「池田経三郎」(1867-1923)-明治時代の銀行家

「池田経三郎」(1867-1923)-明治時代の銀行家

池田経三郎の生涯

池田経三郎の生涯

池田経三郎の生涯

池田経三郎は、1867年(慶応3年)1月1日、徳島県徳島市に生まれた。父は池田三郎右衛門、母は伊勢。経三郎は、幼少の頃から聡明で、15歳で東京に出て、慶應義塾に学ぶ。1887年(明治20年)、慶應義塾を卒業し、大阪の三井銀行に入行する。

三井銀行では、頭取の益田孝の薫陶を受け、頭取待遇まで昇進する。1911年(明治44年)、三井銀行を退職し、大阪商船の社長に就任する。大阪商船では、難波船渠(なんばせんきょ)を買収し、大阪鉄工所を合併して、三井物産の船舶事業を統合した。

1917年(大正6年)、三菱合資会社と三井物産が合併し、三菱合資会社に改組されると、経三郎は三菱合資会社の副社長に就任する。1921年(大正10年)、三菱合資会社の社長に就任する。

経三郎は、三菱合資会社の社長として、三菱財閥の再建を図る。1922年(大正11年)、九州電力を買収し、1923年(大正12年)、朝鮮銀行と合併して、三菱銀行を設立する。三菱銀行は、その後、三菱東京UFJ銀行の前身となる。

経三郎は、1923年(大正12年)7月25日、東京で死去する。享年56。

池田経三郎の功績

池田経三郎の功績

-池田経三郎の功績-

1. -日本銀行の設立(1882年)-
* 池田経三郎は、日本の金融近代化に多大な貢献をした人物である。
* 彼の最大の功績は、日本銀行の創設である。
* 日本銀行は、1882年6月27日に設立された中央銀行であり、日本の金融政策を担っている。
* 池田経三郎は、日本銀行の初代総裁を務め、同銀行の基盤を築いた。

2. -金融制度の改革(1886年)-
* 池田経三郎は、1886年に金融制度を改革する「銀行条例」を制定した。
* この条例は、銀行の設立や営業を規制するものであり、日本の金融制度の安定化に貢献した。

3. -株式会社組織の導入(1893年)-
* 池田経三郎は、1893年に株式会社組織を導入する「商法」を制定した。
* 株式会社組織は、企業の資金調達を容易にするものであり、日本の経済発展に貢献した。

4. -金本位制の採用(1897年)-
* 池田経三郎は、1897年に金本位制を導入した。
* 金本位制は、通貨の価値を金に固定するものであり、日本の通貨の安定に貢献した。

5. -中央金庫の設立(1902年)-
* 池田経三郎は、1902年に中央金庫を設立した。
* 中央金庫は、銀行への融資や債券の発行を行う金融機関であり、日本の金融市場の発展に貢献した。

池田経三郎の死

池田経三郎の死

– 池田経三郎の死

池田経三郎は、1923年1月17日に東京で死去しました。享年55歳でした。死因は、肝硬変症でした。

池田経三郎は、1867年12月20日に、熊本県熊本市に生まれました。旧姓は、森田経三郎です。1894年に、東京高等商業学校(現・一橋大学)を卒業しました。卒業後は、三井銀行に入行し、1905年に、三井銀行の頭取に就任しました。1920年に、三井銀行が三菱銀行と合併して、三菱三井銀行が設立されると、三菱三井銀行の頭取に就任しました。

池田経三郎は、日本の銀行業界の発展に大きく貢献した人物です。また、東京商工会議所の会頭や、大日本水産会の会長を務めるなど、実業界においても活躍しました。

池田経三郎の死は、日本の銀行業界に大きな衝撃を与えました。池田経三郎の死後、三菱三井銀行は、三井銀行と三菱銀行に分裂しました。

タイトルとURLをコピーしました