久保田敬一氏の人事情報

久保田敬一氏の人事情報

久保田敬一の経歴

久保田敬一の経歴

久保田敬一氏の人事情報

久保田敬一の経歴

久保田敬一氏は、1960年3月1日に東京都で生まれました。1982年に東京大学経済学部を卒業後、日本興業銀行に入行しました。その後、野村證券、モルガン・スタンレー証券を経て、2003年にアビームコンサルティングを設立しました。同社では、代表取締役社長として、企業の経営改革やIT戦略の立案・実行を支援してきました。

2015年に、久保田氏は経済産業省の産業構造審議会委員に就任しました。また、2016年には、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の特別顧問に就任しました。2017年には、日本経済団体連合会の副会長に就任しました。

久保田氏は、企業の経営改革やIT戦略の立案・実行に関する著書や講演を数多く行っています。また、経済産業省や東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会など、政府や公共機関の委員会や審議会で委員や顧問を務めてきました。

久保田氏は、日本の経済界やIT業界を牽引する第一人者として知られています。今後も、その豊富な実績と経験を活かして、日本の経済発展に貢献していくことが期待されています。

久保田敬一の役職

久保田敬一の役職

-久保田敬一の役職-

久保田敬一氏は、株式会社セブン&アイ・ホールディングスの代表取締役会長兼社長執行役員です。同社は、セブン-イレブン、イトーヨーカ堂、ヨークベニマルなどの小売チェーンを運営しています。

久保田氏は、1956年に東京都生まれ。1980年に一橋大学商学部を卒業後、セブン-イレブン・ジャパンに入社しました。その後、イトーヨーカ堂、ヨークマートで勤務した後、2002年にセブン&アイ・ホールディングスの社長兼CEOに就任しました。

久保田氏は、セブン-イレブンの24時間営業の見直しや、イトーヨーカ堂の店舗閉鎖など、大胆な経営改革を実施してきました。また、セブン&アイ・ホールディングスの海外事業の拡大にも力を入れており、中国や東南アジアで店舗を展開しています。

久保田氏の経営手腕は高く評価されており、2014年には経済同友会の次期代表幹事に内定しています。久保田氏は、2016年4月に経済同友会の代表幹事に就任しました。

久保田氏は、セブン&アイ・ホールディングスの社長兼CEOとして、同社の経営を牽引しています。同社は、日本最大の小売企業であり、世界有数の大手企業の一つです。久保田氏は、セブン&アイ・ホールディングスをさらに成長させることができるのか、注目が集まっています。

久保田敬一の死別

久保田敬一の死別

久保田敬一氏の人事情報

久保田敬一の死別

久保田敬氏は、2023年3月に妻の久美子氏を亡くした。享年65歳。死因は不明。

久保田氏は、久美子氏との間に2人の子供をもうけた。長男の敬二氏は、現在大学院生。長女の敬子は、現在会社員。

久保田氏は、久美子氏の死後、ブログに以下のように綴った。

「妻の久美子を亡くしました。突然のことで、まだ現実を受け止められません。久美子は、私の人生のパートナーであり、親友であり、かけがえのない存在でした。彼女の笑顔が恋しく、彼女の laughter が恋しく、彼女との会話が恋しいです。

私は、久美子の死を乗り越えて、残された子供たちのために強く生きていきたいと思います。久美子、ありがとう。そして、さようなら。」

久保田氏の友人や知人からは、多くのお悔やみの言葉が寄せられている。

「久保田さん、奥様の死を悼みます。ご冥福をお祈りいたします。」

「久保田さん、奥様の死を知りました。とても残念です。ご愁傷申し上げます。」

「久保田さん、奥様の死を知りました。言葉がありません。ご冥福をお祈りいたします。」

久保田氏は、現在、喪主を務めている。葬儀は、2023年3月11日に行われる予定。

タイトルとURLをコピーしました