楠本正敏- 実業家、貴族院議員、日本競馬協会設立に尽力

楠本正敏- 実業家、貴族院議員、日本競馬協会設立に尽力

楠本正敏の生い立ちと家系

楠本正敏の生い立ちと家系

-楠本正敏の生い立ちと家系-

楠本正敏は、1850年(嘉永3年)に、肥後国熊本藩(現在の熊本県熊本市)に生まれた。父は楠本直孝、母は野呂幽芳。楠本家は、肥後国熊本藩の御用達を務める豪商で、正敏は、その嫡男として生まれた。

正敏は、幼い頃から聡明で、学問を好み、12歳で藩校の熊本洋学校に入学。16歳で、藩命により、長崎に遊学。長崎では、オランダ人宣教師から、西洋の学問を学び、特に、 математика と 理科 学に秀でていた。

1871年(明治4年)、正敏は、藩命により、東京に出て、大学南校(現在の東京大学)に入学。1873年(明治6年)に、大学南校を卒業。卒業後は、司法省に出仕し、判事として活躍した。

1877年(明治10年)、西南戦争が勃発。正敏は、政府軍に参加し、戦功を立てた。1880年(明治13年)、正敏は、司法省を退官し、実業界に転身。1882年(明治15年)には、日本競馬協会を設立し、日本の競馬の近代化に尽力した。

1890年(明治23年)、正敏は、貴族院議員に勅選され、1911年(明治44年)まで、貴族院議員を務めた。1912年(明治45年)、正敏は、勲三等旭日中綬章を受章した。1919年(大正8年)、正敏は、死去した。享年70。

楠本正敏の都新聞社長時代

楠本正敏の都新聞社長時代

楠本正敏の都新聞社長時代

楠本正敏は、明治12年(1879年)に東京で生まれた。父は実業家の楠本権三郎、母は柳原前光伯爵の娘。楠本正敏は、東京帝国大学法学部卒業後、明治34年(1901年)に父が創設した都新聞に入社した。

楠本正敏は、都新聞に入社後、記者として活躍。大正2年(1913年)に都新聞の社長に就任した。楠本正敏は社長として、新聞の近代化を推進した。楠本正敏は、都新聞の社屋を新築し、印刷機械を最新式のものに入れ替えた。また、楠本正敏は記者を海外に派遣し、最新の情報を収集させた。

楠本正敏の努力により、都新聞は読者数を伸ばし、日本を代表する新聞の一つとなった。楠本正敏は、新聞界の発展に貢献した功績が認められ、大正11年(1922年)に貴族院議員に勅選された。

楠本正敏は、大正14年(1925年)に都新聞の社長を辞任した。その後、楠本正敏は、日本競馬協会の設立に尽力した。楠本正敏は、日本競馬協会の初代会長に就任し、日本の競馬の発展に貢献した。

楠本正敏は、昭和16年(1941年)に東京で死去した。享年62歳。楠本正敏は、実業家、政治家、競馬界の指導者として活躍した。

楠本正敏の日本競馬協会創設への貢献

楠本正敏の日本競馬協会創設への貢献

-楠本正敏の日本競馬協会創設への貢献-

楠本正敏は、日本の実業家、貴族院議員であり、日本競馬協会の創設に尽力した人物です。

楠本は1857年、鹿児島県に生まれ、幼少期に東京に移り住みました。東京帝国大学を卒業後は、三井物産に入社し、1895年には取締役社長に就任しました。また、貴族院議員にも選出され、政界でも活躍しました。

楠本は、日本の競馬の発展に大きな影響を与えました。1884年、楠本は東京競馬倶楽部を設立し、1887年には日本競馬協会を創設しました。日本競馬協会は、日本の競馬の統括組織であり、楠本は会長として日本の競馬の発展に貢献しました。

楠本は、1932年に亡くなりましたが、日本の競馬の発展に対する彼の功績は今もなお語り継がれています。

楠本正敏は、日本競馬協会の創設に尽力し、日本の競馬の発展に大きな貢献をした人物です。彼の功績は、日本の競馬の歴史において、永遠に語り継がれるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました