江戸重長 – 平安後期から鎌倉時代の武将

江戸重長 – 平安後期から鎌倉時代の武将

江戸重長の生涯と活躍

江戸重長の生涯と活躍

– 江戸重長の生涯と活躍

江戸重長は、平安後期から鎌倉時代の武将である。伊豆国田方郡を本拠地とする豪族・江戸氏の出身であり、江戸親重の子として生まれた。

重長は、若くして伊豆国守に任じられ、源頼朝挙兵の際には、頼朝の挙兵に呼応して兵を挙げた。頼朝が鎌倉に拠点を移した後も、重長は頼朝の側近として仕えた。

重長は、源平合戦においても活躍し、一ノ谷の戦い、屋島の戦いなどの合戦に参加した。源氏方が勝利した後、重長は伊豆国と相模国を賜り、相模国では、鎌倉幕府の評定衆を務めた。

重長は、その後も頼朝の側近として仕え、1199年に頼朝が死去した後も、1203年に源頼家が死去するまで、鎌倉幕府の政務を支えた。

重長は、1205年に死去した。享年52。

重長は、伊豆国と相模国を領有し、鎌倉幕府の評定衆を務めるなど、大きな権勢を誇った武将であった。また、重長は、頼朝の側近として仕え、源平合戦においても活躍した。重長は、鎌倉幕府の初期において重要な役割を果たした武将である。

治承4年(1180)の源頼朝挙兵と江戸重長

治承4年(1180)の源頼朝挙兵と江戸重長

– 江戸重長 – 平安後期から鎌倉時代の武将

江戸重長(1165年 – 1227年)は、平安後期から鎌倉時代の武将。相模国住人。江戸氏3代当主。父は江戸重継。子に江戸重通、江戸継長。

– 治承4年(1180)の源頼朝挙兵と江戸重長
治承4年(1180)に源頼朝が挙兵すると、江戸重長と葉山重保はただちに頼朝に味方し、石橋山合戦に参加した。この戦いでは、重長は頼朝の旗印を掲げて敵陣に突撃し、その功績により頼朝に感状を与えられた。その後も、重長は頼朝の軍勢に加わって各地を転戦し、鎌倉幕府の樹立に貢献した。

頼朝が鎌倉入りした後、重長は相模国守護に任命され、相模国の治安維持を担った。また、重長は頼朝の側近として、政治や軍事の相談役を務めた。建久3年(1192)には、重長は従五位下備中守に任官され、翌年には正五位下に昇進した。

その後も、重長は頼朝に従って各地を転戦し、文治5年(1189)の奥州合戦では、頼朝の軍勢に加わって平泉を攻め落とした。建久6年(1194)には、重長は頼朝の命令により、安芸国の地頭職に任命され、安芸国に移住した。

重長は、安芸国で地頭職を勤めながら、源氏と親交を深めた。建久8年(1196)には、重長は源義経の随従として、九州に渡り、源義経の軍勢に加わって平家と戦った。また、重長は頼朝の弟である源範頼の軍勢に加わって、平家追討戦に参加した。

その後も、重長は鎌倉幕府に仕え、建永元年(1206)には、正五位上に昇進した。承元2年(1208)には、重長は源頼朝の死後に起きた和田合戦に参加し、幕府軍の勝利に貢献した。

元久2年(1205)には、重長は鎌倉幕府の評定衆に任命され、幕府の政務を取り仕切った。建暦2年(1212)には、重長は従四位下に昇進した。建保4年(1216)には、重長は正四位下に昇進し、建保6年(1218)には、正四位上に昇進した。

貞応2年(1223)には、重長は鎌倉幕府の執権となった。重長は執権として、幕府の政務を円滑に進め、鎌倉幕府の安定に貢献した。嘉禄3年(1227)に、重長は63歳で死去した。

武蔵国の棟梁として

武蔵国の棟梁として

武蔵国の棟梁として

江戸重長は、源頼朝の挙兵に参加して活躍し、武蔵国の棟梁として活躍しました。頼朝の挙兵に際しては、武蔵国で兵を集め、頼朝軍に加勢しました。頼朝が鎌倉幕府を開いた後も、重長は武蔵国の地頭職に任命され、武蔵国の支配を任されました。重長は、武蔵国で多くの戦功を挙げ、頼朝や北条氏からの信頼を得ました。

重長は、武蔵国の開発にも尽力し、多くの寺社や道路を整備しました。また、重長は、武蔵国に多くの武士を招き寄せ、武蔵国の武力を増強しました。重長は、武蔵国の発展に貢献し、武蔵国の棟梁として活躍しました。

重長の死後、江戸氏は武蔵国の地頭職を継承し、武蔵国の支配を続けます。江戸氏は、武蔵国で多くの戦功を挙げ、頼朝や北条氏からの信頼を得ました。江戸氏は、武蔵国の発展に貢献し、武蔵国の名族として活躍しました。

江戸氏は、鎌倉幕府の滅亡後も、武蔵国の支配を続けました。江戸氏は、室町時代、戦国時代を通じて武蔵国の有力な武家であり、武蔵国を支配しました。江戸氏は、江戸時代には、徳川氏に仕え、徳川氏の下で活躍しました。江戸氏は、徳川氏の滅亡後も、華族として存続し、現在に至っています。

タイトルとURLをコピーしました