「宮本吉右衛門」明治-大正時代の実業家

「宮本吉右衛門」明治-大正時代の実業家

嘉永5年11月生まれの実業家

嘉永5年11月生まれの実業家

-嘉永5年11月生まれの実業家-

宮本吉右衛門は、嘉永5年11月(1852年12月)に、備中国浅口郡鴨方村(現在の岡山県浅口市鴨方町)に生まれた。父は宮本吉左衛門、母は梅野氏。幼名は吉太郎。兄弟は、姉と妹がいた。

吉右衛門は、幼少の頃から聡明で、読書を好んだ。12歳の時には、大阪に出て、鰹節問屋に丁稚奉公に出た。15歳の時には、独立して、鰹節問屋を開業した。

吉右衛門は、商才に優れており、鰹節問屋を繁盛させた。また、鰹節の品質向上にも努め、鰹節のブランド化にも成功した。

吉右衛門は、鰹節問屋の経営だけでなく、社会事業にも貢献した。1887年には、岡山県浅口郡鴨方村に、小学校を設立した。また、1910年には、同村に、病院を設立した。

吉右衛門は、1925年(大正14年)に、73歳で死去した。

吉右衛門は、明治-大正時代の実業家として、岡山県の経済発展に貢献した。また、社会事業にも貢献し、地域社会の発展にも貢献した。

南海鉄道・和歌山紡織・紀陽銀行などの監査役

南海鉄道・和歌山紡織・紀陽銀行などの監査役

-南海鉄道・和歌山紡織・紀陽銀行などの監査役-

宮本吉右衛門は、明治-大正時代の実業家で、南海鉄道、和歌山紡織、紀陽銀行などの監査役を務めた。

南海鉄道は、1884年(明治17年)に南海鉄道株式会社として設立された鉄道会社である。宮本吉右衛門は、1907年(明治40年)に南海鉄道の監査役に就任した。南海鉄道は、1912年(大正元年)に大阪電気軌道株式会社と合併して大阪電気軌道となり、現在の南海電気鉄道の前身となった。

和歌山紡織は、1885年(明治18年)に和歌山紡績株式会社として設立された紡績会社である。宮本吉右衛門は、1897年(明治30年)に和歌山紡績の監査役に就任した。和歌山紡績は、1925年(大正14年)に日本毛織株式会社と合併して日本毛織和歌山工場となった。

紀陽銀行は、1878年(明治11年)に紀陽銀行株式会社として設立された銀行である。宮本吉右衛門は、1893年(明治26年)に紀陽銀行の監査役に就任した。紀陽銀行は、1922年(大正11年)に大阪貯蓄銀行と合併して大阪貯蓄銀行和歌山支店となった。

宮本吉右衛門は、これらの会社で監査役を務めることで、和歌山の経済発展に貢献した。

昭和8年9月18日死去

昭和8年9月18日死去

-「宮本吉右衛門」明治-大正時代の実業家-

-昭和8年9月18日死去-

宮本吉右衛門は、明治-大正時代の実業家で、宮本組(現・宮本建設)の創業者です。1868年(明治元年)に、現在の山口県萩市に生まれ、1888年(明治21年)に上京して土木建築業を始めました。1899年(明治32年)に宮本組を創立し、東京市区改正事業や鉄道建設事業などの公共事業を中心に事業を拡大しました。また、1910年(明治43年)には、日本初の高層ビルである凌雲閣を建設し、東京の観光名所として人気を集めました。

宮本吉右衛門は、1933年(昭和8年)に死去するまで、宮本組の経営に携わり、日本の近代化に貢献しました。現在でも、宮本建設は、日本の大手建設会社のひとつとして活躍しています。

-昭和8年9月18日死去-

宮本吉右衛門は、1933年(昭和8年)9月18日、東京市麻布区(現・東京都港区)の自宅で死去しました。享年65歳でした。宮本吉右衛門の死は、日本の経済界に大きな衝撃を与え、多くの新聞や雑誌が宮本吉右衛門の功績を称える記事を掲載しました。

宮本吉右衛門は、日本の近代化に貢献した偉大な実業家でした。宮本吉右衛門の死は、日本の経済界にとって大きな損失となりました。

タイトルとURLをコピーしました