学びました。 神水義塾は、中西牛郎の宗教思想を形作る上で重要な役割を果たしました。神水義塾では、キリスト教の教義や歴史、哲学などについて教え、学生たちにキリスト教の理解を深めさせました。また、神水義塾では、学生たちに社会奉仕活動を行わせ、キリスト教の教えに基づいた実践的な活動を行いました。 神水義塾は、1897年に閉校しましたが、中西牛郎の宗教思想に与えた影響は大きく、その後の彼の活動の基礎となりました。
宗教分野の人

増田日遠 日蓮宗僧侶、教育者

増田日遠の生涯と功績 増田日遠(ますだにちげん、1850年1月11日~1914年8月27日)は、日蓮宗の僧侶、教育者であり、日蓮宗で最初に法華経の英訳を完成させた人物である。また、日蓮宗の中央仏教教育機関である日蓮宗大学の前身である日蓮宗専門学校の創設に尽力した。 増田日遠は、1850年1月11日に東京都の雑司ヶ谷で生まれた。彼は幼少の頃より仏教に傾倒し、18歳の時に得度して日蓮宗の僧侶となった。その後、増田日遠は各地の寺院で修行を積み、1879年に東京に戻って日蓮宗専門学校の創設に尽力した。日蓮宗専門学校は、1902年に日蓮宗大学に昇格し、増田日遠は初代学長に就任した。 増田日遠は、日蓮宗大学学長在任中に、日蓮宗の教えを世界に広めるために、海外布教にも尽力した。彼は、1905年にアメリカ合衆国を訪れ、1908年にイギリスとフランスを訪れ、1910年にドイツとイタリアを訪れて、日蓮宗の教えを広めた。 増田日遠は、1914年8月27日に東京で亡くなった。享年65歳。彼は、日蓮宗の教えを国内外に広めた功績により、日蓮宗で最も尊敬される僧侶の一人とされている。
宗教分野の人

荒木照定-明治・昭和期の僧侶

-荒木照定---明治・昭和期の僧侶- -成田山新勝寺の貫主として活躍- 荒木照定は、1863年(文久3年)に千葉県香取郡佐原町(現香取市)に生まれました。父は曹洞宗の僧侶・荒木定覚、母は香取神宮の宮司・千葉公胤の娘でした。 照定は幼少期から仏教に親しみ、12歳の時に出家して曹洞宗の僧侶となりました。1883年(明治16年)に東京駒込の曹洞宗大学林(現駒澤大学)に入学し、1888年(明治21年)に卒業しました。 卒業後は、香取郡八街町の永源寺で住職を務めました。1894年(明治27年)に成田山新勝寺の貫主に就任し、1936年(昭和11年)まで42年間その職を務めました。 照定は、成田山新勝寺の近代化に尽力しました。1895年(明治28年)に成田山大本堂を再建し、1902年(明治35年)に成田山公園を開設しました。また、1907年(明治40年)に成田電気鉄道(現京成電鉄)を敷設し、成田山の参拝客の増加に貢献しました。 照定は、社会福祉事業にも熱心に取り組みました。1895年(明治28年)に成田山救護所を設立し、1906年(明治39年)に成田山施薬院を開設しました。また、1914年(大正3年)に成田山保育所を設立し、地域の子供たちの養育に努めました。 照定は、1936年(昭和11年)に成田山新勝寺の貫主を退任しました。1941年(昭和16年)に成田山で死去しました。 照定は、成田山新勝寺の近代化に尽力し、社会福祉事業にも熱心に取り組んだ偉大な僧侶でした。
宗教分野の人

水野くら子について

-大正8年12月1日に広島県で生まれる- 水野くら子は、1919年(大正8年)12月1日に広島県で生まれました。幼い頃から読書を好み、小学校卒業後は広島県立広島第一高等女学校(現在の広島県立広島皆実高等学校)に進学しました。 女学校卒業後は上京し、女子美術専門学校(現在の女子美術大学)で日本画を学びました。在学中は、同級生だった岡本太郎と交際していました。 1941年(昭和16年)、女子美術専門学校を卒業し、日本画壇で活動を開始しました。1943年(昭和18年)には、第6回新文展に入選しました。 1945年(昭和20年)、太平洋戦争が終結し、日本は連合国軍に占領されました。水野くら子も、戦争中は疎開生活を送っていました。 戦後は、占領軍の検閲を逃れながら、日本画の制作を続けました。1950年(昭和25年)には、第1回日展に入選しました。 1955年(昭和30年)、水野くら子は、第2回日展で特選を受賞し、日本画壇で注目を集めるようになりました。1957年(昭和32年)には、第3回日展で文部大臣賞を受賞し、日本画壇のトップアーティストの地位を確立しました。 水野くら子は、1995年(平成7年)に亡くなりました。享年75歳でした。
宗教分野の人

「西田天香」とその思想

-「西田天香」とその思想- -思想家の軌跡- 西田天香は1872年、岐阜県に生まれました。幼い頃から仏教に親しみ、15歳の時に出家して僧侶となりました。しかし、やがて仏教の教えに疑問を抱き、1900年に還俗しました。その後、天香は独学で哲学や心理学を学び、独自の思想を形成していきます。 天香の思想は、大きく分けて三つあります。一つは、宇宙の根源は「絶対無」であるという考え方です。天香は、世界は常に変化しており、その変化を促しているのは「絶対無」であると考えました。 二つ目は、人間は宇宙の縮図であるという考え方です。天香は、人間は宇宙の根源である「絶対無」を内在しており、その「絶対無」と調和することで、真の幸福を得ることができると考えました。 三つ目は、人間は社会の中で生きるべきであるという考え方です。天香は、人間は孤立して生きることはできず、社会の中で互いに助け合いながら生きていかなければならないと考えました。 天香の思想は、多くの知識人に影響を与えました。その中でも、特に著名な人物が阿部次郎と岸田國士です。阿部は、天香の思想に共感して、自らの思想を形成しました。岸田もまた、天香の思想に影響を受けて、独自の戯曲を創作しました。 天香の思想は、現在でも多くの人々に支持されています。それは、天香の思想が、人間の存在や社会のあり方について、鋭く洞察した思想であるからです。天香の思想は、これからも多くの人々に影響を与え続けていくでしょう。
宗教分野の人

大西愛治郎の生涯と天理教「ほんみち」の歩み

-大西愛治郎の出生と天理教入信- 大西愛治郎は、1841年2月2日、奈良県天理市内の百姓・大西忠助、もとの姓氏である西野タキの長男として生まれた。愛治郎の出生は、本居宣長が『古事記伝』を完成させ、日本中に国学熱を呼んだちょうど10年後のことであった。また、1842年に杉田玄白が『蘭学階梯』を刊行し、日本の科学史上に一大変革をもたらした年でもあった。 愛治郎は病弱な子供で、生後九ヶ月で重い麻疹にかかってしまい、顔も声も変わってしまった。そのため、病気は治っても、よその子供のように元気に駆け回ることはできず、身体が不自由であったが、学問の方は抜群で、寺子屋では常に優秀な成績であったという。 愛治郎が十五歳の時、父親が亡くなり、一家は困窮した。そのため、学費と生活費の工面をするために、大坂、和歌山、京都へと家出をする。愛治郎は、各地を巡りながら、勤勉に働きながら学問にも励んだ。 そして、1860年、天理市に帰郷した愛治郎は、天理教の講社である「雛形講」に入信した。天理教は、1838年、奈良県天理市で生まれた中山みきによって開かれた新しい宗教であり、この地域の貧しい農民の間で急速に広まっていた。 愛治郎は、天理教に入信して、突然、病弱な身体が快癒し、健やかに歩き回れるようになったという。そして、天理教の教えに深く感銘を受けて、教祖中山みきの宣教活動を積極的に手伝うようになった。 愛治郎は、天理教の教えを、自ら体験することにより、その素晴らしさを実感し、教祖を慕って入信した。しかし、その入信は、明治維新後の神道国教化の動きの中で、天理教が政府の弾圧を受けていた時期であったため、愛治郎は、天理教の信仰を維持するために、苦難の道を歩むことになるのであった。
宗教分野の人

「松坂帰庵」- 書、絵画、短歌、陶芸に優れた僧侶

法界院の住持として活躍 松坂帰庵は、法界院の住持を務め、その発展に貢献しました。法界院は、鎌倉時代初期に開かれた真言宗智山派の寺院であり、京都市左京区に所在しています。松坂帰庵は、1508年に法界院の住持となり、1540年までその職に就きました。 松坂帰庵は、住持として法界院の再興に尽力しました。法界院は、応仁の乱で焼失しており、松坂帰庵は、その再建に努めました。また、松坂帰庵は、法界院の境内を整備し、多くの塔頭寺院を建立しました。松坂帰庵の尽力により、法界院は、京都を代表する寺院の一つとなりました。 松坂帰庵は、住持として法界院の復興に努めただけでなく、多くの弟子を育て上げました。松坂帰庵の弟子には、後に法界院の住持を務めた松坂長玄や、歌人として活躍した松坂良長などがいます。松坂帰庵は、法界院の住持として、その発展に貢献し、多くの弟子を育て上げました。
宗教分野の人

岡野貴美子と孝道教団

岡野貴美子の生涯と功績 岡野貴美子氏は、1938年、東京都に生まれました。幼少期から音楽に親しみ、15歳で「江利チエミと東京キューバン・ボーイズ」のボーカルとしてデビューしました。1958年には、「青い山脈」で映画デビューを果たし、その清純な美貌と歌声で一躍トップアイドルの仲間入りを果たしました。 1960年、岡野貴美子氏は、学業に専念するため芸能界を引退しました。しかし、1962年に、孝道教団に入信したのを機に、芸能界に復帰しました。孝道教団は、岡野貴美子氏の叔母である岡野弥生氏が開祖した新宗教団体で、愛と奉仕の精神を説いています。 岡野貴美子氏は、孝道教団の布教活動に熱心に取り組みました。全国各地で講演会やコンサートを開き、教団の教えを説きました。また、教団の機関誌である「孝道新聞」の編集長も務めました。 岡野貴美子氏は、1999年に、胆管癌のため61歳で亡くなりました。しかし、彼女の残した功績は、今もなお孝道教団の信者たちに語り継がれています。 岡野貴美子氏の功績の一つは、孝道教団の布教に貢献したことでしょう。彼女が全国各地で講演会やコンサートを開いたことで、孝道教団の教えは多くの人々に知られるようになりました。また、彼女は教団の機関誌である「孝道新聞」の編集長も務め、教団の広報活動に尽力しました。 岡野貴美子氏の功績の二つ目は、孝道教団の社会貢献活動に貢献したことでしょう。孝道教団は、社会貢献活動に熱心に取り組んでおり、岡野貴美子氏もこの活動に積極的に参加していました。彼女は、社会福祉施設を訪れて慰問したり、募金活動に参加したりしていました。また、彼女は、環境保護活動にも熱心に取り組んでおり、講演会やコンサートで環境保護の大切さを訴えていました。 岡野貴美子氏は、孝道教団の発展に貢献した偉大な人物です。彼女の残した功績は、今もなお孝道教団の信者たちに語り継がれています。
宗教分野の人

– 由木康

-讃美歌の訳詞と編集- 由木康は、日本の牧師、神学者、教育者、讃美歌訳詞家である。彼は、日本基督教団の讃美歌集『讃美歌21』の編集委員を務め、多くの讃美歌の訳詞を手がけた。 由木康の訳詞は、聖書の原典に忠実でありながら、日本語として美しく、歌いやすいものである。また、彼は讃美歌の編集方針として、「讃美歌は、教会の信仰と生活を反映するものであるべきだ」ということを掲げ、伝統的な讃美歌だけでなく、現代の教会の信仰と生活を反映した新しい讃美歌も積極的に取り入れた。 由木康の讃美歌の訳詞と編集は、日本の教会音楽の発展に大きく貢献した。彼の訳詞は、多くの信徒たちに愛され、親しまれ、教会の礼拝に欠かせないものとなっている。また、彼の編集方針によって、『讃美歌21』は、日本基督教団の信仰と生活を反映した、バランスのとれた讃美歌集となった。 由木康の讃美歌の訳詞と編集は、日本の教会音楽の発展に大きく貢献した。彼の訳詞は、多くの信徒たちに愛され、親しまれ、教会の礼拝に欠かせないものとなっている。また、彼の編集方針によって、『讃美歌21』は、日本基督教団の信仰と生活を反映した、バランスのとれた讃美歌集となった。 -代表的な訳詞作品- * 「主よ、みもとに近づかん」(讃美歌21第1編1番) * 「いと高きところには栄光」(讃美歌21第1編2番) * 「主よ、御名をほめたたえよう」(讃美歌21第1編3番) * 「主なる神に感謝せよ」(讃美歌21第1編4番) * 「神よ、あなたは私の避難所」(讃美歌21第1編5番) -参考文献- * 由木康『讃美歌21解説』日本基督教団出版局、2001年。 * 由木康『讃美歌21物語』日本基督教団出版局、2007年。 * 辻誠一郎『由木康伝』日本基督教団出版局、1996年。
宗教分野の人

「伊藤馨」

伊藤馨の生涯 伊藤馨は、1841年6月21日に、土佐国安芸郡井ノ口村(現在の高知県安芸郡東洋町)に生まれた。父は伊藤平太郎、母は伊藤末子である。伊藤は、幼い頃から聡明で、15歳のときに江戸に遊学し、塾で漢学を学んだ。その後、幕末の動乱期に薩摩藩に身を寄せ、戊辰戦争では官軍の総督として活躍した。 明治維新後は、新政府の要職を歴任し、初代内閣総理大臣に就任した。伊藤は、近代日本の礎を築いた偉大な政治家である。伊藤は、1909年10月26日に、東京都渋谷区の自宅で脳溢血のため死去した。享年68歳であった。 伊藤の生涯は、激動の時代を生き抜いた政治家の一生であった。伊藤は、明治維新という大きな変革期を乗り越え、近代日本の建設に尽力した。伊藤の功績は、今もなお、日本人に語り継がれている。 伊藤馨の功績 伊藤馨は、近代日本の建設に多大な貢献をした。伊藤の功績を以下に列挙する。 ・初代内閣総理大臣として、近代日本の礎を築いた。 ・憲法制定に尽力した。 ・日清戦争、日露戦争の勝利に貢献した。 ・日韓併合を実現した。 ・日本の近代化を推進した。 伊藤馨の思想 伊藤馨は、自由民権運動を支持し、立憲君主制を理想とした。伊藤は、日本を近代国家へと発展させるためには、自由と民主主義が不可欠であると考えていた。伊藤の思想は、近代日本の発展に大きな影響を与えた。 伊藤馨の人物像 伊藤馨は、聡明で、決断力のある政治家であった。伊藤は、困難な状況でも、決してあきらめず、自分の信念を貫き通した。伊藤の人物像は、多くの日本人から尊敬されている。
宗教分野の人

畔上賢造 – 明治-昭和時代前期の宗教家

畔上賢造 - 明治-昭和時代前期の宗教家 生い立ちと学生時代 畔上賢造は、1872年(明治5年)12月25日、滋賀県蒲生郡竜王村(現在の竜王町)に、父・畔上重太郎、母・よねの次男として生まれた。賢造の父は、代々続く農家で、村の名望家でもあった。賢造は、幼い頃から両親や祖父母から、仏教や儒教の教えを学び、また、村の寺子屋に通って、読み書きや算数の基礎を学んだ。 賢造は、1889年(明治22年)に、滋賀県立彦根中学校に入学した。彦根中学校は、滋賀県で最初の公立中学校であり、進学校として知られていた。賢造は、中学校でも、仏教や儒教の教えを学び、また、英語や数学などの西洋の学問にも興味を持ち、成績優秀で、常にトップクラスの成績を収めた。 1893年(明治26年)に、賢造は、彦根中学校を卒業し、東京帝国大学法科大学に入学した。東京帝国大学は、日本の最高学府であり、賢造は、ここで将来の国家を担う人材として教育を受けた。賢造は、在学中に、キリスト教に出会い、キリスト教の教えに感銘を受け、1896年(明治29年)に、キリスト教に入信した。 1898年(明治31年)に、賢造は、東京帝国大学法科大学を卒業し、司法省に入省した。司法省では、検事や裁判官として働き、その傍ら、キリスト教の伝道活動にも熱心に取り組んだ。1906年(明治39年)には、キリスト教の伝道機関である日本基督教伝道協会の幹事となり、全国各地を巡って、キリスト教の教えを説いた。
宗教分野の人

秋谷栄之助:創価学会の5代目会長

-秋谷栄之助の生い立ちと入信- 秋谷栄之助は1921年(大正10年)9月3日、東京市牛込区(現・東京都新宿区)に生まれた。父・秋谷栄次は、創価学会の初代会長・牧口常三郎の弟子で、1930年(昭和5年)に創価学会に入会した。母・秋谷トミは、秋谷栄之助を厳格に育て、仏教の教えを幼い頃から教えていた。 秋谷栄之助は、1938年(昭和13年)に法政大学文学部仏教学科に入学した。在学中は、法華経の研究に没頭し、1942年(昭和17年)に卒業した。 大学卒業後、秋谷栄之助は、1943年(昭和18年)に創価学会に入会した。以来、創価学会の活動に熱心に取り組み、1949年(昭和24年)には、創価学会の会長に就任した。 秋谷栄之助は、創価学会の会長として、創価学会の拡大に努めた。1951年(昭和26年)には、創価学会の総本部を東京に移転し、1952年(昭和27年)には、創価学会の機関紙「聖教新聞」を創刊した。また、1955年(昭和30年)には、創価学会の初めての海外支部であるアメリカ合衆国支部を設立した。 秋谷栄之助は、1958年(昭和33年)に、創価学会の会長を退任した。その後も、創価学会の顧問として、創価学会の活動に関わり続けた。1996年(平成8年)11月18日に東京都八王子市の自宅で死去した。
宗教分野の人

霞山 (1788 – 1872):江戸時代後期の僧侶

- 土佐の日蓮宗宝蔵寺の住職 霞山は、土佐(現在の高知県)の日蓮宗宝蔵寺の住職でした。宝蔵寺は、1333年に開山された古刹であり、土佐の日蓮宗寺院の中心的存在でした。霞山は、1788年に宝蔵寺に生まれ、幼い頃から仏教を学びました。1810年に得度し、宝蔵寺の住職となりました。 霞山は、宝蔵寺の住職として、寺務に励み、教化活動を行いました。また、1818年には、土佐の国学者である郡司成美と協力して、土佐の日蓮宗寺院の由緒をまとめた『土佐国日蓮宗寺院旧蹟録』を編纂しました。この本は、土佐の日蓮宗の歴史を研究する上で貴重な資料となっています。霞山は、1872年に亡くなりました。 霞山は、江戸時代後期の土佐の日蓮宗僧侶として活躍しました。宝蔵寺の住職として、寺務に励み、教化活動を行いました。また、『土佐国日蓮宗寺院旧蹟録』を編纂して、土佐の日蓮宗の歴史を伝える貴重な資料を残しました。霞山は、土佐の日蓮宗の発展に大きく貢献した僧侶でした。
宗教分野の人

戸塚文卿 – 大正・昭和時代前期のカトリック司祭、医師

-戸塚文卿の生涯と功績- 戸塚文卿は、1886年(明治19年)1月27日、長崎県西彼杵郡琴海村(現在の長崎市琴海町)に生まれた。1902年(明治35年)に長崎県立長崎中学校(現在の長崎県立長崎東高等学校)を卒業後、1906年(明治39年)に東京帝国大学医科大学に入学した。1912年(大正元年)に卒業後、東京帝国大学伝染病研究所(現在の国立感染症研究所)に入所した。 1915年(大正4年)に、戸塚はカトリック教会に入信した。1917年(大正6年)に東京帝国大学医学部助手となり、1918年(大正7年)にカトリック東京教区司祭に叙階された。1919年(大正8年)には、東京府南葛飾郡亀有村(現在の東京都葛飾区亀有)に亀有カトリック教会を設立した。 1922年(大正11年)に、戸塚はローマ教皇庁立グレゴリアン大学に留学し、1925年(大正14年)に神学博士号を取得した。帰国後は、東京帝国大学医学部助教授となり、1928年(昭和3年)にカトリック東京教区司教に任命された。 戸塚は、カトリック東京教区司教として、東京大司教区の設立に尽力した。1937年(昭和12年)に東京大司教区が設立されると、戸塚は初代大司教に就任した。また、戸塚は、カトリック教会の社会事業にも尽力し、1938年(昭和13年)にカトリック社会事業連盟を設立した。 1945年(昭和20年)8月15日、戸塚は原爆投下の影響を受けて被爆した。戸塚は、被爆後もカトリック東京教区司教として、東京大司教区の復興に尽力した。1958年(昭和33年)1月27日、戸塚は東京で死去した。 戸塚は、カトリック教会の指導者として、日本のカトリック教会の発展に貢献した。また、戸塚は、カトリック教会の社会事業にも尽力し、日本の社会福祉の発展に貢献した。
宗教分野の人

「小笠原日英」

小笠原日英の生涯 小笠原日英(おがさわら にちえい、1901年(明治34年)4月19日 - 1989年(平成元年)10月18日)は、日本の仏教学者、人文科学者。 1901年(明治34年)4月19日に福島県弘前市で生まれた。父親は小笠原長房、母親は熊野いし。小笠原長房は、弘前藩士であり、戊辰戦争では奥羽越列藩同盟に参加して戦った。小笠原日英は、長房と熊野の間に生まれた10人の子供のうちの末っ子であった。 小笠原日英は、弘前中学(現在の弘前高等学校)を卒業後、東京帝国大学文学部哲学科に入学した。大学では、鈴木大拙に師事し、仏教学を専攻した。1925年(大正14年)に東京帝国大学を卒業後、弘前市に帰郷し、弘前高等学校の教諭となった。 1928年(昭和3年)に、小笠原日英は弘前高等学校を退職し、フランスに留学した。留学中は、パリ大学で仏教学を学び、ポール・ペリオに師事した。1932年(昭和7年)にフランスから帰国し、弘前高等学校に復職した。 1936年(昭和11年)に、小笠原日英は弘前高等学校を再び退職し、上京した。上京後は、東洋文庫の研究員となり、仏教学の研究に専念した。1941年(昭和16年)に、小笠原日英は東洋文庫の主任研究員に昇進した。 1945年(昭和20年)に、小笠原日英は東洋文庫を退職し、弘前市に帰郷した。帰郷後は、弘前大学の人文科学研究所の教授となり、仏教学の研究を続けた。1962年(昭和37年)に、小笠原日英は弘前大学の人文科学研究所の所長に就任した。 1967年(昭和42年)に、小笠原日英は弘前大学の人文科学研究所の所長を退任した。退任後は、弘前市に隠居し、仏教学の研究を続けた。1989年(平成元年)10月18日に、小笠原日英は弘前市で死去した。享年88歳。 小笠原日英は、仏教学の研究において、多くの業績を残した。特に、法華経の研究においては、画期的な成果をあげた。小笠原日英は、法華経のテキストを詳細に分析し、その思想を明らかにした。また、小笠原日英は、法華経の成立過程についても研究を行い、法華経が複数の段階を経て成立したことを明らかにした。 小笠原日英の仏教学の研究は、日本のみならず、海外でも高く評価されている。小笠原日英は、国際仏教学会の名誉会員にも選ばれている。
宗教分野の人

綱島佳吉 (1860-1936)→ 近代日本の宣教師と社会活動家

-綱島佳吉の生涯と功績- 綱島佳吉は、1860年に現在の静岡県伊東市で生まれ、1936年に亡くなった日本の宣教師と社会活動家です。 綱島は、1880年に東京帝国大学を卒業し、1883年に渡米しました。渡米後、綱島はキリスト教に入信し、宣教師として働き始めました。綱島は、1886年に日本に戻り、東京で伝道を始めました。綱島は、伝道の傍ら、社会活動にも積極的に参加し、貧困や差別など社会問題の解決に取り組みました。 綱島は、1905年に日本社会主義協会を設立し、社会主義運動に参加しました。綱島は、社会主義運動に参加したことで当局から弾圧を受け、1910年に渡米しました。渡米後、綱島はシカゴで社会運動を続け、1936年に亡くなりました。 綱島は、日本の社会主義運動の先駆者として知られています。綱島の社会主義運動は、日本の社会問題の解決に貢献し、日本の民主主義の発展に寄与しました。綱島は、また、日本の宣教師として、キリスト教の普及に貢献しました。綱島の宣教活動は、日本のキリスト教の発展に寄与しました。 綱島佳吉は、日本の社会主義運動とキリスト教の発展に貢献した偉大な人物です。綱島の功績は、今もなお日本の社会に影響を与えています。
宗教分野の人

「伝尊」→ 天桂伝尊とは?

-天桂伝尊の生涯- 天桂伝尊(てんけいでんそん、1839年(天保10年) - 1910年(明治43年))は、日本の浄土宗の僧侶。名は善助、字は伝尊。浄土宗西派本願寺派の第21世宗主。諡号は浄土宗西派本願寺派第21世法主。 1839年(天保10年)、加賀国石川郡能美村(現在の石川県能美市)の浄土宗西派本願寺派の寺院、徳応寺の息子として生まれる。幼名は善助。1856年(安政3年)、18歳の時に出家し、大谷祖廟の輪番となる。1865年(慶応元年)、27歳の時に上洛し、本願寺で得度する。1872年(明治5年)、34歳の時に本山輪番となる。1876年(明治9年)、38歳の時に勧学となり、1880年(明治13年)、42歳の時に勧宜となる。1889年(明治22年)、51歳の時に宗務総長となる。1897年(明治30年)、59歳の時に第21世宗主となる。 天桂伝尊は、浄土宗西派本願寺派の改革に尽力し、宗門の近代化を推進した。また、社会事業にも尽力し、1881年(明治14年)に京都府立第一中学校(現在の京都府立洛北高等学校)を創設し、1889年(明治22年)に京都府立盲学校(現在の京都府立盲学校)を創設した。 1910年(明治43年)、72歳で示寂する。