「大島義矩」(1806-1884 江戸後期-明治時代の国学者,歌人)

「大島義矩」(1806-1884 江戸後期-明治時代の国学者,歌人)

大島義矩の生涯

大島義矩の生涯

大島義矩の生涯

大島義矩は、1806年(文化3年)に肥前国松浦郡佐々町(現在の長崎県松浦市佐々町)に生まれました。幼名は倉之助、通称は半兵衛、号は桂園、春月楼、春月亭、岳陽樵客、五柳園、双松園、有斐軒、集成軒、健児樵客などがありました。父は佐々藩士の大島宗久、母は長崎県対馬の厳原藩士の娘である松崎氏でした。

義矩は、幼い頃から聡明で、和歌や文章に秀でていました。12歳の時に、藩主である松浦清に和歌を献上して賞賛され、15歳で江戸に出て、儒学者の佐藤一斎や国学者の伴信友に師事しました。

20歳の時に、藩主の命で帰郷し、藩校である興善館の教授に任命されました。その後、藩主の側近となり、江戸と佐々を往復しながら、藩政に参与しました。

明治維新後、義矩は、新政府に出仕し、文部省や農商務省の役人を歴任しました。また、東京大学や青山学院の前身である青山女学院の講師も務めました。

1884年(明治17年)に、東京で死去しました。享年79。

義矩は、和歌や文章に秀でており、多くの歌集や随筆を残しました。また、国学者として、古事記や万葉集の研究にも尽力しました。

義矩の代表的な歌集としては、『桂園和歌集』、『春月楼歌集』、『春月亭歌集』などがあります。また、随筆としては、『五柳園随筆』、『春月楼随筆』、『健児樵客随筆』などがあります。

義矩は、明治維新後に新政府に出仕し、文部省や農商務省の役人を歴任しました。また、東京大学や青山女学院の前身である青山女学院の講師も務めました。

義矩は、1884年(明治17年)に、東京で死去しました。享年79。

大島義矩の功績

大島義矩の功績

-大島義矩の功績-

* -国学者としての功績-

大島義矩は、国学者の大田南畝の門下生として国学を学び、後に国学の大家として活躍しました。義矩は、古事記や万葉集などの古典を研究し、その成果を「古事記伝」や「万葉集注釈」などの著作にまとめました。これらの著作は、国学の発展に大きく貢献し、義矩は国学の分野で大きな功績を残しました。

* -歌人としての功績-

大島義矩は、歌人としても活躍しました。義矩は、和歌を詠むことを好み、多くの和歌を残しています。義矩の歌は、素朴で情感にあふれたものが多いのが特徴です。義矩の歌は、当時の人々に広く愛され、義矩は歌人としても大きな功績を残しました。

* -教育者としての功績-

大島義矩は、教育者としても活躍しました。義矩は、私塾を開いて多くの弟子を育て、国学や和歌の教えを広めました。義矩の弟子の中には、後に国学者や歌人として活躍する人物も少なくありません。義矩は、教育者としても大きな功績を残しました。

大島義矩の和歌

大島義矩の和歌

– 大島義矩の和歌

大島義矩は、江戸後期から明治時代にかけて活躍した国学者であり、歌人でもありました。彼は、多くの和歌を残しており、その多くは「万葉集」や「古今和歌集」などの日本の古典文学を題材としたものでした。また、義矩は、和歌の創作だけではなく、和歌の理論についても研究しており、その成果を「和歌大観」という書物にまとめました。

義矩の和歌は、一般的に、古典的な和歌の伝統を重んじたものとされています。しかし、その一方で、彼は、和歌の表現においては、新しい試みも積極的に行っていました。例えば、義矩は、和歌の中に、日常的な言葉や口語を積極的に取り入れました。また、彼は、和歌の題材を、古典的なものだけではなく、庶民の生活や自然の美しさなどにも求めました。

義矩の和歌は、その古典的な和歌の伝統を重んじながらも、新しい試みが行われた革新的なものでした。彼の和歌は、多くの歌人に影響を与え、明治時代以降の和歌の発展に 大きな貢献を果たしました。

義矩の和歌の代表作としては、以下のようなものがあります。

* 「秋の田のかりほの庵の苫をあらみ我が衣手は露にぬれつつ」
* 「古りにし奈良の都は咲く花の匂い今にもかほる心地こそすれ」
* 「梅の花咲きにほへる春がすみ立ちのぼる野辺に漕ぎ行く舟」

これらの和歌は、いずれも、古典的な和歌の伝統を重んじたものでありながら、新しい試みが行われた革新的なものです。義矩の和歌は、多くの歌人に影響を与え、明治時代以降の和歌の発展に大きな貢献を果たしました。

タイトルとURLをコピーしました