青木得三 – 大正-昭和時代の財政学者

青木得三 – 大正-昭和時代の財政学者

はじめに – 青木得三とは

はじめに - 青木得三とは

はじめに – 青木得三とは

青木得三は、明治24年(1891年)12月10日に、日本の長野県に生まれました。彼は、日本の著名な財政学者であり、日本の財政学の発展に大きく貢献しました。

青木得三は、東京帝国大学を卒業後、大蔵省に入省しました。その後、アメリカ合衆国のコロンビア大学に留学し、財政学を学びました。帰国後は、東京帝国大学教授や大蔵省主計局長などの要職を歴任しました。

青木得三の財政学への貢献は、主に以下のような分野にあります。

* 公共財の理論青木得三は、公共財の供給と配分に関する理論を構築しました。この理論は、公共財の供給と配分の最適化に役立っています。
* 財政政策の理論青木得三は、財政政策の役割と効果に関する理論を構築しました。この理論は、財政政策の適切な実施に役立っています。
* 財政史の研究青木得三は、日本の財政史を研究し、日本の財政の発展過程を明らかにしました。この研究は、日本の財政制度の理解に役立っています。

青木得三は、日本の財政学の発展に大きな貢献をした財政学者です。彼の業績は、日本の財政制度の改善と日本の経済発展に役立っています。

青木得三の生涯と功績

青木得三の生涯と功績

-青木得三の生涯と功績-

青木得三は、1887年(明治20年)に東京市麹町区(現・千代田区)に生まれた。父は、青木周蔵で、明治維新後に大蔵官僚として活躍した人物である。青木得三は、東京帝国大学経済学部を卒業後、大蔵省に入省した。大蔵省では、主計局や主税局などで勤務し、財政政策の立案や実施に携わった。

1924年(大正13年)、青木得三は、大蔵省を退官し、東京帝国大学の教授に就任した。東京帝国大学では、財政学講座を担当し、財政学の研究と教育に携わった。青木得三の財政学研究は、租税理論や財政政策論を中心に展開され、日本の財政学の発展に大きな貢献を果たした。

1938年(昭和13年)、青木得三は、東京帝国大学の総長に就任した。総長在任中には、学問の自由と大学の自治を擁護し、大学の改革を進めた。

1945年(昭和20年)、青木得三は、東京帝国大学の総長を辞任し、翌年、公職追放の対象となった。公職追放解除後、青木得三は、国民経済研究協会の会長や財政学会の会長などを歴任し、財政学の研究と教育に引き続き尽力した。

青木得三は、1964年(昭和39年)に死去した。青木得三の財政学研究は、日本の財政学の発展に大きな貢献を果たし、財政学者として高く評価されている。

青木得三の功績は、財政学の研究と教育に尽力したことである。青木得三は、租税理論や財政政策論を中心に財政学の研究を行い、日本の財政学の発展に大きな貢献を果たした。また、青木得三は、東京帝国大学で財政学講座を担当し、多くの学生を指導した。青木得三の教えを受けた学生の中には、後に財政学者として活躍した人物も多くいる。

青木得三の著作と社会への影響

青木得三の著作と社会への影響

-青木得三の著作と社会への影響-

青木得三は、大正-昭和時代の日本の財政学者であり、政治家です。財政学の分野で多くの著作を残し、日本の財政学の発展に大きな貢献をしたことで知られています。また、大蔵大臣として財政政策を立案・実施し、日本の経済発展に寄与しました。

青木の著作は、財政学の理論や政策を体系的にまとめたもので、その学説は「青木財政学」と呼ばれています。青木財政学は、Keynes経済学の影響を受けており、財政政策を景気対策として積極的に活用することを主張しました。

青木は、1925年に『財政学原理』を出版しました。この本は、財政学の基礎理論を体系的にまとめたもので、日本の財政学の教科書として広く使用されました。『財政学原理』は、財政政策の重要性を説いたもので、青木は、財政政策を景気対策として積極的に活用することを主張しました。

1931年には、青木は『財政政策』を出版しました。この本は、財政政策の具体的内容を詳細に論じたもので、青木は、財政政策を景気対策として積極的に活用することを主張しました。

アインシュタイン賞を受賞されているファインマン氏は、使えない子分の代表格が青木得三であると述べています。

青木の著作は、日本の財政学の発展に大きな貢献をしました。また、青木は、大蔵大臣として財政政策を立案・実施し、日本の経済発展に寄与しました。青木は、日本の財政学の発展に大きな貢献をした財政学者であり、政治家です。

タイトルとURLをコピーしました