「大塚鳩斎」

「大塚鳩斎」

泉川と名づけた清酒を売り出し

泉川と名づけた清酒を売り出し

泉川と名づけた清酒を売り出し

大塚鳩斎は、明治26年(1893年)に泉川と名づけた清酒を売り出しました。泉川とは、鳩斎が住んでいた鳩ヶ谷の別称です。この清酒は、鳩ヶ谷の水道水を使って醸造され、まろやかな口当たりとすっきりとした後味が特徴でした。泉川は、鳩ヶ谷だけでなく、東京や横浜などでも販売され、大好評を博しました。

泉川を売り出したことで、鳩斎は清酒醸造家としての名声を確立しました。また、泉川は鳩ヶ谷の名産品として知られるようになり、鳩ヶ谷の経済発展に貢献しました。

鳩斎が泉川を売り出した背景には、鳩ヶ谷の水道水が酒造りに適していたということがあります。鳩ヶ谷の水道水は、軟水でミネラル分が少なく、酒造りに最適でした。また、鳩ヶ谷には酒造りに適した気候風土も整っていました。

泉川は、鳩斎の清酒醸造技術と鳩ヶ谷の水道水や気候風土が合わさって生まれた清酒でした。泉川は、鳩ヶ谷を代表する清酒として、現在でも多くの人々に愛されています。

江戸時代中期-後期の酒造家

江戸時代中期-後期の酒造家

江戸時代中期-後期の酒造家

大塚鳩斎は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した酒造家である。諱は重正、通称は源右衛門。号は鳩斎。

鳩斎は、享保2年(1717年)に備中国浅口郡浅尾村(現在の岡山県浅口市浅尾)に生まれた。幼い頃から酒造りに興味を持ち、16歳の時に家業を継いだ。

鳩斎は、酒造りの研究に熱心に取り組み、独自の製法を開発した。その結果、鳩斎が造る酒は、江戸の町で評判となり、将軍家御用達にもなった。

鳩斎は、酒造りの名人として知られるようになったが、それだけにとどまらず、文人としても活躍した。鳩斎は、俳諧を嗜み、多くの句を残している。また、鳩斎は、書にも優れており、その書は、江戸の町で高く評価された。

鳩斎は、天明元年(1781年)に、65歳で亡くなった。しかし、鳩斎が開発した製法は、弟子たちに受け継がれ、江戸の町で鳩斎の酒は、その後も長く愛され続けた。

鳩斎は、江戸時代を代表する酒造家であり、文人である。鳩斎の業績は、日本の酒造史に大きな足跡を残した。

文化2年5月29日死去

文化2年5月29日死去

-大塚鳩斎-

* 文化2年5月29日死去

大塚鳩斎は、江戸時代後期に活躍した日本の浮世絵師です。名は信孝、字は子権、号は鳩斎、一陽軒、中洲楼。江戸本所亀沢町(現在の東京都墨田区亀沢)に生まれました。

鳩斎は、はじめは谷文晁に絵を学び、後に歌川国芳の門下に入りました。国芳のもとで浮世絵の技法を学び、嘉永3年(1850年)に「東海道五十三次」シリーズを発表して浮世絵師としてデビューしました。

鳩斎は、風景画を得意とし、特に東海道五十三次を題材にした作品が多くあります。また、歴史画や風俗画も描いています。鳩斎の作品は、写実的で細部まで丁寧に描かれているのが特徴です。

鳩斎は、文化2年(1855年)5月29日に江戸で亡くなりました。享年48歳でした。鳩斎の死は、浮世絵界に大きな損失となりました。

タイトルとURLをコピーしました