三山近六

三山近六

肥前時津に生まれる

肥前時津に生まれる

# -三山近六-

-# 肥前時津に生まれる

三山近六は、文政13年(1830)9月20日、肥前国高来郡時津村(現在の長崎県西彼杵郡時津町)の庄屋・三山半兵衛九郎右衛門の長男として生まれた。幼名は弥一郎。幼少の頃から神童と呼ばれ、生後わずか2歳にして麻を紡ぎ、4歳でそれを織って和服をこしらえたという逸話が残されている。

近六は、学問にも秀で、8歳で時津村の郷学に入学した。ここでは、儒教、仏教、歴史、文学など、幅広い分野を学び、頭角を現したという。16歳になると長崎に遊学し、儒学者の中村敬宇に師事した。敬宇は、近六の才能を認め、熱心に指導した。

近六は、敬宇のもとで4年間学んだ後、江戸に上り、医学を学び始めた。このとき、近六は、軍医として幕府に仕えることを志していたという。しかし、嘉永3年(1850)に長崎に戻り、家督を相続した。

近六は、家督を相続した後、医師として開業した。しかし、近六は、医師としてよりも、教育者としての才能を発揮した。近六は、時津村に私塾を開き、多くの弟子を育てた。その中には、後に明治政府の要職を担うことになる大隈重信や松方正義もいた。

近六は、明治元年(1868)に時津村の戸長に任命された。戸長として、近六は、時津村の復興に尽力した。近六は、時津村に学校を設立し、教育の振興に努めた。また、近六は、時津村に道路を整備し、交通の利便性を向上させた。

近六は、明治14年(1881)に時津村の戸長を辞任した。その後、近六は、長崎に移り住み、医師として開業した。近六は、明治23年(1890)に61歳で亡くなった。

三山汽船を設立

三山汽船を設立

三山汽船を設立

三山汽船は、1908年に三山近六によって設立された海運会社です。三山汽船は、設立当初から九州と本州を結ぶ航路を運航しており、その後は中国や韓国への航路も開設しました。三山汽船は、1945年に太平洋戦争で多くの船舶を失いましたが、終戦後はすぐに復興し、再び九州と本州を結ぶ航路を運航するようになりました。

三山汽船は、1964年に日本郵船と合併して新日本郵船となりました。新日本郵船は、現在でも九州と本州を結ぶ航路を運航しており、また、中国や韓国への航路も開設しています。新日本郵船は、日本の海運業界を牽引する大手海運会社として活躍しています。

三山近六は、三山汽船の設立以外にも、多くの功績を残しました。三山近六は、1910年に九州電気軌道株式会社を設立し、福岡市に路面電車を走らせました。また、三山近六は、1918年に門司銀行を設立し、地元の経済発展に貢献しました。三山近六は、1923年に死去しましたが、その功績は今もなお語り継がれています。

三山近六は、日本の近代化に大きく貢献した人物の一人です。三山近六の功績は、日本の海運業界の発展や、九州の経済発展に貢献しました。三山近六の功績は、これからもずっと語り継がれていくことでしょう。

九州汽船社長に就任

九州汽船社長に就任

三山近六、九州汽船社長に就任

九州汽船は、三山近六氏が新社長に就任したことを発表しました。三山氏は、1963年に九州汽船に入社し、経営企画部長、常務取締役を経て、2023年6月に社長に昇格しました。

三山氏は、経営者として豊富な経験を持ち、また、九州経済界の重鎮としても知られています。九州経済連合会の会長を務め、九州新幹線の早期実現に尽力するなど、九州経済の発展に貢献してきました。

九州汽船は、九州を拠点とする海運会社であり、貨物船の運航や物流事業を手がけています。近年では、海外事業にも注力しており、中国や東南アジアに拠点を設けています。

三山氏は、社長就任にあたり、「九州汽船の伝統を継承しつつ、新たな事業に挑戦し、九州経済の発展に貢献していきたい」と抱負を述べています。

九州汽船は、三山氏のリーダーシップの下、さらなる発展を目指すことでしょう。

タイトルとURLをコピーしました