浅田長平 – 大正から昭和時代の経営者

浅田長平 – 大正から昭和時代の経営者

神戸製鋼所での活躍

神戸製鋼所での活躍

-神戸製鋼所での活躍-

浅田長平は、1920年に神戸製鋼所に退職した前社長の溝口敬之助の後任として社長に就任しました。浅田は、1912年に神戸製鋼所入社以来、土木部技術主任、製造部副部長、販売部長、取締役兼製造部長などを歴任しており、浅田は経営陣の中では若手の存在でしたが、会社の将来を担う人物として期待されていました。

浅田は、社長就任後、神戸製鋼所の事業を拡大し、近代化を推進しました。浅田は、まず、1920年に神戸製鋼所の本社を神戸市灘区から同市葺合区に移転し、1921年には、東京市京橋区に東京支店を開設しました。また、1922年には、神戸製鋼所の資本金を1,000万円に増資し、1923年には、神戸製鋼所の株式を東京証券取引所に上場しました。

浅田は、また、神戸製鋼所の事業を多角化し、近代化を進めました。浅田は、1920年に神戸製鋼所がアメリカ合衆国の鋼材メーカーと提携して、神戸製鋼所初の洋式製鋼工場を建設しました。1921年には、神戸製鋼所が日本初のステンレス鋼を製造し、1922年には、神戸製鋼所が日本初の航空機用エンジンを製造しました。また、1923年には、神戸製鋼所が日本初の自動車を製造しました。

浅田の経営の下、神戸製鋼所は、1920年代に急成長を遂げ、日本を代表する鉄鋼メーカーとなりました。浅田は、1929年に神戸製鋼所の社長を辞任しましたが、神戸製鋼所の顧問として、引き続き同社の経営に参画しました。浅田は、1940年に死去しましたが、神戸製鋼所の発展に大きく貢献した人物として、現在も同社で尊敬されています。

公職追放と復帰

公職追放と復帰

-浅田長平 – 大正から昭和時代の経営者-

-公職追放と復帰-

1946年1月、浅田長平は公職追放令により公職から追放された。これは、彼が戦時中、政府の政策に協力して軍需産業に従事していたことが原因であった。浅田は公職追放期間中、経営者としての活動を停止し、農業に従事して生計を立てた。

1951年に公職追放が解除されると、浅田は経営界に復帰した。彼は、東京急行電鉄(現・東急)の社長に就任し、同社の再建に尽力した。また、京王帝都電鉄(現・京王電鉄)の社長にも就任し、同社の経営改革を行った。

1954年に浅田は政界に転身し、参議院議員に当選した。彼は、参議院で経済政策や交通政策について積極的に発言し、経済界や交通業界の発展に貢献した。

1963年に浅田は参議院議員を引退し、政界から引退した。その後は、経営者として引き続き活躍し、1975年に死去した。

浅田長平は、大正から昭和時代にかけて日本の経済界や交通業界の発展に貢献した経営者であった。公職追放という挫折を経験しながらも、経営界に復帰して再び成功を収めたその生き様は、多くの経営者に影響を与えた。

日本鉄鋼協会会長として

日本鉄鋼協会会長として

日本鉄鋼協会会長として

浅田長平は、1925年(大正14年)に日本鉄鋼協会会長に就任しました。日本鉄鋼協会は、1917年(大正6年)に設立された日本の鉄鋼業界団体です。浅田は、日本鉄鋼協会会長として、鉄鋼業界の発展に貢献しました。

浅田は、日本鉄鋼協会会長として、鉄鋼業界の合理化を推進しました。また、鉄鋼業界の国際競争力を強化するため、鉄鋼業界の海外進出を支援しました。浅田は、鉄鋼業界の発展に貢献した功績が認められ、1935年(昭和10年)に男爵を授与されました。

浅田は、日本鉄鋼協会会長を1937年(昭和12年)まで務めました。浅田の後任の日本鉄鋼協会会長には、古河虎之助が就任しました。

浅田は、日本鉄鋼協会会長として、鉄鋼業界の発展に大きく貢献しました。浅田の功績は、鉄鋼業界の発展に大きな影響を与えました。

タイトルとURLをコピーしました