大川博(1896-1971) 時代劇映画の黄金時代を築いた実業家

大川博(1896-1971) 時代劇映画の黄金時代を築いた実業家

国鉄事務官から東映の社長へ

国鉄事務官から東映の社長へ

国鉄事務官から東映の社長へ

大川博は、1896年(明治29年)12月24日に、現在の福島県いわき市に生まれました。実家は、呉服商を営んでいました。大川は、学業優秀で、福島県立磐城中学校(現在の福島県立磐城高等学校)を卒業後、東京帝国大学(現在の東京大学)法学部に進学しました。1921年(大正10年)に大学を卒業し、鉄道省に入省しました。

鉄道省では、事務官として、主に財務を担当しました。1936年(昭和11年)に、東映の前身である東横映画の社長に就任しました。大川は、東映を、時代劇映画の製作に特化した映画会社に育て上げました。1950年代には、東映は、日本映画界を代表する映画会社の一つとなり、大川は、「時代劇映画の王様」と呼ばれるようになりました。

大川は、1971年(昭和46年)1月11日に、74歳で亡くなりました。大川の死後、東映は、経営難に陥り、1971年(昭和46年)12月に、倒産しました。しかし、1973年(昭和48年)に、東映は、再建され、現在も、映画製作を続けています。

大川博は、国鉄事務官から、東映の社長となり、時代劇映画の黄金時代を築いた実業家です。大川は、映画界に大きな功績を残し、日本の映画文化の発展に貢献しました。

時代劇映画の黄金時代を築く

時代劇映画の黄金時代を築く

-時代劇映画の黄金時代を築く-

大川博は、1896年(明治29年)に熊本県に生まれた。1916年(大正5年)に早稲田大学を卒業後、松竹に入社。1923年(大正12年)に日活に移籍し、1927年(昭和2年)に社長に就任した。

大川は、日活を時代劇映画に特化した映画会社に再建した。1931年(昭和6年)に公開された「浪人街」は、大ヒットとなり、時代劇映画の黄金時代を築いた。

大川は、時代劇映画の黄金時代に、多くの名作を世に送り出した。代表作には、「忠臣蔵」「次郎長三国志」「水戸黄門」などがある。

大川は、1971年(昭和46年)に74歳で死去した。しかし、大川が築いた時代劇映画の黄金時代は、現在も語り継がれている。

日本教育テレビ(現テレビ朝日)社長に就任

日本教育テレビ(現テレビ朝日)社長に就任

日本教育テレビ(現テレビ朝日)社長に就任

大川は、1957年に日本教育テレビ(現テレビ朝日)の社長に就任した。日本教育テレビは、1953年に開局したテレビ局で、当時はまだ事業が軌道に乗っておらず、経営難に陥っていた。大川は、経営再建のために様々な改革を断行し、日本教育テレビを成長させた。

大川が社長に就任した当時の日本教育テレビは、番組編成が雑で、視聴率も低迷していた。大川は、番組編成を一新し、視聴率の高い番組を放送するようにした。また、大川は、日本教育テレビ初の自社制作ドラマ『七人の刑事』を放送し、大ヒットさせた。

大川は、経営再建のために、テレビ局の経営陣を一新し、新しい人材を登用した。また、大川は、テレビ局の設備を拡充し、番組制作の効率化を図った。さらに、大川は、テレビ局の営業部門を強化し、広告収入を増やした。

大川は、経営再建を成功させた後、1960年に日本教育テレビの社長を退任した。大川は、日本教育テレビの経営再建に成功したことで、実業家としての評価を高めた。大川は、退任後も、テレビ局の経営に影響力を持ち続け、日本のテレビ業界の発展に貢献した。

タイトルとURLをコピーしました