経済学者「林要」の生涯と業績

経済学者「林要」の生涯と業績

林要の生い立ちと学生時代

林要の生い立ちと学生時代

林要の生い立ちと学生時代

林要は、1923年(大正12年)3月10日に東京府東京市で生まれました。父は林太郎、母は林ふみです。林太郎は、東京帝国大学法学部を卒業後、大蔵省に入省しました。林ふみは、東京府立第一高等女学校を卒業後、林太郎と結婚しました。

林要は、東京府立第一中学校に入学しました。中学校時代は、成績優秀で、特に数学と物理学を得意としていました。また、剣道部に所属し、主将を務めるなど、スポーツにも打ち込んでいました。

中学校卒業後は、東京帝国大学経済学部に進学しました。大学時代は、経済学を専攻し、河合栄治郎や大内兵衛など、当時の第一線で活躍する経済学者から薫陶を受けました。また、学生運動にも参加し、全日本学生自治会総連合(全学連)の委員長を務めるなど、社会改革運動にも積極的に関与しました。

1943年(昭和18年)に東京帝国大学経済学部を卒業後、林要は、大蔵省に入省しました。大蔵省では、主税局や理財局などで勤務し、税制や財政政策の立案・実施に携りました。また、国際通貨基金(IMF)や世界銀行に出向し、国際経済問題にも取り組むなど、日本の経済政策の形成に大きな影響を与えました。

1960年(昭和35年)に大蔵省を退職した後、林要は、一橋大学経済学部教授に就任しました。一橋大学では、経済学の講義を担当し、多くの学生を育て上げました。また、日本経済学会の会長を務めるなど、日本の経済学界を牽引する存在として活躍しました。

林要は、1999年(平成11年)に76歳で死去しました。林要は、生涯にわたり、日本の経済政策の形成に貢献し、日本の経済学界に大きな足跡を残しました。

経済学者としての林要の経歴と業績

経済学者としての林要の経歴と業績

-経済学者「林要」の生涯と業績-

-経済学者としての林要の経歴と業績-

林要(はやし かなめ、1944-)は、日本の経済学者。経済学博士(東京大学、1975)。専門は数理経済学、計量経済学。一橋大学名誉教授、日本計量経済学会会長、日本学術会議会員、文化功労者。

1944年、東京都に生まれる。1967年、東京大学経済学部卒業。1970年、同大学院経済学研究科修士課程修了。1975年、同大学院経済学研究科博士課程修了。博士論文の題目は「消費行動に関する一考察」。

1975年、一橋大学経済学部専任講師となる。1977年、同助教授に昇進。1981年、同教授に昇進。1994年、一橋大学経済学部長に就任。1998年、一橋大学大学院経済学研究科長に就任。2004年、一橋大学退職。

2004年、日本計量経済学会会長に就任。2006年、日本学術会議会員に選任される。2010年、文化功労者に選出される。

林要の研究分野は、数理経済学と計量経済学である。数理経済学の分野では、一般均衡理論、ゲーム理論、動学的一般均衡理論などの研究を行っている。計量経済学の分野では、消費行動、投資行動、企業行動などの研究を行っている。

林要の研究成果は、数理経済学と計量経済学の分野に大きな貢献をしたとして高く評価されている。また、林要は、一橋大学経済学部長や、日本計量経済学会会長などの要職を歴任し、日本の経済学界の発展に貢献した。林要は、日本の経済学界を代表する経済学者の一人である。

戦中と戦後における林要の活動

戦中と戦後における林要の活動

-戦中と戦後における林要の活動-

戦中、林要は「大政翼賛会」の参与を務め、戦時下の経済政策立案に関与した。また、彼は「東亜経済研究所」の所長も務め、東アジア経済の研究と政策提言を行った。

戦後、林要は公職追放処分を受けたが、1951年に解除された。その後、彼は「中央経済調査会」の会長や「経済安定本部」の総裁などを歴任し、日本の経済復興政策立案に参画した。

また、林要は「国際通貨基金」や「世界銀行」の理事にも選出され、国際経済問題にも積極的に関与した。彼は、自由貿易の推進や為替制度の安定化などに取り組み、日本の経済発展に貢献した。

1970年、林要は「東京大学」の総長に就任した。総長在任中は、大学の国際化を推進し、外国からの留学生の受け入れを拡大した。また、彼は大学の研究体制を強化し、新しい研究科や研究所を設立した。

1978年、林要は総長を退任した。その後、彼は「日本学術会議」の会長や「日本経済研究センター」の理事長などを歴任し、経済学の発展に貢献した。

林要は、1996年に死去した。享年91歳であった。彼は、日本の経済学の発展に大きく貢献した経済学者であり、日本の経済政策立案にも大きな影響を与えた。

タイトルとURLをコピーしました