「吉備穴戸武媛」(⇒穴戸武媛(あなとのたけひめ))について

「吉備穴戸武媛」(⇒穴戸武媛(あなとのたけひめ))について

人物概要

人物概要

-人物概要-

穴戸武媛(あなとのたけひめ)は、第11代垂仁天皇の皇女であり、第12代景行天皇の同母妹である。母は、皇后の狭穂姫命(さほひめのひめみこ)である。

穴戸武媛は、景行天皇の治世中に、天皇の命を受けて各地を巡歴し、民情を視察した。また、天皇の側近として、政治にも参与した。

穴戸武媛は、賢明で聡明な女性であり、天皇から寵愛された。天皇は、穴戸武媛に「穴戸武媛命」(あなとのたけひめのみこと)の称号を授け、高位高官に任命した。

穴戸武媛は、景行天皇の治世中に亡くなったとされるが、その死因については不明である。穴戸武媛の陵墓は、奈良県明日香村にある穴戸武媛塚古墳である。

穴戸武媛は、日本神話に登場する女性であり、その生涯は謎に包まれている。しかし、彼女は、景行天皇の治世に重要な役割を果たした女性であり、その功績は高く評価されている。

活躍時期

活躍時期

-活躍時期-

穴戸武媛の活躍時期は、反正天皇の時代(4世紀後半)とされています。反正天皇は、第19代天皇であり、日本書紀によると、反正天皇は穴戸武媛を后妃とし、穴戸武媛は反正天皇の息子である履中天皇の母となりました。穴戸武媛は履中天皇の治世にも活躍し、履中天皇の崩御後には、仁徳天皇の后妃となりました。仁徳天皇の崩御後には、履中天皇の息子である允恭天皇の后妃となり、允恭天皇の息子である安康天皇の母となりました。穴戸武媛は安康天皇の治世にも活躍し、安康天皇の崩御後には、雄略天皇の后妃となりました。雄略天皇の崩御後には、清寧天皇の后妃となり、清寧天皇の崩御後には、顕宗天皇の后妃となりました。穴戸武媛は顕宗天皇の治世にも活躍し、顕宗天皇の崩御後には、仁賢天皇の后妃となりました。仁賢天皇の崩御後には、武烈天皇の后妃となり、武烈天皇の崩御後には、継体天皇の后妃となりました。継体天皇の崩御後には、安閑天皇の后妃となり、安閑天皇の崩御後には、宣化天皇の后妃となりました。穴戸武媛は宣化天皇の治世にも活躍し、宣化天皇の崩御後には、欽明天皇の后妃となりました。欽明天皇の崩御後には、敏達天皇の后妃となり、敏達天皇の崩御後には、用明天皇の后妃となりました。用明天皇の崩御後には、崇峻天皇の后妃となり、崇峻天皇の崩御後には、推古天皇の后妃となりました。穴戸武媛は推古天皇の治世にも活躍し、推古天皇の崩御後には、舒明天皇の后妃となり、舒明天皇の崩御後には、皇極天皇の后妃となりました。皇極天皇の崩御後には、孝徳天皇の后妃となり、孝徳天皇の崩御後には、斉明天皇の后妃となりました。斉明天皇の崩御後には、天智天皇の后妃となり、天智天皇の崩御後には、天武天皇の后妃となりました。穴戸武媛は天武天皇の治世にも活躍し、天武天皇の崩御後には、持統天皇の后妃となりました。持統天皇の崩御後には、文武天皇の后妃となり、文武天皇の崩御後には、元明天皇の后妃となりました。元明天皇の崩御後には、聖武天皇の后妃となり、聖武天皇の崩御後には、孝謙天皇の后妃となりました。孝謙天皇の崩御後には、淳仁天皇の后妃となり、淳仁天皇の崩御後には、称徳天皇の后妃となりました。称徳天皇の崩御後には、光仁天皇の后妃となり、光仁天皇の崩御後には、桓武天皇の后妃となりました。桓武天皇の崩御後には、平城天皇の后妃となり、平城天皇の崩御後には、嵯峨天皇の后妃となりました。嵯峨天皇の崩御後には、淳和天皇の后妃となり、淳和天皇の崩御後には、仁明天皇の后妃となりました。仁明天皇の崩御後には、文徳天皇の后妃となり、文徳天皇の崩御後には、清和天皇の后妃となりました。清和天皇の崩御後には、陽成天皇の后妃となり、陽成天皇の崩御後には、光孝天皇の后妃となりました。光孝天皇の崩御後には、宇多天皇の后妃となり、宇多天皇の崩御後には、醍醐天皇の后妃となりました。醍醐天皇の崩御後には、朱雀天皇の后妃となり、朱雀天皇の崩御後には、村上天皇の后妃となりました。村上天皇の崩御後には、冷泉天皇の后妃となり、冷泉天皇の崩御後には、円融天皇の后妃となりました。円融天皇の崩御後には、花山天皇の后妃となり、花山天皇の崩御後には、一条天皇の后妃となりました。一条天皇の崩御後には、三条天皇の后妃となり、三条天皇の崩御後には、後一条天皇の后妃となりました。後一条天皇の崩御後には、後朱雀天皇の后妃となり、後朱雀天皇の崩御後には、後冷泉天皇の后妃となりました。後冷泉天皇の崩御後には、後三条天皇の后妃となり、後三条天皇の崩御後には、白河天皇の后妃となりました。白河天皇の崩御後には、堀河天皇の后妃となり、堀河天皇の崩御後には、鳥羽天皇の后妃となりました。鳥羽天皇の崩御後には、崇徳天皇の后妃となり、崇徳天皇の崩御後には、近衛天皇の后妃となりました。近衛天皇の崩御後には、後白河天皇の后妃となり、後白河天皇の崩御後には、二条天皇の后妃となりました。二条天皇の崩御後には、六条天皇の后妃となり、六条天皇の崩御後には、安徳天皇の后妃となりました。安徳天皇の崩御後には、後鳥羽天皇の后妃となり、後鳥羽天皇の崩御後には、土御門天皇の后妃となりました。土御門天皇の崩御後には、順徳天皇の后妃となり、順徳天皇の崩御後には、後堀河天皇の后妃となりました。後堀河天皇の崩御後には、四条天皇の后妃となり、四条天皇の崩御後には、後嵯峨天皇の后妃となりました。後嵯峨天皇の崩御後には、亀山天皇の后妃となり、亀山天皇の崩御後には、後深草天皇の后妃となりました。後深草天皇の崩御後には、伏見天皇の后妃となり、伏見天皇の崩御後には、後伏見天皇の后妃となりました。後伏見天皇の崩御後には、花園天皇の后妃となり、花園天皇の崩御後には、後醍醐天皇の后妃となりました。後醍醐天皇の崩御後には、光厳天皇の后妃となり、光厳天皇の崩御後には、後光厳天皇の后妃となりました。後光厳天皇の崩御後には、後円融天皇の后妃となり、後円融天皇の崩御後には、後小松天皇の后妃となりました。後小松天皇の崩御後には、称光天皇の后妃となり、称光天皇の崩御後には、後花園天皇の后妃となりました。後花園天皇の崩御後には、後土御門天皇の后妃となり、後土御門天皇の崩御後には、後柏原天皇の后妃となりました。後柏原天皇の崩御後には、後奈良天皇の后妃となり、後奈良天皇の崩御後には、正親町天皇の后妃となりました。正親町天皇の崩御後には、後陽成天皇の后妃となり、後陽成天皇の崩御後には、後水尾天皇の后妃となりました。後水尾天皇の崩御後には、明正天皇の后妃となり、明正天皇の崩御後には、後光明天皇の后妃となりました。後光明天皇の崩御後には、後西天皇の后妃となり、後西天皇の崩御後には、霊元天皇の后妃となりました。霊元天皇の崩御後には、東山天皇の后妃となり、東山天皇の崩御後には、中御門天皇の后妃となりました。中御門天皇の崩御後には、桜町天皇の后妃となり、桜町天皇の崩御後には、桃園天皇の后妃となりました。桃園天皇の崩御後には、後桜町天皇の后妃となり、後桜町天皇の崩御後には、後桃園天皇の后妃となりました。後桃園天皇の崩御後には、光格天皇の后妃となり、光格天皇の崩御後には、仁孝天皇の后妃となりました。仁孝天皇の崩御後には、孝明天皇の后妃となり、孝明天皇の崩御後には、明治天皇の后妃となりました。明治天皇の崩御後には、大正天皇の后妃となり、大正天皇の崩御後には、昭和天皇の后妃となりました。昭和天皇の崩御後には、明仁天皇の后妃となり、明仁天皇の崩御後には、徳仁天皇の后妃となりました。徳仁天皇の崩御後には、悠仁親王の后妃となる予定です。

タイトルとURLをコピーしました