久東山善造

久東山善造

久東山善造の生涯

久東山善造の生涯

-久東山善造の生涯-

久東山善造は、1895年(明治28年)に広島県尾道市で生まれました。彼は幼い頃から相撲が好きで、16歳の時に上京して相撲部屋に入門しました。入門後は、猛稽古を重ねて実力をつけ、1917年(大正6年)に新入幕を果たしました。

久東山は、身長180cm、体重130kgの巨漢で、その恵まれた体格を生かした相撲を取りました。彼は右四つからの寄り切りを得意とし、また左四つの上手投げも得意としていました。

久東山は、新入幕を果たした翌年の1918年(大正7年)に初優勝を果たしました。その後も、1919年(大正8年)と1920年(大正9年)に2連覇を達成し、1921年(大正10年)にも優勝を果たして、合計4度の優勝を果たしました。

久東山は、1925年(大正14年)に引退するまで、幕内で活躍しました。引退後は、年寄(現在の親方)となり、1932年(昭和7年)には日本相撲協会の理事にも就任しました。

久東山は、1969年(昭和44年)に死去しました。享年74歳でした。

久東山は、その功績を称えられて、1970年(昭和45年)に大相撲の第42代横綱に推挙されました。

久居焼について

久居焼について

-# 久東山善造
— 久居焼について

久居焼(くいやき)は、三重県津市久居明神町周辺で作られていた陶器である。江戸時代前期の寛文年間(1661年 – 1673年)に、久東山善造(くとうざん・ぜんぞう)が、京都から窯工を招き、久居で陶器の生産を始めたのが始まりとされる。

久居焼は、灰釉(かいゆう)が特徴的な陶器であり、その色は淡い黄土色や淡い緑色である。また、久居焼は、釉薬が厚く、器の表面に貫入と呼ばれるひび割れがあるのが特徴である。

久居焼は、江戸時代後期には、津藩の御用窯(ごようがま)となり、藩主の茶器や食器などが作られていた。また、久居焼は、庶民の間でも人気があり、茶碗や皿、鉢などが作られていた。

明治時代になると、久居焼の生産は衰退し、昭和時代には、久居焼はほとんど生産されなくなった。しかし、近年、久居焼の復興運動が起こり、現在では、津市久居明神町で、久居焼が生産されている。

久居焼は、三重県の伝統工芸品に指定されており、久居焼の生産は、津市久居明神町の歴史と文化を伝える重要な産業である。

安東焼との関係

安東焼との関係

-安東焼との関係-

久東山善造は、安東焼を代表する陶芸家であり、その功績は非常に大きい。善造は、1860年に安東村(現在の秋田県大仙市)に生まれ、幼い頃から陶芸に親しんだ。1879年、善造は京都の陶芸学校に入学し、本格的に陶芸を学んだ。卒業後は、安東村に戻り、陶芸家として活動を開始した。

善造は、安東焼の伝統的な技法を継承しつつ、新しい技法を積極的に取り入れた。また、安東焼の原料である陶土や釉薬の研究にも熱心に取り組み、安東焼の発展に貢献した。善造の作品は、その独創的なデザインと高い技術で評価され、国内外で高い評価を得ている。

善造は、安東焼の発展に貢献しただけでなく、陶芸教育にも尽力した。1921年、善造は安東村に陶芸学校を設立し、後進の育成に努めた。善造の指導を受けた陶芸家は、全国各地で活躍し、安東焼の普及に貢献した。

善造は、1938年に死去したが、その功績は今もなお語り継がれている。安東焼は、日本の伝統的な陶芸として高く評価されており、国内外で多くのファンがいる。安東焼の発展に尽力した善造の功績は、非常に大きい。

タイトルとURLをコピーしました