人物辞典:大谷登

人物辞典:大谷登

日本郵船の社長を務めた官僚

日本郵船の社長を務めた官僚

-# 日本郵船の社長を務めた官僚大谷登

大谷登(おおたに のぼる、1866年11月1日 – 1946年6月1日)は、日本の官僚、実業家。日本郵船の社長を務めた。

— 来歴

1866年(慶応2年)、熊本県阿蘇郡赤水村(現・阿蘇市)に生まれる。1889年(明治22年)、東京帝国大学法科大学を卒業し、農商務省に入省する。1899年(明治32年)、退官して日本郵船に入社する。1917年(大正6年)、日本郵船の社長に就任する。1923年(大正12年)、帝国商工会議所会頭に就任する。1927年(昭和2年)、日本郵船の社長を退任する。

— 功績

大谷登は、日本郵船の社長として、同社の近代化を推進した。また、帝国商工会議所会頭として、日本の経済発展に貢献した。

— 人物

大谷登は、温厚篤実な性格で、人望が厚かった。また、卓抜した経営手腕を有していた。

— 死去

大谷登は、1946年(昭和21年)6月1日、79歳で死去した。

船舶運営会の初代総裁

船舶運営会の初代総裁

-船舶運営会の初代総裁-

大谷登は、船舶運営会の初代総裁を務めた。船舶運営会は、1941年(昭和16年)に設立された海運統制機関で、戦時中の海運を統括した。

大谷登は、1887年(明治20年)に京都府に生まれた。東京帝国大学工学部を卒業後、川崎造船所に入社した。その後、海軍省に入り、海軍造船中将まで昇進した。

1941年(昭和16年)に船舶運営会の初代総裁に任命された。船舶運営会は、戦時中の海運を統括する機関で、海運会社や船員を管理した。大谷登は、船舶運営会の総裁として、戦時中の海運を円滑に運営するために尽力した。

1945年(昭和20年)に船舶運営会は解散し、大谷登は退任した。その後、大谷登は、海運会社や造船会社の経営者として活躍した。

大谷登は、1973年(昭和48年)に86歳で亡くなった。

東京高等商業学校(現一橋大学)を卒業

東京高等商業学校(現一橋大学)を卒業

東京高等商業学校(現一橋大学)を卒業

大谷登氏は、東京高等商業学校(現一橋大学)の卒業生です。同校は、1875年(明治8年)に創立された日本の国立大学であり、商学、経済学、社会学などの分野で高い評価を受けています。大谷氏は、同校で経済学を専攻し、1901年(明治34年)に卒業しました。

同校を卒業後は、大蔵省に入省し、主税局長や大蔵次官を歴任しました。また、1924年(大正13年)には、第2次山本権兵衛内閣で蔵相に就任し、金解禁政策を実施しました。この政策は、日本の経済を好転させることに貢献しましたが、世界恐慌の影響で頓挫してしまいました。

大谷氏は、1931年(昭和6年)に政界を引退し、その後は実業界で活躍しました。東京瓦斯株式会社の社長や、日本興業銀行の会長を務め、日本の経済界に大きな影響を与えました。

大谷氏は、1946年(昭和21年)に死去しましたが、その功績は今もなお高く評価されています。同校の卒業生としては、他に渋沢栄一氏、井上準之助氏、松方正義氏などがいます。

タイトルとURLをコピーしました