三輪常次郎 – 大正・昭和時代の実業家

三輪常次郎 – 大正・昭和時代の実業家

綿布問屋服部兼三郎商店に入社

綿布問屋服部兼三郎商店に入社

-綿布問屋服部兼三郎商店に入社-

1905年、三輪常次郎は高等小学校を卒業すると、地元の綿布問屋である服部兼三郎商店に丁稚奉公として入社しました。服部兼三郎商店は、地元の老舗問屋で、三輪常次郎はここで商売の基本を学びました。

三輪常次郎は、丁稚奉公時代から非常に働き者で、主人の信頼を得ていました。また、商才にも優れており、すぐに服部兼三郎商店の番頭に取り立てられました。番頭として、三輪常次郎は仕入れや販売、経理などを担当し、服部兼三郎商店の経営に大きく貢献しました。

1913年、三輪常次郎は兵役に就き、1915年に除隊しました。除隊後、三輪常次郎は服部兼三郎商店に復職し、番頭として引き続き経営に尽力しました。

1918年、服部兼三郎商店の主人が死去し、三輪常次郎が後を継いで社長に就任しました。三輪常次郎は、社長就任後も引き続き商才を発揮し、服部兼三郎商店を大きく発展させました。服部兼三郎商店は、三輪常次郎の経営下で、地元屈指の綿布問屋となりました。

1930年代後半になると、日本は太平洋戦争に突入しました。戦争中、服部兼三郎商店も軍需産業に協力し、軍需物資の生産に尽力しました。

1945年、日本は太平洋戦争に敗戦しました。敗戦後、服部兼三郎商店はGHQによって接収されました。しかし、三輪常次郎は接収解除後すぐに服部兼三郎商店を再建し、事業を再開しました。

1950年代以降、日本経済は高度経済成長期を迎えました。服部兼三郎商店も、この高度経済成長の波に乗り、大きく発展しました。三輪常次郎は、高度経済成長期に服部兼三郎商店を日本屈指の綿布問屋に育て上げました。

1970年、三輪常次郎は服部兼三郎商店の会長に退き、後を息子に譲りました。三輪常次郎は、1975年に亡くなりました。

株式会社服部商店の支配人に就任

株式会社服部商店の支配人に就任

株式会社服部商店の支配人に就任

三輪常次郎は、1890年(明治23年)に石川県珠洲郡飯田町(現・珠洲市)に生まれ、1913年(大正2年)に大阪の服部商店に入社しました。服部商店は、時計の販売と修理を行う小規模な商店でしたが、三輪常次郎の努力により、1921年(大正10年)には株式会社に改組され、1932年(昭和7年)には本店ビルを新築するなど、順調に成長しました。三輪常次郎は、1935年(昭和10年)には代表取締役社長に就任し、1945年(昭和20年)までその職に就きました。

三輪常次郎は、卓越した経営手腕と先見性で、株式会社服部商店を世界有数の大手時計メーカーに成長させました。また、三輪常次郎は、日本時計産業の発展にも貢献し、1947年(昭和22年)には日本時計協会の初代会長に就任しました。さらに、三輪常次郎は、社会福祉活動にも積極的に取り組み、1951年(昭和26年)には財団法人服部セイコー奨学財団を設立し、学業に秀でた学生の支援を行いました。

三輪常次郎は、1969年(昭和44年)に79歳で死去しましたが、その業績は今もなお高く評価されています。三輪常次郎の経営手腕と先見性は、日本時計産業の発展に大きく貢献し、日本の経済成長に大きく貢献しました。また、三輪常次郎の社会福祉活動は、多くの人々を支え、社会の発展に寄与しました。

服部兼三郎の急死で経営を引き継いで再建

服部兼三郎の急死で経営を引き継いで再建

服部兼三郎の急死で経営を引き継いで再建

三輪常次郎は、1879年(明治12年)に岡山県で生まれました。1904年(明治37年)に東京高等商業学校(現一橋大学)を卒業し、服部時計店(現セイコーホールディングス)に入社しました。1914年(大正3年)に常務取締役となり、1921年(大正10年)に社長に就任しました。

しかし、1923年(大正12年)に関東大震災が発生し、服部時計店は大きな被害を受けました。さらに、1924年(大正13年)に創業者である服部兼三郎が急死し、三輪は経営を引き継ぐことになりました。

三輪は、震災後の混乱の中、服部時計店の再建に尽力しました。まず、工場を移転して生産体制を整え、販売網も再構築しました。また、新しい製品の開発にも力を入れ、腕時計や懐中時計などのヒット商品を発売しました。

三輪の努力により、服部時計店は徐々に業績を回復し、1930年(昭和5年)には株式を公開しました。1937年(昭和12年)には、服部時計店は社名をセイコーに改称しました。

三輪は、1944年(昭和19年)に社長を退任しましたが、その後も会長としてセイコーの発展に貢献しました。1962年(昭和37年)に亡くなっています。

三輪常次郎は、服部時計店を再建し、セイコーの発展に貢献した偉大な経営者でした。

タイトルとURLをコピーしました