遠藤湘吉:日本の大蔵大臣として活躍した財政学者

遠藤湘吉:日本の大蔵大臣として活躍した財政学者

遠藤湘吉の生い立ちと経歴

遠藤湘吉の生い立ちと経歴

-遠藤湘吉の生い立ちと経歴-

遠藤湘吉は、1877年(明治10年)8月16日に現在の栃木県宇都宮市で生まれました。父親は遠藤周蔵で農業を営んでおり、母親は遠藤シヅでした。遠藤湘吉は、5人兄弟の末っ子として育ちました。

遠藤湘吉は幼い頃から成績優秀で、小学校を卒業後、東京府立第一中学校(現在の東京都立日比谷高等学校)に進学しました。第一中学校を卒業後は、東京帝国大学(現在の東京大学)法科大学に入学し、経済学を専攻しました。

東京帝国大学を卒業後、遠藤湘吉は農商務省に入省しました。農商務省在職中は、横浜税関の調査員や大阪税関の監視官などを歴任しました。その後、大蔵省に転出し、主計局長や財務局長などを歴任しました。

1931年(昭和6年)に、遠藤湘吉は第56代大蔵大臣に就任しました。遠藤湘吉は、大蔵大臣在任中に、金解禁政策を実施し、日本の経済復興に貢献しました。しかし、金解禁政策は失敗し、日本の経済は混乱に陥りました。

やがて1932年(昭和7年)に、遠藤湘吉は蔵相を辞任し、政界を引退しました。政界引退後は、東京帝国大学で経済学の教授を務め、後進の育成に尽力しました。

遠藤湘吉は、1953年(昭和28年)8月25日に東京都内で死去しました。享年76歳でした。

遠藤湘吉の財政学の業績

遠藤湘吉の財政学の業績

– 遠藤湘吉の財政学の業績

遠藤湘吉は、日本の大蔵大臣として活躍した財政学者です。1894年に東京帝国大学法科大学を卒業後、大蔵省に入省します。1924年に大蔵大臣に就任し、1926年まで務めました。在任中は、金本位制の導入や財政改革などを推進しました。

遠藤湘吉の財政学の業績は、主に以下のようなものがあげられます。

* -金本位制の導入-

遠藤湘吉は、金本位制の導入を推進しました。金本位制とは、通貨の価値を金に連動させる制度です。これにより、通貨の価値が安定し、経済活動が円滑に行われるようになります。

* -財政改革-

遠藤湘吉は、財政改革を推進しました。財政改革とは、政府の財政を健全化するための政策です。これにより、政府の借金が減少し、経済が安定します。

* -経済学の研究-

遠藤湘吉は、経済学の研究にも貢献しました。彼は、経済学の理論を日本の経済に適用し、日本の経済発展を促進しました。

遠藤湘吉は、日本の財政学者として、日本の経済発展に貢献しました。彼の業績は、今日でも高く評価されています。

遠藤湘吉の政治家としての活動

遠藤湘吉の政治家としての活動

遠藤湘吉の政治家としての活動

遠藤湘吉は、日本の大蔵大臣として活躍した財政学者です。1868年(明治元年)に神奈川県に生まれ、東京帝国大学法学部を卒業後、大蔵省に入省しました。大蔵省では、財務局長や主税局長などを歴任し、1924年(大正13年)に大蔵大臣に就任しました。大蔵大臣在任中は、金解禁政策の実施や、関東大震災後の復興計画の策定などに尽力しました。また、1927年(昭和2年)に制定された財政法の起草にも携わりました。

遠藤湘吉は、日本の財政制度の近代化に大きく貢献した人物として知られています。また、政治家としても活躍し、1928年(昭和3年)に衆議院議員に当選し、1932年(昭和7年)には政友会の総裁に就任しました。しかし、1935年(昭和10年)に総選挙で敗北し、政界を引退しました。

遠藤湘吉は、1950年(昭和25年)に死去しました。享年82歳でした。

タイトルとURLをコピーしました