北裏喜一郎

北裏喜一郎

北裏喜一郎の経歴と業績

北裏喜一郎の経歴と業績

-北裏喜一郎の経歴と業績-

北裏喜一郎は、1891年(明治24年)に愛知県名古屋市に生まれました。

1915年(大正4年)に東京帝国大学工学部を卒業し、東京電灯株式会社(現・東京電力株式会社)に入社しました。

1922年(大正11年)に東京電灯株式会社を退職し、日本電気株式会社(現・NEC株式会社)を創立しました。

日本電気株式会社は、北裏喜一郎の指揮のもと、電話機、無線機、テレビなどの電気製品を開発し、日本の電気産業の発展に大きく貢献しました。

北裏喜一郎は、1952年(昭和27年)に日本電気株式会社の社長を退任し、1954年(昭和29年)に会長に就任しました。

北裏喜一郎は、1965年(昭和40年)に83歳で亡くなりましたが、日本電気株式会社は、その後も北裏喜一郎の築いた基礎を活かして発展し続け、現在では世界有数の電気メーカーとなっています。

北裏喜一郎の主な業績は以下の通りです。

* 日本電気株式会社の創立と経営
* 電話機、無線機、テレビなどの電気製品の開発
* 日本の電気産業の発展への貢献

野村証券社長として近代的総合証券会社への脱皮

野村証券社長として近代的総合証券会社への脱皮

-北裏喜一郎-

-野村証券社長として近代的総合証券会社への脱皮-

北裏喜一郎は、野村証券の社長として、近代的総合証券会社への脱皮を図った。

北裏は、1912年に野村証券に入社。その後、営業部長、取締役、専務取締役などを歴任し、1960年に社長に就任した。

北裏が社長に就任した当時、野村証券は、株式仲介業を中心とした小規模な証券会社であった。北裏は、野村証券を近代的総合証券会社にするために、大胆な改革を実施した。

まず、北裏は、野村証券の本社を東京から大阪に移転した。これは、当時の日本の経済の中心が東京から大阪に移っていたことを反映したものである。

次に、北裏は、野村証券の営業網を拡充した。野村証券は、それまで支店がなかった地方都市に支店を開設し、営業エリアを拡大した。

さらに、北裏は、野村証券の新規事業への参入を推進した。野村証券は、1961年に投資信託事業を開始し、1963年には、米国に海外支店を開設した。

北裏の改革により、野村証券は、近代的総合証券会社へと脱皮した。野村証券は、株式仲介業に加えて、投資信託事業、海外証券事業など、幅広い事業を展開するようになった。

北裏は、野村証券を日本のトップ証券会社に育て上げた功績を称えられ、1970年に勲一等瑞宝章を受章した。北裏は、1976年に社長を退任したが、その後も、野村証券の相談役として、同社の経営に携わり続けた。

北裏は、1990年に死去した。享年89歳。

野村総合研究所の設立と高度成長期の証券業界をリード

野村総合研究所の設立と高度成長期の証券業界をリード

-北裏喜一郎-

-野村総合研究所の設立と高度成長期の証券業界をリード-

北裏喜一郎は、1914年に東京に生まれた。東京大学経済学部を卒業後、野村證券に入社した。

野村證券では、調査部で株式アナリストとして活躍し、1960年代には取締役調査部長に昇進した。当時は、高度経済成長期で、証券業界は急速に成長していた。北裏は、この好機をとらえて、野村證券の調査力を強化し、証券業界をリードする存在に押し上げた。

北裏は、1968年に野村総合研究所を設立した。野村総合研究所は、証券業界初のシンクタンクで、株式や債券の価格予測や企業の財務分析など、証券業界に必要な情報を提供していた。また、野村総合研究所は、証券業界の政策提言も行い、証券業界の発展に貢献した。

北裏は、野村総合研究所の社長を1978年まで務めた。その後、野村證券の会長に就任し、1983年まで務めた。北裏は、証券業界の発展に貢献した功績により、勲一等瑞宝章を受章した。

北裏は、2008年に亡くなった。享年94歳であった。

北裏は、証券業界の発展に貢献した功績で知られている。北裏が設立した野村総合研究所は、証券業界初のシンクタンクで、証券業界に必要な情報を提供し、証券業界の発展に貢献した。また、北裏は、証券業界の政策提言も行い、証券業界の発展に貢献した。

北裏の功績は、証券業界だけではなく、日本の経済界全体に大きな影響を与えた。北裏の功績は、今後も長く語り継がれるであろう。

タイトルとURLをコピーしました