朝田静夫-昭和後期の官僚・経営者

朝田静夫-昭和後期の官僚・経営者

逓信省から日本航空へ

逓信省から日本航空へ

– 逓信省から日本航空へ

朝田静夫氏は、1923年(大正12年)に東京府に生まれた。逓信省に入省後、航空局長、次官などを歴任し、1972年(昭和47年)に日本航空の社長に就任した。

朝田氏が逓信省に入省したのは、1946年(昭和21年)のことである。戦後の混乱期にあって、逓信省は通信インフラの復旧・整備に努めていた。朝田氏は、航空局長として、航空業界の再建に尽力した。1952年(昭和27年)には、日本航空が設立され、朝田氏は初代社長に就任した。

日本航空は、戦後日本の航空業界を牽引する存在となった。朝田氏は、日本航空の社長として、航空機の近代化、路線の拡大、サービスの向上に努めた。また、国際航空業界においても、積極的に活動し、日本航空の地位向上に貢献した。

朝田氏は、1977年(昭和52年)に日本航空の社長を退任したが、その後も、日本航空の会長として、同社の経営に参画した。1985年(昭和60年)に死去した。

朝田氏は、日本の航空業界の発展に大きく貢献した人物である。その功績は、今日でも高く評価されている。

オイルショックを乗り越えて

オイルショックを乗り越えて

オイルショックを乗り越えて

朝田静夫は、オイルショックを乗り越えて日本経済の復興に貢献した官僚、経営者です。

オイルショックとは、1973年に起こった世界的な石油危機のことです。この石油危機により、石油の価格が急騰し、世界経済は混乱に陥りました。日本もこのオイルショックの影響を受け、経済成長が鈍化しました。

朝田は、当時の通商産業省の官僚として、オイルショックへの対応に当たりました。石油の輸入量を減らすために、石油節約キャンペーンを実施したり、石油代替エネルギーの開発を支援したりしました。また、石油の価格上昇による企業へのダメージを軽減するために、金融政策や財政政策を実施しました。

朝田の努力により、日本はオイルショックを乗り越えて経済成長を回復させました。オイルショックを乗り越えたことで、朝田は経済界から高い評価を受けました。

1978年、朝田は三菱石油の社長に就任しました。三菱石油は、石油危機を乗り越えるために、石油の輸入量を減らすとともに、石油代替エネルギーの開発に取り組みました。朝田の経営のもと、三菱石油は石油危機を乗り越えて業績を回復させました。

朝田は、1990年に三菱石油の会長に就任しました。朝田の経営のもと、三菱石油は日本の石油業界で ведущее местоを占める企業となりました。

朝田は、2002年に亡くなりました。朝田の死は、日本の石油業界にとって大きな損失となりました。

日本棋院理事長、総裁

日本棋院理事長、総裁

-日本棋院理事長、総裁-

朝田静夫は、1962年から1967年まで日本棋院理事長を務め、1967年から1971年まで同棋院総裁を務めました。彼の在任中は、日本棋院の組織改革や対局規定の改正が行われ、日本棋院の運営体制の近代化が進められました。また、日本棋院の海外普及活動も積極的に行われ、韓国・中国との交流事業が盛んに行われました。

朝田の功績の一つに、日本棋院の組織改革があります。それまで日本棋院は、理事会と総会で構成される組織でしたが、朝田は日本棋院をより民主的な組織にするために、理事会と総会を廃止し、新たに評議員会を設置しました。評議員会は、日本棋院の会員の中から選出される代表者で構成され、日本棋院の運営方針や予算案などを審議する機関です。この改革により、日本棋院の運営がより透明性のあるものになりました。

もう一つの朝田の功績に、対局規定の改正があります。それまで日本棋院の対局規定は、棋士の身分や棋力によって異なるものでしたが、朝田は対局規定を統一し、棋士全員が平等に対局できるようにしました。この改革により、日本棋院の対局はより公平なものになりました。

朝田の在任中は、日本棋院の海外普及活動も積極的に行われました。韓国・中国との交流事業が盛んに行われ、日本棋院の棋士が韓国や中国の棋士と対局したり、講習会を行ったりする機会が増えました。この交流事業により、日本棋院の海外での知名度が上がり、日本棋院の棋士が世界で活躍するようになりました。

朝田は、日本棋院の近代化と海外普及に貢献した功績で、1972年に日本棋院最高功労者賞を受賞しました。

タイトルとURLをコピーしました