「赤荻露牛」

「赤荻露牛」

赤荻露牛の生涯

赤荻露牛の生涯

赤荻露牛の生涯

赤荻露牛は、江戸時代中期の俳人である。本名は阿部輝正。別号に桃仙楼。現在の山形県北村山郡瀬見町に生まれた。若くして江戸に出て、俳諧を松尾芭蕉に師事した。芭蕉の没後、江戸で蕉風を学び、俳諧を極めると、伊達政宗の招きにより仙台に移り住んだ。

赤荻露牛は、仙台で俳諧の指導者として活躍し、門下から多くの俳人を輩出した。また、芭蕉の句集「奥の細道」を注釈した「奥の細道拾遺」を著し、芭蕉の俳諧を世に広めることに貢献した。

赤荻露牛は、元禄6年(1693年)に仙台で没した。享年73。墓は、仙台の瑞鳳殿にある。

赤荻露牛の俳風は、芭蕉の蕉風を受け継ぎつつ、独自の境地を開いたものとされる。その俳句は、自然を詠んだものが多いが、社会を風刺したような句もある。赤荻露牛の句は、蕉風を代表する句として、現在でも多くの人に親しまれている。

赤荻露牛の代表的な句をいくつか紹介する。

春雨を庭に一日ののどかさよ

野中の花は雨のあとなづかし

むべなるかな千戸余の里は雪の村

これらは、赤荻露牛の俳句のほんの一例である。赤荻露牛の句は、自然の美しさを詠んだものが多いが、社会を風刺したような句もある。いずれの句も、赤荻露牛の鋭い観察眼と豊かな感性が表れている。

赤荻露牛は、蕉風を代表する俳人として、現在でも多くの人に親しまれている。その句は、自然の美しさを詠んだものが多いが、社会を風刺したような句もある。いずれの句も、赤荻露牛の鋭い観察眼と豊かな感性が表れている。

赤荻露牛の別号

赤荻露牛の別号

赤荻露牛の別号

赤荻露牛は、本名である永井荷風の別号です。赤荻露牛という別号は、永井荷風が幼い頃に読み親しんでいた『源氏物語』の一節からとったものです。

『源氏物語』の「若紫」の巻に、主人公である光源氏が、女性たちに求婚する際に「赤荻に露の落ちたる」という和歌を詠む場面があります。この和歌は、光源氏が、女性たちに求婚する際に、自分自身を「赤荻」にたとえ、女性たちを「露」にたとえているものです。

永井荷風は、この和歌を非常に気に入り、自分の別号として「赤荻露牛」と名付けました。永井荷風は、赤荻露牛という別号を、自分の文学活動のペンネームとして使用し、多くの作品を発表しました。

赤荻露牛という別号は、永井荷風の文学活動に大きな影響を与えたと考えられています。赤荻露牛という別号は、永井荷風自身の恋愛観や人生観を反映したものであり、永井荷風の作品には、赤荻露牛という別号に込められた永井荷風自身の思いが色濃く反映されています。

タイトルとURLをコピーしました