岩瀬徳三郎:偉大な実業家

岩瀬徳三郎:偉大な実業家

人名辞典:実業家岩瀬徳三郎

人名辞典:実業家岩瀬徳三郎

-小見出し人名辞典実業家岩瀬徳三郎-

岩瀬徳三郎(いわせ とくさぶろう、1865年12月13日 – 1949年1月28日)は、日本の実業家。渋沢栄一、安田善次郎と共に日本の実業界の三傑と称される。

-岩瀬徳三郎の生い立ちと経歴-

1865年、現在の愛知県豊川市に生まれた。幼少の頃より家業の手伝いをし、12歳の時に上京して商業を学び始める。その後、明治維新後に日本初の近代的な貿易会社である三菱商事を設立した。三菱商事を発展させ、やがて日本の五大財閥の一つである三菱財閥の総帥となる。

-岩瀬徳三郎の功績-

岩瀬徳三郎は、日本の実業界に大きな功績を残した。三菱商事を発展させ、日本の輸出入貿易を促進した。また、三菱財閥を設立し、日本の経済発展に寄与した。さらに、東京商工会議所初代会頭などを歴任し、日本の経済政策にも影響を与えた。

-岩瀬徳三郎の人物像-

岩瀬徳三郎は、聡明で決断力のある人物であった。また、人情に厚く、部下たちから慕われていた。さらに、社会貢献にも熱心で、多くの慈善事業を行った。

-岩瀬徳三郎の死後-

岩瀬徳三郎は、1949年に83歳で死去した。その死は日本の経済界に大きな衝撃を与え、多くの人々が彼の死を悼んだ。岩瀬徳三郎の功績は、日本の経済界の発展に大きく寄与したとして、今日でも高く評価されている。

-岩瀬徳三郎の主な栄誉-

* 1901年男爵に叙される
* 1916年帝国学士院会員に任命される
* 1928年文化勲章を受章する
* 1949年国葬が行われる

東洋曹達工業の創立者岩瀬徳三郎

東洋曹達工業の創立者岩瀬徳三郎

東洋曹達工業の創立者 岩瀬徳三郎

岩瀬徳三郎は、1850年(嘉永3年)に、現在の福井県小浜市に生まれました。明治維新後、東京に出て、洋学を学びました。その後、ヨーロッパに留学し、化学を学びました。帰国後は、東京府で薬品製造会社を設立しました。

1906年(明治39年)に、日本初の曹達工業会社である東洋曹達工業を設立しました。曹達の輸入に頼っていた日本に国産の曹達を供給するためでした。

岩瀬徳三郎は、経営者として非常に優れた才能を持っていました。当時の日本にはまだ化学産業がなかったため、すべてを独学で学びました。また、人を見る目があり、多くの優秀な人材をスカウトし、育てました。

東洋曹達工業は、岩瀬徳三郎の経営の下、急速に成長しました。大正時代には、日本の曹達生産量の半分以上を占めるまでになりました。また、化学肥料や石鹸などの製造も始めました。

岩瀬徳三郎は、1930年(昭和5年)に死去しました。しかし、彼の築いた東洋曹達工業は、その後も成長を続け、現在では、世界有数の化学メーカーとなっています。

岩瀬徳三郎は、日本の化学産業の礎を築いた偉大な実業家です。彼の功績は、今もなお称賛されています。

岩瀬徳三郎の経歴と功績

 岩瀬徳三郎の経歴と功績

-岩瀬徳三郎の経歴と功績-

岩瀬徳三郎は、1844年(天保15年)10月17日に下総国印旛郡(現在の千葉県印西市)に生まれました。幼少期より商才を発揮し、14歳の時には家業の手伝いを始めました。18歳で独立し、米穀商を営みました。

1871年(明治4年)には、東京府(現在の東京都)に移住し、砂糖の卸売業を始めました。1874年(明治7年)には、東京府議会議員に当選し、政界でも活躍。1880年(明治13年)には、第一国立銀行(現在の三菱UFJ銀行)の頭取に就任し、日本の近代金融業の発展に貢献しました。

1884年(明治17年)には、日本郵船株式会社を設立し、日本の海運業の発展に貢献しました。1890年(明治23年)には、日本製鉄株式会社(現在の日本製鉄株式会社)を設立し、日本の鉄鋼業の発展に貢献しました。

1896年(明治29年)には、三井物産株式会社(現在の三井物産株式会社)の社長に就任し、日本の貿易業の発展に貢献しました。1903年(明治36年)には、三菱合資会社(現在の三菱商事株式会社)の社長に就任し、日本の総合商社の発展に貢献しました。

1916年(大正5年)には、貴族院議員に勅選され、1917年(大正6年)には、文部大臣に就任しました。1921年(大正10年)には、東京市長に就任し、東京市の近代化に貢献しました。

1925年(大正14年)8月11日に死去しました。享年81歳でした。

岩瀬徳三郎は、日本の近代経済の発展に貢献した偉大な実業家です。その功績は、今日でも高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました