大蔵貢 – 昭和時代の映画界の重鎮

大蔵貢 – 昭和時代の映画界の重鎮

無声映画の弁士から映画館経営者へ

無声映画の弁士から映画館経営者へ

-大蔵貢 – 昭和時代の映画界の重鎮-

-無声映画の弁士から映画館経営者へ-

大蔵貢(おおくら みつぐ、1881年1月10日 – 1966年3月12日)は、日本の実業家、映画プロデューサー。日活の創業者の一人であり、昭和時代の映画界で活躍した。東映動画の創設者でもある。兵庫県生まれ。

無声映画時代、弁士として活躍した後、1912年に東京で小山内薫らと日活を創立した。日活は、日本初の民間映画会社として、多くの作品を制作し、日本の映画産業の発展に貢献した。

1920年代、大蔵は日活を退社し、映画館経営に乗り出した。大蔵は、東京に複数の映画館を建設し、映画産業の発展に貢献した。また、大蔵は、映画の輸入にも力を入れた。大蔵は、欧米の映画を日本に輸入し、日本の映画産業の発展に貢献した。

1935年、大蔵は、東映動画を創立した。東映動画は、日本初のアニメーション映画会社として、多くのアニメーション映画を制作し、日本のアニメーション産業の発展に貢献した。

第二次世界大戦後、大蔵は、映画産業の復興に尽力した。大蔵は、映画館の再建や映画の製作に尽力し、日本の映画産業の復興に貢献した。

大蔵は、昭和時代の映画界で活躍した重鎮である。大蔵は、日活の創業者の一人であり、映画館経営者として、映画の輸入にも力を入れた。また、大蔵は、東映動画を創立し、日本のアニメーション産業の発展に貢献した。大蔵の功績は、日本の映画産業の発展に大きく貢献した。

日活の重役となり、ヒット映画を連発

日活の重役となり、ヒット映画を連発

-日活の重役となり、ヒット映画を連発-

大蔵貢氏は、1914年(大正3年)に兵庫県で生まれました。1937年(昭和12年)に日活に入社し、映画プロデューサーとして数々のヒット作を世に送り出しました。

その代表作の一つは、1942年(昭和17年)に公開された「ハワイ・マレー沖海戦」です。この映画は、太平洋戦争の初期の戦いを描いたもので、公開当時は大ヒットを記録しました。

1945年(昭和20年)、大蔵氏は日活の製作部長に就任。1946年(昭和21年)には、日活の取締役に就任。翌年には、日活の常務取締役となりました。

大蔵氏は、日活の重役として、数々のヒット映画を企画・製作しました。その中には、「羅生門」(1950年)、「七人の侍」(1954年)、「用心棒」(1961年)など、黒澤明監督の作品も含まれています。

大蔵氏は、1964年(昭和39年)に日活の社長に就任。1971年(昭和46年)まで社長を務め、日活の黄金期を築きました。

大蔵氏は、1992年(平成4年)に80歳で亡くなりました。大蔵氏の功績は、日本映画の発展に大きく貢献したとして、高く評価されています。

大蔵映画を設立し、ピンク映画を製作

大蔵映画を設立し、ピンク映画を製作

大蔵映画を設立し、ピンク映画を製作

大蔵貢は、1913年(大正2年)に、茨城県に生まれました。1937年(昭和12年)に、日活多摩川撮影所に入社し、映画監督としてのキャリアをスタートさせました。その後、東宝に移籍し、1949年(昭和24年)には、独立プロダクション「大蔵映画」を設立しました。

大蔵映画は、初期は、一般映画を製作していましたが、1950年代後半からは、ピンク映画の製作に重点を置くようになりました。ピンク映画とは、性的な内容を前面に出した映画で、当時は、社会的に大きな問題とされていました。しかし、大蔵映画は、ピンク映画の製作に成功し、1960年代には、年間100本以上のピンク映画を製作するようになりました。

大蔵映画のピンク映画は、低予算で製作されたものが多く、そのほとんどは、低俗で、下品な内容でした。しかし、そうしたピンク映画こそが、大衆の人気を集めたのです。大蔵映画のピンク映画は、高度経済成長期の日本を象徴するものであり、当時の若者たちに、強い影響を与えました。

大蔵貢は、1992年(平成4年)に、80歳で亡くなりましたが、彼が製作したピンク映画は、現在でも、多くの映画ファンに愛されています。ピンク映画というジャンルは、大蔵貢抜きでは語れないのです。

タイトルとURLをコピーしました