北島義俊 – 拡印刷の方針で業績を伸ばした経営者

北島義俊 – 拡印刷の方針で業績を伸ばした経営者

北島義俊の経歴

北島義俊の経歴

# 北島義俊の経歴

北島義俊は、1935年に新潟県長岡市に生まれました。1958年に東京大学経済学部を卒業し、日本興業銀行に入行しました。1975年に興銀リースの取締役となり、1985年に社長に就任しました。1993年に興銀リースは日本リースと合併し、日本リースの社長に就任しました。2001年に日本リースの会長に就任し、2003年には相談役となりました。

北島義俊は、日本リースの社長時代、拡印刷の方針を掲げ、積極的な事業展開を行いました。拡印刷とは、リース事業に加えて、ファイナンス事業、不動産事業、情報サービス事業など、さまざまな事業を展開することを意味します。北島義俊は、拡印刷によって日本リースの収益性を高め、業績を伸ばしました。

北島義俊は、2003年に日本リースの相談役を退任した後も、財界の要職を歴任しました。2004年に日本経済団体連合会の副会長に就任し、2006年に会長に就任しました。2008年に日本経済団体連合会の会長を退任しましたが、その後も財界の重鎮として活躍しました。

北島義俊は、2019年に84歳で亡くなりました。北島義俊は、日本リースの社長時代、拡印刷の方針を掲げ、積極的な事業展開を行いました。北島義俊の経営手腕によって、日本リースは業績を伸ばし、日本を代表するリース会社となりました。

北島義俊の功績

北島義俊の功績

-北島義俊の功績-

北島義俊は、1943年に東京に生まれました。1966年に慶應義塾大学を卒業し、日本印刷に入社しました。入社後は、営業部に配属され、営業成績を上げ続けました。1976年には、営業部部長に昇進しました。1981年には、取締役営業本部長に就任しました。

1986年、北島義俊は、代表取締役社長に就任しました。社長就任後は、拡印刷の方針を掲げ、業績を伸ばしました。拡印刷とは、印刷方式の一種で、オフセット印刷よりも低いコストで印刷することができます。北島義俊は、拡印刷の導入により、日本印刷の印刷コストを削減し、収益性を向上させました。

また、北島義俊は、新製品の開発にも力を入れていました。1989年、日本印刷は、世界初のフルカラーレーザープリンターを開発しました。このプリンターは、高画質で高速な印刷が可能で、市場で大きな成功を収めました。

北島義俊の功績により、日本印刷は、業界のリーディングカンパニーとなりました。北島義俊は、2001年に社長を退任しましたが、その後も、日本印刷の顧問として経営に携わっていました。北島義俊は、2020年に77歳で死去しました。

北島義俊は、拡印刷の方針を掲げ、業績を伸ばした経営者でした。また、新製品の開発にも力を入れており、日本印刷を業界のリーディングカンパニーに育て上げました。北島義俊の功績は、印刷業界の発展に大きく貢献したと言えます。

北島義俊の経営理念

北島義俊の経営理念

北島義俊の経営理念

北島義俊は、1952年に東京富士見堂を設立し、1956年にハイポス水洗に成功し、写真製版の公害問題の解決に尽力した経営者である。

北島義俊の経営理念は、「顧客満足」。北島義俊は、「顧客満足」のために、品質第一主義と、低価格を徹底的に追求した。また、北島義俊は、社員の教育にも力を入れ、「技術の向上」を常に求めた。

北島義俊の「顧客満足」を重視した経営理念は、東京富士見堂の業績を伸ばした。東京富士見堂は、1980年代には、世界最大の製版会社となった。また、北島義俊の経営理念は、多くの経営者に影響を与えた。

北島義俊の経営理念は、以下の通りである。

* 顧客満足第一顧客のニーズを最優先し、顧客に満足してもらえる商品やサービスを提供する。
* 品質第一品質の高い商品やサービスを提供するために、品質管理を徹底する。
* 低価格顧客に低価格の商品やサービスを提供するために、コスト削減に努める。
* 技術の向上技術の向上を常に求め、新しい技術を積極的に導入する。
* 社員の教育社員の教育に力を入れ、技術力の向上を図る。

北島義俊の経営理念は、東京富士見堂の業績を伸ばし、多くの経営者に影響を与えた。北島義俊の経営理念は、今もなお、多くの企業に受け継がれている。

タイトルとURLをコピーしました