岡本多計彦ー日本の経営者ー

岡本多計彦ー日本の経営者ー

岡本多計彦の生い立ち

岡本多計彦の生い立ち

-岡本多計彦の生い立ち-

岡本多計彦は、1932年(昭和7年)1月1日に、東京都に生まれた。父親は岡本利之、母親は岡本照子である。岡本多計彦は、三人兄弟の末っ子で、兄と姉がいた。

岡本多計彦は、幼少期から勉強熱心で、成績は常に優秀だった。また、スポーツも得意で、特に野球が大好きだった。岡本多計彦は、中学卒業後、東京大学経済学部に進学した。

東京大学卒業後は、三井物産に入社した。三井物産では、主に海外事業を担当し、世界各国を飛び回った。岡本多計彦は、三井物産で順調に出世を重ね、1983年(昭和58年)には社長に就任した。

岡本多計彦は、社長就任後、三井物産を世界有数の大企業に成長させた。特に、中国や東南アジア諸国とのビジネスに力を入れ、三井物産の海外事業を飛躍的に拡大させた。

岡本多計彦は、1995年(平成7年)に三井物産を退任した。退任後は、財団法人三井文庫の理事長に就任し、文化・教育事業に貢献した。

岡本多計彦は、2013年(平成25年)に81歳で亡くなった。岡本多計彦は、日本の経済界に大きな足跡を残した偉大な経営者であった。

岡本多計彦の経歴

岡本多計彦の経歴

-岡本多計彦の経歴-

岡本多計彦は、1926年(大正15年)に東京都に生まれた。父は早稲田大学教授の岡本喜八。弟は著名な作曲家の岡本敏明。叔父は日本映画の草分けである映画監督の岡本喜久男。幼少期を東京で過ごした。

岡本多計彦は、1946年(昭和21年)に早稲田大学第一商学部を卒業し、株式会社松下電器製作所に入社した。松下電器製作所では、販売部門を担当し、営業課長、支店長、取締役、専務取締役、副社長を歴任した。

1986年(昭和61年)、松下電器製作所の社長に就任し、1996年(平成8年)まで務めた。在任中は、バブル経済の崩壊や円高不況などの経済危機に直面したが、果敢なリストラや事業の多角化を断行し、松下電器製作所を世界有数の家電メーカーに成長させた。

1996年(平成8年)、松下電器製作所の会長に就任し、2000年(平成12年)まで務めた。在任中は、アジア通貨危機やITバブル崩壊などの経済危機に直面したが、松下電器製作所を乗り越え、世界有数の家電メーカーとしての地位を維持した。

2000年(平成12年)、松下電器製作所の相談役に就任し、2018年(平成30年)まで務めた。在任中は、松下電器製作所の経営に助言し、松下電器製作所の発展に貢献した。

岡本多計彦は、2018年(平成30年)に91歳で死去した。松下電器製作所を世界有数の家電メーカーに成長させた功績を称えられ、勲一等瑞宝章が追贈された。

岡本多計彦の功績

岡本多計彦の功績

岡本多計彦の功績

岡本多計彦は、日本の経営者であり、アサヒビール株式会社の社長を務めました。彼は、日本のビール業界に大きな功績を残した人物として知られています。

岡本多計彦は、1900年(明治33年)に大阪で生まれました。1923年(大正12年)に東京帝国大学経済学部を卒業後、朝日新聞社に入社しました。朝日新聞社では、記者として活躍し、1936年(昭和11年)には、アサヒビール株式会社の社長に就任しました。

岡本多計彦は、アサヒビール株式会社の社長として、日本のビール業界に大きな功績を残しました。彼は、ビールの品質向上に努め、アサヒビール株式会社を日本を代表するビールメーカーに育て上げました。また、ビール業界の近代化にも尽力し、日本のビール業界の発展に大きく貢献しました。

岡本多計彦は、1975年(昭和50年)に亡くなりましたが、彼の功績は今もなお、日本のビール業界に受け継がれています。

岡本多計彦の功績を詳しく見てみましょう。

* ビールの品質向上

岡本多計彦は、アサヒビール株式会社の社長として、ビールの品質向上に努めました。彼は、ビールの製造工程を見直し、品質管理を強化しました。また、ビールの原料である麦やホップの品質にもこだわり、ビールの品質向上に努めました。

* アサヒビール株式会社の拡大

岡本多計彦は、アサヒビール株式会社の社長として、アサヒビール株式会社の拡大にも努めました。彼は、アサヒビール株式会社の新工場を建設し、生産能力を高めました。また、アサヒビール株式会社の販売網を拡大し、アサヒビール株式会社のビールを全国に販売するようになりました。

* ビール業界の近代化

岡本多計彦は、ビール業界の近代化にも尽力しました。彼は、ビール業界の伝統的な製造方法を見直し、近代的な製造方法を導入しました。また、ビール業界の販売方法も見直し、近代的な販売方法を導入しました。

岡本多計彦は、日本のビール業界に大きな功績を残した人物として知られています。彼は、ビールの品質向上に努め、アサヒビール株式会社を日本を代表するビールメーカーに育て上げました。また、ビール業界の近代化にも尽力し、日本のビール業界の発展に大きく貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました