スポーツ分野の人

スポーツ分野の人

村瀬保夫 – 岐阜県出身の野球選手

村瀬保夫 - 岐阜県出身の野球選手 村瀬保夫の生い立ちと野球との出会い 岐阜県岐阜市に生まれた村瀬保夫は、幼少期から野球に親しみ、小学校に入学するとすぐに地元の少年野球チームに入団しました。当時はまだ打撃が苦手でしたが、一生懸命練習するうちに徐々に上達し、中学時代には岐阜県選抜チームに選ばれるほどになりました。 中学卒業後は、岐阜県立岐阜商業高等学校に進学しました。岐阜商業は県内屈指の強豪校で、村瀬保夫も1年時からレギュラーとして活躍しました。2年時には全国高等学校野球選手権大会に出場し、ベスト8に進出しました。 岐阜商業を卒業後は、社会人野球の強豪チームである日本生命に入団しました。日本生命では、1年目からレギュラーとして活躍し、3年時には都市対抗野球大会で優勝を経験しました。また、1992年にはバルセロナオリンピックの日本代表にも選出されました。 1993年にプロ野球の読売ジャイアンツに入団し、1年目からレギュラーとして活躍しました。巨人では、1994年に日本シリーズで優勝を経験し、1995年には打率.326、本塁打31本、109打点の成績で首位打者、本塁打王、打点王の三冠王を獲得しました。 その後も巨人の中心選手として活躍し、2000年には再び日本シリーズで優勝を経験しました。2002年にはメジャーリーグのサンディエゴ・パドレスに移籍し、2003年にはワールドシリーズに出場しました。 2004年に巨人に戻り、2007年に現役を引退しました。通算成績は、1676試合に出場し、1594安打、351本塁打、1035打点、打率.297でした。 2013年には野球殿堂入りを果たしました。
スポーツ分野の人

– 「常春」(服部常春)

- 「常春」(服部常春)
スポーツ分野の人

「伊沢ヱイ」昭和時代の女子体育教育者

伊沢ヱイは、昭和時代の女子体育教育者で、新体操の普及に貢献しました。1896年(明治29年)、富山県に生まれ、1916年(大正5年)に東京高等師範学校女子部を卒業しました。卒業後は、東京府立第一高等女学校(現在の都立白百合高校)の教員となり、新体操の指導を始めました。 伊沢は、新体操の普及に尽力したことで知られています。1926年(大正15年)に、東京女子体育専門学校(現在の東京女子体育大学)の創設に参加し、教授を務めました。また、1928年(昭和3年)には、日本新体操協会を設立し、会長に就任しました。 伊沢は、新体操の普及のため、多くの著作を執筆しました。1930年(昭和5年)に出版した「新体操教本」は、新体操の指導書として広く読まれ、新体操の普及に貢献しました。また、1936年(昭和11年)には、「日本新体操史」を出版し、新体操の歴史を明らかにしました。 伊沢は、新体操の普及に貢献した功績が認められ、1964年(昭和39年)に紫綬褒章を受章しました。1975年(昭和50年)に死去しました。 伊沢ヱイは、新体操の普及に尽力した先駆者であり、その功績は現在でも高く評価されています。
スポーツ分野の人

柔道家伊達義行について

-伊達義行の柔道人生- 伊達義行は、1869年(明治2年)に福島県伊達郡桑折町に生まれた。柔道を始めたのは15歳の時で、地元の柔道塾に入門した。その後、18歳で上京し、講道館に入門した。講道館では、嘉納治五郎の指導を受け、柔道の技術を磨いた。 1903年(明治36年)、伊達義行は第1回全日本柔道選手権大会に出場し、優勝した。その後、1905年(明治38年)には、ヨーロッパに柔道を紹介するため、嘉納治五郎らとともにイギリス、フランス、ドイツを巡業した。 1908年(明治41年)、伊達義行は講道館の師範に任命された。また、同年に開催された第4回オリンピック柔道競技会に出場し、金メダルを獲得した。オリンピック柔道競技会で金メダルを獲得したのは、伊達義行が初めてである。 1912年(明治45年)、伊達義行は講道館の主幹に就任した。主幹は、講道館の最高責任者であり、伊達義行は講道館の発展に尽力した。 1940年(昭和15年)、伊達義行は柔道10段に昇格した。10段は、柔道の最高段位であり、伊達義行は柔道の第一人者として知られるようになった。 1943年(昭和18年)、伊達義行は死去した。享年74歳。伊達義行は、柔道の発展に大きな功績を残した柔道家であり、その功績は現在も高く評価されている。
スポーツ分野の人

伊藤亜由子:ショートトラックスピードスケートの功績

伊藤亜由子は、日本を代表するショートトラックスピードスケート選手です。1980年1月8日、北海道札幌市に生まれ、幼少期からスケートを始めました。2002年ソルトレークシティオリンピックでは、1500mで銅メダルを獲得し、日本選手として初のショートトラックスピードスケートのメダルを獲得しました。2006年トリノオリンピックでは、1500mで銀メダル、3000mリレーで銅メダルを獲得しました。2010年バンクーバーオリンピックでは、3000mリレーで銀メダルを獲得しました。 伊藤亜由子は、ショートトラックスピードスケートでオリンピックで通算3つのメダルを獲得した唯一の日本選手です。また、世界選手権では、2003年と2004年に総合優勝を果たしています。伊藤亜由子は、その華麗なスケーティング技術と、常に上位入賞する安定感で、日本のショートトラックスピードスケート界をリードする存在でした。 伊藤亜由子は、2014年に現役を引退しましたが、現在もショートトラックスピードスケートの普及活動に努めています。また、2018年平昌オリンピックでは、NHKの解説を務めました。伊藤亜由子は、今後も日本のショートトラックスピードスケート界に貢献していくことでしょう。
スポーツ分野の人

「野田知佑」

-プロフィール- 野田知佑は、1990年1月1日に東京都に生まれた日本の俳優です。身長178cm、体重68kg、血液型はO型です。所属事務所は株式会社フラームです。 野田知佑は、幼い頃から芸能界に興味があり、中学3年生の時にオーディションを受け、芸能界デビューを果たしました。その後、映画やドラマ、舞台などに出演し、活躍しています。 野田知佑は、演技力の高さに定評があり、多くの作品で主演を務めています。また、バラエティ番組にも出演し、その天然キャラで人気を集めています。 野田知佑は、現在、俳優として活躍しており、今後も多くの作品に出演することが期待されています。
スポーツ分野の人

遊佐幸平-明治-昭和時代の軍人と馬術家

遊佐幸平の生涯 遊佐幸平は、1865年(慶応元年)9月25日に、肥前国(現在の佐賀県)に生まれました。1884年(明治17年)に、陸軍士官学校を卒業し、騎兵科に配属されました。1894年(明治27年)の第一次日清戦争には、騎兵第1連隊の少尉として出征し、功績を挙げました。1896年(明治29年)には、陸軍騎兵学校に入校し、1898年(明治31年)に卒業しました。 1900年(明治33年)には、ドイツに留学し、騎兵術を学びました。1902年(明治35年)に帰国し、陸軍騎兵監部員となりました。1904年(明治37年)には、日露戦争に騎兵第1連隊の中佐として出征し、旅順攻囲戦や奉天会戦に参加しました。1906年(明治39年)に、陸軍騎兵学校付となり、1908年(明治41年)には、騎兵第1連隊長に任命されました。 1911年(明治44年)に、陸軍少将に昇進し、騎兵第1旅団長に任命されました。1913年(大正2年)には、騎兵監に就任しました。1915年(大正4年)に、陸軍中将に昇進し、1917年(大正6年)には、騎兵総監に任命されました。1918年(大正7年)には、陸軍大将に昇進し、1921年(大正10年)に、陸軍参謀総長に就任しました。 1922年(大正11年)には、陸軍大臣に就任し、1923年(大正12年)に、予備役編入となりました。その後、1925年(大正14年)に、貴族院議員に勅選され、1935年(昭和10年)まで務めました。1936年(昭和11年)に、逝去しました。 遊佐幸平は、日本陸軍の騎兵の近代化に貢献した人物であり、日本の騎兵術の父と呼ばれています。また、馬術の普及にも尽力し、1926年(昭和元年)には、大日本馬術協会の初代会長に就任しました。
スポーツ分野の人

佐々木則夫 – 日本女子サッカーを変えた名将

佐々木則夫の功績 佐々木則夫は、日本女子サッカーを変えた名将として知られています。彼は、日本女子サッカー代表を2011年のFIFA女子ワールドカップ優勝に導き、また、2012年のロンドンオリンピックで銀メダルを獲得しました。また、彼は、アメリカのナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)でシーズンの後半に昇格したチームを率いる最初の日本人監督として、世界のサッカー界に大きな衝撃を与えました。 佐々木則夫の功績は、単に結果だけではありません。彼は、日本女子サッカーに新しいスタイルを持ち込み、世界を驚かせました。彼の率いる日本女子サッカー代表は、ボールを支配し、パスを回して相手を攻略するスタイルで、世界中のサッカーファンを魅了しました。 佐々木則夫のもう一つの功績は、女子サッカー選手の育成に力を注いだことです。彼は、日本女子サッカー代表の強化合宿に若手選手を積極的に招集し、彼らに世界レベルのサッカーを学ばせました。その結果、日本女子サッカー代表は、2011年のFIFA女子ワールドカップで優勝することができたのです。 佐々木則夫は、日本女子サッカーの発展に多大な貢献をした名将です。彼の功績は、世界中の女子サッカー選手と女子サッカーファンに大きな影響を与えました。
スポーツ分野の人

豊山勝男:入門から引退までの相撲人生

- 東京農大時代 豊山は、高校卒業後に東京農業大学に進学した。東京農業大学相撲部は、全日本学生相撲選手権大会団体優勝5回を誇る強豪校であり、豊山は入学早々から活躍を見せた。 1年生の時は、全日本学生相撲選手権大会個人戦で優勝。2年生の時は、全日本学生相撲選手権大会団体戦で優勝し、個人戦でも2位に入賞した。3年生の時は、全日本学生相撲選手権大会個人戦で2連覇を達成し、団体戦でも2連覇を飾った。 大学4年間で、豊山は全日本学生相撲選手権大会個人戦で2回優勝、団体戦で3回優勝という輝かしい成績を残した。また、学生横綱にも2回選出された。 豊山は、大学卒業後に相撲界入りすることを決意し、大島部屋に入門した。大島部屋は、名門部屋であり、豊山は入門後すぐに頭角を現した。 豊山は、2006年に初土俵を踏み、2008年に新十両に昇進した。2009年には、新入幕を果たした。豊山は、入幕後は安定した成績を残し、2012年には小結に昇進した。 豊山は、2013年には関脇に昇進し、2014年には大関に昇進した。豊山は、大関昇進後も好成績を残し、2016年には横綱に昇進した。 しかし、豊山は2017年に怪我で長期休場を余儀なくされた。その後、豊山は復帰したが、以前の調子を取り戻せず、2019年に引退した。 豊山は、東京農業大学時代から活躍を見せ、相撲界でも大活躍した。豊山は、日本の相撲界を代表する力士の一人である。
スポーツ分野の人

星野一義

星野一義 若き天才レーサーの誕生 星野一義は、1954年3月24日に神奈川県横浜市で生まれた。父親は歯科医で、母親は専業主婦だった。星野は幼い頃から車に興味があり、父親の車に乗せてもらってドライブするのが大好きだった。 星野は16歳の時にレーシングカートを始めた。カートは、四輪の小型レーシングカーで、子供から大人まで誰でも運転できる。星野はカートの才能を開花させ、すぐにレースで優勝するようになった。 18歳になると、星野はフォーミュラカーレースにステップアップした。フォーミュラカーは、F1やインディカーなどで使われる、高速で走るレーシングカーである。星野はフォーミュラカーでもすぐに頭角を現し、20歳の時には全日本F2選手権でチャンピオンを獲得した。 22歳の時には、星野はF1に挑戦した。F1は、世界最高峰の自動車レースである。星野はF1で苦戦を強いられたが、粘り強く戦い続け、25歳の時にはF1で初優勝を果たした。星野はその後もF1で活躍を続け、生涯で6勝を挙げた。 星野一義は、日本を代表するレーシングドライバーである。星野の活躍によって、日本におけるモータースポーツの人気は高まり、多くの若者がレーサーを目指すようになった。星野は、日本のモータースポーツ界に大きな貢献をした偉大なレーサーである。
スポーツ分野の人

笹田夏実という日本の体操選手をご存知ですか?

笹田夏実は、2002年8月14日生まれの日本の体操選手です。 神奈川県横浜市出身で、日本体育大学横浜高等学校から日本体育大学に進学しました。 笹田は、2018年の世界体操選手権で団体総合銀メダルを獲得し、2019年の世界体操選手権では団体総合銅メダルを獲得しました。 2020年の東京オリンピックでは、団体総合4位に入賞しました。 笹田は、演技の難度と高さ、技の正確性が高く評価されています。 また、演技中の笑顔が魅力的でもあり、体操ファンからの人気を集めています。 笹田は、今後の体操界を担う期待の選手です。
スポーツ分野の人

成瀬川土左衛門:独特の容姿で水死人の代名詞となった力士

享保9年、深川の勧進相撲で前頭上位で出場 成瀬川は、享保9年(1724年)に深川の勧進相撲で前頭上位で出場しました。これは、成瀬川の力士としてのキャリアの中で最も高い地位であり、彼の才能と実力が認められていたことを示しています。 成瀬川は、この相撲で好成績を収め、多くの観客を魅了しました。彼の独特の容姿と豪快な取り口は、人々を夢中にさせ、成瀬川は一躍人気力士となりました。 この相撲での活躍により、成瀬川は江戸相撲のトップ力士の一人として認められるようになりました。そして、享保11年(1726年)には、大関に昇進しました。 成瀬川は、大関として活躍し、数多くの勝利を収めました。しかし、享保13年(1728年)に引退し、相撲界を去りました。 成瀬川は、短い生涯でしたが、その独特の容姿と豪快な取り口で人々を魅了し、江戸相撲の歴史にその名を残しました。
スポーツ分野の人

井上茂徳:昭和後期-平成時代の競輪選手

鬼脚と呼ばれたするどい追い込みの競輪選手 井上茂徳は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した競輪選手です。1950年12月12日、大阪府八尾市に生まれました。 井上は、1969年に競輪選手としてデビューします。デビュー早々からその優れた脚力で注目を集め、1972年には新人王に輝きました。 1974年には、競輪の最高峰レースである日本選手権競輪で優勝を果たします。これは、井上にとって初タイトルであり、その後も1976年、1978年、1980年と日本選手権競輪で優勝し、4度の優勝を達成しました。 井上は、追い込みのスペシャリストとして知られており、その鋭い追い込みは「鬼脚」と呼ばれていました。鋭い追い込みで他選手をまとめて抜き、レースを制することが多かったです。 1986年には、競輪選手として史上6人目となる通算1000勝を達成しました。これは、競輪選手としての井上の一つの大きな功績です。 井上は、1994年に引退するまで競輪選手として活躍しました。引退後は、競輪評論家として活動し、競輪の普及に努めています。 井上茂徳は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した競輪選手であり、その鋭い追い込みは「鬼脚」と呼ばれていました。井上は、日本選手権競輪で4度の優勝を果たし、競輪選手として通算1000勝を達成するなど、輝かしい戦績を残しました。
スポーツ分野の人

宮下純一:水泳から芸能界へ羽ばたいた背泳ぎの雄

水泳界のスターからタレントへの転身 宮下純一は、1974年1月23日に山梨県甲府市で生まれ、幼い頃から水泳を始めました。中学時代には全国中学校水泳競技大会で優勝し、高校時代にはインターハイで2連覇を達成しました。 1992年にはバルセロナオリンピックに出場し、100m背泳ぎで銀メダルを獲得しました。この活躍により、宮下は一躍水泳界のスターとなりました。 しかし、オリンピック後、宮下は故障に悩まされ、成績が低迷しました。1996年のアトランタオリンピックには出場できませんでしたが、1998年に水泳を引退しました。 引退後はタレントに転身し、バラエティ番組やドラマに出演するようになりました。また、水泳解説者としても活躍しています。 宮下は、水泳界のスターからタレントへと華麗に転身を果たしました。その活躍は、多くの人々に勇気を与えています。
スポーツ分野の人

島岡吉郎

小見出し「経歴」 島岡吉郎は、1867年に京都に生まれました。幼い頃から絵画や彫刻に才能を発揮し、1883年に私立美術学校である川端画学校に入学しました。その後、1889年に東京美術学校に入学し、そこで西洋画を学びました。 1893年に東京美術学校を卒業後、島岡吉郎はヨーロッパに留学しました。最初はフランスに滞在し、そこでヨーロッパの最先端の美術に触れました。その後、イタリアやドイツにも滞在し、そこで古典的な美術を学びました。 1902年に日本に帰国した島岡吉郎は、東京美術学校で教鞭を執りました。また、日本美術院の創立メンバーの一人となり、日本の近代美術の発展に尽力しました。 島岡吉郎は、油彩画や水彩画、版画など、さまざまな技法で作品を制作しました。彼の作品は、写実的で詩情豊かであり、高い評価を受けています。1937年には文化勲章を受章しました。 島岡吉郎は、1951年に東京で亡くなりました。享年84歳でした。
スポーツ分野の人

岡崎慎司 – 名を馳せた日本のストライカー

-# 岡崎慎司の生い立ちとプロサッカーへの道 岡崎慎司は、1986年9月16日に兵庫県西宮市に生まれました。サッカーを始めたのは、幼稚園の頃です。小学校卒業後、兵庫県立尼崎西高等学校に進学。高校時代は、全国高等学校サッカー選手権大会に2回出場。3年生の時に、主将を務め、チームをベスト8に導きました。 高校卒業後、ジェフユナイテッド市原・千葉に入団。2005年、Jリーグデビューを果たしました。千葉では、2007年にJリーグベストイレブンに選ばれるなど、主力選手として活躍。2008年、ドイツのシュツットガルトに移籍。シュツットガルトでは、2011年にブンデスリーガ優勝を経験しました。 2013年、マインツに移籍。マインツでは、2014年にブンデスリーガ3位に貢献。2015年、レスター・シティに移籍。レスター・シティでは、2015-16シーズンにプレミアリーグ優勝を経験しました。 2017年、マラガに移籍。マラガでは、2019年にセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)優勝を経験しました。2019年、ウエスカに移籍。ウエスカでは、2020年にセグンダ・ディビシオン2位に貢献し、ラ・リーガ(スペイン1部)昇格を果たしました。 2021年、シント=トロイデンに移籍。シント=トロイデンでは、2022年にジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー1部)優勝を経験しました。 岡崎慎司は、日本代表としても活躍。2008年、日本代表デビューを果たしました。2010年、FIFAワールドカップ南アフリカ大会に出場。2014年、FIFAワールドカップブラジル大会に出場。2018年、FIFAワールドカップロシア大会に出場しました。 岡崎慎司は、日本のストライカーとして、世界で活躍した選手です。その活躍は、日本のサッカー界に大きな影響を与えました。
スポーツ分野の人

– 染谷美佳 – 日本ソフトボール界の金メダリスト

世界ジュニア選手権での活躍 染谷美佳は、世界ジュニア選手権にも出場し、そこで大きな活躍を見せた。2013年の世界ジュニア選手権では、日本代表として出場し、チームの優勝に貢献した。染谷美佳は、大会を通じて好調な打撃を披露し、チームの勝利に大きく貢献した。また、2015年の世界ジュニア選手権でも、日本代表として出場し、チームの準優勝に貢献した。染谷美佳は、大会を通じて好調な打撃と守備を披露し、チームの躍進に大きく貢献した。 世界ジュニア選手権での活躍は、染谷美佳の才能と実力を証明するものであった。染谷美佳は、世界ジュニア選手権での活躍を通じて一躍有名になり、その後、日本代表の主力選手として活躍することになる。 染谷美佳の活躍は、日本のソフトボール界に大きな影響を与えた。染谷美佳の活躍により、日本のソフトボール界は盛り上がり、ソフトボールを始める人が増えた。また、染谷美佳の活躍は、日本のソフトボール界のレベル向上にも貢献した。染谷美佳は、日本のソフトボール界の発展に大きく貢献した選手である。
スポーツ分野の人

– 「弓館小鰐」

-弓館小鰐の生涯- 弓館小鰐は、平安時代末期から鎌倉時代にかけての武将です。 弓館小鰐は、1180年(治承4年)に陸奥国胆沢郡(現在の岩手県奥州市)で生まれました。父親は弓館小太郎貞重、母親は伊東祐親の娘でした。 小鰐は、幼い頃から武芸に優れ、源頼朝の挙兵に際しては、奥州藤原氏に属して頼朝軍と戦いました。しかし、1189年(文治元年)に頼朝が奥州藤原氏を滅ぼすと、小鰐は降伏して頼朝に仕えました。 頼朝に仕えた小鰐は、勇猛果敢な武将として活躍しました。1191年(建久2年)に頼朝が奥州藤原氏の残党である藤原泰衡を討伐した際には、小鰐は先鋒を務めて大いに功を上げました。また、1199年(正治元年)に頼朝が死んだ際には、小鰐は頼朝の遺児である源頼家を擁立して鎌倉幕府の二代将軍を支えました。 しかし、1203年(建仁3年)に頼家が畠山重忠の謀反に遭って殺害されると、小鰐は頼家の遺児である一幡を擁立して鎌倉幕府の三代将軍を立てようとしました。しかし、一幡は北条氏によって殺害され、小鰐もまた北条氏によって滅ぼされました。 小鰐は、勇猛果敢な武将として活躍しましたが、頼家の死後に起きた内紛に巻き込まれて滅亡しました。
スポーツ分野の人

北島忠治→ 明治ラグビーの伝統を築いた名指導者

北島忠治の生涯と功績 北島忠治は、1868年に神奈川県横浜市に生まれました。1887年に東京大学予備門に入学し、1891年に東京帝国大学法学部に入学しました。1895年に東京帝国大学法学部を卒業し、司法省に入省しました。1898年に司法官試補に任命され、東京地方裁判所判事に着任しました。 1901年に司法省を辞職し、慶應義塾大学法学部教授に就任しました。1903年に慶應義塾大学ラグビー部監督に就任し、1906年に慶應義塾大学ラグビー部を全国制覇に導きました。1907年に東京高等師範学校教授に就任し、1910年に東京高等師範学校ラグビー部監督に就任しました。1911年に東京高等師範学校ラグビー部を全国制覇に導きました。 1913年に東京高等師範学校を辞職し、慶應義塾大学ラグビー部監督に再任されました。1916年に慶應義塾大学ラグビー部を全国制覇に導きました。1917年に明治大学ラグビー部監督に就任し、1918年に明治大学ラグビー部を全国制覇に導きました。1919年に明治大学ラグビー部監督を辞任し、慶應義塾大学ラグビー部監督に三度目の就任をしました。 1920年に慶應義塾大学ラグビー部を全国制覇に導きました。1921年に慶應義塾大学ラグビー部監督を辞任し、ラグビー指導者を引退しました。1941年に死去しました。 北島忠治は、日本のラグビーの発展に貢献した指導者です。慶應義塾大学ラグビー部、東京高等師範学校ラグビー部、明治大学ラグビー部を全国制覇に導き、日本のラグビー界に大きな影響を与えました。北島忠治は、日本のラグビーの父と呼ばれています。
スポーツ分野の人

梶本隆夫→ 阪急ブレーブスを支えた左腕のエース

梶本隆夫の野球人生 梶本隆夫は、1936年3月24日に兵庫県姫路市で生まれた。姫路市立姫路商業高等学校に進学し、1953年の夏の甲子園大会に4番打者として出場。準決勝で敗れたものの、その大会で一躍注目を集める存在となった。 1954年に阪急ブレーブスに入団。1年目から先発ローテーションの一角に定着し、新人ながら14勝6敗、防御率2.06の好成績を収めて新人王を獲得した。2年目以降もチームの主戦投手として活躍を続け、1957年には26勝を挙げて最多勝利のタイトルを獲得した。 梶本は、スライダーとチェンジアップを武器とした技巧派の左腕投手だった。球威はそれほどなかったが、制球力とフィールディングが良く、打たせて取る投球スタイルで相手打線を翻弄した。また、打撃にも優れており、通算15本塁打を記録している。 梶本は、阪急ブレーブス一筋12年間で通算112勝74敗、防御率2.70の成績を残した。1965年に引退後は、阪急ブレーブスのスカウトやコーチを歴任し、1990年には阪急ブレーブスの監督に就任した。監督としては、1991年にチームをリーグ優勝に導いたが、日本シリーズでは西武ライオンズに敗れた。 梶本は、2004年に野球殿堂入りを果たした。
スポーツ分野の人

早川浪 – 世界室内選手権を制したアーチェリー選手

-早川浪の経歴と功績- 早川浪は、1995年7月25日、東京都生まれのアーチェリー選手です。5歳の時にアーチェリーを始め、小学校4年生の時には全国大会に出場しました。その後、早くも13歳で日本代表に選出されました。 早川は、2013年にトルコで開催された世界ユースアーチェリー選手権で、個人と団体の両種目で金メダルを獲得しました。2015年にも同じ大会で個人と団体の両方で金メダルを獲得し、アーチェリー史上初の2連覇を達成しました。 2016年に、早川はリオデジャネイロオリンピックに出場しました。しかし、1回戦で敗退し、メダル獲得はなりませんでした。 2018年、早川はイギリスで開催された世界室内アーチェリー選手権で、個人と団体の両方で金メダルを獲得しました。また、2019年にはオランダで開催された世界アーチェリー選手権で、個人と団体の両方で銀メダルを獲得しました。 2021年、早川は東京オリンピックに出場しました。個人で銀メダル、団体で銅メダルを獲得しました。 早川は、世界室内アーチェリー選手権で個人と団体の両方で金メダルを獲得した初めての日本人選手であり、世界アーチェリー選手権で個人と団体の両方でメダルを獲得した初めての日本人選手でもあります。 また、オリンピックでメダルを獲得した初めての日本人アーチェリー選手でもあります。
スポーツ分野の人

千代の山雅信 – 昭和の巨人

-生涯- 千代の山雅信は、1939年8月2日に埼玉県秩父郡吉田町(現秩父市)に生まれた。吉田町立吉田中学校を卒業後、1955年に大相撲の二子山部屋に入門。初土俵は1955年3月場所で、四股名は「千代の山」であった。 千代の山は順調に出世を重ね、1961年3月場所で新入幕を果たす。そして、1964年11月場所で初優勝。その後も、1965年1月場所、1965年3月場所、1965年9月場所と3場所連続優勝を含む、通算21回の優勝を記録した。 千代の山は、1969年に横綱に昇進。横綱昇進後は、1970年1月場所、1970年3月場所、1970年9月場所の3場所連続優勝を含む、通算11回の優勝を記録した。 千代の山は、1974年1月場所限りで現役を引退。引退後は、年寄・九重を襲名し、九重部屋の師匠となった。1992年に日本相撲協会の理事長に就任し、1996年まで務めた。 千代の山は、2016年1月11日に死去。享年76歳。 千代の山は、大相撲史上屈指の名横綱として知られている。その抜群の運動能力と豪快な取り口で、多くの人々を魅了した。また、千代の山は、温厚で人情味あふれる人柄でも知られており、多くの人々に愛されていた。
スポーツ分野の人

「田中達也」1982年~:平成時代のプロサッカー選手

-Jリーグでの活躍- 田中達也は1993年にJリーグのヴェルディ川崎に入団し、日本のプロサッカー選手としての人生をスタートさせました。ヴェルディ川崎では、4シーズンプレーし、64試合に出場して14ゴールを決めました。1997年にはJリーグのベストイレブンに選出され、同年にはヴェルディ川崎のJリーグ優勝にも貢献しました。 1997年に田中はイタリアのセリエAのペルージャに移籍しました。ペルージャでは、2シーズンプレーし、38試合に出場して5ゴールを決めました。1999年にはペルージャのUEFAインタートトカップ優勝に貢献しました。 1999年に田中は日本のJリーグの横浜マリノスに移籍しました。横浜マリノスでは、2シーズンプレーし、36試合に出場して5ゴールを決めました。2001年には横浜マリノスのJリーグ優勝に貢献しました。 2001年に田中は日本のJリーグの柏レイソルに移籍しました。柏レイソルでは、5シーズンプレーし、105試合に出場して14ゴールを決めました。2004年には柏レイソルのJリーグ優勝に貢献しました。 田中は日本代表にも選出され、1995年から2006年まで46試合に出場して16ゴールを決めました。1998年には日本代表のワールドカップ出場に貢献しました。 田中は2006年に現役を引退しました。引退後は、サッカー解説者や指導者として活躍しています。
スポーツ分野の人

「好春」(児玉好春)

-児玉好春の生涯- 児玉好春は、1912年(明治45年)3月10日に、東京府東京市本郷区(現・東京都文京区)に生まれた。父は児玉丑太郎(元・東京市議会議員)、母は同・しづゑ。 1924年(大正13年)、東京府立第一中学校(現・東京都立日比谷高等学校)に入学。在学中に演劇部に所属し、1929年(昭和4年)、同校卒業とともに新劇団「築地小劇場」に入団。 1931年(昭和6年)、築地小劇場が解散した後、同劇団のメンバーとともに「新築地劇団」を結成。1934年(昭和9年)、「新築地劇団」が解散した後、同劇団のメンバーとともに「劇団民衆芸術劇場」を結成。 1936年(昭和11年)、劇団民衆芸術劇場が解散した後、同劇団のメンバーとともに「劇団前進座」を結成。1937年(昭和12年)、前進座の旗揚げ公演「夜の宿」に出演。 1939年(昭和14年)、前進座を退団し、フリーランスとなる。1940年(昭和15年)、映画「上海の月」に出演。1941年(昭和16年)、映画「支那事変」に出演。 1942年(昭和17年)、映画「ビルマの竪琴」に出演。1943年(昭和18年)、映画「君の名は」に出演。1944年(昭和19年)、映画「海軍」に出演。 1945年(昭和20年)、第二次世界大戦が終結。1946年(昭和21年)、前進座に再入団。1947年(昭和22年)、映画「望郷」に出演。1948年(昭和23年)、映画「殺人鬼」に出演。 1949年(昭和24年)、映画「野良犬」に出演。1950年(昭和25年)、映画「羅生門」に出演。1951年(昭和26年)、映画「雨月物語」に出演。 1952年(昭和27年)、映画「生之慾」に出演。1953年(昭和28年)、映画「東京物語」に出演。1954年(昭和29年)、映画「七人の侍」に出演。 1955年(昭和30年)、映画「生きものの記録」に出演。1956年(昭和31年)、映画「蜘蛛巣城」に出演。1957年(昭和32年)、映画「どん底」に出演。 1958年(昭和33年)、映画「無法松の一生」に出演。1959年(昭和34年)、映画「おとうと」に出演。1960年(昭和35年)、映画「悪い奴ほどよく眠る」に出演。 1961年(昭和36年)、映画「用心棒」に出演。1962年(昭和37年)、映画「椿三十郎」に出演。1963年(昭和38年)、映画「切腹」に出演。 1964年(昭和39年)、映画「赤ひげ」に出演。1965年(昭和40年)、映画「飢餓海峡」に出演。1966年(昭和41年)、映画「上意討ち 拝領妻始末」に出演。 1967年(昭和42年)、映画「大奥」に出演。1968年(昭和43年)、映画「祇園祭」に出演。1969年(昭和44年)、映画「どですかでん」に出演。 1970年(昭和45年)、映画「人生劇場」に出演。1971年(昭和46年)、映画「男はつらいよ」に出演。1972年(昭和47年)、映画「影武者」に出演。 1973年(昭和48年)、映画「子連れ狼」に出演。1974年(昭和49年)、映画「仁義なき戦い 代理戦争」に出演。1975年(昭和50年)、映画「新幹線大爆破」に出演。 1976年(昭和51年)、映画「不毛地帯」に出演。1977年(昭和52年)、映画「八甲田山」に出演。1978年(昭和53年)、映画「事件」に出演。 1979年(昭和54年)、映画「動乱」に出演。1980年(昭和55年)、映画「影武者」に出演。1981年(昭和56年)、映画「駅 STATION」に出演。 1982年(昭和57年)、映画「疑惑」に出演。1983年(昭和58年)、映画「人生劇場 第二部」に出演。1984年(昭和59年)、映画「乱」に出演。 1985年(昭和60年)、映画「上海異人娼館 チャイナ・ドール」に出演。1986年(昭和61年)、映画「ウホッホ探険隊」に出演。1987年(昭和62年)、映画「竹取物語」に出演。 1988年(昭和63年)、映画「女衒 ZEGEN」に出演。1989年(平成元年)、映画「釣りバカ日誌3」に出演。1990年(平成2年)、映画「夢」に出演。 1991年(平成3年)、映画「おろしや国酔夢譚」に出演。1992年(平成4年)、映画「女経」に出演。1993年(平成5年)、映画「釣りバカ日誌6」に出演。 1994年(平成6年)、映画「釣りバカ日誌7」に出演。1995年(平成7年)、映画「釣りバカ日誌8」に出演。1996年(平成8年)、映画「釣りバカ日誌9」に出演。 1997年(平成9年)、映画「釣りバカ日誌10」に出演。1998年(平成10年)、映画「釣りバカ日誌11」に出演。1999年(平成11年)、映画「釣りバカ日誌12」に出演。 2000年(平成12年)、映画「釣りバカ日誌13」に出演。2001年(平成13年)、映画「釣りバカ日誌14」に出演。2002年(平成14年)、映画「釣りバカ日誌15」に出演。 2003年(平成15年)、映画「釣りバカ日誌16」に出演。2004年(平成16年)、映画「釣りバカ日誌17」に出演。2005年(平成17年)、映画「釣りバカ日誌18」に出演。 2006年(平成18年)、映画「釣りバカ日誌19」に出演。2007年(平成19年)、映画「釣りバカ日誌20 ファイナル」に出演。同年12月30日、老衰のため東京都杉並区の自宅で死去。享年95。