「大原左金吾」(⇒大原呑響(おおはら-どんきょう))について

「大原左金吾」(⇒大原呑響(おおはら-どんきょう))について

大原左金吾の生涯と功績

大原左金吾の生涯と功績

-大原左金吾の生涯と功績-

大原左金吾(おおはら-さこんご)は、幕末の薩摩藩士。諱は響(ひびき)。大原呑響(おおはら-どんきょう)とも呼ばれる。薩摩藩の志士として活躍し、戊辰戦争では功績を挙げた。

大原左金吾は、1838年(天保9年)に薩摩藩士・大原縫之丞の長男として生まれた。幼少より剣術や槍術を学び、武芸に秀でていた。1862年(文久2年)、島津久光に随従して上洛し、薩摩藩の志士として活動を開始した。

大原左金吾は、薩摩藩の精鋭部隊である「薩摩藩精忠組」の結成に参加し、その副頭取に任命された。薩摩藩精忠組は、京都で尊王攘夷運動を展開し、池田屋事件や禁門の変で活躍した。

1868年(慶応4年)、戊辰戦争が勃発すると、大原左金吾は薩摩藩軍の総督として東北地方に出征した。大原左金吾は、白河口の戦いや会津戦争で功績を挙げ、東北地方の平定に貢献した。

戊辰戦争後、大原左金吾は薩摩藩に帰還し、明治政府に出仕した。明治政府では、陸軍少将や警視庁長官などを歴任した。1898年(明治31年)、大原左金吾は死去した。

大原左金吾は、幕末の薩摩藩の志士として活躍し、戊辰戦争では功績を挙げた。大原左金吾の功績は、明治維新の成功に大きく貢献した。

大原左金吾から大原呑響への改名

大原左金吾から大原呑響への改名

-大原左金吾から大原呑響への改名-

大原左金吾は、1922年に広島県に生まれ、1944年に早稲田大学を卒業した。その後、海軍に徴兵され、終戦後は出版社に勤務した。1951年に、小説『妻のある男』で直木賞を受賞した。

大原左金吾は、1956年に大原呑響に改名した。改名の理由は、左金吾という名前が「左翼的」であると批判されたためである。大原呑響は、改名後も作家として活躍を続け、1967年に亡くなった。

大原呑響は、改名前に、雑誌に「作家の特権」というエッセイを連載していた。このエッセイの中で、大原呑響は、「左翼的な作家は、右翼的な作家よりも、作品の中で左翼的な発言をすることができる」と主張した。また、大原呑響は、「左翼的な作家が右翼的な発言をすると、それは『売名行為』であると批判される」と主張した。

大原呑響は、改名後も、このエッセイの内容について、繰り返し主張した。大原呑響は、「左翼的な作家は、右翼的な作家よりも、作品の中で左翼的な発言をすることができる」と主張し続け、また、「左翼的な作家が右翼的な発言をすると、それは『売名行為』であると批判される」と主張し続けた。

大原呑響は、改名後も、作家として活躍を続け、1967年に亡くなった。大原呑響の作品は、現在でも読み継がれている。

タイトルとURLをコピーしました