岡谷惣助(2) – 大正-昭和時代の實業家

岡谷惣助(2) – 大正-昭和時代の實業家

岡谷惣助(2)の生涯

岡谷惣助(2)の生涯

-岡谷惣助(2)の生涯-

岡谷惣助(2)は、1868年(慶応4年)12月14日、現在の静岡県富士宮市に生まれた。父は岡谷惣助(初代)、母はかね。1885年(明治18年)に東京府立第一中学校(現在の東京都立日比谷高等学校)を卒業後、1890年(明治23年)に東京高等商業学校(現在の一橋大学)を卒業した。

卒業後は、三菱合資会社に入社し、ロンドン支店に勤務した。1897年(明治30年)に帰国し、三菱合資会社本店に配属された。1902年(明治35年)に三菱合資会社を退社し、岡谷商会を設立した。岡谷商会は、石炭、セメント、肥料などの貿易を手がけ、順調に業績を伸ばした。

1914年(大正3年)に、岡谷商会を株式会社に改組し、岡谷商事株式会社とした。岡谷商事株式会社は、1918年(大正7年)に、三菱合資会社と合併して三菱商事株式会社となった。岡谷惣助(2)は、三菱商事株式会社の専務取締役となり、1923年(大正12年)には、同社の社長に就任した。

岡谷惣助(2)は、三菱商事株式会社の社長として、同社の事業を拡大し、日本経済の発展に貢献した。また、東京商工会議所会頭、日本貿易会会長などの公職も歴任した。

1938年(昭和13年)に、岡谷惣助(2)は、脳溢血のため、69歳で死去した。

岡谷惣助(2)は、日本の実業家として、大きな功績を残した人物である。

岡谷惣助(2)の事業

岡谷惣助(2)の事業

– 「岡谷惣助(2)の事業」

岡谷惣助(2)は、大正-昭和時代の實業家であり、岡谷鋼機や岡谷倉庫の創業者として知られています。

1901年(明治34年)、岡谷惣助(2)は、群馬県前橋市に生まれました。1916年(大正5年)に慶應義塾大学を卒業後、三井物産に入社しました。三井物産では、鉄鋼部門を担当し、欧米への鉄鋼輸出に貢献しました。

1921年(大正10年)、岡谷惣助(2)は、三井物産を退社し、岡谷鐵工株式会社(現在の岡谷鋼機)を創業しました。岡谷鐵工株式会社は、当初は鉄鋼製品の製造販売を行っていましたが、その後、工作機械の製造にも乗り出しました。岡谷鐵工株式会社の工作機械は、その品質の高さから、国内外で高く評価されるようになりました。

1923年(大正12年)の関東大震災を機に、岡谷惣助(2)は、鉄鋼及び工作機械の倉庫業を開始しました。1927年(昭和2年)には、岡谷倉庫株式会社を設立し、倉庫業に本格参入しました。岡谷倉庫株式会社は、全国各地に倉庫を建設し、鉄鋼や工作機械の保管・輸送を請け負いました。

岡谷惣助(2)は、実業家として成功を収めただけでなく、社会貢献にも尽力しました。1935年(昭和10年)には、財団法人岡谷記念財団を設立し、教育や文化事業に貢献しました。また、前橋市の発展にも力を注ぎ、前橋市の名誉市民にも選ばれています。

岡谷惣助(2)は、1966年(昭和41年)に亡くなりましたが、その功績は今もなお語り継がれています。

岡谷惣助(2)の功績

岡谷惣助(2)の功績

岡谷惣助(2)の功績

岡谷惣助(2)は、大正-昭和時代の實業家として、日本の經濟界に大きな足跡を残しました。

その功績として、第一に、東邦電力株式會社(現東京電力ホールディングス株式会社)の創設があります。岡谷は1921年、東京電燈と電力事業を共同經營していた九州電氣軌道株會社(現九州電力株式会社)を合併して東邦電力株會社を設立しました。東邦電力株會社は、日本の電力事業を牽引する大手の電力會社となり、岡谷は、日本の電力事業の発展に大きく貢献しました。

第二の功績として、東京株式取引所の創設があります。岡谷は、1878年の東京株式取引所の設立に參與し、初代取引所社長に就任しました。東京株式取引所は、日本の金融市場の發展に重要な役割を果たし、岡谷は、日本の金融市場の整備に大きく貢献しました。

第三の功績として、東京商工會議所の創設があります。岡谷は、1881年の東京商工會議所の設立に參與し、初代會頭を務めました。東京商工會議所は、日本の企業經營者の支援や、日本の通商産業政策の形成に重要な役割を果たし、岡谷は、日本の通商産業政策の整備に大きく貢献しました。

第四の功績として、日本銀行の創設があります。岡谷は、1882年の日本銀行の創設に參與し、初代総裁を務めました。日本銀行は、日本の金融政策を担う中央銀行であり、日本の金融システムの整備に重要な役割を果たし、岡谷は、日本の金融システムの整備に大きく貢献しました。

第五の功績として、渋澤榮一の支援があります。岡谷は、渋澤榮一の支援を受けて、東邦電力株會社、東京株式取引所、東京商工會議所、日本銀行の創設を成功させました。岡谷は、渋澤の支援に感謝し、渋澤を師と仰いでいました。

岡谷惣助(2)の功績は多岐にわたり、日本の經濟界の発展に大きな貢献をしました。岡谷は、日本の經濟界を代表する大物實業家として、その名を歴史に刻みました。

タイトルとURLをコピーしました