– 増田顕邦

– 増田顕邦

マスコミ界での活躍

マスコミ界での活躍

# 増田顕邦

-# マスコミ界での活躍

増田顕邦氏は、1945年兵庫県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、1969年日本テレビ放送網に入社しました。報道局で記者として活躍した後、1982年に報道局長に就任しました。1996年には代表取締役社長に就任し、2006年まで務めました。

増田氏は、日本テレビ放送網を日本を代表するテレビ局に成長させるために多大な貢献をしました。報道局長時代には、「ザ・ワイド」「スーパーニュース」「NNNドキュメント’99」など、数々のヒット番組を手がけました。代表取締役社長時代には、日本テレビ放送網のデジタル化を推進し、「日テレNEWS24」を開局しました。

増田氏は、報道界においても活躍しました。1999年には日本新聞協会理事長に就任し、2003年には日本放送協会会長に就任しました。2007年には、文化功労者に選ばれました。

増田氏は、日本のマスコミ界に多大な功績を残した人物です。その功績は、今後も語り継がれるでしょう。

工業新聞の復刊

工業新聞の復刊

工業新聞の復刊

かつて、日本の産業を支えてきた工業新聞が、2023年に復刊しました。これは、日本の産業を再び活性化させるために、大きな意味を持っています。

工業新聞は、1936年に創刊された日本の産業紙です。日本の産業の発展に貢献し、日本の産業を支えてきました。しかし、2016年に廃刊となり、日本の産業は大きな痛手を負いました。

工業新聞の廃刊後、日本の産業は大きな打撃を受けました。日本の産業の発展を支えてきた工業新聞がなくなったことで、日本の産業は停滞してしまいました。日本の産業を再び活性化させるためには、工業新聞の復刊が必須でした。

2023年、工業新聞が復刊しました。これは、日本の産業を再び活性化させるために、大きな意味を持っています。工業新聞の復刊により、日本の産業は再び発展するでしょう。

工業新聞の復刊は、日本の産業を支える大きな力となるでしょう。工業新聞の復刊により、日本の産業は再び活性化し、日本の産業は再び発展するでしょう。

新日本機械工業の社長

新日本機械工業の社長

-新日本機械工業の社長-

-増田顕邦氏は、株式会社新日本機械工業の代表取締役社長です。1956年に東京で生まれ、1980年に慶應義塾大学工学部を卒業しました。卒業後は、三菱重工業に入社し、工作機械の設計開発に従事しました。1995年に新日本機械工業に移籍し、2000年に社長に就任しました。-

-増田氏は、新日本機械工業を世界有数の工作機械メーカーに育て上げました。同社は、マシニングセンタ、旋盤、研削盤などの工作機械を製造しており、国内外で高い評価を得ています。増田氏は、新製品の開発や海外市場の開拓に注力し、同社の業績を拡大してきました。-

-増田氏はまた、業界団体の活動にも積極的に参加しています。同氏は、日本工作機械工業会の前会長を務めたほか、現在は日本産業機械工業会の副会長を務めています。また、経済同友会の幹事なども務めています。-

-増田氏は、工作機械業界のリーダーとして活躍する一方、社会貢献にも取り組んでいます。同氏は、NPO法人「未来工学研究所」の理事長を務め、若いエンジニアの育成や技術教育の推進に努めています。また、慶應義塾大学の客員教授も務めており、後進の指導にもあたっています。-

-増田顕邦氏は、工作機械業界のトップランナーであり、社会貢献にも積極的な経営者です。同氏は、今後も業界の発展と社会の発展に貢献していくことが期待されています。-

タイトルとURLをコピーしました