榎並充造 – 明治・昭和時代の実業家

榎並充造 – 明治・昭和時代の実業家

実業家榎並充造の生涯

実業家榎並充造の生涯

-実業家榎並充造の生涯-

榎並充造(1848-1908)は、明治・昭和時代の実業家です。土佐藩士の子として生まれ、維新後は民間企業に勤務し、実業界で活躍しました。

榎並は、1848年(嘉永元年)、土佐藩士榎並秀蔵の息子として生まれました。1868年(慶応4年)、明治維新後は民間企業に勤務し、1872年(明治5年)に三井組に入社しました。三井組では、毛利元徳の薫陶を受け、商才を磨きました。

1881年(明治14年)、榎並は三井組を退社し、独立して榎並商店を創業しました。榎並商店は、雑貨貿易を主に扱い、順調に業績を伸ばしました。1888年(明治21年)、榎並は、三井組と合併して三井物産を設立しました。三井物産では、取締役として活躍し、会社の経営に貢献しました。

1895年(明治28年)、榎並は、三井物産を退社し、実業界を引退しました。その後は、社会事業に専念し、教育や慈善事業に尽力しました。1908年(明治41年)に死去しました。

榎並は、実業家としてだけでなく、社会事業家としても活躍した人物です。その功績は、今日でも高く評価されています。

阪東式調帯(現バンドー化学)の設立

阪東式調帯(現バンドー化学)の設立

-# 阪東式調帯(現バンドー化学)の設立

榎並充造は、1902年(明治35年)に阪東式調帯株式会社を設立しました。
この会社は、ゴム製の伝動ベルトを製造販売する会社であり、後にバンドー化学株式会社と改称されました。

榎並充造は、1869年(明治2年)に三重県に生まれました。
彼は、幼い頃から家業を手伝い、商売の才覚を養いました。
1895年(明治28年)に、彼は大阪に出て、ゴム製品の製造販売業を営みました。
1902年(明治35年)には、阪東式調帯株式会社を設立し、ゴム製の伝動ベルトの製造販売を開始しました。

阪東式調帯株式会社は、ゴム製の伝動ベルトの製造販売で成功を収めました。
その理由は、榎並充造が、ゴム製の伝動ベルトの品質にこだわり、顧客のニーズに的確に応えたからです。
榎並充造は、ゴム製の伝動ベルトの製造販売で得た利益を、他の事業にも投資しました。
彼は、1910年(明治43年)に、東洋繊維株式会社を設立し、綿糸の製造販売を開始しました。
また、1912年(大正元年)には、日本毛織株式会社を設立し、毛織物の製造販売を開始しました。

榎並充造は、実業家としてだけでなく、社会貢献にも力を入れました。
彼は、1918年(大正7年)に、榎並充造奨学会を設立し、学生の学業を支援しました。
また、1923年(大正12年)には、榎並充造記念病院を設立し、地域の医療に貢献しました。

榎並充造は、1939年(昭和14年)に亡くなりました。
彼は、実業家として、社会貢献家として、大きな功績を残しました。

内外護謨(ゴム)設立と神戸商工会議所会頭就任

内外護謨(ゴム)設立と神戸商工会議所会頭就任

内外護謨(ゴム)設立と神戸商工会議所会頭就任

榎並充造は、明治・昭和時代の実業家でした。内外護謨(ゴム)の創業者であり、神戸商工会議所の会頭を歴任しました。

榎並は、1862年に兵庫県に生まれました。1885年に東京大学を卒業後、三井物産に入社しました。三井物産では、主にゴム原料の輸入を担当していました。

1892年、榎並は三井物産を退社し、内外護謨を設立しました。内外護謨は、日本のゴム製品メーカーの先駆けでした。榎並は、内外護謨の社長として、ゴム製品の生産・販売を拡大しました。

1914年、榎並は神戸商工会議所の会頭に就任しました。榎並は、神戸商工会議所の会頭として、神戸の経済発展に貢献しました。

1929年、榎並は死去しました。78歳でした。榎並は、日本のゴム産業の発展に貢献した人物として知られています。

榎並は、内外護謨を設立して日本のゴム産業の発展に貢献しました。また、神戸商工会議所の会頭として、神戸の経済発展に貢献しました。榎並は、日本の経済界で活躍した人物でした。

タイトルとURLをコピーしました