北村重威→ 明治時代のレストランのパイオニア

北村重威→ 明治時代のレストランのパイオニア

岩倉具視との関係と上京

岩倉具視との関係と上京

北村重威と岩倉具視の関係は、1862年(文久2年)に北村が京都で岩倉と出会い、その才能を認められたことに始まります。岩倉は北村を気に入り、彼を自分の私設秘書として雇用しました。北村は岩倉に仕えながら、攘夷運動や維新革命に参画し、大きな功績を上げました。

1868年(明治元年)、維新革命が成功し、明治政府が成立すると、北村は岩倉の推薦で政府に出仕しました。北村は、民部省や大蔵省で働いた後、1870年(明治3年)に外務大丞に任命されました。外務大丞として、北村は岩倉の命を受け、欧米各国を歴訪し、日本の外交政策の基礎を固めました。

1873年(明治6年)、北村は岩倉の命を受けて、欧米各国を歴訪した際に訪れたパリで、レストラン「ラ・トゥール・ダルジャン」で食事をしました。この経験が、北村がレストラン経営を志すきっかけとなりました。

1875年(明治8年)、北村は帰国し、東京でレストラン「三河屋」を開業しました。三河屋は、日本初の洋食レストランで、その斬新な料理とサービスは、多くの客に歓迎されました。三河屋は、たちまち人気のレストランとなり、北村は明治時代のレストランのパイオニアとして名を馳せました。

精養軒の開業と大火

精養軒の開業と大火

-精養軒の開業と大火-

北村重威は、1872年(明治5年)に銀座に洋食店「精養軒」を開業しました。精養軒は、日本最初の洋食店として知られており、日本の洋食文化の発展に大きな貢献をしました。

精養軒は、当初、外国人のための洋食店として開業しました。しかし、次第に日本人の客も増え、精養軒は日本人の間でも人気の洋食店となりました。精養軒の料理は、日本人の好みに合わせてアレンジされており、日本人の口に合う洋食として人気を博しました。

1873年(明治6年)に、精養軒は銀座の大火で焼失してしまいます。しかし、北村重威はすぐに精養軒を再建しました。再建された精養軒は、より豪華な建物となり、日本を代表する洋食店としてさらに人気を博しました。

精養軒は、日本の洋食文化の発展に大きな貢献をしました。精養軒で提供される洋食は、日本人の好みに合わせてアレンジされており、日本人の口に合う洋食として人気を博しました。また、精養軒は、日本の洋食文化の普及に努め、洋食の普及に貢献しました。

精養軒は、現在も銀座に本店を構え、営業を続けています。精養軒は、日本の洋食文化の歴史を語る上で欠かせない存在であり、日本の洋食文化の発展に大きな貢献をした店として知られています。

京橋采女町の再建と本格的レストランの誕生

京橋采女町の再建と本格的レストランの誕生

-京橋采女町の再建と本格的レストランの誕生-

北村重威は、明治時代のレストランのパイオニアとして知られています。1872年(明治5年)に東京・京橋采女町に「采女亭」というレストランを開店し、日本初の本格的なレストランを実現しました。

采女亭は、西洋料理をメインとするレストランで、当時としては珍しいテーブルクロスやナイフ・フォークを使って食事を提供していました。また、重威はフランス人コックを雇用して本格的な西洋料理を調理し、日本の食文化に大きな影響を与えました。

1877年(明治10年)に発生した西南戦争の影響で、采女亭は一時閉店を余儀なくされました。しかし、1880年(明治13年)に再建され、さらに規模を拡大して営業を再開しました。

采女亭は、明治時代の上流階級の人々に人気のレストランとなり、政治家や実業家、文人墨客など、多くの人々が訪れました。また、海外からの旅行者にも人気があり、日本を代表するレストランとして知られるようになりました。

1893年(明治26年)に重威が死去した後も、采女亭は「采女レストラン」として営業を続け、明治・大正・昭和と三代にわたって愛されました。しかし、1945年(昭和20年)に太平洋戦争の空襲で焼失し、その歴史に幕を閉じました。

采女亭は、日本初の本格的なレストランとして日本の食文化の発展に大きな貢献を果たしました。重威の功績は、現在でも高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました