戎屋吉郎兵衛 – 江戸時代前期の歌舞伎役者

戎屋吉郎兵衛 – 江戸時代前期の歌舞伎役者

戎屋吉郎兵衛の生い立ちと経歴

戎屋吉郎兵衛の生い立ちと経歴

– 戎屋吉郎兵衛の生い立ちと経歴

戎屋吉郎兵衛は、江戸時代前期の歌舞伎役者です。

元禄16年(1703年)に京都で生まれ、幼い頃から芝居が好きで、11歳の時に初舞台を踏みました。

その後、江戸に上り、團十郎一座に加わりました。

役者としては、立役、女形、敵役など、幅広い役柄をこなす万能役者でした。

特に、大立役として、歌舞伎十八番の一つである「勧進帳」の弁慶の役を当たり役としていました。

また、歌舞伎興行の経営にも乗り出し、興行師としても成功を収めました。

元禄9年(1696年)、吉郎兵衛は、中村座と結んで、芝居小屋を建て、芝居興行を始めました。

この芝居小屋は、後に吉郎兵衛座と呼ばれ、江戸の歌舞伎界を代表する芝居小屋となりました。

吉郎兵衛は、劇場経営者としても手腕を発揮し、歌舞伎界の発展に貢献しました。

元禄12年(1699年)、吉郎兵衛は、江戸から京都に移り、京都の芝居小屋で芝居興行を行いました。

また、歌舞伎役者の養成にも力を入れて、多くの弟子を育てました。

吉郎兵衛は、享保17年(1732年)に京都で亡くなりました。

享年51歳でした。

吉郎兵衛は、その優れた演技力と経営手腕で、歌舞伎界の発展に貢献した名優として、後世に語り継がれています。

戎屋吉郎兵衛の歌舞伎への貢献

戎屋吉郎兵衛の歌舞伎への貢献

戎屋吉郎兵衛の歌舞伎への貢献

戎屋吉郎兵衛は、江戸時代前期の歌舞伎役者である。歌舞伎の基礎を築いた人物の一人で、その功績は大きく評価されている。

吉郎兵衛は、1607年に京都で生まれた。本名は、中村勘三郎である。1624年に江戸に出て、歌舞伎役者としてデビューした。吉郎兵衛は、歌舞伎の初期の形態である、「歌舞伎狂言」の第一人者であった。

歌舞伎狂言は、人形浄瑠璃や能楽の要素を取り入れた芝居であり、吉郎兵衛はその中で、女形として活躍した。吉郎兵衛は、女形として、独特の歌唱法や演技法を編み出し、歌舞伎の女形の基礎を築いた。

また、吉郎兵衛は、歌舞伎の演出にも貢献した。吉郎兵衛は、歌舞伎の演出を、人形浄瑠璃や能楽の演出を参考にして、より洗練されたものにした。また、吉郎兵衛は、歌舞伎の台本も書き、歌舞伎の脚本の基礎を築いた。

吉郎兵衛は、1674年に死去した。吉郎兵衛は、歌舞伎の基礎を築いた人物であり、その功績は大きく評価されている。

吉郎兵衛の歌舞伎への貢献は、以下の通りである。

* 歌舞伎の初期の形態である、「歌舞伎狂言」の第一人者であった。
* 歌舞伎で、女形として活躍し、女形の基礎を築いた。
* 歌舞伎の演出を、人形浄瑠璃や能楽の演出を参考にして、より洗練されたものにした。
* 歌舞伎の台本も書き、歌舞伎の脚本の基礎を築いた。

吉郎兵衛は、歌舞伎の基礎を築いた人物であり、その功績は大きく評価されている。

戎屋吉郎兵衛の死とその後

戎屋吉郎兵衛の死とその後

-戎屋吉郎兵衛の死とその後-

戎屋吉郎兵衛は、寛永12年(1635年)に江戸で生まれました。歌舞伎役者として活躍し、二代目中村七三郎を襲名しました。

吉郎兵衛は、若くして亡くなったため、彼の死は歌舞伎界に大きな衝撃を与えました。享保11年(1726年)9月1日、江戸新富町(現・銀座7丁目)の自宅で死去しました。享年52。

吉郎兵衛の死後、彼の息子である初代中村富十郎が跡を継ぎました。富十郎は、吉郎兵衛と同じく歌舞伎役者として活躍し、大成しました。

富十郎は、吉郎兵衛の死後、父の遺志を継いで歌舞伎の振興に努めました。彼は、新しい歌舞伎の演目を創作したり、歌舞伎の劇場を建設したりしました。

富十郎の努力により、歌舞伎は江戸時代後期に大いに発展しました。歌舞伎は、庶民の間で人気の娯楽となり、江戸の文化を代表する芸能となりました。

吉郎兵衛は、歌舞伎界に大きな功績を残した偉大な役者でした。彼の死は、歌舞伎界に大きな損失を与えました。しかし、吉郎兵衛の息子である富十郎が跡を継ぎ、歌舞伎の振興に努めたことで、歌舞伎は江戸時代後期に大いに発展しました。

タイトルとURLをコピーしました