太田半六 – 大正・昭和時代の経営者

太田半六 – 大正・昭和時代の経営者

生い立ちと学生時代

生い立ちと学生時代

-生い立ちと学生時代-

太田半六は、1888年(明治21年)2月17日、長野県上田市に生まれた。父は同地の豪商・太田善七郎、母はやえ。半六は長男で、弟妹が6人いた。半六は幼い頃から聡明で、5歳で小学校に入学。12歳で上田中学(現在の長野県上田高等学校)に進学した。

上田中学では、英語と数学を得意とし、常に成績優秀であった。また、野球部に所属し、投手として活躍した。半六は、上田中学を卒業後、東京帝国大学(現在の東京大学)経済学部に進学した。

東京帝国大学では、経済学を専攻し、1914年(大正3年)に卒業した。卒業後は、三菱商事に就職した。三菱商事では、ロンドン支店に勤務し、国際貿易の経験を積んだ。

1918年(大正7年)、半六は三菱商事を退職し、日本毛織物株式会社を創業した。日本毛織物株式会社は、毛織物を製造・販売する会社で、半六は社長に就任した。

日本毛織物株式会社は、半六の経営の下、順調に成長し、1922年(大正11年)には株式会社に改組された。1925年(大正14年)には、東京証券取引所に上場した。

半六は、日本毛織物株式会社を経営する傍ら、様々な公職を歴任した。1927年(昭和2年)には、貴族院議員に勅選され、1932年(昭和7年)には、日本商工会議所会頭に就任した。

半六は、1945年(昭和20年)8月15日、終戦の日に死去した。享年57歳。

官僚から経営者へ

官僚から経営者へ

-# 官僚から経営者へ

太田半六は、1877年(明治10年)に新潟県に生まれました。東京帝国大学を卒業後、官僚として大蔵省に入省し、財務局長まで昇進しました。しかし、1926年(大正15年)に退官し、民間企業の経営者として転身しました。

太田が経営者として最初に就任したのは、東洋電機製造株式会社の社長でした。東洋電機製造は、日本の電気機器メーカーとして、当時、急速に成長を遂げていました。太田は、東洋電機製造の経営を立て直し、同社を業界のトップ企業に押し上げました。

1936年(昭和11年)、太田は、住友金属工業株式会社の社長に就任しました。住友金属工業は、日本の鉄鋼メーカーとして、業界のリーダー的存在でした。太田は、住友金属工業の経営を強化し、同社を日本の鉄鋼業界のトップ企業に押し上げました。

太田は、経営者として、厳しい合理化と効率化を行い、企業の利益を上げました。また、労働者の待遇改善にも取り組み、企業と労働者の間の良好な関係を築きました。太田は、日本の近代化に貢献した経営者として、高く評価されています。

太田は、1964年(昭和39年)に87歳で亡くなりました。しかし、太田が築き上げた経営理念は、現在も日本の企業経営に受け継がれています。

東京瓦斯の社長として

東京瓦斯の社長として

-太田半六 – 大正・昭和時代の経営者-

-東京瓦斯の社長として-

太田半六は、1921年から1939年まで東京瓦斯の社長を務めました。在任中には、東京瓦斯の事業を拡大し、同社を日本最大のガス会社に育て上げました。また、ガス料金の値下げや、ガス灯の普及に努めるなど、ガス事業の発展に貢献しました。

太田半六は、1864年に東京で生まれました。1887年に東京帝国大学工学部を卒業し、逓信省に入省しました。逓信省では、通信事業の発展に尽力し、1908年に逓信次官に任命されました。

1921年、太田半六は東京瓦斯の社長に就任しました。太田半六は、東京瓦斯の事業を拡大し、同社を日本最大のガス会社に育て上げました。また、ガス料金の値下げや、ガス灯の普及に努めるなど、ガス事業の発展に貢献しました。

太田半六は、1939年に東京瓦斯の社長を退任しました。退任後は、日本ガス協会の会長を務め、ガス事業の発展に尽力しました。太田半六は、1948年に死去しました。

太田半六は、東京瓦斯の社長として、同社の事業を拡大し、ガス事業の発展に貢献しました。また、ガス料金の値下げや、ガス灯の普及に努めるなど、ガス事業の発展に貢献しました。太田半六は、日本ガス事業の発展に貢献した偉大な経営者でした。

タイトルとURLをコピーしました