渋沢敬三:日本の財界人と民俗学者

渋沢敬三:日本の財界人と民俗学者

財界での活躍

財界での活躍

財界での活躍

渋沢敬三は、財界においても傑出した活躍を見せました。1938年、日本銀行の総裁に就任し、第二次世界大戦中に戦時経済の運営に尽力しました。戦後、GHQの公職追放令により公職を辞任しましたが、1951年に公職追放が解除され、経済団体連合会(経団連)の会長に就任しました。

経団連会長として、渋沢敬三は日本経済の復興に貢献しました。また、政財界に幅広い人脈を有し、財界のリーダーとして大きな影響力を持っていました。1959年に経団連会長を退任した後も、日本経済の重鎮として活躍し続けました。

渋沢敬三の財界での功績は、日本経済の復興と発展に大きな貢献をしたとして高く評価されています。また、渋沢敬三は、財界人としてだけでなく、民俗学者としても活躍しました。民俗学の分野でも、多くの業績を残しています。

日本常民文化研究所の主宰

日本常民文化研究所の主宰

– 日本常民文化研究所の主宰

渋沢敬三は、日本常民文化研究所の主宰としても知られています。日本常民文化研究所は、1935年に渋沢敬三によって設立された民俗学の研究機関です。渋沢敬三は、日本常民文化研究所を通じて、日本の民俗学の発展に大きく貢献しました。

日本常民文化研究所は、民俗学の研究と資料の収集を目的として設立されました。渋沢敬三は、日本常民文化研究所の初代所長に就任し、民俗学の研究を推進しました。日本常民文化研究所は、渋沢敬三の尽力によって、日本の民俗学の発展に大きく貢献しました。

日本常民文化研究所は、渋沢敬三の死後も活動を続け、現在でも民俗学の研究と資料の収集を行っています。日本常民文化研究所は、日本の民俗学の発展に貢献した重要な機関であり、今後も日本の民俗学の発展に貢献していくものと思われます。

– 日本常民文化研究所の活動

日本常民文化研究所は、渋沢敬三の尽力によって、日本の民俗学の発展に大きく貢献しました。日本常民文化研究所の主な活動は以下の通りです。

* 民俗学の研究と資料の収集
* 民俗学の普及活動
* 民俗学の図書の出版
* 民俗学の研究者の育成

日本常民文化研究所は、これらの活動を通じて、日本の民俗学の発展に貢献してきました。日本常民文化研究所は、現在でもこれらの活動を行っており、今後も日本の民俗学の発展に貢献していくものと思われます。

おおくの民俗学者をそだてる

おおくの民俗学者をそだてる

-おおくの民俗学者をそだてる-

渋沢敬三は、日本の財界人と民俗学者として活躍した人物です。彼は、渋沢栄一の三男として東京に生まれ、慶應義塾大学を卒業後、渋沢財閥の中核企業である王子製紙に入社しました。その後、彼は財界で成功を収め、日本経済の近代化に貢献しました。

渋沢敬三は、財界活動のかたわら、民俗学の研究にも熱心に取り組みました。彼は、日本の民俗学の草分け的存在である柳田國男と親交があり、柳田國男の民俗学研究に多大な影響を受けました。渋沢敬三は、柳田國男とともに、日本の民俗学の発展に尽力し、おおくの民俗学者を育て上げました。

渋沢敬三が育て上げた民俗学者の中には、折口信夫、宮本常一、谷川健一などがいます。これらの民俗学者は、日本の民俗学の発展に大きく貢献し、日本の民俗学の基礎を築きました。

渋沢敬三は、日本の財界人としてだけではなく、民俗学者としても大きな功績を残した人物です。彼は、日本の財界と民俗学の発展に貢献し、日本の近代化に大きな影響を与えました。

タイトルとURLをコピーしました