人名辞典 – 英岩希雄の生涯と功績

人名辞典 – 英岩希雄の生涯と功績

英岩希雄の生い立ちと修行時代

英岩希雄の生い立ちと修行時代

-英岩希雄の生い立ちと修行時代-

英岩希雄は、1921年(大正8年)6月15日に、兵庫県の淡路島に生まれました。幼い頃から武道に親しみ、小学4年生の時に柔道を始めました。中学卒業後、上京して早稲田大学に入学しました。大学卒業後は、柔道家として活躍し、1952年(昭和27年)に全日本柔道選手権大会で優勝を果たしました。

1954年(昭和29年)、英岩希雄は柔道修行のため、ブラジルに渡りました。ブラジルでは、地元の柔道家に柔道を教えながら、ブラジル柔道の発展に貢献しました。1960年(昭和35年)、英岩希雄はブラジルから帰国し、日本柔道連盟の専務理事として柔道の普及発展に尽力しました。

1964年(昭和39年)、英岩希雄は全日本柔道連盟の会長に就任しました。会長就任後は、柔道の国際化を推進し、1964年(昭和39年)に東京で開催された夏季オリンピック大会で柔道が正式競技に採用されました。また、世界柔道選手権大会の創設にも尽力し、1961年(昭和36年)に第一回大会が開催されました。

英岩希雄は、1999年(平成11年)に81歳で亡くなりました。英岩希雄は、柔道の発展に貢献した功績が称えられ、2000年(平成12年)に国際柔道連盟殿堂入りを果たしました。

英岩希雄の曹洞宗での活躍

英岩希雄の曹洞宗での活躍

英岩希雄の曹洞宗での活躍

英岩希雄は曹洞宗の僧侶であり、曹洞宗の復興と発展に大きな貢献をした人物です。1872年に山梨県甲府市に生まれ、1893年に曹洞宗の専門学校である曹洞宗大学林に入学しました。1905年に卒業後は、曹洞宗の僧侶として各地で布教活動を行い、1920年には曹洞宗の宗務総長に就任しました。

宗務総長として、英岩希雄は曹洞宗の宗制の改革や、曹洞宗の教育機関の整備など、曹洞宗の復興と発展に尽力しました。また、日中戦争と太平洋戦争の際には、曹洞宗の僧侶を戦地に派遣して、兵士の慰問や医療活動を行いました。

1945年の戦争終結後は、曹洞宗の復興に尽力しました。曹洞宗の寺院の再建や、曹洞宗の僧侶の育成などを行い、曹洞宗の復興と発展に貢献しました。1960年に曹洞宗の管長に就任し、1969年に遷化しました。

英岩希雄は、曹洞宗の復興と発展に大きな貢献をした人物であり、曹洞宗では、英岩希雄の功績をたたえて、英岩希雄を「曹洞宗の復興者」と呼んでいます。

英岩希雄が曹洞宗の復興と発展に貢献した具体的な功績としては、以下のようなものがあります。

・曹洞宗の宗制の改革
・曹洞宗の教育機関の整備
・日中戦争と太平洋戦争の際に曹洞宗の僧侶を戦地に派遣して、兵士の慰問や医療活動を実施
・1945年の戦争終結後は、曹洞宗の復興に尽力
・曹洞宗の寺院の再建
・曹洞宗の僧侶の育成

英岩希雄の晩年と死

英岩希雄の晩年と死

-英岩希雄の晩年と死-

英岩希雄は、1965年に東大法学部を卒業し、毎日新聞社に入社しました。1980年に退社するまで、記者として社会部や経済部に勤務し、数々のスクープをものにしました。1981年には、フリージャーナリストとして独立し、主に経済問題や社会問題をテーマに執筆活動を行いました。

1990年代に入ると、英岩希雄は、政界進出を視野に入れ、政治活動を本格化させます。1992年の衆議院選挙で、日本新党から出馬し、当選しました。当選後は、日本新党の幹事長に就任し、党の運営に参画しました。しかし、1994年に日本新党が解党すると、英岩希雄は政界を引退しました。

政界引退後は、再びジャーナリストとして活動し、経済問題や社会問題をテーマに執筆活動を続けました。また、講演活動やテレビ出演などにも積極的に取り組み、社会問題に対する国民の関心を高めることに貢献しました。

2009年に英岩希雄は、膵臓癌に罹患していることが判明しました。闘病を続けましたが、2010年3月31日に都内の病院で死去しました。享年73歳でした。

英岩希雄は、ジャーナリストとして、政治家として、そして社会活動家として、社会に大きな影響を与えた人物でした。その功績は、長く人々の記憶に残るでしょう。

タイトルとURLをコピーしました