神部満之助 昭和時代の経営者

神部満之助 昭和時代の経営者

波瀾万丈な生涯

波瀾万丈な生涯

-神部満之助-

-昭和時代の経営者-

波瀾万丈な生涯

神部満之助(1877年-1956年)は、明治・大正・昭和にかけて活躍した日本の実業家である。三菱財閥の創始者・岩崎弥太郎の弟であり、三菱合資会社(現三菱商事)の第2代社長を務めた。また、日本商工会議所会頭、経済同友会代表幹事などを歴任し、財界の重鎮として活躍した。

神部満之助は、1877年(明治10年)に土佐国高知城下(現・高知県高知市)に生まれた。岩崎弥太郎の弟であり、三菱財閥の創始者一族の一員である。東京専門学校(現早稲田大学)を卒業後、三菱合資会社に入社した。

三菱合資会社では、岩崎弥太郎に可愛がられ、重用された。1918年(大正7年)に三菱合資会社の第2代社長に就任し、財閥経営を担うことになった。神部満之助は、社長就任後、積極的な経営改革を行い、三菱財閥の近代化・発展に貢献した。

しかし、1929年(昭和4年)に勃発した世界恐慌により、三菱財閥は大きな打撃を受けた。神部満之助は、財閥を立て直すために、人員整理や事業再編などのリストラを実施した。しかし、それでもなお、三菱財閥の経営は悪化の一途をたどった。

1934年(昭和9年)、神部満之助は三菱財閥の総帥の座を辞任した。その後、日本商工会議所会頭、経済同友会代表幹事などを歴任し、財界の重鎮として活躍した。

神部満之助は、1956年(昭和31年)に死去した。享年79歳。波瀾万丈な生涯を送った実業家として、その名を残している。

ワンマン経営者として知られた人物

ワンマン経営者として知られた人物

ワンマン経営者として知られた人物

神部満之助は、昭和時代の経営者です。1893年に広島県に生まれ、1972年に亡くなりました。住友財閥の総帥として君臨し、ワンマン経営者として知られました。

神部は、住友本社の社長に就任したとき、38歳でした。当時、住友財閥は、住友本店と住友各社の2つの組織で構成されていました。神部は、この2つの組織を統合し、ワンマン経営体制を確立しました。

神部は、住友財閥の経営を立て直すために、リストラや合理化を断行しました。また、住友財閥の事業を多角化し、総合商社としての地位を確立しました。

神部は、ワンマン経営者として知られましたが、部下思いの一面もありました。神部は、部下を家族のように扱い、部下からの信頼も厚かったと言われています。

神部は、昭和時代の日本の経済界を牽引した人物の一人です。神部のワンマン経営術は、多くの経営者に影響を与えました。

神部満之助のワンマン経営術

神部満之助のワンマン経営術は、以下の3つにまとめられます。

1. 集権的な経営
神部は、権限を集中し、すべて自分で決断を下していました。部下に権限を委譲することはほとんどありませんでした。

2. 徹底した合理化
神部は、コスト削減と効率化を徹底しました。ムダな経費を削減し、生産性を向上させることに力を注ぎました。

3. 部下への信頼
神部は、部下を家族のように扱い、部下からの信頼も厚かったと言われています。部下には厳しく接しましたが、部下の能力を伸ばすことに力を注いでいました。

神部満之助のワンマン経営術は、昭和時代の日本の経済界を牽引した人物の一人である神部満之助の経営哲学です。神部のワンマン経営術は、多くの経営者に影響を与えました。

東宮御所造営の入札で世間から批判される

東宮御所造営の入札で世間から批判される

-東宮御所造営の入札で世間から批判される-

神部満之助は、昭和時代の経営者である。住友財閥の出身で、住友グループの総帥として経営を率いた。東宮御所造営の入札において、独占禁止法違反の疑いで逮捕された。

1960年、皇太子明仁親王(後の天皇陛下)の東宮御所が建設計画されることになった。神部満之助は、住友グループの総帥として、東宮御所造営の入札に参加した。

しかし、1964年、独占禁止法に違反した疑いで逮捕された。贈賄容疑もあったが、この容疑は後に不起訴処分となった。

神部満之助は、東宮御所造営の入札で、政府や皇室に便宜を図った疑いで逮捕された。この事件は、世間の大きな批判を浴びた。

神部満之助は、1967年に東京地裁で有罪判決を受け、1968年に最高裁で上告が棄却され、懲役2年6月の実刑判決が確定した。神部満之助は、1970年に服役中に病死した。

神部満之助の逮捕は、住友グループの威信を傷つけた。また、独占禁止法違反の疑いで逮捕されたことで、世間の批判を浴びた。神部満之助の逮捕は、昭和時代の経営者に大きな影響を与えた。

タイトルとURLをコピーしました