阿部六郎

阿部六郎

阿部次郎の弟、文芸評論家

阿部次郎の弟、文芸評論家

-阿部次郎の弟、文芸評論家-

阿部六郎(あべ ろくろう、1871年11月18日 – 1949年1月9日)は、日本の文芸評論家、哲学者。阿部次郎の弟、阿部行蔵の父。

東京府東京市京橋区に生まれる。父は水戸彰考館の学頭であった阿部正蔵、母は赤堀検校の娘のいく。1895年、東京帝国大学文科大学を卒業し、大学院に進学。1898年、助教授に任命される。1903年、教授に昇進。1922年、文学部長に就任。1926年、定年退官。

専門は美学、文芸学。文藝批評でも注目される。上田敏に影響を受け、1900年には「芸術と人生」を発表して美学上の自然主義を唱えた。また、1902年には「人生観と芸術」を発表して芸術の自律性を強調した。

初期には、自然主義文学を支持したが、次第に象徴主義文学に傾倒した。1910年には、「象徴主義」を発表して、象徴主義文学の理論を確立した。また、1912年には、「近代日本文学思潮史」を発表して、近代日本文学の歩みを概観した。

大正時代には、新感覚派文学を支持した。1925年には、「新感覚派論」を発表して、新感覚派文学の理論を確立した。また、1926年には、「新感覚派文学の将来」を発表して、新感覚派文学の将来性を展望した。

昭和時代には、プロレタリア文学を支持した。1931年には、「プロレタリア文学論」を発表して、プロレタリア文学の理論を確立した。また、1932年には、「プロレタリア文学の将来」を発表して、プロレタリア文学の将来性を展望した。

1949年1月9日、東京で死去。享年77。

シェストフブームの立役者

シェストフブームの立役者

-阿部六郎-

-シェストフブームの立役者-

阿部六郎(1908-1982)は、日本の哲学者、文芸評論家。岩手県盛岡市生まれ。東京帝国大学哲学科卒業。同大学院在学中に、ロシアの思想家レフ・シェストフの著作『アテナイとエルサレム』を読んで感銘を受け、シェストフ研究の第一人者となる。1938年、シェストフの『知恵の種』を翻訳出版。これがきっかけとなり、日本におけるシェストフブームが起こり、多くの知識人がシェストフに注目するようになった。

阿部六郎は、シェストフの思想を「ニーチェとキルケゴールの思想を融合させたもの」と評し、シェストフの「生の哲学」を高く評価した。また、シェストフの「信仰の哲学」についても、阿部六郎は「現代においてもっとも重要な思想のひとつ」と述べている。

阿部六郎のシェストフ研究は、日本におけるシェストフブームの立役者となった。阿部六郎の著作『シェストフの思想』(1942年)は、シェストフの思想を体系的に紹介した最初の著作として高く評価され、多くの知識人がこの書を読んでシェストフの思想を知ることになった。

阿部六郎のシェストフ研究は、戦後も継続され、1955年には『シェストフ』という著作を出版した。この著作は、シェストフの思想をより深く掘り下げたもので、シェストフ研究の決定版といわれている。

阿部六郎のシェストフ研究は、日本の思想界に大きな影響を与えた。阿部六郎の著作を読んだ多くの知識人が、シェストフの思想に共鳴し、シェストフの思想を自分の思想形成に取り入れた。阿部六郎のシェストフ研究は、日本の思想界に新しい風を吹き込んだといえる。

戦後、東京芸大教授に

戦後、東京芸大教授に

-戦後、東京芸大教授に-

阿部六郎は、戦後、東京芸術大学教授に任命されました。彼は、同大学で彫刻科の主任教授として、多くの学生を指導しました。彼の指導を受けた学生の中には、後に彫刻家として活躍する者が多く、阿部は日本の彫刻界の発展に大きく貢献しました。

阿部は、東京芸術大学教授として、彫刻の制作だけでなく、彫刻理論の研究にも力を入れました。彼は、彫刻とは何か、彫刻の役割とは何かなどについて、多くの論文を発表しました。彼の彫刻理論は、日本の彫刻界に大きな影響を与え、日本の彫刻の発展に貢献しました。

阿部は、東京芸術大学教授として、彫刻の制作と彫刻理論の研究に力を入れ、日本の彫刻界の発展に大きく貢献しました。彼は、日本の彫刻界の巨匠として、現在でも多くの人々に尊敬されています。

タイトルとURLをコピーしました