「杞憂道人」(⇒養鸕徹定(うがい-てつじょう))について

「杞憂道人」(⇒養鸕徹定(うがい-てつじょう))について

人名辞典-「杞憂道人」の正体

人名辞典-「杞憂道人」の正体

人名辞典-「杞憂道人」の正体

「杞憂道人」の正体は、江戸時代前期の儒学者・養鸕徹定(うがい-てつじょう)である。養鸕徹定は、1607年に京都に生まれた。幼い頃から学問に秀でており、15歳の時に京都の慈恩寺で出家した。その後、儒学を学び、1635年に「杞憂道人」の号で『杞憂集』を出版した。

『杞憂集』は、当時の社会問題や政治問題を風刺した随筆集である。その内容は、庶民の生活を軽視した幕府の政策や、キリシタンへの弾圧、徂徠派の台頭など、多岐にわたる。養鸕徹定は、これらの問題を鋭く批判し、社会の改革を訴えた。

『杞憂集』は、当時の知識人に大きな影響を与えた。特に、荻生徂徠は、養鸕徹定の思想に共感し、彼を「当代随一の儒者」と賞賛した。また、新井白石も、養鸕徹定の『杞憂集』を愛読しており、彼の思想を高く評価していた。

養鸕徹定は、1672年に京都で亡くなった。享年66歳。彼の墓は、京都の慈恩寺にある。養鸕徹定は、江戸時代前期の儒学者として、その功績を称えられている。

養鸕徹定(うがい-てつじょう)の人物像

養鸕徹定(うがい-てつじょう)の人物像

養鸕徹定(うがい-てつじょう)の人物像

養鸕徹定(1558-1638)は、江戸時代初期の儒学者、歌人、浄土宗の僧侶です。出雲国(現在の島根県)で生まれ、京都で育ちました。幼い頃から儒学と和歌を学び、16歳で剃髪して僧侶となりました。その後、京都の妙心寺で修行し、18歳で得度しました。

徹定は、妙心寺で修行する傍ら、京都の各寺院で儒学と和歌の講義を行いました。また、京都の公家や町人などとも交流し、知識を深めました。19歳のときには、京都の公家である一条輝政(いちじょう-てるまさ)の侍講となり、和歌の指導を行いました。

徹定は、儒学と和歌の両方において、独自の思想を持っていました。儒学では、朱子学を学びましたが、朱子学の教条主義的な一面を批判し、より柔軟で実践的な思想を展開しました。和歌では、伝統的な和歌の形式にとらわれず、自由な発想で和歌を詠みました。

徹定の思想は、当時の知識人や文化人に大きな影響を与えました。また、徹定は、京都の文化サロンである「京極黄門(きょうごく-こうもん)」のメンバーとして活躍し、京都の文化の発展に貢献しました。

徹定は、71歳で亡くなりました。徹定の死後、弟子たちによって彼の思想や和歌がまとめられ、数多くの著作が刊行されました。徹定の著作は、江戸時代の儒学と和歌の発展に大きな影響を与えました。

養鸕徹定(うがい-てつじょう)の功績

養鸕徹定(うがい-てつじょう)の功績

-養鸕徹定(うがい-てつじょう)の功績-

養鸕徹定(うがい-てつじょう)は、奈良時代前期の僧であり、玄昉(げんぼう)らとともに鑑真(がんじん)の来日を支援したことでも知られていますが、『万葉集』巻18に一首(3901番)が採録されるなど、和歌人としてもその名を残しています。

養鸕徹定の和歌の特徴としては、自然を詠んだものが多く、清澄で閑寂な作風を有していることが挙げられます。また、仏教的な思想を反映した作品も多く見られます。

徹定の和歌を代表するものとして、次のような作品があります。

* 霞立ち立つや 春べとや 梅の花 それとも花か 散る雪かも(『万葉集』3901番)

この歌は、霞と梅の花、そして雪が入り交じった、春の景色を詠んだものです。霞と梅の花、雪がすべて白色であることから、作者はそれらのどれかを見誤っているのです。この歌は、春の訪れを喜ぶとともに、自然の美しさに驚嘆する作者の心情を詠んだものです。

* 妹が家 いまさかりなる 桜花 木ごとに散らす 春のかぜかも(『万葉集』4045番)

この歌は、妹の家の庭にある桜の花が、春の風に吹かれて散っている様子を詠んだものです。作者は桜の花の美しさに心を奪われ、妹の家の庭を訪れたと思われます。この歌は、桜の花の美しさを詠むとともに、作者の妹への恋心を詠んだものです。

* わが背子が 袖より出せる 白妙の 帯取りて引き しづめむと欲す(『万葉集』4058番)

この歌は、作者が恋人の白い帯を手に取り、それを引き締めることを願っている様子を詠んだものです。作者は恋人の帯を握りしめることで、恋人と永遠に結ばれたいと願っているのです。この歌は、作者の恋人の帯への執着と、恋人と結ばれたいという願いを詠んだものです。

養鸕徹定の和歌は、自然の美しさや仏教的な思想を反映したものが多く、清澄で閑寂な作風を有しています。その和歌は、万葉集に採録されるなど、高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました