– 大名麻呂:奈良時代の謎の人物

– 大名麻呂:奈良時代の謎の人物

大名麻呂の生い立ちと出自

大名麻呂の生い立ちと出自

大名麻呂の生い立ちと出自

大名麻呂は、奈良時代に活躍したとされる人物である。その生涯については不明な点が多く、謎に包まれている。しかし、最近では大名麻呂に関する史料が発見され、その生い立ちや出自について少しずつ明らかになってきている。

大名麻呂は、712(養老6)年に生まれたとされる。父は右大臣・大伴安麻呂、母は橘諸兄の娘である。橘諸兄は奈良時代を代表する政治家で、藤原氏と並ぶ権力者であった。したがって、大名麻呂は橘氏と大伴氏の権力者の子として生まれたことになる。

大名麻呂は、幼い頃から聡明で、学問に秀でていたと伝わる。18歳で従五位下に叙せられ、21歳で左大臣に任命された。左大臣は、太政官の最高位であり、大名麻呂は飛ぶ鳥を落とす勢いで出世したことになる。

しかし、大名麻呂の出世は長くは続かなかった。737(天平9)年、大伴安麻呂が藤原広嗣の乱に連座して失脚したことにより、大名麻呂も連座して失脚した。大名麻呂は、左大臣を罷免され、流罪に処せられた。

大名麻呂は、流罪先の薩摩国で739(天平11)年に病死した。享年28であった。大名麻呂の死後、その遺体は奈良の氷室に葬られた。氷室は、大名麻呂の祖父である橘三千代の邸宅跡地であり、大名麻呂は橘氏の一員として葬られたことになる。

大名麻呂の生い立ちや出自について、いまだ不明な点は多い。しかし、史料の発見により、その生涯について少しずつ明らかになってきている。今後も、大名麻呂に関する史料が発見され、その生涯がさらに解明されることが期待されている。

天平13年の戸籍記載と東大寺への貢進

天平13年の戸籍記載と東大寺への貢進

-天平13年の戸籍記載と東大寺への貢進-

大名麻呂は、奈良時代の謎の人物であり、その実態についてはほとんど分かっていません。しかし、天平13年(741年)の戸籍には、大名麻呂の名前が記載されており、東大寺への貢進を行っていたことが分かっています。

天平13年の戸籍は、全国の戸籍を調査したものであり、大名麻呂の名前は、美濃国賀茂郡の戸籍に記載されています。大名麻呂は、この戸籍に「前国圧」として記載されており、これは、以前は国圧(国司に次ぐ地位)を務めていたことを意味します。大名麻呂は、国圧を退任した後も、東大寺への貢進を続けており、その貢進内容は、布や米などであったとされています。

大名麻呂が東大寺に貢進を行っていた理由は、不明です。しかし、大名麻呂は、東大寺の造営に協力した人物であった可能性があります。東大寺は、天平勝宝元年(749年)に落慶しましたが、その造営には、全国から多くの物資や人材が集められました。大名麻呂も、その一員として、東大寺に貢進を行っていたのかもしれません。

大名麻呂は、奈良時代の謎の人物であり、その実態についてはほとんど分かっていません。しかし、天平13年の戸籍記載と東大寺への貢進という史料から、大名麻呂が東大寺と何らかの関わりを持っていたことが分かります。

謎に包まれた生涯と史料の少なさ

謎に包まれた生涯と史料の少なさ

謎に包まれた生涯と史料の少なさ

大名麻呂は、奈良時代の謎の人物です。その生涯については、ほとんど何も知られていません。生年月日も没年月日も不明で、出身地や家族構成も分かっていません。唯一、彼が「大宰帥(だざいのそち)」という官職に就いていたことは、史料から分かっています。

大宰帥とは、九州地方を統治する役職で、当時としては非常に重要な地位でした。大名麻呂がいつ、どのような経緯で大宰帥に任命されたのかは不明ですが、彼の能力が認められて抜擢されたと考えられています。

大名麻呂がいつまで大宰帥を務めたのか、そしてその後の人生については、まったく分かっていません。彼に関する史料は極めて少なく、その生涯は謎に包まれています。

大名麻呂の生涯が謎に包まれている理由は、いくつか考えられます。一つは、彼が活躍した奈良時代が、まだ日本の歴史の中で資料が少ない時代だったということです。もう一つは、大名麻呂自身が、あまり目立った活躍をしなかった可能性があります。

大名麻呂は、奈良時代の謎の人物であり、その生涯はほとんど何も分かっていません。彼の生涯を解き明かすためには、さらなる史料の発掘や研究が必要です。

タイトルとURLをコピーしました